調査のチカラ TOP > タグ一覧 > 海外子会社

「海外子会社」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2017年1月28日経済産業省フィードバック数:0社会/政治

平成28年企業活動基本調査(速報)

平成28年企業活動基本調査の結果(速報)を公表します 経済産業省では、我が国企業の経営戦略や産業構造の変化の実態を明らかにし、行政施策の基礎資料を得るため、「経済産業省企業活動基本調査」を実施しています。平成28年調査結果(平成27年度実績)の速報版をお知らせします。調査結果(経済産業省企業活動基本調査の対象業種に格付けされた企業:「合計」28,553企業)のポイントは以下のとおりです。 一企業当たりの売上高の前年度比は、▲1.4%と減少となったものの、営業利益の前年度比は、4.5%と増加 一

2015年5月10日内閣府★フィードバック数:0社会/政治

論文集です。

経済分析第188号

現在のページ: »»»» 経済分析第188号 経済分析第188号 (ジャーナル版) 経済分析第188号 (ジャーナル版)(論文) 海外市場情報と輸出開始:情報提供者としての取引銀行の役割乾 友彦(日本大学経済学部教授)伊藤 恵子(専修大学経済学部教授)宮川 大介(ハーバード大学ウェザーヘッド国際問題研究所客員研究員)庄司 啓史(衆議院憲法審査会事務局参事) 地方交付税制度が徴収率に与える効果の推定─行革インセンティブ算定の効果と交付税制度に内在する歪みの検証─石田 三成(琉球大学法文学部)サポ

2015年3月17日経済産業研究所フィードバック数:0ビジネス

国外所得免除方式の導入が海外現地法人の配当送金に与えた影響:2009-2011年の政策効果の分析

国外所得免除方式の導入が海外現地法人の配当送金に与えた影響:2009-2011年の政策効果の分析 長谷川 誠(政策研究大学院大学) /清田 耕造(ファカルティフェロー) 概要日本では2009年度税制改正において、外国子会社配当益金不算入制度が導入され、内国法人が海外子会社から受け取る配当が一定の条件のもとで非課税(益金不算入)となった。その結果、法人所得に関する日本の国際課税制度は、それまでの全世界所得課税方式(外国税額控除方式)から国外所得免除方式へと移行した。本論文では、この国際課税制

トーマツの調査です。

クライシスマネジメントに関する企業の実態調査

クライシスマネジメントに関する企業の実態調査結果を公表経験したクライシス上位層は自然災害・製品・不正・システム関連であり、対応策は総じて最低限 2015年2月16日有限責任監査法人トーマツは、クライシスマネジメントに関する企業の実態調査結果を本日公表する。この調査は、日本の上場企業におけるクライシスマネジメントの認知・認識とその対応策の現状を把握することを目的に実施し、431社から回答を得た。その内、173社については海外に保有する関係会社(以下、海外子会社)に関しても回答を得た。 問い合わせ

2014年8月28日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

強い連結 ~「失われた6年」ではなかった~

Economic Trends強い連結経済関連レポート発表日:2014年8月27日(水)~ 「 失 わ れ た 6年 」 で は な か っ た ~第一生命経済研究所 経済調査部担当 熊野英生(℡:03-5221-5223)企業業績は連結ベースで評価されるのが一般的である。連結対象のグループ企業の総資産は、リーマンショック以降に急速に拡大した。その結果、日本企業の業績拡大は、グローバル化の恩恵を以前よりも色濃く受けている。その恩恵は、日本企業が海外から稼ぐ収益が、配当総額の増加を安定させる、など

2014年8月12日経済産業省★フィードバック数:0社会/政治

企業調査です。

平成25年経済産業省企業活動基本調査確報

経済産業省企業活動基本調査平成25年企業活動基本調査確報-平成24年度実績-概況 のダウンロード企業の分布状況保有事業所の状況売上高の状況雇用の状況企業の設立、組織再編行為の状況 売上高と利益の状況売上高と費用の状況資産と利益の状況生産性の状況 売上高からみる本業比率の状況製造企業の展開状況卸売企業の展開状況小売企業の展開状況 子会社・関連会社の保有状況国内・海外子会社子会社の増加、減少海外子会社の地域別保有状況国内・海外子会社の分野別展開状況関係会社への投融資の状況売上高、モノの輸出額、仕入高

2013年5月19日経済産業研究所フィードバック数:3社会/政治

輸入増加の影響:我が国製造業企業の国際化企業と国内企業の比較

輸入増加の影響:我が国製造業企業の国際化企業と国内企業の比較概要高度な経済成長を安定的に維持している新興国は、世界貿易における比重を増しつつあるとともに、従来我が国のような先進国が競争力を有していた産業においても輸出力を強化している。近年の貿易理論・実証の成果を踏まえると、新興国からの輸入増に対する企業の対応として、生産縮小や市場からの退出の他に、輸出等国際活動を通じて存続・発展を図る可能性もありえる。一方、国際化の属性に関係なく輸入の影響が産業全体に均等に及んでいるかもしれず、そのような場合国

2013年4月22日東京商工リサーチフィードバック数:5ビジネス

2012年度「不適切な会計・経理を開示した上場企業」調査 ~前年度比6社減の26社 海外子会社の不適切会計が急増~

2012年度「不適切な会計・経理を開示した上場企業」調査 ~前年度比6社減の26社 海外子会社の不適切会計が急増~ 公開日付:2013.04.192012年度(2012年4月~2013年3月)に「不適切な会計・経理」で過年度決算に影響が出た、あるいは今後影響が出る可能性を開示した上場企業は26社だった。2011年度(32社)より6社減少したが、過去5年間では3番目に多かった。「不適切な会計・経理」は、会計監査人などの審査がより厳格化し、財務や会計を厳しく見直す動きが強まり減少したとみられる。だが

2013年3月19日内閣府フィードバック数:0社会/政治

赤字幅の拡大傾向が続くサービス収支

今週の指標 No.1062 赤字幅の拡大傾向が続くサービス収支 ポイント2013年3月18日サービス収支の赤字幅は2010年まで縮小傾向にあったが、このところ2年連続で拡大した。「輸送」の収支の赤字拡大に加えて、特に2012年は、「その他サービス」の収支が8年ぶりに赤字に転じたことが、赤字拡大に寄与した(図1)。「輸送」の赤字拡大は鉱物性燃料等の輸入増加の影響と考えられる。ここでは、「その他サービス」の動向について詳細を確認する。「その他サービス」の2012年の特徴とその背景について、次の3点が

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
 

お知らせ