「治療経験」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

2016年11月4日ファイザーフィードバック数:0ライフスタイル

「痛み治療」に対する医師と患者の意識比較調査

現在地 : Pfizer co.jp ホーム > 報道関係の皆様:プレスリリース2016年度 > ≪「痛み治療」に対する医師と患者の意識比較調査≫慢性疼痛患者の7割が「自身の痛みをどのように伝えたらよいかわからない」 一方で、医師が患者から聞き出しにくい情報 第1位は「治療目標」 痛みの軽減以外の治療目標の設定と診療の満足度について、医師と患者間で認識差≪「痛み治療」に対する医師と患者の意識比較調査≫慢性疼痛*1患者の7割が「自身の痛みをどのように伝えたらよいかわからない」一方で、医師が患者から

2014年2月28日QLifeフィードバック数:0ライフスタイル

抗がん剤治療経験者500名に栄養補給に関する調査

株式会社QLifeトップページニュースリリース「食欲不振」「吐き気・嘔吐」「食事で困った」率はいずれも半数に上るが「栄養補給を相談」は4人に1人のみ~栄養問題を我慢しがちな抗がん剤治療患者~ 「食欲不振」「吐き気・嘔吐」「食事で困った」率はいずれも半数に上るが「栄養補給を相談」は4人に1人のみ~栄養問題を我慢しがちな抗がん剤治療患者~2014年2月28日 [金] QLifeは、抗がん剤治療経験者500名に栄養補給に関する調査を行った。調査は2014年1月12~21日にインターネットで行われた。そ

2013年3月30日QLifeフィードバック数:0ライフスタイル

『抗がん剤の副作用とその軽減方法』に関する大規模患者調査

QLife『抗がん剤の副作用とその軽減方法』に関する大規模患者調査の結果を発表2013年3月29日 [金] 抗がん剤を使用した患者の約9割が「倦怠感・疲れ」「食欲不振」「吐気・嘔吐」等の副作用を経験しかし、その副作用を軽減するための薬を処方されたのは54%にとどまるQLifeは、独立行政法人国立がん研究センター研究所 がん患者病態生理研究分野 分野長 上園 保仁先生監修のもと、がんと診断された患者さんを対象にインターネットで、『抗がん剤の副作用とその軽減方法』に関する調査を実施。2249人から回

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
 

お知らせ