調査のチカラ TOP > タグ一覧 > 海外投資家

「海外投資家」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2017年1月10日内閣府フィードバック数:0社会/政治

我が国の株式市場における海外投資家の動向

今週の指標 No.1157 我が国の株式市場における海外投資家の動向 ポイント2016年12月26日我が国の株式市場について、投資主体別の売買状況をみると、株価の上昇局面では海外投資家が買い越し、下落局面では海外投資家が売り越しており、2016年下期においては、株価の上昇局面である米大統領選後の11月第2週(2016年11月7日~11月11日)以降、海外投資家が6週連続で買い越している(図1)(※1)。本稿では、我が国の株式市場のけん引役である海外投資家の動向を確認する。まず、我が国の株式保有

2015年6月22日みずほ総合研究所フィードバック数:0ビジネス

海外投資家は成長戦略よりコーポレートガバナンスに注目

海外投資家は成長戦略よりコーポレートガバナンスに注目

2015年4月15日日本IR協議会★フィードバック数:0マーケティング

IRについての調査です。

第22回「IR活動の実態調査」

4/14/20152015 年度「IR 活動の実態調査」 結果まとまる―IR 活動の目標は「株主・投資家との信頼関係の構築」「企業・事業内容の理解促進」が上位―一般社団法人 日本 IR 協議会(会長:隅 修三 東京海上ホールディングス代表取締役会長)はこの度、第 22 回「IR 活動の実態調査」の結果をまとめました。調査は全上場会社(3,585 社)を対象に2015 年 1 月 29 日から 3 月 6 日まで実施し、997 社から回答を得ました(回収率 27.8%)。調査結果の要約■【IR 活

テーパリング進行下で米国債を買い増す海外投資家

I.今月のトピックス~テーパリング進行下で米国債を買い増す海外投資家II.国際金融市場、国際マネーフローの動向1.主要先進国の金利と為替相場○政策金利○長期金利○金利差と為替相場○実質実効為替相場○株価、実質GDP 成長率、インフレ率2.世界の流動性○世界の外貨準備○世界の通貨当局の米国債・政府機関債投資残高○主要先進国合計のマネーサプライ3.中国とロシアの貿易収支○中国の貿易収支○ロシアの貿易収支4.オフバランス取引での円ポジション○シカゴ通貨先物市場での投機筋による円のネットポジション5.日

海外投資家による最近の本邦株式投資動向

I.今月のトピックス~海外投資家による最近の本邦株式投資動向II.国際金融市場、国際マネーフローの動向1.主要先進国の金利と為替相場○政策金利○長期金利○金利差と為替相場○実質実効為替相場○株価、実質GDP 成長率、インフレ率2.世界の流動性○世界の外貨準備○世界の通貨当局の米国債・政府機関債投資残高○主要先進国合計のマネーサプライ3.中国とロシアの貿易収支○中国の貿易収支○ロシアの貿易収支4.オフバランス取引での円ポジション○シカゴ通貨先物市場での投機筋による円のネットポジション5.日本をとり

2014年7月4日土地総合研究所フィードバック数:0大型消費/投資

26年土地白書に見る我が国不動産市場における海外投資家の動向について

26年土地白書に見る我が国不動産市場における海外投資家の動向について

所得収支からみた英国の資金循環~好調な経済の裏で強まる対外脆弱性~

○本レポートは、近年赤字幅が拡大している所得収支に注目して、英国の資金循環構造の変化を検討するものである。英国の経常収支は足元で不均衡が拡大しているが、それは主に所得収支赤字の増加によってもたらされている。直接投資黒字の減少と債券投資赤字の増加が、所得収支の赤字幅が拡がっている大きな理由である。○直接投資黒字が減少している主な背景には、世界経済の成長力の弱さがある。そのなかでも、英国にとって最大の投資対象である欧州経済の不調が、直接投資の黒字幅の縮小に大きな影響を与えている。先行き、世界経済の成

投資家別売買金額と株式市場-短期的な市場変動に惑わされない冷静さと慎重さが必要-

投資家別売買金額と株式市場-短期的な市場変動に惑わされない冷静さと慎重さが必要- | ニッセイ基礎研究所 投資家別売買金額と株式市場-短期的な市場変動に惑わされない冷静さと慎重さが必要- 金融研究部 年金総合リサーチセンター 企業年金調査室長 梅内 俊樹基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 近年、国内株式市場では海外投資家の売買動向が注目されている。東証1部の売買代

海外資金の国内不動産取得動向~J-REITの陰に隠れた回復を確認~

海外資金の国内不動産取得動向~J-REITの陰に隠れた回復を確認~ | ニッセイ基礎研究所 海外資金の国内不動産取得動向~J-REITの陰に隠れた回復を確認~ 金融研究部 主任研究員 増宮 守基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 2013年の国内不動産取引は大幅に拡大した。主な原動力はJ-REITによる積極的な物件取得で、その額は前年の約3倍に及んだ。J-REITが

【ブラジルGDP】伸び悩みが鮮明、投資減速にも懸念

【ブラジルGDP】伸び悩みが鮮明、投資減速にも懸念 | ニッセイ基礎研究所 【ブラジルGDP】伸び悩みが鮮明、投資減速にも懸念 研究員 高山 武士基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら ブラジルの地理統計院(IBGE)は2月27日、2013年10-12月期の国内総生産(GDP)を公表した。実質GDP成長率は前年同期比(原系列)で1.9%の増加となり、前期の+2.2%か

2014年2月21日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

警戒警報、海外投資家が発するアベノミクスへの不信

リサーチ TODAY2014 年 2 月 21 日警戒警報、海外投資家が発するアベノミクスへの不信常務執行役員 チーフエコノミスト 高田 創下記の図表は各国の指導者に対する投資家の信頼感を示している。楽観者の割合から悲観者の割合を引いた指数で比較すると、前回の2013年9月は日本の安倍首相が主要国のなかでトップであったが、今回2014年1月調査では安倍首相の評価が大きく低下した。昨日のTODAYで議論したように1、今年1月後半からグローバルな株価調整が起きた理由、「リスク・オン」から「リスク・オ

2013年9月3日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

ブラジル中銀、物価・為替の安定へ4回連続の利上げ ~資金流出を招く投資家の信認低下の「素」を絶つ改革の必要性~

1/2World Trendsマクロ経済分析レポートブラジル中銀、物価・為替の安定へ4回連続の利上げ~資金流出を招く投資家の信認低下の「素」を絶つ改革の必要性~発表日:2013年8月30日(金)第一生命経済研究所 経済調査部担当 主任エコノミスト 西濵徹(03-5221-4522)(要旨) ブラジル中央銀行は27~28日に開催した定例会合において、政策金利を4回連続で引き上げた。国際金融市場の混乱の余波で海外資金の流出圧力が強まる同国では通貨レアルが大幅に下落しており、インフレ率の高止まりが続

2013年9月2日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

経済@貯蓄~投資 債券市場での海外投資家

経済@貯蓄~投資(けいざい・あっと・ちょちく から とうし へ)NO.47債券市場での海外投資家佐久間 啓常務取締役経済調査部長日本の財政状況が表面上はギリシャ以上に悪場での海外投資家の存在感に比べるとストックいにもかかわらず、債券市場が安定しているのでのそれはまだ大きくないが、彼らの投資スタは国債の海外保有比率が低いことが一因であるンス、戦略が日本の債券市場を大きく動かすこと言われてきた。一方で、最近は海外投資家のとは間違いない。表面的な数字に踊らされるこ保有比率がじりじり上昇しており、警戒が

アジア新興国・地域の経済見通し ~金融市場が海外投資家に翻弄されるなか、実体経済にも不穏な空気が漂う

アジア新興国・地域の経済見通し ~金融市場が海外投資家に翻弄されるなか、実体経済にも不穏な空気が漂う | ニッセイ基礎研究所 アジア新興国・地域の経済見通し ~金融市場が海外投資家に翻弄されるなか、実体経済にも不穏な空気が漂う 研究員 高山 武士基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら アジア新興国・地域は、低空飛行が続いている。ASEAN主要国は堅調で、韓国・台湾・イ

2013年6月9日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:1社会/政治

金融市場の動き(6月号)~海外マネーの逆回転が最大のリスク

金融市場の動き(6月号)~海外マネーの逆回転が最大のリスク | ニッセイ基礎研究所 金融市場の動き(6月号)~海外マネーの逆回転が最大のリスク 経済研究部 シニアエコノミスト 上野 剛志基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら (株価) 株式市場の大荒れが続いている。その最大要因とされるのが米QE3の早期縮小観測だ。では何故米株よりも日本株の方が不安定化・下落しているの

2013年5月31日みずほ総合研究所★フィードバック数:1社会/政治

今後の株式相場についての分析です。

株価の急落と今後の行方~目先調整局面続くも上昇トレンドは維持~

みずほインサイトマーケット2013 年 5 月 30 日株価の急落と今後の行方市場調査部シニアエコノミスト目先調整局面続くも上昇トレンドは維持03-3591-1244武内浩二koji. takeuchi@mizuho-ri.co.jp○ 上昇基調が続いていた日本株は5月23日に突然急落、相場のボラティリティが急速に高まったことから不安定な状況は暫らく続く可能性○ 過去の相場上昇局面における調整は安値をつけてから2カ月程度であるが、市場の懸念が米国の量的緩和縮小と市場へのインパクトにあるとすれば、

2013年5月26日国土交通省★フィードバック数:2大型消費/投資

海外の不動産投資家の調査です。

平成24年度 海外投資家アンケート調査

平成24年度 海外投資家アンケート調査

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
 

特集データ

特集INDEXへ

お知らせ