調査のチカラ TOP > タグ一覧 > 消費税引き上げ

「消費税引き上げ」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2015年6月30日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

2016年度は再び年金支給額が伸び悩み ~2017年消費税引き上げ時もシニア消費が重石に~

2016年度は再び年金支給額が伸び悩み ~2017年消費税引き上げ時もシニア消費が重石に~

今年度の消費に弾みをつける消費性向の回復

わたしの意見 ― 水野 創今年度の消費に弾みをつける消費性向の回復(「(株)ちばぎん総研BusinessLetter」2015年5月28日号に掲載)水野 創[ちばぎん総合研究所取締役社長] 2015年度の消費は、所得(雇用者所得:賃金×雇用者)の増加、原油価格低下・消費税引き上げの影響一巡による物価の落ち着きにより回復するはずだ。第一四半期(4〜6月)が残り1ヶ月となったが出だしの状況はどうだろう。実質GDPの消費は20日に1〜3月分が発表になったばかりだが(表1)、4月の景気ウォッチャー調査(

期待通りの賑わい―今年のGW

わたしの意見 ― 水野 創期待通りの賑わい―今年のGW(「(株)ちばぎん総研BusinessLetter」2015年5月14日号に掲載)水野 創[ちばぎん総合研究所取締役社長] GWが終わり交通各社の利用状況等が相次いで発表された。勢いを感じさせる結果だ(表1)。今年のGWは、�@賃金・雇用の改善、�A株高による資産効果、�B原油価格低下効果、そして�C消費税引き上げの影響一巡による4月の実質賃金プラス転換と「新しい局面を迎えた個人消費」の力が示される最初の機会だったと思う。後半は5連休で日並び

スーパーのデフレ脱却、2度目の挑戦

わたしの意見 ― 水野 創スーパーのデフレ脱却、2度目の挑戦(「(株)ちばぎん総研BusinessLetter」2015年4月16日号に掲載)水野 創[ちばぎん総合研究所取締役社長] 4月入り後のスーパーでは多くの商品が値上げされている。「価格」が上がっていたり、「容量」が少なくなっていたり様々な手法が工夫されている。デフレ脱却に向け、一年前に続く2度目の挑戦だ。スーパーでは、昨年も、消費税引き上げと同時に多くの商品の価格が引き上げられたが、その後夏場までに全体としては下落基調に転じてしまった(

2015年3月10日ラクスフィードバック数:0ビジネス

請求書の郵送コストに関する意識調査

経理担当者が課題に感じるコスト1位は「切手代」 請求書の郵送コストに関する意識調査2015年3月10日 株式会社ラクスWEB帳票発行システム「楽楽明細」(https://www.rakurakumeisai.jp/)などの、中小企業向けのクラウドサービスを提供する株式会社ラクス(本社:東京都渋谷区、代表取締役:中村 崇則)は2015年2月、全国の企業の経理担当者800名を対象に、請求書の郵送コストに関する調査を行いました。 結果サマリー消費者向けではクレジットカードや携帯電話代など、WEB上で利

2015年経済の夢

わたしの意見 ― 水野 創2015年経済の夢(「(株)ちばぎん総研BusinessLetter」12月25日号に掲載)水野 創[ちばぎん総合研究所取締役社長] あと数日で2015年を迎えます。本年のビジネスレターは今回で最後の予定です。この一年の皆様のご支援に改めてお礼申し上げます。今年の最後は、2015年経済の夢です。2014年は消費税再引き上げの決断が出来ず残念な年となりましたが、2015年はより元気な年になると信じています。(海外経済)・米国経済が力強く回復し、日本からの輸出増加を含め世界

2014年12月9日ユーキャン★フィードバック数:0キャリアとスキル

ユーキャンの調査です。

2015年のトレンド予測と資格取得に関する意識調査

2014年は消費税率8%へのアップや円安傾向の強まり、エボラ出血熱の流行、STAP細胞・号泣会見といった騒動など、経済面でも文化面でも様々な出来事がありました。来年はどんな年になるのでしょうか? 2015年に話題になりそうなことから考えて、2015年こそ取っておくと役立つ資格とは――。2014年の1年を振り返りつつ、2015年のトレンド予測と資格取得に関する意識調査を実施し、20〜40代男女997名から回答を得ました。◆調査概要調査対象:20代〜40代の男女 997名(男性498名、女性499名

2014年11月29日貿易研修センターフィードバック数:0社会/政治

消費税率引き上げ後の日本経済

IIST e-Magazine消費税率引き上げ後の日本経済 | 日鉄住金総研(株) チーフエコノミスト 北井 義久【配信日:2014/11/28 No.0237-0950】 配信日:2014年11月28日日鉄住金総研(株) チーフエコノミスト北井 義久 日本経済は2014年4月の消費税増税により一時的な景気後退に陥った。しかし順調な個人所得拡大と設備投資・輸出の持ち直しにより、秋以降回復に転じる。ただし2015年10月の再増税は先送りされる。日本経済は、2014年4月の消費税引き上げにより予想通

2014年11月16日経済産業研究所★★フィードバック数:0社会/政治

セミナー資料です。

消費税引き上げ後の物価・景気

第8回RIETIハイライトセミナー 消費税引き上げ後の物価・景気 (議事概要)イベント概要日時:2014年7月2日(水)16:00-18:00会場:RIETI国際セミナー室 (東京都千代田区霞が関1丁目3番1号 経済産業省別館11階1121)議事概要講演1 消費税引き上げ後の物価・景気深尾 光洋 (RIETIプログラムディレクター・ファカルティフェロー/慶應義塾大学商学部教授) 1. 景気の現状と見通し2013年度のGDP成長率は、消費税引き上げ前の駆け込み消費や住宅投資による押し上げもあり、2

厳しい綱引きが続く、スーパー対消費者

わたしの意見 ― 水野 創厳しい綱引きが続く、スーパー対消費者(「(株)ちばぎん総研BusinessLetter」8月27日号に掲載)水野 創[ちばぎん総合研究所取締役社長] 消費税引き上げから5か月が経過する。概ね想定通りと言っているが、引き上げの影響を克服して成長軌道に乗ったという手応えはまだない。台風、大雨の影響、弱含みの生産、輸出、市場での円安、株高など取り巻く環境や指標も一様ではない。こうした中で、4月以降の企業の積極的な価格引き上げの動きがどのくらい消費者に受け入れられるかは、今後の

2014年6月8日ちばぎん総合研究所フィードバック数:0社会/政治

統計・調査に表れる地域の勢い

わたしの意見 ― 水野 創統計・調査に表れる地域の勢い(「(株)ちばぎん総研BusinessLetter」6月6日号に掲載)水野 創[ちばぎん総合研究所取締役社長] この一週間で多くの経済指標や5月1日現在の千葉県人口が発表された。消費者物価の前年比上昇率は県内も全国並みだった。賃金は雇用の増加を勘案しても物価の上昇に追いついていないが、労働需給の基調は崩れておらず、引き続き消費税引き上げの影響を短期で乗り切ることを期待できる内容となっている(図表1)。千葉県の人口は、前月比、前年比とも増加した

2014年3月27日アラタナ★フィードバック数:0マーケティング

ネットショップと消費税です。

ECサイト調査データVol1「ネットショップ運営者に聞いた消費税増税に関する意識」

ECサイト調査データVol1「ネットショップ運営者に聞いた消費税増税に関する意識」株式会社アラタナ(本社:宮崎県宮崎市、代表取締役社長:濵渦伸次 以下アラタナ)」では、EC-CUBE 制作実績数国内 No.1 を誇るアラタナのネットショップ構築サービス「カゴラボ」の 2014 年 3 月現在のご契約者及び、ECサイトを運用している一般運営者(有効回答数128)を対象にアンケートを実施しましたので、その結果をお知らせ致します。駆け込み需要による期待感薄く、税率変更による諸対応へ危機感募る<結果概要

ビール系飲料についての調査です。

ビール・発泡酒・新ジャンル商品の飲用動向と税金に関する調査

『ビール・発泡酒・新ジャンル商品の飲用動向と税金に関する調査』結果のお知らせ 2013年12月13日 『ビール・発泡酒・新ジャンル商品の飲用動向と税金に関する調査』結果のお知らせ 平成25年12月12日発泡酒の税制を考える会『ビール・発泡酒・新ジャンル商品の飲用動向と税金に関する調査』結果のお知らせ 発泡酒の税制を考える会()では、このたび、『ビール・発泡酒・新ジャンル商品の飲用動向と税金に関する調査』を実施し(2002年より毎年実施)、調査報告書および報道関係の皆様への資料を作成いたしました

2013年7月20日経済産業省フィードバック数:0ビジネス

平成23年度総合調査研究「マクロ経済モデルに関する調査研究」,報告書

経済産業省委託調査平成23年度総合調査研究「マクロ経済モデルに関する調査研究」<報告書>平成23年8月三菱 UFJ リサーチ&コンサルティング株式会社はじめに本調査研究の目的は、我が国で少子高齢化が急速に進む中、適切なマクロ経済政策運営を行うことにより、今後も中朝的に持続可能な経済成長を実現していくため、マクロ経済モデルを構築し、今後の日本経済の姿と、経済社会政策によろう政策効果を検討する材料とする今経済・施策の姿を定量的に示すことである。具体的には、以下の作業を行った。(1) 2050 年まで

不動産購入についての意識調査です。

第2回 住宅購入に関する意識調査アンケート

消費税の引き上げが決定した場合、「住宅購入計画に影響を受ける」と58.0%が回答。一方で「影響は受けない」との回答は18.1%に留まり、「わからない」の回答が23.9%あった。 住宅購入計画に影響を受けると回答した方に「どのような影響を受けるか」を問う設問では、「できるだけ消費税引き上げ前に購入したい」の回答が45.6%と最も多く、「予算等の購入計画を見直したい」が35.9%、「購入自体を見送る」という回答も16.9%あった。消費税の増税が決定した場合は、購入計画の前倒しを検討する方が出るこ

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
 

お知らせ