「津波警報」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

2016年11月30日大網白里市フィードバック数:0社会/政治

平成28年度防災訓練アンケート調査

平成28年度防災訓練アンケート調査結果[2016年11月21日] 平成28年度防災訓練アンケート調査結果 平成28年10月23日(日曜日)、千葉県東方沖の地震により大津波警報が発表された場合を想定し、白里地区及び福岡地区の一部を対象とする第1部「津波避難訓練」及び白里小学校での第2部「防災体験コーナー」を実施しました。 「津波避難訓練」は、大津波警報(予想される津波の高さ10m)が発表された場合を想定し、白里地区・福岡地区の一部を「避難地域」として「避難指示」を発令。防災行政無線や緊急速報メール

2012年5月16日気象庁フィードバック数:13社会/政治

海水浴場等における津波警報の伝達に関するアンケート調査

キーワードを入力し検索ボタンを押下ください。 「海水浴場等における津波警報の伝達に関するアンケート調査」結果について報道発表日本文「平成23年(2011年)東北地方太平洋沖地震」の際には、海水浴客やマリンスポーツなどで海上にいた人に対して、サイレン等の音声による津波警報が風等の影響で届かなかったという事例が発生しました。また、一部の自治体や関係機関では、オレンジ色の旗など視覚による津波警報の伝達手段の導入の取り組みが行われています。これらのことを踏まえ気象庁では、海岸や海上など、防災行政無線

2011年9月9日ウェザーニューズフィードバック数:107社会/政治

東日本大震災 津波調査

発行日 : 2011年09月08日東日本大震災 津波調査(調査結果)東日本大震災で被災された皆様にお見舞いを申し上げます。また、本調査にご協力いただいた皆様に感謝致します。 調査概要調査目的3月11日の「東日本大震災」により、北海道、東北、関東の沿岸部で大きな津波災害に見舞われました。本調査は、株式会社ウェザーニューズ、今村文彦教授(東北大学災害制御研究センター長)、矢守克也教授(京都大学防災研究所)と共同で、今回の津波災害において、無事に避難をされた方と亡くなった方との間にどのような行動・判断

2011年3月18日ウェザーニューズ★フィードバック数:5社会/政治

ウェザーニューズによる調査結果です。

速報版:全国3万7千人と記録した「東日本大震災」の実態調査結果

発行日 : 2011年03月18日速報版:全国3万7千人と記録した「東日本大震災」の実態調査結果・津波の警報を知ったのは地震発生後、平均17分・海岸の近くにいた46%の人は津波からの退避行動に移れず・離れた家族や友人と最初に連絡が取れたのは地震発生後、平均3時間3分twitterやmixi等のソーシャルメディアを活用した人の平均は2時間3分・7割以上の人が避難時に近所の人と“連携”※本ニュースリリースは速報版です。詳細調査結果は、4月28日のニュースリリース()をご覧ください。3月11日、日本は

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
 

お知らせ