「海外需要」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

2014年10月29日JA共済総合研究所フィードバック数:0社会/政治

輸出停滞続き、円安の景気押し上げ効果を見直す必要

経済・金融経 済・金 融輸出停滞続き、円安の景気押し上げ効果を見直す必要上席研究員○海外景気が良くなっても輸出は増加しにくくなっている古金 義洋(図1)世界経済と日本の輸出(%)10国内景気は期待通りに回復していないが、最大の誤算は円安にもかかわらず輸出が増加5していないことだ。輸出メーカーの売上・利益は円安で嵩上げされたが、製造業の生産活0動は伸びていない。それでも「海外景気が回輸出数量(世界全体)輸出数量(先進国)輸出数量(日本)経済成長率(世界)復すれば輸出も増加するはず」との予想が多いが

産業分野ごとのレポートです。

2014.09 産業ピックアップ

2014.09 産業ピックアップ消費税に揺れる産業景気−海外要因で明暗も日本経済研究センターでは、委託研修制度の一環として産業調査班を設け、産業レベルからの景気判断や経済分析に取り組んでいます。いくつかの業種をピックアップ、景気の断面を探ります。目下の焦点は言うまでもなく消費税。増税後の反動減は小売では収束方向だが、新車販売は次第に厳しさを増している。建設は次の増税次第では来年度前半にかけて再び住宅の駆け込み需要が膨らむ可能性がある。もう1つ産業景気を左右しているのが海外要因だ。自動車は米国の景

2014年9月1日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0社会/政治海外

【フィリピンGDP】4-6月期は前年同期比+6.4%~拡大する海外需要と復興需要で高成長は持続~

【フィリピンGDP】4-6月期は前年同期比+6.4%~拡大する海外需要と復興需要で高成長は持続~ | ニッセイ基礎研究所 【フィリピンGDP】4-6月期は前年同期比+6.4%~拡大する海外需要と復興需要で高成長は持続~ 経済研究部 研究員 斉藤 誠基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら フィリピンの国家統計調整委員会(NSCB)は8月28日、2014年4-6月期の国内

2013年3月30日日本政策金融公庫★フィードバック数:0ビジネス

日本政策金融公庫によるコラムです。

中小企業の輸出動向に関する調査結果

日本政策金融公庫 総合研究所 中小企業研究グループ中小企業動向 トピックス平成2 5 年3月12日NO. 5 8 中小企業の輸出動向に関する調査結果2012 年の輸出額は減少するも、半数の企業は今後も輸出の拡大に意欲 当公庫では 2012 年 12 月に、お取引先企業の皆さまにアンケートを実施し、中小企業における輸出の実態や動向を調査しました(調査対象企業 12,669 社、有効回答数 4,628 社、回答率36.5%)。円高や海外経済の減速などを背景に、2012 年の輸出が前年よりも減少した

2012年10月31日日本銀行フィードバック数:32社会/政治

経済・物価情勢の展望(10月、基本的見解)

2012年10月30日 日 本 銀 行経済・物価情勢の展望(2012 年 10 月)【基本的見解】1 1.はじめに 今回の展望レポート(経済・物価情勢の展望(2012 年 10 月))では、 2014 年度までの日本経済の見通しを示す。以下では、まず、わが国経済の 先行きを左右する国際金融資本市場と海外経済の動向を記述し、その後、 わが国の金融環境を評価する。それらを踏まえて、相対的に蓋然性が高い と判断される経済・物価の見通し(中心的な見通し)を記述した後、それ に対する上振れ要因・下振れ要因

2012年7月6日日本銀行フィードバック数:1社会/政治

地域経済報告(さくらレポート、2012年7月)

日本銀行は、物価の安定と金融システムの安定を目的とする、日本の中央銀行です。 地域経済報告 —さくらレポート— (2012年7月) *本報告は、本日開催の支店長会議に向けて収集された情報をもとに、支店等地域経済担当部署からの報告を集約したものである。2012年7月5日日本銀行目次I. 地域からみた景気情勢各地の景気情勢を前回(12年4月)と比較すると、全地域から改善方向の報告があった。各地域の判断をみると、多くの地域が「緩やかに回復している」、「持ち直している」などとしている一方、いくつかの地域

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
 

お知らせ