「活動調査」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2017年7月27日マイナビフィードバック数:0キャリアとスキル

2018年卒マイナビ企業採用活動調査

ご覧になりたい「カテゴリー」と「年別ニュース」を選択すると、ソート表示することができます。カテゴリを選択年度を選択 『2018年卒マイナビ企業採用活動調査』を発表約3割の企業が「採用予定数の確保は難しい」とし、特に「建設」「サービス」「小売」の厳しさが目立つ全体の約6割が追加の選考機会を設けると回答株式会社マイナビ(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:中川信行)は、「2018年卒マイナビ企業採用活動調査」を発表しました。本調査は全国の企業3,000社に、6月時点の採用活動動向について調査したも

2016年10月28日厚生労働省フィードバック数:0ライフスタイル

平成28年度 保健師活動領域調査(領域調査)

平成28年度 保健師活動領域調査(領域調査)の結果について平成28年10月21日【照会先】健康局 健康課 保健指導室係長村松 裕文 (内線2398)(代表電話)03(5253)1111 ○ 自治体別常勤保健師数 (表1、2 [23KB])地方自治体における常勤保健師数の合計は33,901人であり、このうち都道府県の保健師は4,999人(全体の14.7%)、市区町村の保健師は28,902人(全体の85.3%)となっています。常勤保健師数の合計は、昨年度に比べて569人(昨年度比1.7%増)増加して

2016年6月14日日本生産性本部フィードバック数:0大型消費/投資

レジャー白書短信 第7号「子供が多いほどスキー・遊園地・釣りに参加 -時間・費用等の負担が比較的大きい種目の子供の人数別活動実績-」

子供を持つ20〜40代において、子供の人数の多寡により参加率や年間活動回数、年間費用(会費等)などの実態がどのように変わるのかを、時間や費用などの負担が比較的大きい種目について明らかにしている。■子供3人以上で「家族と過ごすため」の選択率は5割にとどまる子供がいる20〜40代において、自由時間を「家族と過ごすための時間」とする人の割合は6割で、子供がいない人(約25%)を大きく上回るが、子供の人数別にみると、「3人以上」でその割合は5割にとどまっている。その半面「3人以上」は「趣味やスポーツを楽

2015年3月30日宮崎県フィードバック数:0社会/政治

平成24年経済センサス活動調査

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。 ここから本文です。更新日:2017年3月29日平成24年経済センサス-活動調査結果平成24年経済センサス-活動調査(確報)宮崎県の概要(1)事業所数事業所数で、全産業に占める割合が最も高い産業は、「卸売業,小売業」、次いで「宿泊業,飲食サービス業」、「建設業」などとなっている。 また、前回調査と比較し、「卸売業,小売業」や「建設業」など多くの産業で減少してい

2015年3月20日栃木県フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成25年工業統計調査結果報告書

ここから本文です。「栃木県の工業」(平成25年工業統計調査結果報告書) 「栃木県の工業(平成25年工業統計調査結果報告書)」は、日本標準産業分類に掲げる大分類「E-製造業」に属する事業所を対象に、平成25年12月31日現在で実施した「平成25年工業統計調査」(基幹統計調査)のうち、「従業者4人以上の事業所」の主要項目について、県独自に集計し公表するものです。調査結果の概要 〇従業者4人以上の事業所数は4,438事業所で、対前年増減数は▲152事業所で増減率は▲3.3%でした。  〇従業者数は6年

2015年3月12日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成26年度「経済センサス-活動調査後の工業統計調査に係る見直し(調査結果の民間利用者側等からみた問題点を中心に)」に関する調査研究

平成26年度「経済センサス-活動調査後の工業統計調査に係る見直し(調査結果の民間利用者側等からみた問題点を中心に)」に関する調査研究

2015年3月12日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成26年度「経済センサス-活動調査後の工業統計調査に係る見直し(調査報告者側からみた問題点を中心に)」に関する調査研究

平成26年度「経済センサス-活動調査後の工業統計調査に係る見直し(調査報告者側からみた問題点を中心に)」に関する調査研究

2015年2月15日日本生産性本部フィードバック数:0大型消費/投資

レジャー白書短信 第3号「『旅』、『読書』重視の傾向の中で『音楽』を重視する学生 -職業別にみる『最も重視する余暇活動』-」

公益財団法人日本生産性本部 余暇創研は、2014年1月実施の「レジャー白書調査」で特別に調べた「最も重視する余暇活動」の分析結果を「レジャー白書短信第3号」としてまとめた。「最も重視する余暇活動」については、「レジャー白書2014」に性・年代別に集計した結果(上位5種目)を掲載しているが、本短信では職業別(自営、勤め人、専業主婦・主夫、学生など)にみると、重視している余暇活動にどのような違いが出てくるのかを明らかにしている。さらに、回答者に占める割合の大きい「勤め人」の「最も重視する余暇活動」に

2014年10月20日厚生労働省フィードバック数:0ライフスタイル

平成26年度保健師活動領域調査(領域調査)

平成26年度 保健師活動領域調査(領域調査)の結果について平成26年10月17日【照会先】健康局 がん対策・健康増進課保健指導室主査大野 由里子(内線2392)(代表電話)03(5253)1111 ○ 自治体別保健師数 (表1、2 [59KB])地方自治体における常勤保健師数の合計は32,896人であり、このうち都道府県の保健師は4,941人(全体の15.0%)、市区町村の保健師は27,955人(全体の85.0%)でした。常勤保健師の合計は、昨年度に比べて、全体では1.2%、都道府県では0.2%

2014年8月5日日本生産性本部★★フィードバック数:0大型消費/投資

レジャー白書です。

レジャー白書2014 ~11年ぶりに余暇市場が増加~

公益財団法人日本生産性本部(理事長 松川昌義)余暇創研は、『レジャー白書2014〜マイ・レジャー時代の余暇満足度〜』をとりまとめた。同白書は、余暇活動調査等をもとに、わが国における余暇の実態を需給双方の視点から総合的・時系列的にとりまとめている唯一のもので、1977年の創刊以来通算38号目になる。■日本人の余暇活動の現状 〜「国内観光旅行」が参加人口首位に定着〜「国内観光旅行(避暑、避寒、温泉など)」(5,590万人)が、3年連続首位となり、レジャーの代表格として定着した。続いて2位「ドライブ」

2014年6月22日総務省フィードバック数:0社会/政治

経済の基本的構造の変化が浮き彫りに-平成26年経済センサス‐基礎調査の実施について-

ここから本文です。統計Today No.80経済の基本的構造の変化が浮き彫りに −平成26年経済センサス‐基礎調査の実施について−総務省統計局統計調査部経済基本構造統計課長 佐藤 正昭 総務省統計局では、平成26年7月1日を調査期日として「平成26年経済センサス‐基礎調査」を実施します。この調査は、事業所及び企業の活動の状態を調査し、全ての産業分野における事業所及び企業の従業者規模等の基本的構造を全国及び地域別に明らかにするとともに、各種統計調査の基礎となる母集団情報の整備を図ることを目的として

2014年6月22日日本製薬工業協会★フィードバック数:0ライフスタイル

患者団体の活動についての調査です。

第1回患者団体の意識・活動調査(2014年3月実施)

第1回患者団体の意識・活動調査(2014年3月実施)

2014年6月20日総務省★★フィードバック数:0社会/政治

地域ごとの企業の売上を地図にしています。

経済センサスと統計地図(大都市圏の売上高)

ここから本文です。平成26年6月20日総務省統計トピックスNo.83経済センサスと統計地図(大都市圏の売上高) 経済センサスは、日本全国にある全ての事業所及び企業を対象として実施する調査であり、「経済の国勢調査」といわれます。また、この調査から得られる事業所及び企業の「売上(収入)金額」は、我が国の経済活動の実態を明らかにする重要なデータの一つです。 本トピックスでは、平成24年経済センサス-活動調査の結果を用いて、民営事業所の売上(収入)金額(平成23年1年間。以下、「売上高」という。)(注1

2014年5月16日群馬経済研究所フィードバック数:0ビジネス

新設された事業所数は5,178

新設された事業所数は5,178ぐんまのデータ○総務省の「経済センサス 活動調査」によると、県内には、2012年2月時点で9万6546の事業所が立地している(図表1)。このうち、前回調査(09年7月)から今回調査までの2年7カ月間で5,178の事業所が新たに設立されている。○都道府県別に新設事業所数をみると、東京都をはじめ、大阪府、神奈川県、愛知県などが多く、群馬県は全国で23位の水準であった(図表2)。○県内の新設事業所を市町村別にみると、「高崎市」と「前橋市」に集中していることがわかる(図表3

2014年2月26日総務省★フィードバック数:0社会/政治

経済センサスの今回分最終発表です。

平成24年経済センサス‐活動調査(確報)

報道資料平成24年経済センサス‐活動調査(確報)結果(産業横断的集計(存続・新設・廃業別集計編)産業別集計(業態別統計編(小売業)、建設業、医療・福祉、学校教育及びサービス業に関する集計))平成24年2月に総務省及び経済産業省が初めて実施した「経済センサス‐活動調査」の集計結果については、これまで平成25年8月及び11月に産業横断的集計及び産業別集計の各編の確報結果を公表してきたところですが、今般、標記の確報結果を公表いたします。今回、新たに集計した事項は、事業所の新設及び廃業の状況、小売業の業

2014年1月31日東京都★フィードバック数:0社会/政治

東京都のまとめです。

平成24年経済センサス―活動調査報告

平成24年経済センサス―活動調査報告産業横断的集計 東京都概況(平成24年2月1日現在)平成26年1月30日総務局 「経済センサス」は全国全ての事業所・企業を対象とする統計調査です。事業所・企業の基本的な項目を調査する「基礎調査」と、加えて売上(収入)金額など経理項目まで調査する「活動調査」の2つの調査があり、それぞれ、平成21年7月と平成24年2月に初めて実施されました。今回、平成24年経済センサス‐活動調査の東京都分の概況(確報)がまとまりましたのでお知らせします。1 東京都の概況事業所数6

2014年1月31日東京都★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

東京都のまとめです。

2011東京の工業

2011東京の工業 経済センサス-活動調査 (工業統計相当集計結果)平成26年1月30日総務局 毎年実施している工業統計調査の平成23年分については、全事業所を対象に行なわれた「経済センサス-活動調査」(以下「活動調査」という。)の実施に伴い中止されました。そのため、23年分については、今回「2011東京の工業」として、活動調査から工業統計相当分を集計し、結果をとりまとめました。なお、工業統計の範囲・定義とあわせた形で集計しているため、別途発表する「平成24年経済センサス-活動調査報告-産業横断

2013年12月12日日本生産性本部フィードバック数:0ライフスタイル

レジャー白書2013続報-シニア層余暇参加の追加分析  アクティブな男性70代/高収入ほど多種目参加

公益財団法人日本生産性本部(理事長 松川昌義)余暇創研は、このほど、2012年におけるシニア層の余暇活動についての分析結果をまとめた。今年8月に発表した『レジャー白書2013』では、10年前には最も参加種目数が少なかった60代以上が、2012年には他の年代と同等かそれ以上に参加していることを指摘した。団塊の世代が60代後半を迎え、雇用延長で働いていた人を含めて多くが仕事から離れる年代となり、就業の有無によって余暇活動にどのような影響があるのかが注目される。本報告では、レジャー白書と同様に余暇活動

2013年12月3日総務省★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

日本の都市の比較です。

経済センサスでみる12大都市の産業特性と主要産業-平成24年経済センサス‐活動調査の分析事例(2)〔地域分析〕-

ここから本文です。平成25年12月3日平成26年2月26日 改訂総務省統計トピックスNo.75経済センサスでみる12大都市の産業特性と主要産業−平成24年経済センサス‐活動調査の分析事例②〔地域分析〕−経済センサスは、我が国の事業所及び企業の経済活動の状態を全国的及び地域的に明らかにすることなどを目的として創設された統計調査です。平成24年に経理事項の把握に重点を置いた「経済センサス-活動調査」を初めて実施し、本年8月に地域別の付加価値額などを公表しています。 本トピックスでは、同調査の集計結果

2013年11月28日経済産業省フィードバック数:0社会/政治

平成24年経済センサス-活動調査確報

経済産業省 大臣官房調査統計グループ 構造統計室電話番号: 03-3501-1511(内線2881)E-mail:qqcebd@meti.go.jp 経済産業省 〒100-8901 東京都千代田区霞が関1-3-1 代表電話 03-3501-1511

2013年10月16日総務省★フィードバック数:0社会/政治

業種間比較です。

経済センサスと経営指標を用いた産業間比較

ここから本文です。平成25年10月16日平成26年2月26日 改訂総務省統計トピックスNo.73経済センサスと経営指標を用いた産業間比較−平成24年経済センサス‐活動調査の分析事例①〔経理項目〕−平成24年経済センサス‐活動調査は、我が国の全産業分野の経理項目を同一時点で網羅的に把握する全数調査として初めて実施した統計調査であり、その集計結果からは産業分類別の売上(収入)金額、費用総額、給与総額、付加価値額などが分かります。 本トピックスでは、こうした経理項目の集計結果から、一般的な経営分析に用

2013年10月8日厚生労働省フィードバック数:0ライフスタイル

平成25年度 保健師活動領域調査(領域調査)の結果について

平成25年度 保健師活動領域調査(領域調査)の結果について平成25年10月7日【照会先】健康局 がん対策・健康増進課保健指導室主査関根 小乃枝(内線2392)(代表電話)03(5253)1111 ○ 自治体別保健師数 (表1、表2) [59KB]地方自治体における常勤保健師数の合計は32,516人であり、このうち都道府県の保健 師は4,929人(全体の15.2%)、市区町村の保健師は27,587人(全体の84.8%)でした。常勤保健師の合計は、昨年度に比べて、392人(昨年度比1.2%増)増加し

2013年8月28日経済産業省★フィードバック数:0社会/政治

経済センサス確報が出ました。

平成24年経済センサス-活動調査(確報)

2017年 5月31日 調査の結果を更新2017年 4月28日 公表予定を更新経済産業省 大臣官房調査統計グループ 構造統計室電話番号: 03-3501-1511(内線2881)E-mail:qqcebd@meti.go.jp 経済産業省 〒100-8901 東京都千代田区霞が関1-3-1 代表電話 03-3501-1511

2013年8月23日愛知県フィードバック数:0ビジネス

2012年における愛知県内企業の海外事業活動調査

2012年における愛知県内企業の海外事業活動調査結果 2012年における愛知県内企業の海外事業活動調査結果愛知県に本社を持つ企業について、公益財団法人あいち産業振興機構が2012年における海外への進出状況をまとめました。調査結果の概要については、下のリンクからご覧ください。この調査は、県内に本社を持つ企業で海外に進出しているか、進出しているとみられるところを対象に、企業の海外進出の現状、海外拠点の実態及び今後の海外進出の方向性を把握するために調査したものです。問合せ 愛知県〒460-8501 名

2013年8月6日日本生産性本部★フィードバック数:0大型消費/投資

日本生産性本部のレポートです。

レジャー白書2013 ~60代以上が余暇の主役へ~

公益財団法人日本生産性本部(理事長 松川昌義)余暇創研は、『レジャー白書2013〜やめる理由 はじめる理由―余暇活性化への道筋〜』をとりまとめた。同白書は、余暇活動調査等をもとに、わが国における余暇の実態を需給双方の視点から総合的・時系列的にとりまとめている唯一のもので、1977年の創刊以来通算37号目になる。■日本人の余暇活動の現状 〜「国内観光旅行」「遊園地」が好調〜「国内観光旅行(避暑、避寒、温泉など)」(5,670万人)が、東京スカイツリーの開業などもあり、前年に比べて90万人増加し、2

2013年3月25日総務省★フィードバック数:7製造業/エレクトロニクス

大規模な企業実態調査の製造業についての切り出しです。

平成24年経済センサス‐活動調査 製造業に関する速報結果

報道資料平成24年経済センサス‐活動調査 製造業に関する速報結果総務省及び経済産業省は、我が国の全産業分野の売上(収入)金額や費用等の経理事項を同一時点で網羅的に把握する我が国唯一の統計調査として、平成24年2月に初めて実施した「経済センサス‐活動調査」の製造業に関する速報結果を公表しました。 内容は、以下、統計局ホームページをご覧ください。平成24年経済センサス‐活動調査 製造業に関する速報結果 連絡先総務省統計局統計調査部 経済統計課審査発表第二係 担当:川羽田(かわばた)統計専門官梛川(

2013年1月29日総務省★フィードバック数:12社会/政治

大規模な企業実態調査です。

平成24年経済センサス‐活動調査(速報)結果

報道資料平成24年経済センサス‐活動調査(速報)結果総務省及び経済産業省は、我が国の全産業分野の売上(収入)金額や費用等の経理事項を同一時点で網羅的に把握する我が国唯一の統計調査として、平成24年2月に初めて実施した「経済センサス‐活動調査」の速報結果を公表しました。 内容は、以下、統計局ホームページをご覧ください。平成24年経済センサス‐活動調査(速報)結果 連絡先総務省統計局統計調査部 経済統計課審査発表第二係 担当:川羽田(かわばた)統計専門官梛川(なぎかわ)係長 電話:03-5273-

2011年12月14日マイナビ★フィードバック数:1マーケティング

社会人の消費についての調査結果です。

社会人1~5年目の男女対象『「若手社会人」の消費活動調査』

ご覧になりたい「カテゴリー」と「年別ニュース」を選択すると、ソート表示することができます。カテゴリを選択年度を選択 社会人1~5年目の男女対象『「若手社会人」の消費活動調査』結果を発表~ 若手社会人の堅実志向が顕著に 約7割が”節約している” ~株式会社マイナビ(本社:東京都千代田区、社長:中川信行)は、”その先を伝える”総合情報ポータルサイト「マイナビニュース」()の会員である入社1~5年目の若手社会人548人(男性:230人、女性:318人)を対象に、『「若手社会人」の消費活動調査』を初めて

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
 

お知らせ