「法的整理」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2017年2月12日帝国データバンクフィードバック数:0ビジネス

第9回:全国「休廃業・解散」動向調査

2017/1/31第9回:全国「休廃業・解散」動向調査2016年の「休廃業・解散」は2万5000件〜 前年比微増、促進政策道半ば 〜はじめに2016年の企業倒産件数(法的整理による倒産、負債1000万円以上)は8164件と7年連続で前年を下回り、2000年(6734件)以降で2番目の低水準となった。背景には、建設投資拡大の恩恵を受けて「建設業」の倒産が8年連続で前年比減少となったほか、中小企業金融円滑化法の終了後も引き続き返済猶予を受けている企業が多いことが挙げられる。一方で、中小・零細企業を中

2017年1月27日帝国データバンクフィードバック数:0ビジネス

「タカタ」グループの下請企業実態調査

2017/1/19「タカタ」グループの下請企業実態調査タカタ下請先、国内は570社にとどまる〜 一次下請先は 「滋賀県」がトップ 〜はじめにエアバッグの大規模リコール問題に揺れるタカタの経営再建問題が、大詰めを迎えている。包括的な再建計画の策定を目的に設置した外部専門家委員会が中心となり、現在、スポンサー企業の選定を進めている同社。会社側は私的整理による再建を目指しているが、一部報道によれば、有力スポンサー候補は法的整理での再建を提案しているとされる。再建シナリオはなお流動的ながら、仮に法的整理

2016年9月1日帝国データバンクフィードバック数:0社会/政治

「築地市場内企業」の倒産・廃業動向調査

2016/9/1「築地市場内企業」の倒産・廃業動向調査2003年以降で110社が消滅 〜 業歴30年以上の老舗業者が8割超 〜はじめに11月7日に予定されていた築地市場の豊洲新市場への移転について、東京都の小池知事は8月31日、当面延期することを表明した。水産関係を中心とする市場内企業の中には、長引く業績不振から経営的な余力に乏しい業者もあり、なかには倒産や廃業に追い込まれるケースも見られる。帝国データバンクは、集計可能な2003年1月から2016年8月までに倒産(負債1000万円以上、法的整理

2016年6月10日帝国データバンクフィードバック数:0社会/政治

太陽光関連業者の倒産動向調査

2016/6/8太陽光関連業者の倒産動向調査太陽光関連の倒産増加、鮮明に〜 買取価格、出荷量の低下が影を落とす〜はじめに太陽光関連企業の倒産が増えている。太陽光の買取価格は4年連続で引き下げられており、企業向け、家庭向けともに大幅に下落した。急速な市場拡大から数年、最近では一部業者に対する信用不安が囁かれるなど、状況が変わりつつある。帝国データバンクでは、2006年1月から2016年5月までに151社あった太陽光関連企業(※)の倒産(法的整理のみ、負債1000万円以上)について、倒産件数・負債総

2016年4月14日帝国データバンクフィードバック数:0社会/政治

アパレル関連業者の倒産動向調査

2016/4/8アパレル関連業者の倒産動向調査円安、消費不振で4年ぶり300件超え〜 小売は増税の影響一巡で減少 〜はじめに2014年4月の消費税増税や2012年以降急激に進んだ円安など、アパレル関連業者の経営環境が著しく悪化、昨年後半から倒産件数も増加に転じはじめている。加えて、この秋冬シーズンは、記録的な暖冬によりアパレル企業にとって稼ぎ頭である重衣料の販売が不調に終わったことから、さらに倒産が増加する懸念もある。こうした状況を踏まえて、帝国データバンクは、2015年度(2015年4月〜20

2016年2月2日帝国データバンクフィードバック数:0社会/政治

第8回 全国「休廃業・解散」動向調査(2015年)

2016/1/29第8回 全国「休廃業・解散」動向調査(2015年)木造建築工事業1500社が消滅〜 高齢化など職人不足に拍車 〜はじめに2015年の企業倒産件数(法的整理による倒産、負債1000万円以上)は8517件と6年連続で前年を下回り、2005年(8225件)以来、10年ぶりに9000件を下回った。背景には、建設投資拡大の恩恵を受けて「建設業」の倒産が大幅に減少したほか、中小企業金融円滑化法の終了後も引き続き返済猶予を受けている企業が多いことが挙げられる。その一方で、中小・零細企業を中心

2015年6月28日帝国データバンクフィードバック数:0ビジネス

第6回多摩地区の休廃業・解散動向調査

2015/6/23特別企画 :第6回多摩地区の休廃業・解散動向調査2014年度の休廃業・解散は361件はじめに2014年度(2014年4月〜2015年3月)の多摩地区の企業倒産件数(法的整理、負債1000万円以上)は、209件と対前年度比で25.1%の減少となった。公共工事に支えられ建設業の倒産が大幅に減少したほか、中小企業金融円滑化法の期限到来後も金融機関の支援が継続していることで、倒産の抑制状態が続いた結果である。このように政策的な支援により「倒産」という形で“ハードランディング”した企業が

2015年6月21日帝国データバンクフィードバック数:0ビジネス

2014年度福島県内企業の休廃業・解散動向調査

2015/6/18特別企画 : 2014年度福島県内企業の休廃業・解散動向調査「休廃業・解散」は倒産の8.7倍にあたる340件〜 「建設業」大幅増で3年ぶりの前年度比増加に 〜はじめに2014年度の福島県の企業倒産件数(法的整理、負債1000万円以上)は、39件と2年連続で40件を下回った。復興需要に支えられ「建設業」の倒産が減少したほか、中小企業金融円滑化法の期限到来後も金融機関の支援が継続していることで、倒産の抑制状態が続いた結果である。このように政策的な支援により「倒産」という形で“ハード

2015年6月7日帝国データバンクフィードバック数:0ビジネス

第8回「円安関連倒産」の動向調査

2015年6月5日円安倒産、17カ月連続の前年同月比増加〜 12年半ぶりの125円台突破で、今後のさらなる増加を懸念 〜 6月2日の円相場は一時、約12年半ぶりに1ドル=125円台となり、5月下旬から10日あまりで5円も円安が進んだ。3日以降、こうした急激な動きは一服しているが、短期間で急速に円相場が変動したことで、昨年末から続く円安の影響を受けた関連倒産のさらなる増加が懸念される。帝国データバンクは、2013年1月から2015年5月までの倒産企業(負債1000万円以上、法的整理のみ)の中か

2015年6月7日帝国データバンクフィードバック数:0ビジネス

東北6県「休廃業・解散」動向調査(2014年度)

2015年5月29日特別企画 : 東北6県「休廃業・解散」動向調査(2014年度) 「休廃業・解散」は倒産の4.5倍にあたる1635件〜 3年連続で減少、「建設業」に増加の兆し 〜 2014年度の東北6県の企業倒産件数(法的整理、負債1000万円以上)は、362件と3年連続で400件を下回った。復興需要に支えられ「建設業」の倒産が減少したほか、中小企業金融円滑化法の期限到来後も金融機関の支援が継続していることで、倒産の抑制状態が続いた結果である。このように政策的な支援により「倒産」という形で“

2015年5月31日帝国データバンクフィードバック数:0ビジネス

京都府の休廃業・解散動向調査(2014年度)

2015年5月22日特別企画 : 京都府の休廃業・解散動向調査(2014年度) 2014年度の「休廃業・解散」は499件〜 前年度比1.6%減、倒産件数の1.9倍 〜 2014年度の京都府の企業倒産件数(法的整理、負債1000万円以上)は、263件と過去10年で最少を記録した。公共工事に支えられ建設業の倒産が大幅に減少したほか、中小企業金融円滑化法の期限到来後も金融機関の支援が継続していることで、倒産の抑制状態が続いた結果である。このように政策的な支援により「倒産」という形で“ハードランディン

2015年5月31日帝国データバンクフィードバック数:0ビジネス

九州・沖縄地区の「休廃業・解散」動向調査(2014年度)

2015年5月28日特別企画 : 九州・沖縄地区の「休廃業・解散」動向調査(2014年度) 「休廃業・解散」は「倒産」の4.01倍〜 2年ぶりに増加、8年ぶりに4倍を上回る 〜 2014年度の九州・沖縄地区(以下、九州)の企業倒産件数(法的整理のみ、負債1000万円以上)は、696件と8年ぶりに700件を下回った。公共工事に支えられ建設業の倒産が前年度比3割以上減少したほか、中小企業金融円滑化法の期限到来後も金融機関の支援が継続していることから、倒産の抑制状態が続いた結果である。政策的な支援に

2015年5月24日帝国データバンクフィードバック数:0ビジネス

2014年度長野県内「休廃業・解散」動向調査

2015年5月20日特別企画 :2014年度長野県内「休廃業・解散」動向調査 長野県内の「休廃業・解散」件数は470件〜 倒産件数の5.5倍、全国の2.7倍を大幅に上回る 〜 倒産の減少が続いている。既報の通り、2014年度(2014年4月〜2015年3月)に県内で集計された倒産(法的整理、負債1000万円以上)は85件となり、前年度を12.4%下回るとともに、3年連続で減少した。2009年度の184件からは53.8%減と半分以下にとどまっている。中小企業金融円滑化法の期限到来後も続く金融機関

2015年4月30日帝国データバンクフィードバック数:0ビジネス

第7回 全国「休廃業・解散」動向調査(2014年度)

2015/4/30特別企画 : 第7回:全国「休廃業・解散」動向調査(2014年度)2014年度の「休廃業・解散」は「倒産」の2.7倍 〜 件数は微減の2万4153件、「休廃業」は増加 〜はじめに2014年度の企業倒産件数(法的整理、負債1000万円以上)は、9044件と8年ぶりに1万件を下回った。公共工事に支えられ建設業の倒産が大幅に減少したほか、中小企業金融円滑化法の期限到来後も金融機関の支援が継続していることで、倒産の抑制状態が続いた結果である。このように政策的な支援により「倒産」という形

2015年4月19日帝国データバンクフィードバック数:0ビジネス

長野県内貨物自動車運送業者の倒産動向調査

2015/4/15長野県内貨物自動車運送業者の倒産動向調査2014年度は6件に急増、過去最多と並ぶ〜 破産申請準備中も3件判明、厳しい経営環境続く 〜はじめに全国的に倒産減少傾向が長期化している。既報の通り、2014年度(2014年4月〜2015年3月)に県内では85件の倒産(法的整理、負債1000万円以上)が発生したが、3年連続の減少となるとともに、比較可能な2005年度(同年度に倒産集計の対象を法的整理に限定)以降の最低を2年続けて更新した。前年度比では12.4%減、この間のピークである20

2015年4月6日帝国データバンクフィードバック数:0ビジネス

「円安関連倒産」の動向調査

2015年4月6日2014年度の円安倒産、前年度の2.2倍に急増〜 食料品、繊維・アパレル関連の倒産目立つ 〜 昨年3月末に103円前後だった円ドル相場は、この1年で約17円も円安が進んだ。4月2日の円相場は1ドル=119円台半ばにとどまるなど、年明け以降、急速な円安進行には歯止めがかかったものの、依然として円安基調が続いている。この間、各種食料品や繊維・アパレル関係の業者を中心に影響が広がっており、「円安関連倒産」は年度下半期にかけて増加基調を強めている。帝国データバンクは、2013年1月

2015年3月5日帝国データバンクフィードバック数:0ビジネス

第5回「円安関連倒産」の動向調査

2015年3月5日特別企画 : 第5回「円安関連倒産」の動向調査 2月の円安倒産、集計開始後2番目の高水準〜 年度ベースでは前年同期の2倍超 〜 3月3日の円相場は一時1ドル=120円台前半をつけるなど、依然として120円前後の円安水準が続いている。今年に入り、急速な円安進行には一定の歯止めがかかっているが、各種食料品や繊維・アパレル関係を中心に影響はじわり広がっている。2月は負債10億円超の地場業者の倒産が相次ぐなど、ここにきて「円安関連倒産」の規模も徐々に大きくなってきている。帝国データ

2015年2月18日帝国データバンクフィードバック数:0マーケティング

広告関連業者の倒産動向調査

2015/2/18広告関連業者の倒産動向調査倒産件数は7年ぶりに200件下回る 〜 リーマン・ショック前の水準へ 〜はじめに消費増税や天候不順などから本格的な消費回復には至っていないものの、政府・日銀による経済・金融政策などから大手企業を中心とした企業収益は改善している。そうしたなか、2014年における広告代理店大手3社の月次売上高(単体)累計を見ると、電通が前年比3.8%増の約1兆5300億円、博報堂が同7.4%増の約6600億円、アサツーディ・ケイが同3.6%増の約3000億円と3社そろって

2015年2月5日帝国データバンクフィードバック数:0ビジネス

第4回「円安関連倒産」の動向調査

2015/2/5第4回 : 「円安関連倒産」の動向調査1月の円安倒産、過去最大の負債額 〜 件数は13カ月連続の前年同月比増加 〜はじめに1月28日、東証1部上場のスカイマークが民事再生法の適用を申請した。申請時点の負債額は約710億8800万円にのぼる“超大型倒産”となった。同社が再生法を申し立てた理由は複数あるが、「想定を超える円安の進行、燃料費の高止まり」が、直近業績の著しい悪化を招いたのは事実。足元の為替相場は117〜118円付近で落ち着いてはいるが、今回の円安局面で疲弊している大企業も

2015年1月25日帝国データバンクフィードバック数:0ビジネス

道内「円安関連倒産」動向調査

2015年1月20日2014年は28件、前年の2.5倍〜 2013年からの累計では39件、東京都、大阪府に次いで全国3位 〜 1月5日の円相場は一時1ドル=120円台後半をつけるなど、昨年末以降、120円前後で推移。今年もさらに円安が進むとの見方もあるなか、食品関係を中心に各種商品で値上げの動きがはじまっている。しかし、こうした価格転嫁ができるのは一部の大企業のみ。ギリギリの経営を続ける中小・零細企業にとっては、円安による一段の収益悪化が“最後の追い打ち”となりかねない。帝国データバンク札幌支

2015年1月8日帝国データバンクフィードバック数:0ビジネス

第3回:「円安関連倒産」の動向調査

2015年1月7日特別企画 : 第3回 : 「円安関連倒産」の動向調査 2014年は前年の2.7倍に急増〜 12月は4カ月連続で最多、全国46都道府県で判明、円高倒産の4倍 〜 1月5日の円相場は一時1ドル=120円台後半をつけるなど、昨年末以降、120円前後で推移。今年もさらに円安が進むとの見方もあるなか、食品関係を中心に各種商品で値上げの動きがはじまっている。しかし、こうした価格転嫁ができるのは一部の大企業のみ。ギリギリの経営を続ける中小・零細企業にとっては、円安による一段の収益悪化が“

2014年6月22日帝国データバンクフィードバック数:0ビジネス

神奈川県内食品関連業者の倒産動向調査

2014年6月18日特別企画 : 神奈川県内食品関連業者の倒産動向調査 2013年度の倒産件数、前年度比57.6%増〜 スーパーなど小売業者で増加ペースが加速 〜 4月に消費税が8%へと引き上げられてから、早くも2ヵ月が経った。アベノミクス効果を背景に、駆け込み需要による反動減は、想定内、もしくは小幅にとどまり、業績面での影響は少ないと見られている。食品業界においては、長く続いてきた消費不振や節約志向により、消費者に低価格商品が浸透し、同業者間での価格競争が激化してきた経緯がある。加えて、円

2014年5月25日帝国データバンクフィードバック数:0ビジネス

2013年度長野県内休廃業・解散動向調査

2014年5月21日特別企画 : 2013年度長野県内休廃業・解散動向調査 休廃業・解散件数が倒産件数の5倍に達する〜 2013年度は488件、前年度を下回るも依然として高水準 〜 既報の通り、2013年度(2013年4月〜2014年3月)における長野県内の倒産件数は97件。前年度(2012年度、125件)から22.4%減少するとともに、集計対象を法的整理に限定した2005年度以降で初めて100件未満にとどまった。中小企業金融円滑化法(2009年12月〜2013年3月)が期限を迎えた後も、金融

2013年6月11日帝国データバンクフィードバック数:7ビジネス

建設業者の倒産、休廃業・解散動向調査

2013年6月10日特別企画 : 建設業者の倒産、休廃業・解散動向調査 年間の消滅社数は1万1000件台で高止まり〜 高齢社長の休廃業、7年間で構成比8.3pt増 〜 2013年度予算では、公共事業費が前年度の4.6兆円から15%増の5.3兆円規模となり、3年ぶりに5兆円台に乗った。また、折からの低金利やアベノミクス効果もあって、2012年度の新設住宅着工戸数は前年度比6.2%増(国土交通省)となるなど、建設市況はここに来て大きく改善。帝国データバンク発表の景気DI(5月調査)は47.6と、他

2013年4月8日帝国データバンクフィードバック数:3ビジネス

「再倒産企業」の動向調査

2013年4月8日2012年度は37件、3年ぶりの増加〜 東海興業の再倒産で、累計367件に達する 〜 4月2日、建築工事業の東海興業(東京都)が負債約140億円を抱えて、民事再生法を申請した。同社は1997年7月にも会社更生法を申請し(当時の負債5110億円)、2005年3月に更生手続きを終結していたが、市況悪化や多額の不良債権発生などから、2度目の倒産に追い込まれた。帝国データバンクは、1987年以降の倒産データを元に、会社更生法、民事再生法、旧・商法整理、旧・和議などの“再建型の法的整理

2013年3月14日帝国データバンクフィードバック数:10ビジネス

広告関連業者の倒産動向調査

2013年3月13日2012年は3年ぶりに増加〜 広告費増加も中小に震災の影響色濃く 〜 2月21日に電通が発表した「日本の広告費」によると、2012年の総広告費は前年比103.2%の5兆8913億円となり、東日本大震災の反動増などから5年ぶりに前年実績を上回った。引き続きインターネット広告が堅調に伸びているほか、減少が続いていたマス4媒体(新聞、雑誌、ラジオ、テレビ)も概ね前年を上回る結果となった。年明け以降は、政権交代によるアベノミクス効果などから景気回復への期待も高まっているが、景気の浮

2012年1月27日帝国データバンクフィードバック数:32ビジネス

パチンコホール経営業者の倒産動向調査

2012年1月26日特別企画 : パチンコホール経営業者の倒産動向調査 2011年、パチンコホール経営業者の倒産激減 ピーク時と比べ3分の1以下〜震災・節電・自粛がプラスに寄与〜 2011年の全国企業倒産件数は1万1369件となり、前年を2.5%下回った。過去10年で見れば2008年〜2010年に次ぐ水準であるほか、月別では増減を繰り返しながらほぼ横ばい推移となっている。業種別に見ても、建設業は前年比3.1%の減少、小売業は同4.2%の増加というように著しい増減は示していない。こうした状況下

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
 

お知らせ