「沖縄地区」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

2015年5月31日帝国データバンクフィードバック数:0ビジネス

九州・沖縄地区の「休廃業・解散」動向調査(2014年度)

2015/5/28特別企画 : 九州・沖縄地区の「休廃業・解散」動向調査(2014年度)「休廃業・解散」は「倒産」の4.01倍〜 2年ぶりに増加、8年ぶりに4倍を上回る 〜はじめに2014年度の九州・沖縄地区(以下、九州)の企業倒産件数(法的整理のみ、負債1000万円以上)は、696件と8年ぶりに700件を下回った。公共工事に支えられ建設業の倒産が前年度比3割以上減少したほか、中小企業金融円滑化法の期限到来後も金融機関の支援が継続していることから、倒産の抑制状態が続いた結果である。政策的な支援に

2015年2月22日帝国データバンクフィードバック数:0ビジネス

九州・沖縄地区の社長分析

2015/2/19九州・沖縄地区の社長分析2014年の社長交代率は3.94%〜 景気回復で09年以来5年ぶりに上昇 〜はじめに2014年2月に「経営者保証に関するガイドライン」がスタートした。経営者保証は、事業失敗時に全ての個人資産を失うリスクを負うことになるため、起業の足かせになっているとされるほか、スムーズな事業承継を妨げているとされてきた。ガイドラインは、一定の要件を満たしている場合に限り、融資実行時もしくは債務整理時に経営者保証を求めないとするもので、社長の高齢化が進むなか、創業(第二創

2014年3月9日帝国データバンクフィードバック数:0大型消費/投資

2012年度九州・沖縄地区ホテル・旅館業売上高ランキング

2014年2月27日特別企画 : 2012年度九州・沖縄地区ホテル・旅館業売上高ランキング 上位50社の売上高合計、前年度比3.0%増〜 2年連続で前年度上回る 〜 2008年9月のリーマン・ショック以降の世界的な景気悪化やデフレなどの影響で低迷が続いていたホテル・旅館業界。最近は国内旅行の回復に加え、原発事故による放射能汚染の風評被害の一段落で、外国人観光客も大幅に増加している。観光庁によると、2012年の延べ宿泊者数は4億3950万人泊(前年比5.3%増)で、そのうち外国人は2631万人泊

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
 

特集データ

特集INDEXへ

お知らせ