調査のチカラ TOP > タグ一覧 > 法人税減税

「法人税減税」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2015年1月22日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

法人税改革の評価と今後の課題

みずほインサイト政 策2015 年 1 月 22 日法人税改革の評価と今後の課題政策調査部主任研究員鈴木将覚03-3591-1319masaaki.suzuki@mizuho-ri.co.jp○ 2015年度税制改正における目玉の法人税改革では、2015年度に法人税率が34.62%から2.51%引き下げられ、2015~16年度の合計では3.29%税率が引き下げられることが決まった。○ しかし、財政難のなかでの法人税改革のため、税率引き下げの一方で外形標準課税の拡大、繰越欠損金控除及び受取配当益金

2014年12月19日日本総研フィードバック数:0社会/政治

【解説 法人税減税を考える(下)】歳出・歳入改革の青写真を-求められる成長力強化との両立

【解説 法人税減税を考える(下)】歳出・歳入改革の青写真を-求められる成長力強化との両立

2014年12月15日日本総研フィードバック数:0ビジネス

【解説 法人税減税を考える(上)】わが国が勝ち残るための改革を-狭い枠組みにとらわれない議論が必要

【解説 法人税減税を考える(上)】わが国が勝ち残るための改革を-狭い枠組みにとらわれない議論が必要

消費再増税「1%ずつ」検討を

公益社団法人日本経済研究センターJapan Center for Economic Research2014 年 10 月 31 日消費再増税「1%ずつ」検討を 女性就業促進へ「壁」撤廃を 企業のベンチャー出資に税優遇も日本経済研究センター12015 年 10 月からの消費再増税は、財政状況を考えれば先送りはできない。しかし、2%の増税では駆け込み需要と反動減で、景気の振れが再び拡大する。代わりに 1%ずつの増税を検討すべきだ。円滑な増税実施を促すとともに、人口減少に歯止めをかけ、未来の成長

2014年8月15日経済産業研究所フィードバック数:0社会/政治

法人税減税の政策効果 ―小国開放経済型DSGEモデルによるシミュレーション分析

法人税減税の政策効果 ―小国開放経済型DSGEモデルによるシミュレーション分析概要本稿では、小国開放経済型モデルで、かつトレンドを内生化した動学的・確率的一般均衡(DSGE)モデルを用いて、税制の変更が日本のマクロ経済に与える短期的および長期的な影響の分析を行った。パラメータは、1980年~2010年までの日本の四半期のマクロ統計データを用いてベイズ推定を行った。モデルとデータに基づくパラメータを用いて、GDP比1%相当の法人税減税と同規模の消費税増税を組み合わせた財政中立的な税制変更のシミュレ

2014年7月25日大和総研フィードバック数:0社会/政治

法人税率引下げの財源問題

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 法人税率引下げの財源問題財政健全化目標との両立を図った法人税率引下げが必要 2014年7月25日パブリック・ポリシー・チーム エコノミスト 神田 慶司 主席研究員(パブリックポリシーリサーチ担当) 鈴木 準◆本レポートシリーズNo.1~3では、法人税率引下げが経済に与えるプラスの影響を試算した。一点、懸念しなければならないのは、経済への好影響を考慮したとしても、減税による財政収支の悪化分をトレンドとし

2014年6月26日大和総研フィードバック数:0社会/政治

法人税減税と日本経済

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 法人税減税と日本経済財政への影響を含めたマクロ・シミュレーション ◆本稿では、法人税改革レポートシリーズNo.1~2で示した試算結果をもとに、マクロモデルにいくつかの想定を盛り込むことで、法人実効税率の引下げが実体経済にもたらす影響を動学的かつ包括的に試算した。◆レポートNo.1で示した対外直接投資の抑制や対内直接投資の増加に加え、レポートNo.2で示した資本収益率の改善による企業設備投資の拡大を想定

2013年12月19日大和総研フィードバック数:0社会/政治

2014年の日本経済見通し

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 2014年の日本経済見通し「経済の好循環」は本当に起きるのか? ◆経済見通しを改訂:2013年7-9月期GDP二次速報を受け、経済見通しを改訂した。改訂後の実質GDP予想は2013年度が前年度比+2.5%(前回:同+2.6%)、2014年度が同+1.0%(同:同+1.0%)である。2013年7-9月期の経済成長率が下方修正されたことや、過去の数字が遡及改訂されたことを受け、経済見通しを微修正した(→詳

2013年10月29日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

アベノミクスの政策対応を整理 ~法人税減税と消費税増税と賃上げ要請の関係~

アベノミクスの政策対応を整理 ~法人税減税と消費税増税と賃上げ要請の関係~

2013年10月2日大和総研フィードバック数:0社会/政治

法人税減税の効果をどう考えるか

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 法人税減税の効果をどう考えるか海外の成長を取り込むためにも、製造業の空洞化防止が不可欠 ◆安倍首相は、2014年4月の消費税率8%への引き上げを決定した。消費税率引き上げによる経済への下押し圧力を抑えるべく、政府は12月をめどに経済対策を策定する見込みである。なかでも注目されるのは、法人税減税の行方である。◆イギリスの民間シンクタンクであるIFS(Institute for Fiscal Studie

2013年10月1日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

復興増税廃止による法人税減税の効果 ~配当金増は家計消費を増やす~

復興増税廃止による法人税減税の効果 ~配当金増は家計消費を増やす~

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
 

お知らせ