調査のチカラ TOP > タグ一覧 > 消費生活センター

「消費生活センター」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2017年4月25日埼玉県フィードバック数:0社会/政治

平成28年度埼玉県外国人住民意識調査

ここから本文です。平成28年度埼玉県外国人住民意識調査の結果まとまる―本県に住みやすい理由第1位は「犯罪が少なく安心」― 部局名:県民生活部課所名:国際課担当名:多文化共生・NGO担当担当者名:渋沢  県では、外国人住民の支援をはじめとする多文化共生施策を進めていく上での参考とするため、毎年度、外国人住民を対象とした「埼玉県外国人住民意識調査」を実施しています。平成28年度の集計結果がまとまりましたので公表します。調査の概要1 調査事項(1)埼玉 県の住みやすさ、その理由(2)消費生活相談:消

2016年6月29日国民生活センター★★フィードバック数:0社会/政治

消費生活相談における外国人対応の現況調査<結果・概要>

消費生活・消費者問題に関する事例や対処方法を紹介しています。 [2016年6月23日:公表]消費生活相談における外国人対応の現況調査<結果・概要> *詳細な内容につきましては、本ページの最後にある「報告書本文(PDF)」をご覧下さい。 国民生活センターでは、消費生活相談における外国人対応に関する課題を検討するうえでの基礎資料とするため、全国の消費生活センター等を対象に、外国人住民や外国人観光客を対象とした消費生活相談への取組みや啓発事業の実施に関する現況調査を行いました。 また、上記調査に加えて

2016年4月7日東京都★フィードバック数:0社会/政治

都民の消費生活に関する意識調査

都民の消費生活に関する意識調査を実施しました!平成28年3月28日生活文化局 東京都では、都民の消費生活における意識や行動について把握し、今後の施策展開の参考とするため、都内に住む20歳以上の男女3,000人を対象に「都民の消費生活に関する意識調査」を実施しました。その結果をお知らせします。調査結果のポイント直近1年間で15%の人が消費生活トラブルを経験【直近1年間での消費生活トラブルの経験】  直近1年間での消費生活トラブルの経験について尋ねたところ、15.2%の人が消費生活トラブルの経験が

2015年8月7日国民生活センターフィードバック数:0ライフスタイル

物干しざおに10万円!?-高齢女性を中心に、移動販売でのトラブルが再び増加!-

消費生活・消費者問題に関する事例や対処方法を紹介しています。 [2015年8月6日:公表]物干しざおに10万円!?−高齢女性を中心に、移動販売でのトラブルが再び増加!− *詳細な内容につきましては、本ページの最後にある「報告書本文(PDF)」をご覧下さい。 全国の消費生活センターに寄せられた物干しざお等(注1)に関する相談件数は大きく増加しており、2014年度は6年前の約6倍となっています。特に、自動車に物干しざお等を陳列して巡回する移動販売等(注2)による相談が全体の約9割を占め、その相談件数

2015年7月16日国民生活センターフィードバック数:0社会/政治

20代に増えている!アフィリエイトやドロップシッピング内職の相談-友人を紹介すると儲かる!?借金をさせてまで支払わせる事例も-

消費生活・消費者問題に関する事例や対処方法を紹介しています。 現在の位置 : トップページ > 注目情報 > 発表情報 > 20代に増えている!アフィリエイトやドロップシッピング内職の相談−友人を紹介すると儲かる!?借金をさせてまで支払わせる事例も− [2015年7月16日:公表]20代に増えている!アフィリエイトやドロップシッピング内職の相談−友人を紹介すると儲かる!?借金をさせてまで支払わせる事例も− *詳細な内容につきましては、本ページの最後にある「報告書本文(PDF)」をご覧下さい。 全

2015年4月19日国民生活センター★★フィードバック数:0社会/政治

越境ECのトラブルについての調査です。

越境消費者取引の相談対応等に関する調査

消費生活・消費者問題に関する事例や対処方法を紹介しています。 [2015年3月31日:公表]消費生活相談員を対象とした「越境消費者取引の相談対応等に関する調査」<結果・概要> *詳細な内容につきましては、本ページの最後にある「報告書本文(PDF)」をご覧下さい。 国民生活センターでは、越境消費者取引(日本に在住する消費者と海外に所在する事業者との取引)に関する消費者トラブルの問題点と解決の方向性を探るため、全国の消費生活センターに勤務する消費生活相談員を対象としたアンケート調査を実施しました。調

2014年9月26日日本損害保険協会★フィードバック数:0大型消費/投資

損保についてのまとめ資料です。

日本の損害保険 ファクトブック2014

「日本の損害保険 ファクトブック2014」を作成日本損害保険協会(会長:櫻田 謙悟)では、「日本の損害保険 ファクトブック2014」(A4判・94ページ)を2万2千部作成し、全国各地の消費生活センターや図書館等に配付します。ホームページからPDFファイルをダウンロードすることもできます。損害保険の概況、損保協会の活動などを掲載するとともに、各種損害保険関連データなどを図表、グラフ等でわかりやすく整理しています。損保業界の「今」がわかるデータブックとして、ご活用ください。「日本の損害保険 ファクト

2014年6月17日消費者庁★フィードバック数:0ライフスタイル

消費者庁の調査です。

2013年度消費者意識基本調査

平成26年6月17日「平成 25 年度消費者意識基本調査」の結果について消費者庁では、消費者問題の現状や求められる政策ニーズを把握し、消費者政策の企画立案にいかすことを目的に、「平成 25 年度消費者意識基本調査」を実施しました。本調査では、日頃の消費生活での意識や行動、消費者事故・トラブルの経験等を中心に尋ねています。さらに、近年、未成年者や高齢者がトラブルに遭うケースが多くなってきていることから、若年層から高齢層までを対象として網羅的に調査しています。〈調査結果のポイント〉(1) 「消費生活

2014年1月28日日本共済協会★フィードバック数:0社会/政治

日本共済協会のまとめです。

ファクトブック2013 日本の共済事業

2014 / 1 / 23 「ファクトブック2013 日本の共済事業」を発行しました 一般社団法人 日本共済協会では、このほど「ファクトブック2013日本の共済事業」(A4判41ページ)を作成いたしました。  この冊子は、日本の主な共済団体の事業実績や日本共済協会とその会員団体の活動等をとりまとめたもので、全国の消費生活センターや共済に関係のある団体等に送付致しました。「ファクトブック2013日本の共済事業」の主な内容 ファクトブック2013 日本の共済事業」PDFファイルはこちらから

2013年3月26日東京都★フィードバック数:23社会/政治

18歳~29歳を対象とした調査です。

若者の消費者被害に関する調査結果

東京の若者は、4割強が悪質商法に遭遇!―若者の消費者被害に関する調査結果―平成25年3月22日生活文化局 東京都では、若者の消費者被害の実態を把握し、今後の情報発信の参考とするため、都内に住む18歳から29歳までの男女3,000人を対象に「若者の消費者被害に関する調査」を実施しました。その結果をお知らせします。調査結果のポイント若者の4割強が悪質商法の被害の危険に遭遇!悪質商法の被害経験 「架空請求」「マルチ商法」「キャッチセールス」「デート商法」「アポイントメントセールス」の5つの商法を挙げて

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
 

お知らせ