「法人企業」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2017年4月13日経済産業省フィードバック数:0ビジネス

平成28年中小企業実態基本調査(平成27年度決算実績)速報

平成28年中小企業実態基本調査(平成27年度決算実績)速報を取りまとめました 中小企業庁は、「平成28年中小企業実態基本調査(平成27年度決算実績)」を取りまとめました。速報のポイント 売上高は485兆円(前年度比1.6%減)、経常利益は18兆5,730億円(同0.5%減)。 売上高経常利益率(法人企業)は3.18%(前年度差0.04ポイント上昇)。 海外に子会社、関連会社または事業所を有する法人企業の割合は0.9%(前年度差0.0ポイント低下)。 新製品または新技術の研究開発を行った法

2016年1月18日矢野経済研究所フィードバック数:0企業情報システム

2016年のIT市場動向を占う

2015、2016年度は増加基調と予測矢野経済研究所では、2015年12月に 国内企業のIT投資に関する調査結果 2015 を発表した。当該調査結果では、2014年度の国内民間企業のIT市場規模を前年度比3.6%増の11兆3,180億円と推計した。2015年度は11兆6,350億円(前年度比2.8%増)、2016年度は11兆7,630億円(同1.1%増)と増加傾向としているが、2017年度は前年度比0.6%減の11兆6,900 億円と予測している。2015年度はまだ1-3月が残っているが、プラス

2015年3月29日中小企業庁フィードバック数:0社会/政治

平成26年中小企業実態基本調査(平成25年度決算実績)速報

平成26年中小企業実態基本調査(平成25年度決算実績)速報を公表します中小企業庁は、「平成26年中小企業実態基本調査(平成25年度決算実績)」を取りまとめましたので公表します。 速報のポイント中小企業の従業者数は2,782万人(対前年調査比▲5.4%減)、売上高は504兆円(同9.9%増)、経常利益は17兆8,293億円(同18.2%増)。従業者数の産業大分類別対前年調査比は、すべての産業で減少、小売業(▲0.8%減)、生活関連サービス業,娯楽業(▲1.9%減)、製造業(▲2.5%減)などで減

2015年3月29日国税庁★フィードバック数:0ビジネス

国税庁のまとめです。

平成25年度分「会社標本調査」調査

平成27年3月 国税庁企画課平成25年度分「会社標本調査」 調査結果について1 調査の概要(1) 沿革会社標本調査は、昭和26年分から始まり、以後毎年実施しており今回が第64回目に当たる。(2) 目的この調査は、我が国の法人企業について、資本金階級別や業種別にその実態を明らかにし、併せて租税収入の見積り、税制改正及び税務行政の運営等の基礎資料とすることを目的としている。(3) 調査対象活動中の内国普通法人(一般社団・財団法人等を除く。)について、平成25年4月1日から平成26年3月31日までの間

2015年3月1日土地総合研究所★フィードバック数:0大型消費/投資

宅地建物取引業界のレポートです。

深められるべき宅地建物取引業の産業組織分析

リサーチ・メモ深められるべき宅地建物取引業の産業組織分析2015 年 2 月 27 日宅地建物取引企業の免許事業者数はここ 10 年間若干の増減はあるものの、全体としてはほぼ横ばい傾向で推移しているが、ここでその内訳を資本金ランク別の企業数の純増減数で見てみよう。特徴的なことは、資本金が 1000 万円未満の企業が趨勢的に増加する一方、資本金 1000 万円~5000 万円規模の企業は減少を続け、資本金 5000 万円~10 億円の企業は微増、資本金 10 億円以上の大規模企業は横ばいであること

2014年9月12日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

法人企業景気予測調査(2014年7-9月期) ~景況感は大幅改善。景気回復期待は途切れていない~

法人企業景気予測調査(2014年7-9月期) ~景況感は大幅改善。景気回復期待は途切れていない~

2013年7月3日共立総合研究所フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス海外

東南アジアの工業団地に関する概況と制度 その2

窓口サービスやその他ビジネスサポートなどのサービス面での工業団地間の差は小さい。また、電力はテナガ・ナショナル、ガスはペトロナス・ガスが全国一律に供給しており、料(1)日本企業の進出状況マレーシアに進出している日本企業の現地法人数は金設定は州間で差はない。一方、水道は州政府が開発・運営し、メンテナンスを行っ806法人であり、その内、製造業が436法人である(図表1)。ており、料金は州ごとに決められている。土地代も各工業製造業の中でも、電気機器が134法人と一番多く、次いで団地によって違い、首都ク

2013年6月6日大和総研フィードバック数:3社会/政治

GNI(国民総所得)目標の気にかかる点

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 GNI(国民総所得)目標の気にかかる点対内投資は少ない方が良い? GNI(Gross National Income:国民総所得)をGDPに代わる目標に、といった議論がある。GNIは、名目値の場合は、GDPに海外からの所得の純受取(受取マイナス支払)を加えたものである(実質値の場合には、更に輸出入価格の差によって生ずる所得の実質額である交易利得・損失が加わる)。海外からの投資収益が含まれるため、今後成

2013年4月1日国税庁★フィードバック数:13社会/政治

企業についての基本的な調査です。

平成23年度分会社標本調査

平成25年3月 国税庁企画課平成23年度分「会社標本調査」 調査結果について1 調査の概要(1) 沿革 会社標本調査は、昭和26年分から始まり、以後毎年実施しており今回が第62回目に当たる。(2) 目的 この調査は、我が国の法人企業について、資本金階級別や業種別にその実態を明らかにし、併せて租税収入の見積り、税制改正及び税務行政の運営等の基礎資料とすることを目的としている。(3) 調査対象 活動中の内国普通法人(一般社団・財団法人等を除く。)について、平成23年4月1日から平成24年3月31日ま

2013年3月30日経済産業省★★フィードバック数:1ビジネス

日本企業の海外での事業活動についての調査です。

平成24年海外事業活動基本調査概要

海外事業活動基本調査第42回海外事業活動基本調査結果概要確報 -平成23(2011)年度実績-集計結果表のダウンロード1-1.本社企業に関する集計表 (XLS/88KB) ①-01 本社企業回収状況(操業状況別) ①-02 本社企業数(資本金規模別) ①-03 本社企業 常時従業者数、売上高及び輸出高(企業規模別) ①-04 現地法人からの受取収益(企業規模別) 1-2.本社企業に関する集計表 (XLS/413KB) ①-05 現地法人からの配当金について(企業規模別) ①-06 現地

2008年8月11日中小企業庁★フィードバック数:0社会/政治

中小企業庁による詳細調査です。

中小企業実態基本調査(平成19年調査結果(確報))

中小企業実態基本調査(平成19年調査結果(確報))【お知らせ】 平成21年10月30日中小企業庁 平成20年7月31日に公表いたしました「平成19年調査結果(確報)」につきまして、掲載の「統計表」等の一部に誤りがございました。謹んでお詫びいたしますとともに訂正させていただきます。大変ご面倒では有りますが、平成21年10月30日15:00以前にデータをダウンロードされた方におかれましては、再度ダウンロードをお願いいたします。〔一括ダウンロードはこちら →●[50.3MB]〕【平成19年中小企業実

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
 

お知らせ