「海外景気」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

2016/17年インバウンド見通し

○2015年の訪日外国人数は1974万人(前年比+47.1%)と4年連続で増加し、訪日外国人消費(インバウンド消費)は3兆4771億円(同+71.5%)と過去最高となった。1人あたり消費額(消費単価)も増えており、中国人による「爆買い」が牽引役となった。また、地域別に見ると、訪日外国人は関東と関西に集中しており、それ以外との差は依然として大きいものの、地方にも徐々に足が伸びるようになっている。○2016年上期(1~6月期)の訪日外国人数は1171万人(前年比+28.2%)、インバウンド消費額は1

世界景気インデックス「8月 世界は4カ月連続で『雨』 ― 米中欧が悪化、アジアでは生産回復も」

世界景気インデックス「世界景気インデックス」を開発し2008年7月から公表を始めました。海外景気の動きが一目でわかる指標です。毎月15日頃、本ホームページで公表します。9月 世界は0.1ポイント低下――BRICS改善も米国が足踏み9月の世界景気インデックスは前月比0.1ポイント低い▲6.0だった。天気は雨のままだった。米国は生産や輸入の回復が遅れており、前月比0.8ポイント悪化した。一方、BRICSは復調傾向で、ブラジルは嵐から雨に一歩改善、中国は嵐ながら2カ月連続で上昇した。ロシアも持ち直しが

グラフで見る東海経済(2013年1月)

2013年01月22日【今月の景気判断】東海経済は足元で弱含んでいる。海外景気の減速を受けて実質輸出は減少傾向が続いており、雇用・所得環境も弱含んでいる。個人消費は一進一退を続けているが、自動車などの耐久財やスーパー・コンビニなどの食品や日用品の消費は低迷している。11月の鉱工業生産は2ヶ月ぶりに減少に転じたものの、基調としては下げ止まりつつある。また、設備投資は増加しつつあり、企業の設備投資計画も年度内は増加が見込まれる。 今後は、東海地域でも補正予算の執行による公共投資の増加が見込まれるほか

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
 

お知らせ