「消費税率」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2017年2月17日埼玉県フィードバック数:0社会/政治

統計ア・ラ・カルト第114号「増税前駆け込み需要の反動(平成26年度埼玉県県民経済計算)」

ここから本文です。統計ア・ラ・カルト第114号「増税前駆け込み需要の反動(平成26年度埼玉県県民経済計算)」県では毎年度、県のGDPにあたる県内総生産などを推計した「県民経済計算」を公表しています。県民経済計算は、県内における1年間の経済活動を生産、分配及び支出の三面から明らかにし、県経済の実態を総合的、計量的に把握したものです。平成26年4月1日に消費税率が5%から8%に変更となりました。消費税増税が埼玉県経済に与えた影響を県民経済計算から見てみましょう。 平成26年度の県経済は、県内総生産(

2016年4月14日帝国データバンクフィードバック数:0社会/政治

全国企業倒産集計2015年度報

倒産件数は8408件、7年連続の前年度比減少負債総額は1兆9063億8600万円、2000年度以降で2番目の低水準 ■倒産件数は8408件と、7年連続で前年度を下回り、2005年度(8759件)以来、10年ぶりに9000件を下回った。四半期ベースでみると、2015年度第2四半期まで14四半期連続で前年同期を下回り、第3四半期に増加に転じたが、第4四半期は再び前年同期比減少となった■負債総額は1兆9063億8600万円と、2000年度以降で2番目の低水準を記録■業種別に見ると、2013年

2016年3月1日ノークリサーチフィードバック数:0社会/政治

QuarterlyReport2016年冬版特別編:消費税率10%改正と軽減税率への対応に関する調査

QuarterlyReport2016年冬版特別編:消費税率10%改正と軽減税率への対応に関する調査

2015~2018年度経済見通し

情報通信総合研究所(ICR - InfoCom Research,Inc)は情報通信専門のシンクタンクです。 2015年12月18日2015~2018年度経済見通し 実質経済成長率:2015年度1.0%、2016年度1.6%、2017年度0.0%、2018年度1.3%を予測(株)情報通信総合研究所(本社:東京都中央区、代表取締役社長:浮田豊明)は、情報通信(以下、ICT)産業が日本経済に与える影響を把握する一環として、篠﨑彰彦・九州大学教授、飯塚信夫・神奈川大学教授の監修のもと、内生変数75、

2015年7月29日経済産業省フィードバック数:0社会/政治

平成26年の九州経済の動向(リサーチ九州)

平成26年の九州経済の動向(リサーチ九州)を作成しました 九州経済産業局総務企画部調査課では、このたび、日頃取り扱っている九州経済に関する主要な調査統計データ・指標等を年間記録として整理・分析し「リサーチ九州」として取りまとめました。平成26年の九州経済は、消費税率引き上げ前の駆け込み需要やその反動減、原油価格等の高騰等による物価上昇等が消費行動や企業の生産活動などに大きく影響を与えました。しかしながら、円安や株価上昇、景気回復への期待感などにより徐々に消費マインドが持ち直すなど、緩やかな持ち直

消費者物価(全国15年4月)~コアCPI上昇率はゼロ%も、物価上昇品目数が下落品目数を大きく上回る

消費者物価(全国15年4月)~コアCPI上昇率はゼロ%も、物価上昇品目数が下落品目数を大きく上回る | ニッセイ基礎研究所 消費者物価(全国15年4月)~コアCPI上昇率はゼロ%も、物価上昇品目数が下落品目数を大きく上回る 経済研究部 経済調査室長 斎藤 太郎・コアCPI上昇率(消費税の影響を除く)は再びゼロ%に・物価上昇品目数が大幅に増加・コアCPIは夏場にかけて下落も、マイナスの長期化は回避か総務省が5月29日に公表した消費者物価指数によると、15年4月の消費者物価(全国、生鮮食品を除く総

2015年5月28日内閣府★フィードバック数:0大型消費/投資

内閣府のレポートです。

このところの住宅取得環境について

   *                【概要】  1.本稿ではこのところの住宅取得環境について、住宅取得能力指数を用いて評価するとと もに、住宅市場活性化施策による効果を考察する。  2.持家の着工戸数をみると、消費税率引上げに伴う駆け込み需要の反動もあって、2014 年 年初より減少基調が続いていたが、夏場に底を打ち、最近では持ち直している。首都圏マ ンションの総販売戸数についても、同様に持ち直している。  3.こうした持ち直しの基調の背景には、2014 年秋口以降の住宅ローン金利の低下や賃

2015年4月17日総務省★フィードバック数:0ライフスタイル

消費についてのレポートです。

家計調査からみた消費税率引上げ前後の消費行動について

ここから本文です。統計研究彙報 第72号 No.2概要タイトル 家計調査からみた消費税率引上げ前後の消費行動について著者 堀井 俊刊行年月 2015年3月要旨 2014(平成26)年4月に消費税率が5%から8%へ引き上げられたことに伴い、消費税率引上げ直前の3月には、家計調査の結果で見ると、駆け込み購入の影響から消費支出全体では1年前に比べて実質7.2%の増加がみられた。一方、消費税率引上げ後の4月及び5月には、その反動による減少がみられ、4月は実質4.6%の減少、5月は実質8.0%の減少となっ

2015年4月9日日本自動車工業会★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

市場調査です。

2014年度小型・軽トラック市場動向調査

ニュースリリース- 2015年04月09日2014年度小型・軽トラック市場動向調査について一般社団法人 日本自動車工業会(会長:池 史彦)は、2014年度に実施した『小型・軽トラック市場動向調査』の結果をまとめた。この調査は、小型・軽トラックユーザーの保有・購入・使用実態などを時系列的に捉え市場構造の変化を把握するためにアンケートを隔年で実施しているものであり、今回は以下の点の把握も行なった。安全意識と先進安全技術環境意識と次世代環境車消費税率5%→8%引き上げの影響農家におけるトラック・バン調

2015年3月25日宮崎県フィードバック数:0社会/政治

宮崎県経済の動き(平成26年)

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。 ここから本文です。更新日:2015年3月25日宮崎県経済の動き(平成26年)平成26年概況平成26年の県内経済は、雇用などに明るい動きがみられたものの、消費税率引上げや天候不順の影響などにより消費や住宅投資に弱さがみられ、全体としては持ち直しの動きに足踏みがみられた。各分野の状況(1)生産おおむね横ばいとなった(2)消費消費税率引上げなどの影響により、4月以

生協の調査です。

2014年 日本生協連「消費税しらべ」

ページ内を移動するためのリンクです日本生活協同組合連合会オフィシャルサイト2015年03月19日消費税率の引き上げで1世帯当たり年間消費税額は 前年より7万4,221円増の平均24万893円に 日本生協連では毎年、生協組合員が家庭で負担している消費税額の調査「消費税しらべ」を行っています。2014年は、34生協608世帯の協力を得て、負担の実態をまとめました。本調査は、生協組合員の家計簿に基づき、消費支出から家賃や学校教育費など非課税支出を差し引いた額に税率を乗じて税額を算出したものです。20

2015年3月18日EY Japanフィードバック数:0社会/政治

シリーズ:個人消費の論点(2) ~物価上昇の痛みは和らぐ

シリーズ:個人消費の論点②~物価上昇の痛みは和らぐ 2014年の消費税率引き上げ後に、消費の回復が遅れた理由として、物価上昇の影響が大きかったことがあげられる。その結果、物価上昇が賃金上昇を上回る状態がつづいたため、家計の負担感が大きくなった。しかし、14年半ばからの原油価格の低下によって物価上昇率は縮小しており、15年4月以降には物価上昇率から消費税の影響が剥落する。そのため、15年には購買力の低下に歯止めがかかるとみられる。 お問い合わせEY総合研究所へのお問い合わせは、「お問い合わせフォ

日本経済の中期見通し(2014~2025年度)

【プレスリリース】 日本経済の中期見通し(2014~2025年度)~東京オリンピック後に景気低迷のリスクが高まる~ 2015年02月03日○日本経済は2014年4月の消費税率引き上げ後を受けて弱含んだものの、すでに持ち直しに転じている。雇用需給のタイト化と賃金上昇、原油価格下落と物価上昇率の低位安定といった好材料もあり、2015~2016年度は緩やかな回復軌道をたどると予想される。○2010年代後半(2016~2020年度)は、2017年4月に消費税率が10%に引き上げられることで一時的に景気が

2015年1月30日国土交通省★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

年間のまとめです。

建設工事受注動態統計調査(大手50社調査 平成26年計)について

建設工事受注動態統計調査(大手50社調査 平成26年計)について 平成27年1月30日 民間工事は、消費税率引き上げ前の駆け込み需要の影響が大きかった前年と比較すると、サービス業、不動産業、金融業,保険業等が減少したため、対前年比9.7%減少したが、このような影響のない前々年と比べると8.8%増加した。総計は、前年比5.5%増加し、5年連続増加した。 国土交通省総合政策局情報政策課建設経済統計調査室統計調整係  TEL:(03)5253-8111 (内線28-611,28-613)

2014年12月29日帝国データバンクフィードバック数:0ビジネス

2015年の景気見通しに対する近畿地区企業の意識調査

2014年12月24日特別企画 : 2015年の景気見通しに対する近畿地区企業の意識調査 「景気回復」を見込む企業は、13.8%にとどまる〜 円安を懸念する企業が急増 〜 消費税率が引き上げられた4月以降、国内景気は人手不足や円安などによるコスト上昇分を吸収できない中小企業を中心に景況感の悪化が広がっている。また、2014年11月17日に発表された7〜9月期の実質GDP成長率(1次速報値)が前期(4〜6月期)比0.4%減、年率換算で1.6%減と、2四半期連続のマイナス成長となったことで、政府は

2014年12月23日静岡経済研究所フィードバック数:0社会/政治

静岡県内中堅・中小企業 経営者アンケート調査

「静岡県内中堅・中小企業 経営者アンケート調査」結果「消費再増税先送りを評価、円安は打撃」□ 県内中堅・中小企業への緊急アンケート調査によると、平成26年4月に実施された消費税率8%への引上げは、半数の企業で売上への影響がいまだに残り、景気回復が遅れる要因とった。一方、27年10月に予定されていた消費税率引上げを18カ月先送りする決定については、3分の2の企業が『先送りでよい』と回答し、先送り判断はおおむね評価されている。□ 最近の円安については、『マイナスの影響がある』と回答した企業が37.1

2014~2017年度経済見通し

情報通信総合研究所(ICR - InfoCom Research,Inc)は情報通信専門のシンクタンクです。 2014年12月19日2014~2017年度経済見通し -実質経済成長率:2014年度▲0.7%、2015年度1.7%、2016年度1.8%、2017年度0.0%を予測-(株)情報通信総合研究所(本社:東京都中央区、代表取締役社長:浮田豊明)は、情報通信(以下、ICT)産業が日本経済に与える影響を把握する一環として、篠﨑彰彦・九州大学教授、飯塚信夫・神奈川大学教授の監修のもと、内生変数

2014年11月29日内閣府フィードバック数:0社会/政治

消費税率引上げ後の消費動向等について(11月第3週)

消費税率引上げ後の消費動向等について(11月第3週)

消費税率引上げ先送りにより日本国債格下げはあるか?~市場が注視する日本のデフォルト時期

消費税率引上げ先送りにより日本国債格下げはあるか?~市場が注視する日本のデフォルト時期 | ニッセイ基礎研究所 消費税率引上げ先送りにより日本国債格下げはあるか?~市場が注視する日本のデフォルト時期 大山 篤之安倍首相は2014年11月18日、2015年10月に予定していた消費税率10%への引き上げを1年半先送りすることを表明した。この見送りに伴い、財政の悪化が懸念され、11月19日の日本経済新聞朝刊に、“日本国債格付け年内に再点検(フィッチ)”との見出しが載った。そこには、米格付機関のFit

2014年11月24日内閣府フィードバック数:0社会/政治

消費税率引上げ後の消費動向等について(11月第2週)

消費税率引上げ後の消費動向等について(11月第2週)

2014年10月の中小企業月次景況調査(平成26年10月末現在)

◎10月の中小企業月次景況調査(平成26年10月末現在) 《概 要》10月は、9指標中6指標が悪化となった。前月大きく上昇した売上高DIは再び悪化に転じ、景況DIもわずかながら悪化するなど一進一退の状況にある。 円安に伴う原材料費の高騰や燃料価格の高止まりによる収益環境の悪化を懸念する声は依然として多く、加えて消費税率引上げ後の長引く内需低迷の影響を指摘する報告が増加してきており、中小企業の先行きは、予断を許さない状況。《詳細については、以下をご覧下さい》【今後3か月間の月次景況調査発表予定】

2014年11月16日内閣府フィードバック数:0社会/政治

消費税率引上げ後の消費動向等について(11月第1週)

消費税率引上げ後の消費動向等について(11月第1週)

2014年11月12日中小企業庁フィードバック数:0ビジネス

消費税の転嫁状況に関する月次モニタリング調査(10月書面調査)

消費税の転嫁状況に関する月次モニタリング調査(10月書面調査)の調査結果を公表します本年4月の消費税率引上げを踏まえ、経済産業省では転嫁状況を定期的にモニタリングするため、4月から転嫁状況に関する事業者へのアンケート調査を実施しております。このうち、「10月書面調査」の調査結果がまとまりましたので公表します。 1.概要 経済産業省では、本年4月の消費税率引上げを踏まえ、現在、監視・取締りを強化し、転嫁拒否の未然防止を図るとともに、違反行為への指導など迅速な是正を行っています。この一環として、

2014年11月12日国土交通省フィードバック数:0大型消費/投資

すまい給付金の実施状況について(平成26年9月末時点)

すまい給付金の実施状況について(平成26年9月末時点) 平成26年11月11日 消費税率引上げによる負担増を緩和するため、本年4月より実施している「すまい給付金」について、9月末時点の実施状況をとりまとめましたので公表します。給付対象は4月以降の引上げ後の消費税率による引渡し分が対象となります。9月末時点における実施状況は、申請数12,214件に対して、給付実績8,730件、7,710戸、約19億7千万円となっております。今後は、関係機関の協力も得ながら、申請忘れ等が発生しないよう、周知等を進

中期経済見通し(2014~2024年度)-需要不足と供給力低下に直面する世界経済

中期経済見通し(2014~2024年度)-需要不足と供給力低下に直面する世界経済 | ニッセイ基礎研究所 シンクタンクならニッセイ基礎研究所 > 中期経済見通し(2014~2024年度)-需要不足と供給力低下に直面する世界経済中期経済見通し(2014~2024年度)-需要不足と供給力低下に直面する世界経済 経済研究部 経済調査室長 斎藤 太郎世界経済は国・地域のばらつきを伴いながら緩やかな回復を続けているが、そのペースは依然として緩慢なものにとどまっている。主要先進国のGDPギャップはリーマン

2014年11月9日内閣府フィードバック数:0社会/政治

消費税率引上げ後の消費動向等について(10月第5週)

消費税率引上げ後の消費動向等について(10月第5週)

2014年11月5日大和総研フィードバック数:0社会/政治

月初の消費点検(3/4)~消費税増税の判断を控えて~

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 月初の消費点検(3/4)~消費税増税の判断を控えて~消費税増税の影響は緩和しつつあるも盤石とは言えず ◆2014年10月の乗用車販売台数(軽自動車を含む、商用車等を除く)は前年比▲7.4%と、9月(同▲3.2%)から減少率が拡大し、前年比マイナスは4ヶ月連続となった。乗用車販売の基調を捉えるために季節調整値(大和総研による試算値)を確認すると、10月は前月比▲3.8%と2ヶ月ぶりに減少した。これは前回

2014年11月3日内閣府フィードバック数:0ライフスタイル

消費税率引上げ後の消費動向等について(10月第4週)

消費税率引上げ後の消費動向等について(10月第4週)

2014年10月26日内閣府フィードバック数:0社会/政治

消費税率引上げ後の消費動向等について(10月第3週)

消費税率引上げ後の消費動向等について(10月第3週)

2014年10月22日内閣府★フィードバック数:0社会/政治

個人消費についてのデータです。

消費税率引上げ後の個人消費の動向

消費税率引上げ後の個人消費の動向

2014年10月19日内閣府フィードバック数:0社会/政治

消費税率引上げ後の消費動向等について(10月第2週)

消費税率引上げ後の消費動向等について(10月第2週)

2014年10月13日内閣府フィードバック数:0社会/政治

消費税率引上げ後の消費動向等について(10月第1週)

消費税率引上げ後の消費動向等について(10月第1週)

2014年10月8日東京商工リサーチ★フィードバック数:0ビジネス

上期のまとめです。

2014年度上半期(4-9月)の全国企業倒産 5,049件 年度上半期として1990年度以来の低水準

2014年度上半期(4-9月)の全国企業倒産 5,049件 年度上半期として1990年度以来の低水準倒産件数は5,049件 年度上半期としては1990年度以来の低水準 2014年度(平成26年度)上半期(4-9月)の全国企業倒産(負債額1,000万円以上)は、件数が5,049件、負債総額が9,078億2,000万円だった。は、前年同期比8.2%減。年度上半期としては6年連続で減少し、最近ではバブル時の1990年度(3,070件)に次ぐ低水準にとどまった。これは、金融機関が中小企業のリスケ要請に応

2014年10月5日内閣府フィードバック数:0社会/政治

消費税率引上げ後の消費動向等について(9月第4週)

消費税率引上げ後の消費動向等 について(9月第4週)平成26年10月3日 内閣府家電販売・スーパーの動向○主要5品目の家電販売は、9月第4週は前年比プラスとなった。 ○スーパーの売上は、9月第4週は前年比マイナスとなった。家電販売金額(家電量販店主要5品目)(税抜)100 80 60飲食料品(除く生鮮食品)販売金額(スーパー)(税抜)(前年比、%)20 (週次)(前年比 %)(週次)15 108月平均405 08月平均20‑50‑10‑20 ‑40‑15 ‑208 9 101112 1 2 3

2014年10月2日経済産業省フィードバック数:0ビジネス

消費税の転嫁状況に関する月次モニタリング調査(2014年9月書面調査)の調査

消費税の転嫁状況に関する月次モニタリング調査(9月書面調査)の調査結果を公表します 本年4月の消費税率引上げを踏まえ、経済産業省では転嫁状況を定期的にモニタリングするため、4月から転嫁状況に関する事業者へのアンケート調査を実施しております。このうち、「9月書面調査」の調査結果がまとまりましたので公表します。 1.概要 経済産業省では、本年4月の消費税率引上げを踏まえ、現在、監視・取締りを強化し、転嫁拒否の未然防止を図るとともに、違反行為への指導など迅速な是正を行っています。 この一環として、

2014年10月1日総務省★フィードバック数:0ライフスタイル

消費税増税の影響です。

統計Today No.84 家計調査結果から見た消費税率引上げ前後の消費行動

ここから本文です。統計Today No.84家計調査結果から見た消費税率引上げ前後の消費行動 〜今回の税率引上げ時は前回(平成9年)と比べて なぜ駆け込み需要が高かったのか?〜総務省統計局統計調査部消費統計課調査官 佐藤 朋彦(共同執筆者)同課審査発表係堀井 俊同課物価統計室価格調査係 齋藤 香緒里はじめに 平成26(2014)年4月に、消費税率5%から8%への引上げがされました。これに伴い、引上げ前の3月には駆け込み購入、引上げ後の4月以降はその反動による買い控えが見られるなど、家計消費の動き

2014年9月28日内閣府フィードバック数:0社会/政治

消費税率引上げ後の消費動向等について(9月第3週)

消費税率引上げ後の消費動向等について(9月第3週)

2014年9月21日内閣府フィードバック数:0社会/政治

消費税率引上げ後の消費動向等について(9月第2週)

消費税率引上げ後の消費動向等について(9月第2週)

2014年9月15日経済産業省フィードバック数:0ビジネス

消費税の転嫁状況に関する月次モニタリング調査(8月書面調査)の調査

消費税の転嫁状況に関する月次モニタリング調査(8月書面調査)の調査結果を公表します 本年4月の消費税率引上げを踏まえ、経済産業省では転嫁状況を定期的にモニタリングするため、4月から転嫁状況に関する事業者へのアンケート調査を実施しております。このうち、「8月書面調査」の調査結果がまとまりましたので公表します。 1.概要 経済産業省では、本年4月の消費税率引上げを踏まえ、現在、監視・取締りを強化し、転嫁拒否の未然防止を図るとともに、違反行為への指導など迅速な是正を行っています。この一環として、転嫁

2014/2015年度経済見通し(2014年9月)

【プレスリリース】 2014/2015年度経済見通し(2014年9月)(2次QE反映後)~景気は緩やかに持ち直すも、下振れリスクが強まる~ 2014年09月09日○2014年4~6月期の実質GDP成長率(2次速報)は前期比-1.8%(年率-7.1%)と1次速報の同-1.7%(同-6.8%)から小幅下方修正された。全体での修正は小幅にとどまったが、設備投資の下方修正の一方で、その落ち込みを在庫の増加で補う形になっており、1次速報よりも内容は悪い。在庫投資は、プラス幅が大きくなった分、調整する場合の

2014年9月9日大和総研フィードバック数:0社会/政治

第182回日本経済予測(改訂版)

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 第182回日本経済予測(改訂版)人手不足が日本経済に与える影響を検証する~①消費税増税、②人手不足、③輸出動向、④猛暑効果等を考察~ :2014年4-6月期GDP二次速報を受け、経済見通しを改訂した。改訂後の実質GDP予想は2014年度が前年度比+0.7%(前回:同+0.7%)、2015年度が同+1.5%(同:同+1.5%)である。日本経済は、2014年4-6月期に消費税増税の影響で一時的に低迷したも

2014年9月7日内閣府フィードバック数:0社会/政治

消費税率引上げ後の消費動向等について(2014年9月5日)

消費税率引上げ後の消費動向等について(2014年9月5日)

2014年8月26日内閣府フィードバック数:0社会/政治

月例経済報告(平成26年8月)

           (平成26年8月)    −景気は、緩やかな回復基調が続いており、消費税率引上げ に伴う駆け込み需要の反動も和らぎつつある。−       先行きについては、当面、消費税率引上げに伴う駆け込み需要の反動により一 部に弱さが残るものの、次第にその影響が薄れ、各種政策の効果が発現するなか で、緩やかに回復していくことが期待される。ただし、駆け込み需要の反動の長 期化や海外景気の下振れなど、我が国の景気を下押しするリスクに留意する必要 がある。          平成26年8月2

2014年8月24日内閣府フィードバック数:0社会/政治

消費税率引上げ後の消費動向等について(8月第3週)

消費税率引上げ後の消費動向等について(8月第3週)

2014年8月17日内閣府フィードバック数:0社会/政治

消費税率引上げ後の消費動向等について(8月第2週)

消費税率引上げ後の消費動向等について(8月第2週)

2014/2015年度経済見通し(2014年8月)

【プレスリリース】 2014/2015年度経済見通し(2014年8月)~景気は持ち直すも、ペースは緩やかにとどまる~ 2014年08月15日○2014年4~6月期の実質GDP成長率は前期比-1.7%(年率換算-6.8%)と駆け込み需要の反動減によって大きく落ち込み、消費税率引き上げ後、景気は厳しい状況にあることが示された。中でも個人消費が、反動減による落ち込みに加え、実質所得の減少の影響によって前期比-5.0%と急減した。また、住宅投資、設備投資、公共投資が前期比で減少した一方、需要の減少を背景

2014年8月10日内閣府フィードバック数:0社会/政治

消費税率引上げ後の消費動向等について(2014/8/8)

消費税率引上げ後の消費動向等について(2014/8/8)

2014年8月8日経済産業省フィードバック数:0ビジネス

消費税の転嫁状況に関する月次モニタリング調査(2014年7月書面調査)

消費税の転嫁状況に関する月次モニタリング調査(7月書面調査)の調査結果を公表します 本年4月の消費税率引上げを踏まえ、経済産業省では転嫁状況を定期的にモニタリングするため、4月から転嫁状況に関する事業者へのアンケート調査を実施しております。このうち、「7月書面調査」の調査結果がまとまりましたので公表します。 1.概要 経済産業省では、本年4月の消費税率引上げを踏まえ、現在、監視・取締りを強化し、転嫁拒否の未然防止を図るとともに、違反行為への指導など迅速な是正を行っています。この一環として、転嫁

2014年7月30日経済産業省フィードバック数:0社会/政治

平成26年4-6月期地域経済産業調査

「平成26年4-6月期地域経済産業調査」をまとめました 経済産業省はこのたび、各地方経済産業局(電力・ガス事業北陸支局、沖縄経済産業部を含む)が、各地域の経済動向を把握するために、四半期ごとに行っている地域経済産業調査の結果をとりまとめました。【今回の調査結果のポイント】全体の景況判断は前期から下方修正し、「消費税率引上げに伴う駆け込み需要の反動減の影響等により一部に弱い動きがみられるが、持ち直しが続いている」としました。地域別では、景況判断を近畿で上方修正し、関東、東海、中国の3地域で景況判

2014年7月27日内閣府フィードバック数:0社会/政治

消費税率引上げ後の消費動向等について(2014年7月25日)

消費税率引上げ後の消費動向等について(2014年7月25日)

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
 

お知らせ