調査のチカラ TOP > タグ一覧 > 海上コンテナ

「海上コンテナ」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

2015年1月15日日本海事センターフィードバック数:0ビジネス

日本・韓国間コンテナ航路の動向(1)概要

日本・韓国間コンテナ航路の動向(1)概要掲載誌・掲載年月:日刊 CARGO1412日本海事センター企画研究部研究員 松田 琢磨はじめに日本と韓国の間を結ぶ日韓航路は参入している日本船社がほとんどないことや、近距離輸送であり運賃収入の面から見てあまり魅力がないとみなされていることもあって、あまり注目されていない。しかしながら、13 年における日韓航路の荷動き量はローカル貨物(日韓貿易貨物、実入りコンテナのみ)で 79.0 万 TEU、フィーダー、トランシップ貨物を含めると 208.8 万 TEU

2014年7月1日国土交通省フィードバック数:0ビジネス

平成25年度 全国輸出入コンテナ貨物流動調査結果

平成25年度 全国輸出入コンテナ貨物流動調査結果について 平成26年6月30日1.概 要国土交通省港湾局では、我が国発着の国際海上コンテナの流動を詳細に把握するため、5年に1度、「全国輸出入コンテナ貨物流動調査」を実施しています。今般、平成25年11月に実施した調査(1ヶ月間調査)の結果がまとまりました。2.調査目的本調査は、国際海上コンテナ貨物の流動を把握することにより、効率的な物流体系を構築するための港湾政策の企画立案、港湾整備計画の検討等に活用することを目的としています。3.調査内容

2013年7月20日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成23年度工業標準化推進事業委託費戦略的国際標準化推進事業(国際標準共同研究開発事業:海上コンテナトラッキングシステムに関する標準化に係るフィ-ジビリティスタディ)成果報告書

経済産業省委託事業平成23年度工業標準化推進事業委託費戦略的国際標準化推進事業(国際標準共同研究開発事業:海上コンテナトラッキングシステムに関する標準化に係るフィ-ジビリティスタディ)成果報告書平成24年3月株式会社野村総合研究所一般社団法人自動認識システム協会0目次1.研究の目的、内容と実施体制・スケジュール------------------------------- 12.関連国際機関調査---------------------------------------------------

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
 

お知らせ