「活動指数」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2015年6月15日経済産業省フィードバック数:0ビジネス

第3次産業活動指数 (平成27年4月分)

結果の概要【プレス情報 2017年1月分】(2017年3月13日発表) - 第3次産業活動は横ばい -平成29年1月の第3次産業活動指数は、103.9、前月比0.0%の横ばいとなった。広義対個人サービスは同0.2%の上昇、広義対事業所サービスは同-0.3 %の低下となった。総じてみれば、第3次産業活動は横ばいで推移している(基調判断を据置き)。最新の指数の解説平成29年1月の第3次産業活動指数は、前月比横ばいで、狭いレンジでの動きが続いている。卸売業の不調が続き、対事業所サービスは2か月連続

2015年5月19日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

第3次産業活動指数 (平成27年3月分)

結果の概要【プレス情報 2017年1月分】(2017年3月13日発表) - 第3次産業活動は横ばい -平成29年1月の第3次産業活動指数は、103.9、前月比0.0%の横ばいとなった。広義対個人サービスは同0.2%の上昇、広義対事業所サービスは同-0.3 %の低下となった。総じてみれば、第3次産業活動は横ばいで推移している(基調判断を据置き)。最新の指数の解説平成29年1月の第3次産業活動指数は、前月比横ばいで、狭いレンジでの動きが続いている。卸売業の不調が続き、対事業所サービスは2か月連続

2015年5月8日東京都フィードバック数:0ビジネス

第3次産業活動指数・全産業活動指数(27年2月分)

「東京都第3次産業活動指数」「東京都全産業活動指数」(平成27年2月分)平成27年5月7日総務局 都内の第3次産業及び産業全体の活動状況を総合的にとらえることを目的とした「東京都第3次産業活動指数」及び「東京都全産業活動指数」の平成27年2月分を公表します。平成27年2月の動向は、以下のとおりです。第3次産業活動指数(平成17年平均=100.0) 第3次産業活動指数は前年同月比4.1%の上昇 2月の第3次産業活動指数は、前年同月比で4.1%上昇し、102.1となった。上昇した業種(大分類) 運輸

2015年4月27日経済産業省フィードバック数:0ビジネス

全産業活動指数 (平成27年2月分)

集計結果又は推計結果(データダウンロード) データ期間:2008年1月~2017年1月更新:2017年3月22日※2007年12月以前については、下に掲載している接続指数をご利用ください。これは過去の基準の指数を便宜的に平成22年基準指数に接続したものです。 データ期間:1988年1月~2014年12月更新:2015年9月24日※ 2008年から2014年のデータは、公表している平成22年基準の時系列データ(含む参考系列)と同じものです。 経済産業省 〒100-8901 東京都千

2015年4月21日経済産業省フィードバック数:0ビジネス

第3次産業活動指数 (平成27年2月分)

結果の概要【プレス情報 2017年1月分】(2017年3月13日発表) - 第3次産業活動は横ばい -平成29年1月の第3次産業活動指数は、103.9、前月比0.0%の横ばいとなった。広義対個人サービスは同0.2%の上昇、広義対事業所サービスは同-0.3 %の低下となった。総じてみれば、第3次産業活動は横ばいで推移している(基調判断を据置き)。最新の指数の解説平成29年1月の第3次産業活動指数は、前月比横ばいで、狭いレンジでの動きが続いている。卸売業の不調が続き、対事業所サービスは2か月連続

2015年4月8日東京都フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

第3次産業活動指数・全産業活動指数(27年1月分)

第3次産業活動指数・全産業活動指数(27年1月分)平成27年4月6日総務局 都内の第3次産業及び産業全体の活動状況を総合的にとらえることを目的とした「東京都第3次産業活動指数」及び「東京都全産業活動指数」の平成27年1月分を公表します。平成27年1月の動向は、以下のとおりです。第3次産業活動指数(平成17年平均=100.0) 第3次産業活動指数は前年同月比2.0%の上昇 1月の第3次産業活動指数は、前年同月比で2.0%上昇し、101.6となった。上昇した業種(大分類) 運輸業,郵便業、医療,福祉

2015年3月28日経済産業研究所フィードバック数:0社会/政治

新しい月次経済活動指数

新しい月次経済活動指数概要本稿ではわが国の1960年から2013年までの期間における新しい月次経済活動指数を作成する。新しい経済活動指数は実質GDPと非常によく似た動きを示している。年次ベースの伸び率を用いて算出された相関係数は0.94であり、四半期ベースの伸び率(前年同期比)にもとづく相関係数は0.90である。また、新しい活動指数は景気後退に関連するいくつかの指標とも密接に関係している。これらの結果は新しい経済活動指数が月次ベースでの実体経済活動の尺度として有用であることを示唆している。

2015年3月16日経済産業省フィードバック数:0ビジネス

第3次産業活動指数 (平成27年1月分)

結果の概要【プレス情報 2017年1月分】(2017年3月13日発表) - 第3次産業活動は横ばい -平成29年1月の第3次産業活動指数は、103.9、前月比0.0%の横ばいとなった。広義対個人サービスは同0.2%の上昇、広義対事業所サービスは同-0.3 %の低下となった。総じてみれば、第3次産業活動は横ばいで推移している(基調判断を据置き)。最新の指数の解説平成29年1月の第3次産業活動指数は、前月比横ばいで、狭いレンジでの動きが続いている。卸売業の不調が続き、対事業所サービスは2か月連続

2015年2月27日経済産業省★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

経産省のレポートです。

産業活動分析(平成26年10~12月期(年間回顧))

産業活動分析は平成26年10~12月期で終了しました。 各種分析について各種分析については、 ひと言解説コンテンツ関連産業、スポーツ関連産業など、1テーマをコンパクトにまとめて解説ミニ経済分析海外現地法人の調達活動や百貨店 衣料品販売の低迷など、経済指標をビジュアル化し、他の経済指標との関係を見たり、若干「手の込んだ」分析を実施 と装いも新たに様々な分析を公表しておりますので、こちらを御覧ください。なお、過去の分析については当時の状況を再現することが困難な場合もございますので、あらかじめ御了

2015年2月20日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

全産業活動指数・全産業供給指数 (平成26年12月分)

集計結果又は推計結果(データダウンロード) データ期間:2008年1月~2017年2月更新:2017年4月26日※2007年12月以前については、下に掲載している接続指数をご利用ください。これは過去の基準の指数を便宜的に平成22年基準指数に接続したものです。 データ期間:1988年1月~2014年12月更新:2015年9月24日※ 2008年から2014年のデータは、公表している平成22年基準の時系列データ(含む参考系列)と同じものです。 経済産業省 〒100-8901 東京都千

2015年2月12日経済産業省フィードバック数:0ビジネス

第3次産業活動指数 (平成26年12月分)

結果の概要【プレス情報 2017年1月分】(2017年3月13日発表) - 第3次産業活動は横ばい -平成29年1月の第3次産業活動指数は、103.9、前月比0.0%の横ばいとなった。広義対個人サービスは同0.2%の上昇、広義対事業所サービスは同-0.3 %の低下となった。総じてみれば、第3次産業活動は横ばいで推移している(基調判断を据置き)。最新の指数の解説平成29年1月の第3次産業活動指数は、前月比横ばいで、狭いレンジでの動きが続いている。卸売業の不調が続き、対事業所サービスは2か月連続

2015年1月22日経済産業省フィードバック数:0社会/政治

全産業活動指数・全産業供給指数 (平成26年11月分)

集計結果又は推計結果(データダウンロード) データ期間:2008年1月~2017年1月更新:2017年3月22日※2007年12月以前については、下に掲載している接続指数をご利用ください。これは過去の基準の指数を便宜的に平成22年基準指数に接続したものです。 データ期間:1988年1月~2014年12月更新:2015年9月24日※ 2008年から2014年のデータは、公表している平成22年基準の時系列データ(含む参考系列)と同じものです。 経済産業省 〒100-8901 東京都千

2015年1月19日経済産業省フィードバック数:0社会/政治

第3次産業活動指数 (平成26年11月分)

結果の概要【プレス情報 2016年4月分】(2016年6月10日発表) - 第3次産業活動は一進一退-平成28年4月の第3次産業活動指数は、104.6、前月比1.4%の上昇。 広義対個人サービスは同0.8%、広義対事業所サービスは同2.2%のそれぞれ上昇となった。総じてみれば、第3次産業活動は一進一退で推移している。内訳の大分類業種では、11業種中、など6業種が上昇、など5業種が低下。表1.第3次産業総合を大きく動かした業種と主な要因 医薬品・化粧品等卸売業や産業機械器具卸売業、電気機械器具

2014年12月23日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

全産業活動指数・全産業供給指数 (平成26年10月分)

集計結果又は推計結果(データダウンロード) データ期間:2008年1月~2017年1月更新:2017年3月22日※2007年12月以前については、下に掲載している接続指数をご利用ください。これは過去の基準の指数を便宜的に平成22年基準指数に接続したものです。 データ期間:1988年1月~2014年12月更新:2015年9月24日※ 2008年から2014年のデータは、公表している平成22年基準の時系列データ(含む参考系列)と同じものです。 経済産業省 〒100-8901 東京都千

2014年12月12日経済産業省フィードバック数:0社会/政治

第3次産業活動指数 (平成26年10月分)

結果の概要【2016年9月分】(2016年11月11日発表) - 第3次産業活動は一進一退 -平成28年9月の第3次産業活動指数は、104.1、前月比-0.1%の低下となった。広義対個人サービスは同0.6%の上昇、広義対事業所サービスは同-0.4%の低下となった。総じてみれば、第3次産業活動は一進一退で推移している(基調判断を据置き)。 内訳の大分類業種では、11業種中、など3業種が低下、など8業種が上昇。表1.第3次産業総合を大きく動かした業種と主な要因8月に上昇した情報サービス業が大きく

2014年11月29日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

産業活動分析 (平成26年7-9月期)

産業活動分析は平成26年10~12月期で終了しました。 各種分析について各種分析については、 ひと言解説コンテンツ関連産業、スポーツ関連産業など、1テーマをコンパクトにまとめて解説ミニ経済分析海外現地法人の調達活動や百貨店 衣料品販売の低迷など、経済指標をビジュアル化し、他の経済指標との関係を見たり、若干「手の込んだ」分析を実施 と装いも新たに様々な分析を公表しておりますので、こちらを御覧ください。なお、過去の分析については当時の状況を再現することが困難な場合もございますので、あらかじめ御了

2014年11月23日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

全産業活動指数・全産業供給指数 (平成26年9月分)

集計結果又は推計結果(データダウンロード) データ期間:2008年1月~2017年1月更新:2017年3月22日※2007年12月以前については、下に掲載している接続指数をご利用ください。これは過去の基準の指数を便宜的に平成22年基準指数に接続したものです。 データ期間:1988年1月~2014年12月更新:2015年9月24日※ 2008年から2014年のデータは、公表している平成22年基準の時系列データ(含む参考系列)と同じものです。 経済産業省 〒100-8901 東京都千

2014年11月13日経済産業省フィードバック数:0社会/政治

第3次産業活動指数 (平成26年9月分)

結果の概要【プレス情報 2016年9月分】(2016年11月11日発表) - 第3次産業活動は一進一退 -平成28年9月の第3次産業活動指数は、104.1、前月比-0.1%の低下となった。広義対個人サービスは同0.6%の上昇、広義対事業所サービスは同-0.4%の低下となった。総じてみれば、第3次産業活動は一進一退で推移している(基調判断を据置き)。内訳の大分類業種では、11業種中、など3業種が低下、など8業種が上昇。表1.第3次産業総合を大きく動かした業種と主な要因8月に上昇した情報サービス

2014年10月14日経済産業省フィードバック数:0社会/政治

第3次産業活動指数 (平成26年8月分)

結果の概要【プレス情報 2017年1月分】(2017年3月13日発表) - 第3次産業活動は横ばい -平成29年1月の第3次産業活動指数は、103.9、前月比0.0%の横ばいとなった。広義対個人サービスは同0.2%の上昇、広義対事業所サービスは同-0.3 %の低下となった。総じてみれば、第3次産業活動は横ばいで推移している(基調判断を据置き)。最新の指数の解説平成29年1月の第3次産業活動指数は、前月比横ばいで、狭いレンジでの動きが続いている。卸売業の不調が続き、対事業所サービスは2か月連続

2014年4月15日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

[みずほ日本経済情報]2014年4月号

みずほ日本経済情報2014年4月号[日本経済の概況]◆日本経済は、消費増税の影響で一時的に落ち込んでいる。経済の活動水準は、潜在生産量(物価変動に対して中立的とみられる生産量)を引き続き下回っている。◆先行きの日本経済は、消費増税後の落ち込みから徐々に持ち直していくとみられる。輸出は、海外経済の回復や円安を背景に緩やかに増加する見通しである。個人消費は増税の影響による落ち込みが当面続くが、その後は駆け込み需要の反動が薄れるに伴い徐々に回復に向かうとみられる。ただし、増税後の経済情勢に対する企業の

2014年3月9日日本政策金融公庫★フィードバック数:0ビジネス

特に女性による起業にフォーカスしています。

起業態度と起業活動の国際比較-日本の女性の起業活動はなぜ低迷しているのか-

論 文起業態度と起業活動の国際比較−日本の女性の起業活動はなぜ低迷しているのか−武蔵大学経済学部教授高 橋 徳 行 要 旨グローバル・アントレプレナーシップ・モニター(Global Entrepreneurship Monitor:GEM)の2001~2011年の個票データをもとに、G7(カナダ除き)の中での日本の女性起業活動の特徴とその特徴を生み出した要因を分析した。本稿では、起業活動を説明するために、起業態度という説明変数を採用し、2001~2011年にかけて蓄積された20万件以上の個票を利

2014年2月14日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

[みずほ日本経済情報]2014年2月号

みずほ日本経済情報2014年2月号[日本経済の概況]◆日本経済は回復している。ただし、経済の活動水準は、潜在生産量(物価変動に対して中立的とみられる生産量)を引き続き下回っている。◆先行きの日本経済は年度末にかけて回復が続いた後、消費増税後は一時的に落ち込むとみられる。輸出は海外経済の緩やかな回復と円安を背景に緩やかに増加し、消費増税後は内需減少への対応から伸びが高まる見通しである。設備不足感の高まりなどを受けて、設備投資は緩やかな増加が続くだろう。個人消費は自動車以外の駆け込みも加わることで年

2014年2月14日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

[経済指標解説]主要な経済指標の発表予定と予測(2月17日~2月21日)

経済指標解説2014 年 2 月 14 日経済調査部エコノミスト主要な経済指標の発表予定と予測齋藤 周(2/17~2/21)amane.saito@mizuho-ri.co.jp【来週の注目材料】※(03-3591-1283)内はみずほ総研予想17日 :10~12月期の実質GDP成長率1次速報(前期比+0.7%、同年率+2.8%):12月の設備稼働率18日 :日銀金融政策決定会合(17・18日)、日銀総裁定例記者会見19日 :12月の全産業活動指数(前月比+0.1%、前年比+2.2%):日銀金融

2014年1月17日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

[経済指標解説]主要な経済指標の発表予定と予測(2013年1月20日~1月24日)

経済指標解説2014 年 1 月 17 日経済調査部エコノミスト主要な経済指標の発表予定と予測中村 拓真(1/20~1/24)takuma.nakamura@mizuho-ri.co.jp【来週の注目材料】※(03-3591-1414)内はみずほ総研予想20日 :11月の設備稼働率22日 :11月の全産業活動指数(前月比+0.2%、前年比+1.8%):日銀金融政策決定会合(21・22日):日銀総裁定例記者会見23日 :日銀金融経済月報(1月)経常収支は2カ月連続で赤字14日に発表された11月の経

2014年1月13日総務省フィードバック数:0企業情報システム

情報通信産業の経済動向報告2013年第2四半期(4-6月期)

情報通信産業の経済動向報告2013年第2四半期(4-6月期)平成25年9月総務省 情報通信政策研究所 調査研究部情報通信国際戦略局 情報通信経済室1.情報通信産業の動向景況感情報通信産業の経済動向報告-2013年第2四半期(4-6月期)の概要-※網掛け欄は、マクロ経済全体の記述又は産業全体と情報通信産業との比較業況判断は、電気機械業が改善(3月:-23、6月:-13、9月見通し:-2)、情報通信業が横ばい(3月:+6、6月:+6、9月見通し:+5)製造業全体は改善、非製造業全体は改善情報通

2013年12月16日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

[経済指標解説]主要な経済指標の発表予定と予測(12月16日~12月20日)

経済指標解説2013 年 12 月 13 日経済調査部エコノミスト主要な経済指標の発表予定と予測齋藤 周(12/16~12/20)amane.saito@mizuho-ri.co.jp【来週の注目材料】※(03-3591-1283)内はみずほ総研予想16日 :日銀短観(12月調査)大企業業況判断DI(製造業+14%Pt、非製造業+15%Pt)18日 :11月の貿易統計(貿易収支▲1兆2,872億円、輸出前年比+16.5%、輸入同+19.4%)19日 :7~9月期の資金循環統計:10月の全産業活動

2013年9月12日経済産業省フィードバック数:0社会/政治

産業活動分析 2013年4-6月期

産業活動分析は平成26年10~12月期で終了しました。 各種分析について各種分析については、 ひと言解説コンテンツ関連産業、スポーツ関連産業など、1テーマをコンパクトにまとめて解説ミニ経済分析海外現地法人の調達活動や百貨店 衣料品販売の低迷など、経済指標をビジュアル化し、他の経済指標との関係を見たり、若干「手の込んだ」分析を実施 と装いも新たに様々な分析を公表しておりますので、こちらを御覧ください。なお、過去の分析については当時の状況を再現することが困難な場合もございますので、あらかじめ御了

2013年8月28日経済産業省フィードバック数:0社会/政治

全産業供給指数(平成25年6月分)

 全産業活動指数は全産業の生産活動状況を供給面から捉えることを目的としている。 経済産業省 大臣官房 調査統計グループ 経済解析室電話:03-3501-1511(代表)(内線2854)、03-3501-1644(直通)FAX:03-3501-7775E-MAIL:qqcebc@meti.go.jp 経済産業省 〒100-8901 東京都千代田区霞が関1-3-1 代表電話 03-3501-1511

2013年7月23日経済産業省フィードバック数:25社会/政治

全産業活動指数(平成25年5月分)

全産業活動指数は全産業の生産活動状況を供給面から捉えることを目的としている。 経済産業省 大臣官房 調査統計グループ 経済解析室第三次産業指数班Tel: 03-3501-1511(代表)(内線2854), 03-3501-1644(直通)FAX: 03-3501-7775E-mail: qqcebc@meti.go.jp 経済産業省 〒100-8901 東京都千代田区霞が関1-3-1 代表電話 03-3501-1511

2013年6月6日経済産業省フィードバック数:24製造業/エレクトロニクス

産業活動分析(平成25年1-3月期)

産業活動分析は平成26年10~12月期で終了しました。 各種分析について各種分析については、 ひと言解説コンテンツ関連産業、スポーツ関連産業など、1テーマをコンパクトにまとめて解説ミニ経済分析海外現地法人の調達活動や百貨店 衣料品販売の低迷など、経済指標をビジュアル化し、他の経済指標との関係を見たり、若干「手の込んだ」分析を実施 と装いも新たに様々な分析を公表しておりますので、こちらを御覧ください。なお、過去の分析については当時の状況を再現することが困難な場合もございますので、あらかじめ御了

2013年4月15日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

第3次産業活動指数(2013年2月) ~2ヶ月ぶりの前月比プラス、家計部門・企業部門ともに上昇~

第3次産業活動指数(2013年2月) ~2ヶ月ぶりの前月比プラス、家計部門・企業部門ともに上昇~

2013年3月18日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

主要な経済指標の発表予定と予測(3月18日~3月22日)

経済指標解説2013 年 3 月 15 日経済調査部エコノミスト主要な経済指標の発表予定と予測徳田 秀信03-3591-1298(3/18~3/22)hidenobu.tokuda@mizuho-ri.co.jp【来週の注目材料】※(20日21日)内はみずほ総研予想:春分の日(日本休場):2月の貿易統計(貿易収支▲8,781億円、輸出前年比+1.8%、輸入同+18.5%):1月の全産業活動指数(前月比▲1.5%)大企業の景況感は2四半期ぶりに改善1~3月期の法人企業景気予測調査(12日発表)では

2013年3月12日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

[みずほ日本経済情報]2013年3月号

みずほ日本経済情報2013年3月号[日本経済の概況]◆日本経済は持ち直している。ただし、経済の活動水準は、潜在生産量(物価変動に対して中立的とみられる生産量)を引き続き下回っている。◆先行きの日本経済は、緩やかに回復するとみられる。海外経済の持ち直しと円安を背景に輸出は増加に転じる見通しである。春先からは補正予算で追加された公共事業が順次執行され、公共投資の増勢が強まるであろう。雇用・所得環境の改善を受けて、個人消費も緩やかに回復する見通しである。ただし、経済活動の水準は潜在生産量を下回る状態が

2013年3月7日経済産業省フィードバック数:24社会/政治

産業活動分析(平成24年年間回顧)

産業活動分析は平成26年10~12月期で終了しました。 各種分析について各種分析については、 ひと言解説コンテンツ関連産業、スポーツ関連産業など、1テーマをコンパクトにまとめて解説ミニ経済分析海外現地法人の調達活動や百貨店 衣料品販売の低迷など、経済指標をビジュアル化し、他の経済指標との関係を見たり、若干「手の込んだ」分析を実施 と装いも新たに様々な分析を公表しておりますので、こちらを御覧ください。なお、過去の分析については当時の状況を再現することが困難な場合もございますので、あらかじめ御了

2013年2月13日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

みずほ日本経済情報 2013年2月号

みずほ日本経済情報2013年2月号[日本経済の概況]◆日本経済は底入れしつつある。ただし、経済の活動水準は、潜在生産量(物価変動に対して中立的とみられる生産量)を引き続き下回っている。◆先行きの日本経済は、緩やかに回復するとみられる。エコカー補助金の反動が薄れていくことなどから個人消費の緩やかな増加が見込まれるほか、海外経済の持ち直しと円安を背景に輸出も徐々に回復する見通しである。春先からは補正予算で追加された公共事業が順次執行され、公共投資の増勢が強まるであろう。ただし、経済活動の水準は潜在生

2012年12月6日経済産業省フィードバック数:24製造業/エレクトロニクス

産業活動分析(平成24年7-9月期)

産業活動分析は平成26年10~12月期で終了しました。 各種分析について各種分析については、 ひと言解説コンテンツ関連産業、スポーツ関連産業など、1テーマをコンパクトにまとめて解説ミニ経済分析海外現地法人の調達活動や百貨店 衣料品販売の低迷など、経済指標をビジュアル化し、他の経済指標との関係を見たり、若干「手の込んだ」分析を実施 と装いも新たに様々な分析を公表しておりますので、こちらを御覧ください。なお、過去の分析については当時の状況を再現することが困難な場合もございますので、あらかじめ御了

2012年9月6日経済産業省フィードバック数:25社会/政治

産業活動分析(平成24年4-6月期)

産業活動分析は平成26年10~12月期で終了しました。 各種分析について各種分析については、 ひと言解説コンテンツ関連産業、スポーツ関連産業など、1テーマをコンパクトにまとめて解説ミニ経済分析海外現地法人の調達活動や百貨店 衣料品販売の低迷など、経済指標をビジュアル化し、他の経済指標との関係を見たり、若干「手の込んだ」分析を実施 と装いも新たに様々な分析を公表しておりますので、こちらを御覧ください。なお、過去の分析については当時の状況を再現することが困難な場合もございますので、あらかじめ御了

2012年8月15日経済産業省フィードバック数:27社会/政治

第3次産業活動指数(平成24年6月分)

 第3次産業活動指数は、第3次産業(非製造業、広義のサービス業)に属する業種の生産活動を総合的に捉えることを目的としている。 経済産業省 大臣官房 調査統計グループ 経済解析室第三次産業指数班Tel: 03-3501-1511(代表)(内線2854), 03-3501-1644(直通)FAX: 03-3501-7775E-mail: qqcebc@meti.go.jp 経済産業省 〒100-8901 東京都千代田区霞が関1-3-1 代表電話 03-3501-1511

2012年6月7日経済産業省フィードバック数:25社会/政治

産業活動分析(平成24年1-3月期)

産業活動分析は平成26年10~12月期で終了しました。 各種分析について各種分析については、 ひと言解説コンテンツ関連産業、スポーツ関連産業など、1テーマをコンパクトにまとめて解説ミニ経済分析海外現地法人の調達活動や百貨店 衣料品販売の低迷など、経済指標をビジュアル化し、他の経済指標との関係を見たり、若干「手の込んだ」分析を実施 と装いも新たに様々な分析を公表しておりますので、こちらを御覧ください。なお、過去の分析については当時の状況を再現することが困難な場合もございますので、あらかじめ御了

2012年3月9日経済産業省フィードバック数:24社会/政治

産業活動分析(平成23年年間回顧)

産業活動分析は平成26年10~12月期で終了しました。 各種分析について各種分析については、 ひと言解説コンテンツ関連産業、スポーツ関連産業など、1テーマをコンパクトにまとめて解説ミニ経済分析海外現地法人の調達活動や百貨店 衣料品販売の低迷など、経済指標をビジュアル化し、他の経済指標との関係を見たり、若干「手の込んだ」分析を実施 と装いも新たに様々な分析を公表しておりますので、こちらを御覧ください。なお、過去の分析については当時の状況を再現することが困難な場合もございますので、あらかじめ御了

2012年2月14日経済産業省フィードバック数:26社会/政治

第3次産業活動指数(平成23年12月分)

 第3次産業活動指数は、第3次産業(非製造業、広義のサービス業)に属する業種の生産活動を総合的に捉えることを目的としている。 経済産業省 大臣官房 調査統計グループ 経済解析室第三次産業指数班Tel: 03-3501-1511(代表)(内線2854), 03-3501-1644(直通)FAX: 03-3501-7775E-mail: qqcebc@meti.go.jp 経済産業省 〒100-8901 東京都千代田区霞が関1-3-1 代表電話 03-3501-1511

2011年12月14日経済産業省フィードバック数:26社会/政治

第3次産業活動指数(平成23年10月分)

 第3次産業活動指数は、第3次産業(非製造業、広義のサービス業)に属する業種の生産活動を総合的に捉えることを目的としている。 経済産業省 大臣官房 調査統計グループ 経済解析室第三次産業指数班Tel: 03-3501-1511(代表)(内線2854), 03-3501-1644(直通)FAX: 03-3501-7775E-mail: qqcebc@meti.go.jp 経済産業省 〒100-8901 東京都千代田区霞が関1-3-1 代表電話 03-3501-1511

2011年12月8日経済産業省フィードバック数:24社会/政治

産業活動分析(平成23年7-9月期)

産業活動分析は平成26年10~12月期で終了しました。 各種分析について各種分析については、 ひと言解説コンテンツ関連産業、スポーツ関連産業など、1テーマをコンパクトにまとめて解説ミニ経済分析海外現地法人の調達活動や百貨店 衣料品販売の低迷など、経済指標をビジュアル化し、他の経済指標との関係を見たり、若干「手の込んだ」分析を実施 と装いも新たに様々な分析を公表しておりますので、こちらを御覧ください。なお、過去の分析については当時の状況を再現することが困難な場合もございますので、あらかじめ御了

2011年11月14日経済産業省フィードバック数:26社会/政治

第3次産業活動指数(平成23年9月分)

 第3次産業活動指数は、第3次産業(非製造業、広義のサービス業)に属する業種の生産活動を総合的に捉えることを目的としている。 経済産業省 大臣官房 調査統計グループ 経済解析室第三次産業指数班Tel: 03-3501-1511(代表)(内線2854), 03-3501-1644(直通)FAX: 03-3501-7775E-mail: qqcebc@meti.go.jp 経済産業省 〒100-8901 東京都千代田区霞が関1-3-1 代表電話 03-3501-1511

2011年9月8日経済産業省フィードバック数:24社会/政治

産業活動分析(平成23年4-6月期)

産業活動分析は平成26年10~12月期で終了しました。 各種分析について各種分析については、 ひと言解説コンテンツ関連産業、スポーツ関連産業など、1テーマをコンパクトにまとめて解説ミニ経済分析海外現地法人の調達活動や百貨店 衣料品販売の低迷など、経済指標をビジュアル化し、他の経済指標との関係を見たり、若干「手の込んだ」分析を実施 と装いも新たに様々な分析を公表しておりますので、こちらを御覧ください。なお、過去の分析については当時の状況を再現することが困難な場合もございますので、あらかじめ御了

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
 

お知らせ