調査のチカラ TOP > タグ一覧 > 決済サービス

「決済サービス」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2019年5月20日ナイルフィードバック数:0ビジネス

スマホ決済のキャンペーンについてアンケートを実施! 49.3%がキャンペーン終了後も「利用する」と回答

スマホ決済のキャンペーンについてアンケートを実施! 49.3%がキャンペーン終了後も「利用する」と回答(アプリ紹介サービス「Appliv」調べ) ~話題性の高い「PayPay」が人気。「楽天ペイ」と「LINE Pay」は僅差に~ ナイル株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:高橋飛翔、以下ナイル)が運営するスマートフォンユーザー向けアプリ紹介サービス「Appliv(アプリヴ)」にて、2019年4月23日から4月30日の期間中、10代から60代以上の男女を対象に、QR(バーコード)決済サービ

2019年3月4日GMOメディアフィードバック数:0大型消費/投資

決済手段とキャッシュレス事情に関する調査

「決済手段とキャッシュレス事情に関する調査」 ~10代女子の「キャッシュレス」認知度は約7割、主流は「交通系電子マネー」~「決済手段とキャッシュレス事情に関する調査」 ~10代女子の「キャッシュレス」認知度は約7割、主流は「交通系電子マネー」~ 2019.2.2110代女子の「キャッシュレス」の認知度は7割超意味まで知っている子は2割超昨今、現金を用いないで支払う「キャッシュレス」決済が話題となっていますが、10代女子における「キャッシュレス」の認知度はどの程度なのかを調査しました。その結果、「

2019年2月18日MMDLaboフィードバック数:0大型消費/投資

2019年1月QRコード決済サービスのキャンペーンに関する調査

MMD研究所はスマートフォン、タブレットを中心とした消費者動向や市場調査を無料で公開する日本最大のモバイル専門のマーケティングリサーチ機関です。 > > 各QRコード決済サービスが2018年秋~冬に実施したキャンペーンの認知度、トップはPayPay「100億円あげちゃうキャンペーン」で62.6% キャンペーンを知って実際に利用したQRコード決済サービス、トップはOrigami Payで18.8% 各QRコード決済サービスが2018年秋~冬に実施したキャンペーンの認知度、トップはPayPay

2018年11月15日Lier Factoryフィードバック数:0大型消費/投資

消費傾向と節約方法についての調査

【調査レポート】キャッシュレスを促進するにはポイント還元が有効。消費傾向と節約方法について。 「使わない節約」はもう古い?新しい節約法は「使う節約」どの家庭でも気をつけているのが「節約」ですよね。必要なものにだけお金を使い、無駄だと思われるものにはお金を使わない、これが節約の常識だと長らく思われてきました。が、昨今普及しつつあるキャッシュレス決済サービスがこの常識を打ちこわす新システムになりつつあります。AI-Creditは、インターネット調査を通して200人に自身の消費行動や、節約に関する

2017年4月6日楽天リサーチフィードバック数:0大型消費/投資

決済に関する調査

『クレジットカードの利用普及はますます拡大。スマートフォン決済では「ポイントの貯めやすさ」が鍵に』決済に関する調査 2017年3月28日楽天リサーチ株式会社(本社:東京都世田谷区、代表取締役社長:田村 篤司、以下「楽天リサーチ」)は、「決済に関する調査」をインターネットで実施しました。今回の調査は、2017年3月8日(水)から9日(木)の2日間、楽天リサーチに登録しているモニター(約230万人)の中から、全国の20代から60代の男女1,000人を対象に行いました。 ■決済手段としてクレジットカー

2017年1月26日博報堂★フィードバック数:0大型消費/投資

「決済」と「スマートフォン」を軸とした「お金」に関する生活者意識調査

NEWS博報堂金融マーケティングプロジェクト 「お金」に関する生活者意識調査を実施 2017年01月18日博報堂金融マーケティングプロジェクトは、FinTechによる金融分野でのテクノロジー進化が、生活者に対して、どのような意識変化、行動変化をもたらすのかを分析するために、「決済」と「スマートフォン」を軸とした「お金」に関する生活者意識調査を実施しました。調査結果によると、1ヶ月あたりの使用金額の決済手段別比率は、依然「現金」決済が51.4%と半数以上を占めるものの、「クレジットカード」21.6

2016年7月12日矢野経済研究所フィードバック数:0大型消費/投資

プリペイド決済市場に関する調査を実施(2016年)

プリペイド決済市場に関する調査を実施(2016年) ~汎用化の動きとともに高度化するプリペイド決済~ 調査要綱矢野経済研究所では、次の調査要綱にて国内のプリペイド決済市場の調査を実施した。1.調査期間:2016年1月~5月2.調査対象:プリペイド決済サービス提供事業者およびプリペイド決済サービス導入支援事業者、国際ブランド等3.調査方法:当社専門研究員による直接面談、電話・e-mailによるヒアリング、ならびに文献調査併用<プリペイド決済市場とは>本調査におけるプリペイド決済サービスとは、事

2014年7月16日経済産業研究所★フィードバック数:0大型消費/投資

セミナー資料です。

決済システムの未来

決済システムの未来小田 圭一郎 (RIETI上席研究員・研究コーディネーター(研究調整担当)) 決済サービスのエンドユーザーの経済活動は、スマートフォン等によるITユビキタス化、グローバルサプライチェーンの形成等により、急速な変革を示している。経済社会の基礎的インフラである決済システムも、この流れに沿って革新させていかねばならない。こうした動きは、欧州等ではすでに現実のものとなっており、米国も追随する動きを示している等、急速に進展している。わが国においても、中核的インフラである日銀ネットの更改な

2010年10月26日楽天リサーチ★フィードバック数:8大型消費/投資

楽天によるネット銀行に関する調査です。

インターネットバンキングに関する調査

2010年10月21日 楽天インサイト株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:森 学、以下 楽天インサイト)は、インターネットバンキングに関するインターネット調査を実施しました。今回の調査は、9月17日から19日まで、楽天インサイト登録モニター(約190万人)の中から、全国の20~69歳の男女計1,000人を対象に行いました。 【総括】今回の調査で、インターネットバンキング利用者は、「24時間いつでも利用できる」(87.9%)ことを最大の利点として、「残高・出入金明細などの預金口座の情報照

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
 

新着データ

新着データINDEXへ

お知らせ