「消費生活」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

2014年大学生の意識調査報告書

「2014年大学生の意識調査報告書」のご案内毎年実施している「学生の消費生活に関する実態調査」が50回の節目を迎えるにあたって、「2014年大学生の意識調査」を実施しました。この報告書は、現代大学生の意識を深く分析した第1部の「2014年大学生の意識調査」報告と、「第1回~第50回学生生活実態調査にみる大学生活の変化」の第2部で構成されています。

2014年12月25日神奈川県フィードバック数:0社会/政治

平成26年度上半期 神奈川県内における消費生活相談概要

ホーム > 神奈川県記者発表資料 > 苦情相談件数は7.4%増加 「ワンクリック請求」「架空請求」に注意! -平成26年度上半期 神奈川県内における消費生活相談概要-苦情相談件数は7.4%増加 「ワンクリック請求」「架空請求」に注意! -平成26年度上半期 神奈川県内における消費生活相談概要-○ 神奈川県及び県内市町村の相談総件数(苦情・問合せ)は、36,882件で前年度同期比6.3%増加このうち苦情相談は、34,947件で前年度同期比7.4%増加○ 「ワンクリック請求」や「架空請求」などの「デ

2014年10月16日家計経済研究所★フィードバック数:0ライフスタイル

所得や生活についての調査です。

「消費生活に関するパネル調査」について(第21回調査結果)

最新記者発表資料「消費生活に関するパネル調査」について(第23回調査結果)表紙1.親元未婚女性の10年間の変化(1)収入・支出に変化は少ないものの堅実化の傾向(2)生活程度が「中の下」と思う人が増加2.10年前も現在も親元にいる未婚女性の状況親と同居する未婚ミドル女性、生活程度が「中の下」と感じる人が増加3.30~50代夫婦の貯蓄習慣(1)定期的に一定額の貯蓄ができているのは4分の1の世帯(2)家計を一度チェックしてみるだけでも貯蓄に効果的(3)共働きは貯蓄の面でやっぱり有利?(4)働き方にか

2014年5月21日日経リサーチフィードバック数:0ライフスタイル海外

新・新興国 カンボジア、消費生活の実態~プノンペン生活者の暮らし調査より~

新・新興国 カンボジア、消費生活の実態 2014.05.20  中国やタイに続くアジアの「新・新興国」として注目度が増すカンボジア・ラオス・ミャンマー。急速な経済成長が期待され、頭文字を取って「CLM」と呼ばれる。 日経リサーチは2012年にミャンマー最大の都市ヤンゴンで生活実態調査を実施したのに続き、13年6月にカンボジアの首都プノンペンとラオスの首都ビエンチャンで定性的な家庭訪問調査を実施。日常生活の様子や所有物、生活意識などをヒアリングした。10月にはプノンペンで25~34歳の男女を対象に

2013年9月12日博報堂★★フィードバック数:0マーケティング

文化の比較です。

東南アジア20~34歳女性 都市別比較

NEWS【Global HABIT レポート Vol.10】 東南アジア20~34歳女性 都市別比較 ~ライフスタイルや消費意識から見えてくる各都市女性の特徴~ 2013年09月12日■ 「家族を重視」「価格にシビア」「趣味はテレビ」は各都市女性に共通の傾向。 ■ 東京女性は女性像、ファッション意識、消費意識とも東南アジア女性とは異なる傾向。博報堂では、グローバル市場でのマーケティング戦略に活用するためのオリジナル生活者調査都市で中・上位収入層を対象に実施しています。最新(な角度から分析を行い、

2013年7月20日アサヒビールフィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

わが家のエコ対策は?(2005/09)

【第104回】アンケート結果:2005年9月28日〜10月04日 調査対象:全国の20歳以上の男女 (有効回答数)1,987人 ヒートアイランド現象、酸性雨、オゾン層破壊 、水質汚染やゴミ問題・・・など、地球の環境問題は挙げればきりがなく、年々深刻化しているのは言うまでもありません。こうした地球規模における環境問題の多くは、人間の消費生活によって引き起こされているといっても過言ではありません。こうした中で、私たちが今できることとは一体なんでしょうか?そこで今回は、皆さんが日ごろ実行してい

高校生のお財布事情や将来についての意識を聞いています。

高校生の消費生活と生活設計に関するアンケート調査

生命保険文化センターは、公正・中立な立場で生活設計と生命保険に関する情報を提供しています。〜生命保険文化センターは2016年1月に設立40周年を迎えました〜 「知っておきたい生命保険の基礎知識」、「生命保険Q&A」を、「約款」の解説としてご利用いただくことができます。 「高校生の消費生活と生活設計に関するアンケート調査(第2回)」まとまる2017年2月2日 '16-13号 Press Release(公財)消費者教育支援センター(理事長・櫻井 純子)と(公財)生命保険文化センター(代表理

2012年11月13日消費者庁★フィードバック数:24マーケティング

消費者のトラブルや被害についての意識調査です。

消費生活に関する意識調査

消費生活に関する意識調査

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
 

お知らせ