「消費増加」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関西経済月次分析(2014年10-11月)

<要 旨>9月の鉱工業生産指数は前月比+4.8%と2カ月ぶりの上昇も、7-9月期の生産は3期ぶりの前期比マイナス。今後の生産動向には注意が必要。10月関西の貿易は、輸出は20カ月連続で増加し伸びは2桁となった。輸入は2カ月連続で増加し、単月過去最高額を記録。結果、貿易収支は2カ月ぶりの黒字となり、前年同月から改善。10月の景気ウォッチャー現状判断DIは前月比2カ月ぶりのマイナス。外国人観光客による消費の増加が落ち込みを軽減したようである。先行き判断は同2カ月連続の悪化。10月の消費者態度指数は3

日本経済(週次)予測(2014年11月18日)<10-12月期は成長牽引役が不在、前期比年率+1.1%の緩やかな成長にとどまる>

日本経済(週次)予測(2014年11月18日)<10-12月期は成長牽引役が不在、前期比年率+1.1%の緩やかな成長にとどまる>2014-11-19 関連論文Kansai Economic Insight Monthly Vol.57-景気は足下、先行きともに悪化の兆し- [ Monthly Report(関西) ] Abstract/Keywords関西経済, 月次レポート, KEIM -景気は足下、先行きともに悪化の兆し- ・11月の鉱工業生産指数は2カ月連続の前月比上昇だが、10-11月

日本経済(週次)予測(2014年9月15日)<低調な民間最終消費支出により、7-9月期の景気回復はもたつく>

日本経済(週次)予測(2014年9月15日)<低調な民間最終消費支出により、7-9月期の景気回復はもたつく>2014-09-17 関連論文Kansai Economic Insight Monthly Vol.57-景気は足下、先行きともに悪化の兆し- [ Monthly Report(関西) ] Abstract/Keywords関西経済, 月次レポート, KEIM -景気は足下、先行きともに悪化の兆し- ・11月の鉱工業生産指数は2カ月連続の前月比上昇だが、10-11月平均を7-9月平均と

2014年9月8日みずほ総合研究所フィードバック数:0大型消費/投資

オリンピック経済効果シリーズ(7)~訪日外国人の旅行消費増加~

みずほインサイト日本経済2014 年 9 月 8 日オリンピック経済効果シリーズ⑦経済調査部エコノミスト訪日外国人の旅行消費増加03-3591-1242坂中弥生yayoi.sakanaka@mizuho-ri.co.jp○ 過去のオリンピック開催国では、オリンピック開催決定後インバウンド観光客数が増加する傾向にあり、東京オリンピック開催決定による訪日外客数押し上げ効果への期待が高まっている。○ 観光戦略が奏功したシドニーオリンピックの例を参考に試算すると、東京オリンピック開催により訪日外客数が1

日本経済(週次)予測(2014年6月23日)<純輸出の改善は緩やか、公共投資拡大は期待薄となり、4-6 月期の成長率予測は先週から下方修正>

日本経済(週次)予測(2014年6月23日)<純輸出の改善は緩やか、公共投資拡大は期待薄となり、4-6 月期の成長率予測は先週から下方修正>2014-06-23 関連論文Kansai Economic Insight Monthly Vol.57-景気は足下、先行きともに悪化の兆し- [ Monthly Report(関西) ] Abstract/Keywords関西経済, 月次レポート, KEIM -景気は足下、先行きともに悪化の兆し- ・11月の鉱工業生産指数は2カ月連続の前月比上昇だが、

日本経済(週次)予測(2014年3月17日)<円安効果が薄まるにつれ、1-3月期純輸出は成長率をさらに押し下げる>

日本経済(週次)予測(2014年3月17日)<円安効果が薄まるにつれ、1-3月期純輸出は成長率をさらに押し下げる>2014-03-17 関連論文Kansai Economic Insight Monthly Vol.57-景気は足下、先行きともに悪化の兆し- [ Monthly Report(関西) ] Abstract/Keywords関西経済, 月次レポート, KEIM -景気は足下、先行きともに悪化の兆し- ・11月の鉱工業生産指数は2カ月連続の前月比上昇だが、10-11月平均を7-9月

2014年3月5日JA共済総合研究所フィードバック数:0大型消費/投資

回復の動きを見せる旅行・観光需要

経済・金融経 済・金 融回復の動きをみせる旅行・観光需要調査研究部木下 茂目 次1.旅行・観光需要の動向に着目2.国内客、海外客とも増加傾向3.増加が続く外国人旅行者の消費額4.旅行・観光需要拡大の日本経済全体に与えるインパクトは小さくない5.旅行・観光需要の持続性、地域経済の課題1.旅行・観光需要の動向に着目いくことが懸念される中で、特に外国人観光国内景気の緩やかな回復が続く中、旅行・客の取り込みは地域経済下支えのための有力観光需要にも持ち直しの動きが出ている。旅な手段になりうる、といった点に

2013年6月9日内閣府フィードバック数:4社会/政治

予期された所得変化に消費は反応するか?-公的年金の支給開始を事例とする分析-

現在のページ: »»» ESRI Discussion Paper Series No.298 予期された所得変化に消費は反応するか?-公的年金の支給開始を事例とする分析- 予期された所得変化に消費は反応するか?-公的年金の支給開始を事例とする分析-濱秋 純哉一橋大学大学院経済学研究科講師、内閣府経済社会総合研究所客員研究員要旨本稿では,公的年金の支給開始による世帯所得の増加に消費が反応しているかを分析する。公的年金の支給開始のタイミングは年金の受給者に正確に予想されていると考えられるため,世

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
 

新着データ

新着データINDEXへ

お知らせ