「海水温」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

2014年12月9日ウェザーニューズフィードバック数:0ライフスタイル

12月5日-6日、北陸・中四国の大雪について

NEWS RELEASE2014 年 12 月 9 日12 月 5 日〜6 日、北陸・中四国の大雪について12 月上旬としては異例の積雪、海水温と最強寒波が影響〜今週末は再び寒波到来、日本海側は大雪に要注意〜2014 年 12 月 5 日〜6 日にかけて、強い冬型の気圧配置の影響で上空に非常に強い寒気が流れ込み、北海道から東北、北陸、中四国でこの時期としては異例の大雪となりました。12 月上旬に大雪となった理由としては、平年より高い海水温と上空の強い寒気によって日本海を中心に海上で雪雲が発達した

2013年8月18日気象庁フィードバック数:0社会/政治

平成25年(2013年)8月の沖縄周辺海域の海面水温について

キーワードを入力し検索ボタンを押下ください。 平成25年(2013年)8月の沖縄周辺海域の海面水温について 報道発表日概要沖縄周辺海域では、広い範囲で海面水温が30℃以上となっています。8月いっぱい、30℃を超える海域がみられる見込みです。 本文沖縄周辺海域では、8月に入って海面水温が30℃を超える海域が拡大しました。8月9日以降は、北緯23度付近から沖縄諸島近海にかけての広い海域で31℃以上となるなど、海面水温がかなり高い状態が続いています。31℃は、外洋の海水温としては、おおむね上限と

2013年8月11日気象庁フィードバック数:0ライフスタイル

東海沖の黒潮流路の南下について

キーワードを入力し検索ボタンを押下ください。 東海沖の黒潮流路の南下について 報道発表日概要黒潮は、現在東海沖で離岸して流れています。今後、さらに南下し、大きく離岸した状態が継続する見込みです。 本文黒潮の流路は、現在、東海沖で離岸し、北緯32度付近まで南下しています。今後、黒潮の流路は東海沖でさらに南下し、大きく離岸した状態が2か月程度は継続する見込みです。黒潮が北緯32度を超えて南下する流路が継続するのは4年ぶりとなります。本海域を航行する船舶や漁業を行う船舶は、海水温や海流の状況にご

2013年6月23日気象庁フィードバック数:5社会/政治

今年後半の高い潮位について

キーワードを入力し検索ボタンを押下ください。 今年後半の高い潮位について 報道発表日概要 例年、夏から秋にかけては潮位が高くなり、浸水や冠水が発生しやすくなります。 東北地方太平洋沖地震に伴う地盤沈下が大きい地域では、6月後半から12月にかけて浸水や冠水に一層の注意が必要です。本文 例年、夏から秋にかけては、海水温が高くなることなどの影響で、平常時の潮位が高くなり、沿岸地域では浸水や冠水が発生しやすくなります。今年は6月後半から12月まで大潮の時期に満潮の潮位が高くなります。特に「平成23

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
 

お知らせ