「波及効果」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2017年7月3日日経BP★★フィードバック数:0マーケティング

Webブランド調査2017-春夏

Webサイトのブランド力、総合編では「Yahoo! JAPAN」、一般企業編ではサイトリニューアルした「ヤマト運輸」がトップに日経BPコンサルティング調べ 「Webブランド調査2017-春夏」2017年06月23日株式会社日経BPコンサルティング(東京都港区)は、3万人以上のネットユーザーが国内500のサイトを評価する「Webブランド調査2017-春夏」の結果をまとめた。Webサイトのリニューアルの効果や製品への関心、企業の好感度への影響を明らかにするもので、2017年6月23日に調査報告書を発

2017年1月3日日経BP★★フィードバック数:0マーケティング

Webブランド調査2016-秋冬

Webサイトのブランド力、総合編では「楽天市場」、一般企業編ではサイトリニューアルした「サントリー」が首位を堅持日経BPコンサルティング調べ 「Webブランド調査2016-秋冬」2016年12月21日株式会社日経BPコンサルティング(東京都港区)は、3万人以上のネットユーザーが国内500のサイトを評価する「Webブランド調査2016-秋冬」の結果をまとめた。Webサイトのリニューアルの効果や製品への関心、企業の好感度への影響を明らかにするもので、2016年12月21日に調査報告書を発行・発売した

2015年3月25日EY Japanフィードバック数:0社会/政治

シリーズ:個人消費の論点(7)~個人消費の波及効果の変化

シリーズ:個人消費の論点⑦~個人消費の波及効果の変化 ※ EY総合研究所は2017年6月30日をもって解散いたしました。 下記の掲載内容は公開時の情報となります。 持続的かつ自律的に日本経済が成長するような「消費→生産→所得→消費→・・・」という好循環を生み出す上で、個人消費の役割が重要だ。これまで、国内の生産構造の変化や、消費パターンの変化などから、個人消費が国内の生産活動を誘発する効果は低下してきた。この中で、個人消費を起点とした好循環を実現するためには、消費スタイルの変化を捉えて潜在需要

2015年2月13日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

原油安・円安の具体的波及効果?実質GDP1%強押上げ

原油安・円安の具体的波及効果?実質GDP1%強押上げ

2015年1月29日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

原油安・円安の波及効果の整理~現水準なら貿易赤字半減、実質GDP1%強押し上げ~

原油安・円安の波及効果の整理~現水準なら貿易赤字半減、実質GDP1%強押し上げ~

【韓国GDP】10-12月期は前期比+0.4%~輸出が冴えず、内需への波及効果が限定的に~

【韓国GDP】10-12月期は前期比+0.4%~輸出が冴えず、内需への波及効果が限定的に~ | ニッセイ基礎研究所 【韓国GDP】10-12月期は前期比+0.4%~輸出が冴えず、内需への波及効果が限定的に~ 経済研究部 研究員 斉藤 誠韓国銀行(中央銀行)は1月23日、2014年10-12月期の実質国内総生産(GDP)を公表した。実質GDP成長率は前期比(季節調整済)で+0.4%と、7-9月期(同+0.9%)から鈍化し、Bloomberg調査の市場予想(同+0.4%)どおりの結果となった。20

2015年1月4日大和総研フィードバック数:0ビジネス

円安の波及効果と企業収益に与える影響

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 円安の波及効果と企業収益に与える影響波及効果を考慮すれば、円安は中小企業にもプラスの効果 2014年12月29日エコノミック・インテリジェンス・チーム エコノミスト 橋本 政彦◆円安傾向が続いてきたことで、足下では輸入価格の上昇など円安のデメリットに対する懸念が高まっている。本レポートでは、円安が企業収益に与える影響を確認するとともに、その波及経路に着目しつつ、企業規模や産業によって影響がどの程度異な

2015年1月4日大和総研フィードバック数:0大型消費/投資

観光立国と日本の「稼ぐ力」(4)

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 観光立国と日本の「稼ぐ力」④観光地域の「稼ぐ力」 ◆観光庁によれば、2012年の国内旅行の売上高は約19.4兆円、訪日観光の消費額などを含めた全体の消費額は22.5兆円規模と推計されている。生産波及効果は約46.7兆円、付加価値効果は約23.8兆円とされており、雇用効果も399万人とみられている。◆しかし、2004年と比較すると12年の国内旅行の売上高は約7.4兆円減少している。生産波及効果と付加価値

2014年12月24日大和総研フィードバック数:0社会/政治

原油安から消費者物価への波及効果について

トップレポート・コラム経済分析日本原油安から消費者物価への波及効果について ここから本文です原油安から消費者物価への波及効果について原油価格が10%下落すると、コアCPIを▲0.18%pt程度押し下げサマリー◆原油価格の大幅な下落は、世界経済及び金融資本市場に様々な影響を及ぼすだけではなく、エネルギー輸入価格の下落を通じて、わが国の最優先課題である「デフレ脱却」の実現を大きく後退させる要因ともなり得る。本稿では、2014年の原油市場の動向を概観することによって原油価格が急落した背景を整理するとと

2014年11月18日経済産業省フィードバック数:0ライフスタイル

農林水産業等の波及効果 ~北海道~

農林水産業等の波及効果 ~北海道~

2014年11月6日大和総研フィードバック数:0ビジネス

地方銀行の資産運用の動向と今後の課題

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 地方銀行の資産運用の動向と今後の課題 ~現状の金融政策とその波及効果が地方銀行に及ぼす影響は?~ ◆地方銀行の本業はあくまでも預貸業務である。拠点を置く地域において期待される金融仲介機能を発揮し、資金循環を活発化して、地域の実体経済の成長に寄与することが重要である。◆日銀の現状の非伝統的な金融政策、持続可能な収益維持を軸とした金融庁の監督指針、政府の地方創生の政策も、上記を実現するために推進されている

2014年10月24日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

中小製造業・地域経済回復の遅れ ~なぜ、波及効果が限定的なのか~

中小製造業・地域経済回復の遅れ ~なぜ、波及効果が限定的なのか~

2014年8月26日経済産業省フィードバック数:0エンタテインメント

平成25年度クールジャパンの芽の発掘・連携促進事業ファッション業況調査及びクールジャパンのトレンド・セッティングに関する波及効果・波及経路の分析

平成25年度クールジャパンの芽の発掘・連携促進事業ファッション業況調査及びクールジャパンのトレンド・セッティングに関する波及効果・波及経路の分析

2014年8月20日中国経済連合会★フィードバック数:0社会/政治

高速道路の開通効果です。

高速道路(中国横断自動車道尾道松江線)の開通による地域経済への波及効果・影響等に関する調査 中間報告

高速道路(中国横断自動車道尾道松江線)の開通による地域経済への波及効果・影響等に関する調査 中間報告

2014年5月22日国土交通省★フィードバック数:0大型消費/投資

市場データです。

平成24年(2012年)の旅行消費額(確定値)

平成24年(2012年)の旅行消費額(確定値)~旅行消費額は22.5兆円。これまで減少傾向にあったが、6年ぶりに増加!~ 最終更新日:2014年5月21日○旅行消費額は22.5兆円。これまで減少傾向にあったが、6年ぶりに増加に転じた(微増)。○旅行消費額を市場別に見ると、訪日外国人旅行等による消費額が前年比29.6%と大きく増加。○旅行消費額22.5兆円がもたらす生産波及効果は46.7兆円であり、これにより、399万人の雇用誘発効果があると推計。 詳細は以下をご参照下さい。観光庁観光戦略課 森(

2013年10月1日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成24年度戦略的基盤技術高度化支援事業の波及効果等に関する調査事業報告書

平成24年度戦略的基盤技術高度化支援事業の波及効果等に関する調査事業報告書

2013年9月20日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

中国:輸出改善による景気下振れリスクの減退

トップレポート・コラム経済分析中国中国:輸出改善による景気下振れリスクの減退 ここから本文です中国:輸出改善による景気下振れリスクの減退8月に生産関連が回復サマリー◆中国の主要経済指標では、2013年6月をボトムに生産関連の回復が目立つ。鉱工業生産は6月の前年同月比8.9%増から8月は同10.4%増と、2012年12月以来の2桁増となった。生産の回復は、輸出改善によるところが大きい。固定資産投資は1月~6月の前年同期比20.1%増から1月~8月は同20.3%増と0.2%ポイントの加速にとどまり、

クールジャパン旋風は“来る”か? ~世界を席巻する韓国コンテンツ産業の秘訣

クールジャパン旋風は“来る”か? ~世界を席巻する韓国コンテンツ産業の秘訣 | ニッセイ基礎研究所 クールジャパン旋風は“来る”か? ~世界を席巻する韓国コンテンツ産業の秘訣 押久保 直也基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 先日、アメリカの人気オーディション番組「アメリカンアイドル」のフィナーレを視聴した際に、韓国人アーティストのPSY1がゲスト出演したことに衝撃

2013年6月24日大和総研フィードバック数:17社会/政治

アベノミクスによる円安効果の先行き

トップレポート・コラム経済分析日本アベノミクスによる円安効果の先行き ここから本文ですアベノミクスによる円安効果の先行き輸出競争力向上による実体経済の押し上げはこれから本格化ニューヨークリサーチセンター シニアエコノミスト(NY駐在) 橋本 政彦 サマリー◆1-3月期GDPでは実質輸出が4四半期ぶりの増加に転じた。輸出が持ち直した背景としては、昨年11月に衆議院の解散が事実上決まってからの、急速な円安が挙げられることが多い。しかし、このところ為替市場では、昨年末からの一本調子の円安が反転し、円高

2013年1月8日大和総研★フィードバック数:1社会/政治

BRICsなど新興国についてのレポートです。

新興国マンスリー(2013年1月)2013年の新興国経済

トップレポート・コラム経済分析新興国新興国マンスリー(2013年1月)2013年の新興国経済 ここから本文です新興国マンスリー(2013年1月)2013年の新興国経済~先進国とのリンケージを通じて好転へ~サマリー◆2012年の新興国経済は景気停滞を通じて、先進国とのリンケージの強さを見せ付けた。2013年は、やはり同じリンケージを通じて、2012年を上回る成長パフォーマンスを示すことになろう。◆欧米景気の下方リスクが軽減していることも大きいが、先進国の金融緩和強化の波及効果が、新興国の景気回復に

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2018年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
 

お知らせ