調査のチカラ TOP > タグ一覧 > 海外直接投資

「海外直接投資」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

世界経済の新潮流となった"走出去”(中国の対外展開)の現状とその行方 報告書

報告書世界主要国の直接投資統計集︵2014年版︶ITI 調査研究シリーズNo.7平成26年度   世界経済の新潮流となった〝走出去〟(中国の対外展開)の現状とその行方報告書. 別編Ⅱ 国2015年7月国際貿易投資研究所(ITI)一般財団法人 国際貿易投資研究所一般財団法人2015 年 2 月一般財団法人国際貿易投資研究所(ITI)INSTITUTE FOR INTERNATIONAL TRADE AND INVESTMENT(平成26年度(一財)貿易・産業振興協力財団 助成事業)はしがき中国の走

2015年2月25日経済産業研究所★フィードバック数:0ビジネス

セミナー資料です。

アウトソーシングの国際経済学について

アウトソーシングの国際経済学について冨浦 英一 (RIETIファカルティフェロー / 横浜国立大学大学院国際社会科学研究院 教授) 松本 加代 (RIETIコンサルティングフェロー / 経済産業省通商政策局企画調査室室長補佐) 中間財の製造や最終組立にとどまらず、かつては日本企業では社内でしか行われていなかった多様なサービス業務が、国境を越え、そして企業の境界をも越えて、アウトソーシングされるようになった。また、経済学において、企業のグローバル化行動に関する研究が今世紀に入って新・新貿易理論とし

2014年11月11日世界平和研究所★フィードバック数:0ビジネス

中国進出についての調査です。

日系企業の中国進出に関する現状と展望

研究ノート2014/11/10日系企業の中国進出に関する現状と展望豊田裕(主任研究員)による報告を掲載しました。 「日系企業の中国進出に関する現状と展望」(PDF)--------日本から中国への海外直接投資額は2014年に入って大幅減となっている。一方で世界から中国への海外直接投資額は過去最高水準に膨れ上がっており、日本は2014年1-9月時点の国別では、台湾・韓国の後塵を拝している。日本から世界への海外直接投資額は、円安傾向にも関わらず2013年には過去最高水準となっているが、中国向けは減っ

増加幅が拡大する本邦海外直接投資

I.今月のトピックス~増加幅が拡大する本邦海外直接投資II.国際金融市場、国際マネーフローの動向1.主要先進国の金利と為替相場○政策金利○長期金利○金利差と為替相場○実質実効為替相場○株価、実質GDP 成長率、インフレ率2.世界の流動性○世界の外貨準備○世界の通貨当局の米国債・政府機関債投資残高○主要先進国合計のマネーサプライ3.中国とロシアの貿易収支○中国の貿易収支○ロシアの貿易収支4.オフバランス取引での円ポジション○シカゴ通貨先物市場での投機筋による円のネットポジション5.日本をとりまく資

2014年3月11日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

輸出数量だけではない円安限界説 ~円安でも増えない対内投資、減らない対外投資~

Economic Trends経済関連レポート輸出数量だけではない円安限界説発表日:2014年3月7日(金)~ 円安でも増えない対内投資、減らない対外投資~第一生命経済研究所 経済調査部担当 熊野英生(℡:03-5221-5223)円安によって輸出数量が増えないとすれば、輸出向けに国内生産設備を増強しても投資採算が得られにくいということになる。実際、対外直接投資は、アベノミクスが始まって円安が進行しても増加傾向に変わりがなかった。対内直接投資は依然として微々たる状況だ。産業空洞化は残された問題に

2014年1月8日経済産業研究所フィードバック数:0社会/政治

投資協定が多国籍企業の活動及びホスト国の経済厚生に与える影響についての経済分析

ノンテクニカルサマリー 投資協定が多国籍企業の活動及びホスト国の経済厚生に与える影響についての経済分析このノンテクニカルサマリーは、分析結果を踏まえつつ、政策的含意を中心に大胆に記述したもので、DP・PDPの一部分ではありません。分析内容の詳細はDP・PDP本文をお読みください。また、ここに述べられている見解は執筆者個人の責任で発表するものであり、所属する組織および(独)経済産業研究所としての見解を示すものではありません。 貿易投資プログラム (第三期:2011~2015年度)「国際投資法の現代

2013年12月4日日本政策金融公庫フィードバック数:0ビジネス

中小企業における海外直接投資の効果

中小企業における海外直接投資の効果

2013年12月1日国際協力銀行★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

グローバル展開についての調査です。

わが国製造業企業の海外事業展開に関する調査報告~2013年度海外直接投資アンケート調査結果(第25回)~

わが国製造業企業の海外事業展開に関する調査報告2013年度海外直接投資アンケート調査結果(第25回) 報道発表/2013-1142013年11月29日株式会社国際協力銀行(JBIC総裁:奥田 碩)は、「わが国製造業企業の海外事業展開の動向」に関するアンケート調査を実施し、本日結果を発表しました。今回の調査は、本年7月に調査票を発送し、7月から9月にかけて回収したものです(対象企業数992社、有効回答数625社、有効回答率63.0%)。本調査は、海外事業に実績のある日本の製造業企業の海外事業展開の

2013年10月17日大和総研フィードバック数:0社会/政治

「日本は投資過小、中国は投資過剰」の落とし穴

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 「日本は投資過小、中国は投資過剰」の落とし穴事業活動の国際化に伴う空洞化が進む中「いざなみ越え」は困難か ◆円安の進行と海外経済の回復を背景とした輸出・生産の高まりと生産能力の逼迫から、日本国内の設備投資の拡大やそれに伴う国内雇用・家計所得の改善が期待されている。同様の現象は戦後最長の景気拡大を記録した「いざなみ景気(02年2月から09年3月)」の期間にも確認された。◆しかし「いざなみ景気」のアナロジ

2013年6月6日大和総研フィードバック数:3社会/政治

GNI(国民総所得)目標の気にかかる点

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 GNI(国民総所得)目標の気にかかる点対内投資は少ない方が良い? GNI(Gross National Income:国民総所得)をGDPに代わる目標に、といった議論がある。GNIは、名目値の場合は、GDPに海外からの所得の純受取(受取マイナス支払)を加えたものである(実質値の場合には、更に輸出入価格の差によって生ずる所得の実質額である交易利得・損失が加わる)。海外からの投資収益が含まれるため、今後成

日本の海外直接投資の地域別動向

I.今月のトピックス~日本の海外直接投資の地域別動向II.国際金融市場、国際マネーフローの動向1.主要先進国の金利と為替相場○政策金利○長期金利○金利差と為替相場○実質実効為替相場○株価、実質GDP 成長率、インフレ率2.世界の流動性○世界の外貨準備○世界の通貨当局の米国債・政府機関債投資残高○主要先進国合計のマネーサプライ3.中国とロシアの貿易収支○中国の貿易収支○ロシアの貿易収支4.オフバランス取引での円ポジション○シカゴ通貨先物市場での投機筋による円のネットポジション5.日本をとりまく資本

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
 

お知らせ