「法人税」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2015年6月24日国立国会図書館フィードバック数:0社会/政治

法人税をめぐる最近の議論―税率引下げと代替財源を中心に―

法人税をめぐる最近の議論―税率引下げと代替財源を中心に―

2015年2月12日大和総研★フィードバック数:0社会/政治

大きなトピックの影響を見ています。

円安・原油安・法人税改正・消費税増税延期が日本経済に与える影響を検証する

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 円安・原油安・法人税改正・消費税増税延期が日本経済に与える影響を検証する論点整理と影響試算 ◆2015年2月3日、大和総研では「日本経済中期予測(2015年2月)―デフレ脱却と財政再建、時間との戦い―」を発表した。本予測に当たっては、日本経済を大きく左右する四つの環境変化を織り込んでいる。それらは大幅な円安の進行、原油価格の大幅な下落、法人税制の見直し、そして消費税増税の延期である。本稿ではこれらの変

2015年1月20日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

米オバマ政権が富裕層増税を提案~複雑になった法人税制改革実現への道のり~

みずほインサイト米 州2015 年 1 月 20 日米オバマ政権が富裕層増税を提案欧米調査部複雑になった法人税制改革実現への道のり03-3591-1307部長安井明彦akihiko.yasui@mizuho-ri.co.jp○ 米国のオバマ政権が、富裕層増税を含む税制改革を目指す方針を明らかにした。キャピタルゲイン税の増税等を実施し、その税収増を中低所得層向けの減税等に充てる内容だ○ 富裕層増税等を通じた財政の所得再配分機能の強化は、就任以来のオバマ政権の方針である。2014年の議会中間選挙での

2015年1月15日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

米国で財政推計手法が争点化~ついに導入されるダイナミックスコアリング~

みずほインサイト米 州2015 年 1 月 15 日米国で財政推計手法が争点化欧米調査部ついに導入されるダイナミックスコアリング03-3591-1307部長安井明彦akihiko.yasui@mizuho-ri.co.jp○ 米国で財政推計手法が争点になっている。2015年1月に米下院は、税制変更等の財政負担を推計する際に、経済成長を通じた財政へのフィードバック効果を織り込む手法の導入を決めた○ ダイナミックスコアリングと呼ばれるこの手法には、より現実に近い財政推計を可能にするとの期待がある一方

2014年9月1日大和総研フィードバック数:0社会/政治

法人税率引き下げと日本経済

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 法人税率引き下げと日本経済~税率引き下げの効果を期待できる政策体系が重要~『大和総研調査季報』 2014年夏季号(Vol.15)掲載 日本の法人実効税率は諸外国と比べて高い状況にある。法人税率の引き下げは企業の立地選択や国内設備投資に好影響を与えよう。本稿の分析によると、日本の法人実効税率が1%pt引き下げられた場合、対外直接投資が2.9%抑制され、対内直接投資は3.5%拡大する。また、法人税率を10

2014年6月22日JA共済総合研究所フィードバック数:0社会/政治

法人税率引き下げの設備投資刺激効果

法人税率引き下げの設備投資刺激効果

2014年6月17日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

2年目の成長戦略の素案 ~主軸は法人税率の引き下げ~

2年目の成長戦略の素案 ~主軸は法人税率の引き下げ~

2014年3月26日大和総研フィードバック数:0社会/政治

法人税率引き下げと代替財源の議論(1)

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 法人税率引き下げと代替財源の議論(1)課税ベース拡大編―受取配当益金不算入、繰越控除の縮小も視野に ◆2014年3月12日に、政府税制調査会に法人課税ディスカッショングループ(以下、法人課税DG)が設置され、初会合が行われた。◆法人課税DGでは、法人税の税率引き下げを行う一方、その代替財源を法人税の課税ベース拡大、地方法人税改革、他税目から求めることの検討が行われている。◆法人税の課税ベース拡大の案と

2014年3月18日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

日本企業の「六重苦」問題はまだまだ残る

リサーチ TODAY2014 年 3 月 18 日日本企業の「六重苦」問題はまだまだ残る常務執行役員 チーフエコノミスト 高田 創2011年の東日本大震災後2012年頃まで、日本の産業についてよく言われた議論に「六重苦」があった。当時、日本の産業が抱える問題として挙げられた6つの要因は、①超円高、②法人税の実効税率の高さ、③自由貿易協定の遅れ、④電力価格問題、⑤労働規制の厳しさ、⑥環境規制の厳しさであった。以上の「六重苦」から日本の産業が国内における立地競争力を失い、空洞化が不安視された。また、

2014年3月11日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

輸出数量だけではない円安限界説 ~円安でも増えない対内投資、減らない対外投資~

Economic Trends経済関連レポート輸出数量だけではない円安限界説発表日:2014年3月7日(金)~ 円安でも増えない対内投資、減らない対外投資~第一生命経済研究所 経済調査部担当 熊野英生(℡:03-5221-5223)円安によって輸出数量が増えないとすれば、輸出向けに国内生産設備を増強しても投資採算が得られにくいということになる。実際、対外直接投資は、アベノミクスが始まって円安が進行しても増加傾向に変わりがなかった。対内直接投資は依然として微々たる状況だ。産業空洞化は残された問題に

2013年10月18日第一生命保険フィードバック数:0キャリアとスキル

賃上げを目指す所得拡大促進税制の拡充 ~久しぶりに高まりつつある賃上げ気運の後押しに~

Economic Trendsマクロ経済分析レポートテーマ:賃上げを目指す所得拡大促進税制の拡充発表日:2013年10月17日(木)~久しぶりに高まりつつある賃上げ気運の後押しに~第一生命経済研究所 経済調査部副主任エコノミスト 鈴木将之(03-5221-4547)○所得拡大促進税制の拡充デフレ脱却や消費税率引き上げを目指す中で、賃上げが注目を集めている。賃上げを後押しするために、所得拡大促進税制が拡充される見込みとなっている。所得拡大促進税制は平成 25 年度税制改正で創設された。現行制度は平

2013年7月11日東洋経済新報社フィードバック数:13大型消費/投資

純利益トップ200

トヨタが1位奪還、純利益トップ20013年3月期出揃う、黒字転換多数で下期円安の恩恵も 山内 哲夫SI・ソフトウエア開発、タイヤなどの業界を担当 毎年恒例の決算発表ラッシュとなった5月。主要企業の前年度(2012年12月期、13年3月期)業績が出そろった。欧州の低迷や中国の減速など、マイナス要因はありながらも世界景気が回復基調にあることに加え、急速な円安の進行により、輸出に強い自動車系を中心とする企業業績の回復が鮮明になった。東洋経済は主要企業の前年度(12年12月期や13年3月期)業績のう

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
 

お知らせ