調査のチカラ TOP > タグ一覧 > 消費パターン

「消費パターン」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

2016年3月9日カンター・ジャパンフィードバック数:0マーケティング

日本の感覚ではわからない、世界のメディア環境 日本はいまだにPC中心の、メディアシフト後進国【Connected Life2016】

WHAT'S NEW 日本はいまだにPC中心の、メディアシフト後進国【Connected Life2016】 昨年11月に掲載した、テイラーネルソン・ソフレス(TNS)社が世界50か国で実施した調査、「Connected Life2016」の記事(前回記事はこちら)について、よくいただく質問への回答を踏まえ、レポートから分かることを数回に分けてご紹介していきたいと思います。本調査は、カスタマージャーニーに沿って6つにカテゴライズされており、第1回目は下図における「メディア/デバイスの利用状況」に

蒲焼の消費動向です。

うなぎの蒲焼の消費動向~名古屋と大阪にみる消費パターンの違い~

○90年代半ばからデフレが続く中にあっても、うなぎの蒲焼の価格は2002年~04年を底にして急上昇し、この10年間で価格は2倍になっている。価格の高騰につれて、購入量は大きく減少し、よく買われる一般的な食材から、たまにいただく食材へと変化している。○もっとも、食材としてのうなぎの蒲焼の定着度は地域によって異なる。地域別にみると東海と近畿が全国の消費をけん引しており、1世帯平均の支出金額をみるとうなぎの購入が少ない北海道や沖縄の3倍となっている。また、年間の支出規模が拮抗している東海と近畿の間でも

ネットの普及で衝動買いは少なくなるそうです。私はそうは思いませんが。

消費行動に関する調査--ネットの普及で衝動買いはなくなるか

消費行動に関する調査--ネットの普及で衝動買いはなくなるか  Webマーケティングガイドでは、インターネット調査会社のメディアインタラクティブと共同調査のもと、消費行動に関する調査を実施した。 今回の調査対象者は16歳〜59歳までの男女500人。性年代別で50人ずつの均等割付けを行った。≪調査結果サマリー≫ユーザーの消費パターン、【価格派】が20%、【こだわり派】は17%、残りの60%は【使い分ける派】女性は男性に比べ、商品によって消費パターンを使い分ける傾向が強い消費者が重視するのは、1位

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
 

お知らせ