「消費支出」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

「推計消費支出データ」最新版

2016/10/05「推計消費支出データ」の最新版をリリース 技研商事インターナショナル株式会社(本社:愛知県名古屋市、代表取締役:小嶌智海 以下「当社」)は、「推計消費支出データ」の最新版をリリースします。 本データは、約600品目の年間消費支出額を推計したデータで、2010年の国勢調査と2015年の家計調査年報を基にしています。 全世帯の消費だけではなく、単身世帯と2人以上世帯の消費傾向を別個に把握することができます。今回の最新版では、従来の推計ロジック加えてに地域間の距離的要素も加味して

2016年5月11日総務省★★フィードバック数:0ライフスタイル

食料への支出の変化を見る(平成26年全国消費実態調査の結果から)

ここから本文です。統計Today No.108食料への支出の変化を見る(平成26年全国消費実態調査の結果から)総務省統計局統計調査部 消費統計課長 栗原 直樹 家計消費に関する基幹統計調査としては、毎月の消費の動向を把握することを目的とした家計調査に対し、5年に一度、家計調査の約6倍のサンプル数で消費の構造などを詳細に把握することを目的とした全国消費実態調査(最新の調査は平成26年(2014年)に実施)があります。全国消費実態調査の結果を時系列的に見ることで、世帯による消費支出の構造的な変化を知

2015年10月19日総務省フィードバック数:0ライフスタイル

家計調査結果からセカンドライフを生活設計~統計は私たちの暮らしの「羅針盤」~

ここから本文です。統計Today No.103家計調査結果からセカンドライフを生活設計 〜統計は私たちの暮らしの「羅針盤」〜総務省統計局統計調査部消費統計課調査官 佐藤 朋彦1 はじめに 我が国では「人生80年時代」と言われるようになり、定年後のセカンドライフは過去に比べるとずっと長くなりました。その一方で、少子化が進んだこともあって、公的年金制度を維持するために年金の支給開始年齢が少しずつ引き上げられています。そのため、定年を迎えても年金が全額支給される年齢に至るまで働き続けなければ、必要な生

2015年8月10日帝国データバンクフィードバック数:0社会/政治

アパレル関連業者の倒産動向調査

2015/8/10アパレル関連業者の倒産動向調査小売の倒産2000年以降最多のペース〜 円安の影響本格化懸念 〜はじめに総務省が発表する家計調査報告によると、今年1月以降の消費支出は5月を除き前年同月比で実質減少となるなど、消費の回復は思うように進んでいない。このうち「被服及び履物」への支出は消費増税から1年が経過した4〜5月はプラスに転じたものの、6月はマイナス13.3%と再び2ケタの減少に転落した。為替相場も1ドル=120円台での推移が続いており、アパレル企業のコストを押し上げるなか、価格転

2015年6月11日秋田経済研究所フィードバック数:0大型消費/投資

「東北六魂祭2015秋田」開催における経済波及効果~経済波及効果は約31億円~

機関誌「あきた経済」「東北六魂祭2015秋田」開催における経済波及効果~経済波及効果は約31億円~ 当研究所では、5月30日(土)、31日(日)の2日間、秋田市で開催された「東北六魂祭2015秋田」の経済波及効果を推計した。その結果、事業費支出による効果(1億7,200万円)と、来場者の消費支出による効果(29億7,100万円)を合わせると、合計で31億4,300万円となった。本稿では、「東北六魂祭2015秋田」開催における経済波及効果について推計した結果をまとめた。1 はじめに 東北六魂祭は、

インバウンドについてのレポートです。

急増する訪日外国人のホテル需要と消費支出-2014年の訪日外国人旅行者数は前年比+29%増、外国人延べ宿泊者数は同+34%増、消費額は同+43%増で2兆円を突破

急増する訪日外国人のホテル需要と消費支出-2014年の訪日外国人旅行者数は前年比+29%増、外国人延べ宿泊者数は同+34%増、消費額は同+43%増で2兆円を突破 | ニッセイ基礎研究所 シンクタンクならニッセイ基礎研究所 > 不動産 > 不動産市場 > 急増する訪日外国人のホテル需要と消費支出-2014年の訪日外国人旅行者数は前年比+29%増、外国人延べ宿泊者数は同+34%増、消費額は同+43%増で2兆円を突破急増する訪日外国人のホテル需要と消費支出-2014年の訪日外国人旅行者数は前年比+2

2015年3月28日北海道フィードバック数:0社会/政治

家計調査結果(平成26年平均)

最終更新日:2015年3月26日(木)▲家計調査のトップページ平成26年家計調査(二人以上の世帯)の結果 総務省統計局-北海道分1 勤労者世帯(二人以上の世帯のうち勤労者世帯)の家計実収入は1か月平均49万3,328円で前年に比べ実質3.0%の減少 可処分所得は1か月平均40万5,459円で前年に比べ実質3.0%の減少 消費支出は1か月平均29万7,648円で前年に比べ実質3.7%の減少 消費支出を10大費目別(「その他の消費支出」を除く。)にみると、前年に比べ実質増加したものは、被服及び履物(

消費市場の拡大により更なる経済成長が期待できるアジア

楽しく、楽に読めるマーケットで話題のトピック(不定期) 2015年3月18日消費市場の拡大により更なる経済成長が期待できるアジア  高い経済成長を続けるアジア(日本を除く、以下同様)では、全体的な所得水準の向上などに伴ない、中間所得層や富裕層が拡大しています。アジア主要国*の中間所得層および富裕層の推移を見ると、2000年から2030年にかけて、中間所得層は約7.7億人から約3.4倍の約25.8億人に、富裕層は約6,700万人から約7.5倍の約5.0億人に増加すると予想されています。 一般的に

生協の調査です。

2014年 日本生協連「全国生計費調査」速報

ページ内を移動するためのリンクです日本生活協同組合連合会オフィシャルサイト2015年03月19日全世帯の収入が101.2%に対し、消費支出はほぼ横ばい傾向 実収入に占める税金と社会保険料の割合は、過去最高 ~2014年 日本生協連「全国生計費調査」速報より~ 日本生協連は、1978年から全国統一版「生協の家計簿」による家計調査に取り組んでいます。1996年からは、モニター登録制度による「全国生計費調査」を開始し、今回で19回目となります。このたび、2014年の速報がまとまりましたので、ご報告

2015年2月12日秋田経済研究所フィードバック数:0社会/政治

「第29回国民文化祭・あきた2014」の経済波及効果

機関誌「あきた経済」「第29回国民文化祭・あきた2014」の経済波及効果当研究所では、文化の祭典「第29回国民文化祭・あきた2014」(実施期間:平成26年10月4日~11月3日・以下、「国文祭あきた」と表記)の経済波及効果を推計した。その結果、事業費支出による効果14億400万円と、観客および出演者の消費支出による効果119億5,100万円を合わせた全体の経済波及効果(総合効果)は133億5,500万円と算出された。 1 国民文化祭とは国民文化祭は、全国各地で様々な文化活動に親しんでいる個人や

2015年2月8日日本産業機械工業会フィードバック数:0社会/政治海外

シカゴ連銀シンポジウムによる2014年米国経済見通し(1)

調 査 報 告シカゴシカゴ連銀シンポジウムによる 2014 年米国経済見通し(1)シ カ ゴ 連 銀 ( シ カ ゴ 地 区 連 邦 準 備 銀 行 ) 主 催 に よ り 、 2014 年 12 月 5 日 に 第 28 回 年 次経済見通しシンポジウムが開催された。同シンポジウムでは、例年、様々な分野の有識者により翌年の経済見通しを取りまとめ、情報共有を行うとともに、各分野の専門家より、それぞれの分野・産業の見通しが披露されている。参加者も金融関係や大手メーカー、大学等研究機関、弁護士、コン

2015年1月30日財務省★フィードバック数:0大型消費/投資

シニアの貯蓄です。

高齢者の貯蓄の実態『全国消費実態調査』の個票による分析

過去の「シリーズ日本経済を考える」については、シリーズ 日本経済を考える財務総合政策研究所ホームページに掲載しています。http://www.mof.go.jp/pri/research/special_report/index.htmlシリーズ日本経済を考える高齢者の貯蓄の実態『全国消費実態調査』の個票による分析*144財務総合政策研究所研究部財政経済計量分析室 研究員菊田 和晃連載1.はじめにると考えられる。したがって、Horioka(2010)日本経済を考えるライフ・サイクル仮説に基づけば

2015年1月28日堺都市政策研究所フィードバック数:0社会/政治

「(仮称)堺市民芸術文化ホール」の経済波及効果の報告書

「(仮称)堺市民芸術文化ホール」の経済波及効果平成 26 年 11 月公益財団法人 堺都市政策研究所「(仮称)堺市民芸術文化ホール」の経済波及効果平成 26 年 11 月Ⅰはじめに本報告書は「(仮称)堺市民芸術文化ホール」が地元である堺市及び大阪府、全国でどれほどの経済波及効果をもたらすかを推計したものである。堺市における「(仮称)堺市民芸術文化ホール」の初期投資による経済波及効果は、平成 26年度から平成 29 年度までの 4 年間で約 230 億 8,500 万円、粗付加価値効果は約 107

2015年1月14日経済産業研究所★フィードバック数:0ライフスタイル

退職とその後の支出についての調査です。

退職後の消費支出の低下についての一考察

退職後の消費支出の低下についての一考察 暮石 渉 (国立社会保障・人口問題研究所) /殷 婷 (研究員) 概要本研究は、退職前後の消費の変化に対してHurst (2008) が指摘した2つの事実((i)退職とともに低下するのは仕事に関連した支出と食費(家での食事および外食)に限られる、(ii)実際の食料摂取は退職の前後で一定している)が日本においても成り立っているかを、「くらしと健康の調査」を用い検証した。特に同調査において詳細に尋ねられている食費、外食費、生活費に関する質問と家事や日用

2015年1月8日大和総研★フィードバック数:0社会/政治海外

国ごとのデータを並べています。

消費市場としての魅力が高まるアジア新興国

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 消費市場としての魅力が高まるアジア新興国都市と国平均との消費パターンの違い 2015年1月8日アジア事業開発グループ シニアコンサルタント 中村 昌宏アジア新興国(ASEAN諸国、中国、インド)の所得水準が上昇するに従って、当該地域の「消費市場」としての魅力が高まってきている。2013年の1人あたりGDPは、4,222ドル(加重平均)。最も高いシンガポール(55,182ドル)と最も低いカンボジア(1,

2014年12月28日新潟県フィードバック数:0社会/政治

平成24年度県民経済計算の概要

1 県民経済計算は、県内における経済活動を生産・分配・支出の三面からとらえ、県経済の規模、構造、県民の所得水準などを明らかにするものです。2 この報告書は93SNA※による「県民経済計算標準方式」(内閣府経済社会総合研究所国民経済計算部)に基づき、推計したものです。※ 「SNA」とは「System of National Accounts」の略称であり、「国民経済計算」又は「国民経済計算体系」と訳されています。この「SNA」は一国の経済の状況について、体系的に記録する国際的な基準で、「93SNA

2014年10月28日総務省★フィードバック数:0社会/政治

実際のデータを使ってポイント解説をしています。

家計収支の動向を的確に把握するために~家計調査の結果を関連統計と比較する際のポイント~

ここから本文です。統計Today No.86家計収支の動向を的確に把握するために 〜家計調査の結果を関連統計と比較する際のポイント〜総務省統計局統計調査部消費統計課調査官 佐藤 朋彦 (共同執筆者)同課審査発表係廣田 恵美概要2014(平成26)年4月に消費税率が引き上げられて以降、消費とそれを支える所得の動きを示す統計が注目されており、特に家計調査の結果が取り上げられることが多い。この家計調査の結果を商業動態統計調査の「小売業販売額」及び毎月勤労統計調査の「現金給与総額」と比較する際には、以下

2014年9月26日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

[経済指標解説]主要な経済指標の発表予定と予測(9月29日~10月3日)

経済指標解説2014 年 9 月 26 日経済調査部主要な経済指標の発表予定と予測松浦大将(9/29~10/3)hiromasa.matsuura@mizuho-ri.co.jp【来週の注目材料】※(03-3591-1435)内はみずほ総研予想30日 :8月の鉱工業生産指数(前月比+0.5%、前年比▲1.0%):8月の全世帯実質消費支出(前年比▲2.6%)、勤労者世帯実質消費支出(前年比▲2.8%):8月の小売業販売額(前年比▲0.4%)、大型小売店販売額(前年比▲0.2%):8月の完全失業率(

2014年8月29日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

家計調査・商業販売統計(2014年7月) ~実質消費支出は、底ばい程度の推移に留まる~

家計調査・商業販売統計(2014年7月) ~実質消費支出は、底ばい程度の推移に留まる~

消費のICT化を考える 家計消費支出におけるインターネットを利用した支出動向について―総務省家計消費状況調査データを用いて―

消費のICT化を考える家計消費支出におけるインターネットを利用した支出動向について―総務省家計消費状況調査データを用いて― (株)情報通信総合研究所マーケティング・ソリューション研究グループ主席研究員 野口正人 一昔前はパソコン、今はスマホ、タブレットを用いた消費活動が順調に伸びている。書籍、洋服、食品、デジタルコンテンツ、情報サービス等々、消費行動においてICTがかかわる場面が広がっている。総務省が毎月発表している家計消費状況調査(※1)にはインターネットを利用した支出総額が掲載されており

2014年7月25日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

[経済指標解説]主要な経済指標の発表予定と予測(7月28日~8月1日)

経済指標解説2014 年 7 月 25 日経済調査部エコノミスト主要な経済指標の発表予定と予測坂中弥生(7/28~8/1)yayoi.sakanaka@mizuho-ri.co.jp【来週の注目材料】※(03-3591-1242)内はみずほ総研予想29日 :6月の全世帯実質消費支出(前年比▲3.7%)、勤労者世帯実質消費支出(前年比▲4.2%):6月の有効求人倍率(1.10倍)、6月の完全失業率(3.5%):6月の小売業販売額(前年比▲0.9%)、大型小売店販売額(前年比▲2.8%)30日 :6

2014年5月30日大和総研フィードバック数:0社会/政治

2014年4月消費統計

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 ◆総務省「家計調査」によると、2014年4月の実質消費支出は季節調整済み前月比▲13.3%と、消費税率引き上げによる駆け込み需要の反動から大幅に減少した。振れの大きい住居や自動車などを除いた実質消費支出(除く住居等)で見ても、同▲13.8%と大きく減少している。◆4月の名目小売販売額は、季節調整済み前月比▲13.7%と4ヶ月ぶりに減少した。駆け込み需要の反動減の影響が大きく、すべての業種で売り上げが減

2014年4月30日東京都フィードバック数:0社会/政治

平成25年年報「都民のくらしむき」(東京都生計分析調査報告)

平成25年年報「都民のくらしむき」(東京都生計分析調査報告)平成26年4月30日総務局 東京都生計分析調査は、都民の暮らし向きを明らかにすることを目的として、都内に居住する2人以上の世帯を対象に、家計における収入(勤労者世帯・無職世帯)及び支出(全世帯)を調査するものです。家計調査(総務省実施)と合わせて792世帯の結果を分析し、平成25年年報をまとめましたので、お知らせします。《支出の動向》 全世帯の消費支出 333,423円(1世帯当たり年平均1か月間)対前年増加率 名目 3.6%増 実質 

2014年3月26日北海道フィードバック数:0社会/政治

平成25年家計調査(二人以上の世帯)

最終更新日:2014年3月26日(水)▲家計調査のトップページ平成25年家計調査(二人以上の世帯)の結果 総務省統計局-北海道分1 勤労者世帯の家計実収入は1か月平均49万1,575円で前年に比べ実質4.9%の減少 可処分所得は1か月平均40万3,812円で前年に比べ実質5.1%の減少 消費支出は1か月平均29万8,650円で前年に比べ実質7.4%の減少 消費支出を10大費目別にみると、前年に比べ全ての費目が実質減少した。減少順では、教養娯楽(△18.2%)、保健医療(△17.7%)、交通・通信

2014年2月7日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0社会/政治

女性の消費は日本経済を活性化させる?

女性の消費は日本経済を活性化させる? | ニッセイ基礎研究所 女性の消費は日本経済を活性化させる? 生活研究部 主任研究員 久我 尚子基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 成長戦略で言われている通り、少子高齢化による人口減少で労働力不足が懸念される日本では「女性の活躍」の促進が不可欠である。日本では結婚・出産を機に退職する女性が多く、縦軸に就業率、横軸に年齢をとると

2014年1月31日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

家計バランスシート拡大が消費後押し ~株価上昇よりも範囲の広い資産効果~

Economic Trends経済関連レポート家計バランスシート拡大が消費後押し発表日:2014年1月29日(水)~株価上昇よりも範囲の広い資産効果~第一生命経済研究所 経済調査部担当 熊野英生(℡:03-5221-5223)所得が増えなくても、株価上昇の資産効果によって消費拡大が始まっている。細かくみると、相対的に株式保有が少ない年齢層でも最近は消費拡大が進んでいる。その背景には、家計のバランスシートが全体的に膨らむような変化があると考えられる。実物資産の増価が進み、所得拡大の作用も加われば、

女性の消費は日本経済を活性化させる?

女性の消費は日本経済を活性化させる? | ニッセイ基礎研究所 女性の消費は日本経済を活性化させる? 生活研究部 主任研究員 久我 尚子基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 成長戦略で言われている通り、少子高齢化が進展し人口減少社会が到来する日本では、労働力人口を確保するために「女性の活躍」の促進が不可欠である。日本では、結婚・出産を機に退職する女性が多く、縦軸に就業

Weekly金融市場 2013年11月1日号

http://www.nochuri.co.jp農林中金総合研究所2013 年 11 月 1 日号調査第二部多田 忠義≪来週のポイント≫三中全会開催:成長戦略や経済改革の内容に注目が集まる中国共産党は 9∼12 日に、第 18 期中央委員会第三回全体会議(三中全会)を開催する。本会では、金融改革、財政・税制改革や政府機能の調整などに対する具体策が打ち出されるとみられ、注目される。【なお、詳細は、弊社発行『金融市場 13 年 10 月号p18∼19』を参照されたい】主な経済指標米国では、7 日に「

2013年9月27日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

[経済指標解説]主要な経済指標の発表予定と予測(9月30日~10月4日)

経済指標解説2013 年 9 月 27 日経済調査部エコノミスト主要な経済指標の発表予定と予測中村 拓真(9/30~10/4)takuma.nakamura@mizuho-ri.co.jp【来週の注目材料】※(03-3591-1414)内はみずほ総研予想30日 :8月の鉱工業生産指数(前月比▲0.3%、前年比+0.2%):8月の小売業販売額(前年比+0.9%)、大型小売店販売額(前年比+1.6%):8月の住宅着工(季調値年率100.0万戸、前年比+13.3%)1日 :日銀短観(9月調査)大企業業

2013年9月20日ゆうちょ財団フィードバック数:0大型消費/投資

家計調査資料を用いた日韓貯蓄行動に関する比較分析

家計調査資料を用いた日韓貯蓄行動に関する比較分析∗横浜市立大学国際総合科学部教授鞠 重鎬(クック ジュンホ)要旨総務省統計局の『家計調査年報』と韓国統計庁の『家計動向調査』資料に基づき、日韓両国の貯蓄行動に関する比較分析を行う。日本のマクロ家計貯蓄率は石油危機直後の 1974年には 23.2%にも達していたが、2012 年には 1.9%にまで落ちた。マクロ貯蓄率の下落とともに、経済成長率も下落してきたし、ミクロの家計貯蓄率も低下してきた。本稿では、両国の階層別の所得分布について議論した後、実態

アベノミクス消費の概況~二人以上勤労者世帯の収入や消費支出の状況は?

アベノミクス消費の概況~二人以上勤労者世帯の収入や消費支出の状況は? | ニッセイ基礎研究所 アベノミクス消費の概況~二人以上勤労者世帯の収入や消費支出の状況は? 生活研究部 主任研究員 久我 尚子基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 1――アベノミクスで活性化する消費市場2――勤労者世帯の収入の状況1│勤労者世帯全体の状況~定期収入はやや減少の一方、臨時収入・賞与

2013年7月7日財務省★フィードバック数:0社会/政治

財務総合政策研究所による分析です。

家計の世帯分布:『全国消費実態調査』『家計調査』『国民生活基礎調査』の比較

PRI Discussion Paper Series(No.13A-06)家計の世帯分布: 『全国消費実態調査』 『家計調査』 『国民生活基礎調査』の比較尾道市立大学経済情報学部 講師/財務省財務総合政策研究所 上席客員研究員 京都大学経済研究所先端政策分析センター 准教授大野 太郎 中澤 正彦 三好 向洋愛知学院大学経済学部 講師/財務省財務総合政策研究所 上席客員研究員 前・財務省財務総合政策研究所 研究員 前・財務省財務総合政策研究所 研究員 前・財務省財務総合政策研究所 研究員 前・財

「平成25年夏季ボーナス及び暮らし向き」アンケート調査(福島県)

調査夏のボーナス動向と暮らし向きについて∼「平成25年夏季ボーナス及び暮らし向き」アンケート調査から∼<要旨>1.夏季ボーナスについてÉ¡NÌÄÌ{[iXÉ¢ÄÍAóæzªuÏíçÈ¢vÆ·éñšªÅར†AðNÆä×u¦év̄‡ªÁAu¸év̄‡ª¸­·é®«ª©çê½BÉêl–½èÌó橞zÍuD@œ~ÈãF@œ~¢žvƷ鄇ªÅà‚­ASÌÌR„ðèß½BÉ{[iXÌg¢¹É¢ÄÍáN¯lu™~vÌñšªÅà‚­AU„𴦽B2.暮らし向きについてÉ¡ãPNÔÌéçµ

2013年5月7日第一生命保険フィードバック数:6社会/政治

アベノミクス消費を牽引するのは誰か? ~中核は50・60歳代で民間サラリーマン~

Economic Trendsアベノミクス消費を牽引するのは誰か?~ 中 核 は 50 ・ 60 歳 代 で 民 間 サ ラ リ ー マ ン ~経済関連レポート 発表日:2013年5月2日(木)第一生命経済研究所 経済調査部 担当 熊野英生(℡:03-5221-5223) 3 月の総務省「家計調査」では、可処分所得が伸び悩んでいるにもかかわらず、消費支出が増えた。ここ には、株価上昇の資産効果のみならず、将来の所得増加を期待する人々が消費を拡大した効果もある。主体 別・階層別にみると、年齢層では

2013年4月18日大和総研フィードバック数:1社会/政治

経済指標の要点(2013/3/16~4/16発表統計分)

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 ◆2013年2月の企業関連の指標は、これまでの減速傾向からの転換を期待させる内容であった。鉱工業生産指数(季節調整値)は、前月比+0.6%と3ヶ月連続の上昇となった。先行きに関しても増産を見込んでいることから、生産は持ち直しつつあるといえる。輸出金額は前年比▲2.9%と、2ヶ月ぶりの前年割れとなった。ただし、前年のうるう年や、中国の春節という特殊要因のため、今回の結果に関してはやや割り引いて見る必要が

2013年4月7日アジア太平洋研究所フィードバック数:0社会/政治海外

米国経済(月次)予測(2013年3月)

▶3 月29 日のCQM は2012 年10-12 月期 (2012Q4)のGDP 統計(確定値)とそれ に対応する2 月の国民所得・消費支出のみ を更新した。 ▶その結果、支出サイドでは2013Q1 の実質 GDP 伸び率を2.97%から3.15%へ、所得サ イドでは1.98%から3.45%へとそれぞれ上 方に修正した(図表1)。▶連銀エコノミストの中で、ハト派対タカ派 の意見の相違がかなり表面化している。 ▶タカ派の代表であるプロッサーフィラデル フィア連銀総裁は低金利政策のコストの大 きさ

2013年4月2日国際社会経済研究所フィードバック数:3デジタル家電

ICT統計を創る2「家計調査」

Please note that JavaScript and style sheet are used in this website, Due to unadaptability of the style sheet with the browser used in your computer, pages may not look as original. Even in such a case, however, the contents can be used safely.前回に続き

2013年3月19日大和総研フィードバック数:0社会/政治

経済指標の要点(2/19~3/15発表統計分)

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 ◆1月の企業関連の指標は、これまでの減速傾向からの転換を期待させる内容であった。鉱工業生産指数(季節調整値)は、前月比+0.3%と2ヶ月連続の上昇となった。先行きに関しても増産を見込んでいることから、生産は持ち直しつつあるといえる。輸出金額は前年比+6.3%と、8ヶ月ぶりの増加に転じた。機械受注(船舶・電力を除く民需)(季節調整値)は、前月比▲13.1%と、4ヶ月ぶりのマイナスとなった。しかし、業種別

関西の個人消費についてのレポートです。

関西の消費動向について

○関西地域における個人消費は、このところ「横ばい状態」で推移している。「家計調査の消費支出」、「大型小売店販売額」、「自動車販売額」、「家電販売額」などの各種消費関連の指標は、足下の改善を示すものや重い足取りを示すものなど様々であるが、総じてみれば「横ばい状態」と判断される。関西の消費を全国や他の地域と比べると、相対的に弱い状態が続いている。○関西の消費が弱い要因のひとつとして、全国と比べて雇用所得環境がなかなか改善しないことがあげられる。失業率、有効求人倍率、現金給与総額などの推移を見ても、関

2013年3月7日第一生命保険★フィードバック数:5ライフスタイル

世帯の収入と消費についての分析です。

女性と高齢者が支える家計消費 ~配偶者収入と公的年金給付が増えている

Economic Trends経済関連レポート女性と高齢者が支える家計消費発表日:2013年3月5日(火)~配偶者収入と公的年金給付が増えている~第一生命経済研究所 経済調査部担当 熊野英生(℡:03-5221-5223)2013 年に入って、家計消費が堅調に伸びるようになってきた。収入面では、世帯主収入が低調な一方で、配偶者収入増と公的年金給付が増えている。女性の労働参加は、65 歳以上の雇用増が目立っている。今後、世帯全体の収入増を目指そうとすると、配偶者収入や年金給付が大きく増えることは限

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
 

お知らせ