調査のチカラ TOP > タグ一覧 > 消費税率引き上げ

「消費税率引き上げ」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2016年9月22日日本自動車工業会フィードバック数:0大型消費/投資

『2016年度自動車国内需要見通し』見直し

ニュースリリース- 2016年09月15日『2016年度自動車国内需要見通し』見直しについて一般社団法人 日本自動車工業会(会長:西川 人、以下 自工会)は、前提としていた消費税率引き上げ時期を延期するとの政府方針が示されたこと等から『2016年度自動車国内需要見通し』の見直しを行った。見直しの結果は別紙のとおり。以上

2016年6月13日帝国データバンク★フィードバック数:0社会/政治

TDB景気動向調査(全国)― 2016年5月調査―

2016/06/03TDB景気動向調査 −2016年5月調査結果−2016年6月3日、帝国データバンクでは「TDB景気動向調査」のプレスリリースを行いました。■TDB景気動向調査(全国・概要)−2016年5月調査− 消費停滞に加え、燃費不正や熊本地震が景気下押し 〜 消費税率引き上げ延期の効果に期待 〜※次回発表予定 「TDB景気動向調査2016年6月調査結果」の発表は、7月5日を予定しています。お問い合わせ先株式会社帝国データバンク 顧客サービス統括部 情報企画課107-8680 東京都港区南

鉱工業生産15年5月~内外需の不振から生産は足踏み状態に

鉱工業生産15年5月~内外需の不振から生産は足踏み状態に | ニッセイ基礎研究所 鉱工業生産15年5月~内外需の不振から生産は足踏み状態に 経済研究部 経済調査室長 斎藤 太郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら ・5月の生産は前月比▲2.2%の大幅低下・内外需の不振から生産は足踏み状態に経済産業省が6月29日に公表した鉱工業指数によると、15年5月の鉱工業生産指数

2015/2016年度経済見通し(2015年6月)

【プレスリリース】 2015/2016年度経済見通し(2015年6月)(2次QE反映後)~景気は持ち直しが続くも、そのペースは緩やかにとどまる~ 2015年06月09日○8日に発表された2015年1~3月期の実質GDP成長率(2次速報)は前期比+1.0%(年率+3.9%)と1次速報の同+0.6%(年率換算+2.4%)から、比較的大きめに上方修正された。主な修正要因は、法人企業統計調査の結果を受けて設備投資と在庫投資が上方修正されたことによるものである。設備投資は前期比+2.7%と3四半期連続で増

2015年6月12日日本政策金融公庫フィードバック数:0社会/政治

経済・金融データ集(2015年6月号)

経済・金融データ集2015年6月号  株式会社日本政策金融公庫   総合研究所【今月の注目指標】分野ページNO.図NO.データ名特徴1経済64実質GDP成長率と需要項目別寄与度の動き内閣府の「四半期別GDP速報」(2015年1-3月期)によると、実質GDP(季節調整系列、前期比)は0.6となり、2期連続でプラス成長となった。50売上・採算DIの動き日本政策金融公庫の「全国小企業月次動向調査」(2015年4月実績、5月見通し)によると、小企業の売上DI(全業種計、季節調整値)は、前回調査(▲24.

2015年6月5日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0社会/政治

企業収益好調とマイナス成長が並存する理由

企業収益好調とマイナス成長が並存する理由 基礎研REPORT(冊子版) 2015年6月号 | ニッセイ基礎研究所 シンクタンクならニッセイ基礎研究所 > 企業収益好調とマイナス成長が並存する理由企業収益好調とマイナス成長が並存する理由基礎研REPORT(冊子版) 2015年6月号 経済研究部 経済調査室長 斎藤 太郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 日本経済は消

グラフで見る関西経済(2015年5月)

2015年05月26日【今月の景気判断】関西経済は緩やかに持ち直している。生産は、14年4月の消費税率引き上げ後も大きな反動減はなく、振幅しながらも均してみれば緩やかな増加傾向にある。実質輸出は、年初から大きく振幅した後、3月は2ヶ月ぶりに増加し持ち直している。雇用環境をみると、有効求人倍率や就業者数などに持ち直しの動きがみられ、賃金は現金給与総額や所定内給与が増加を続け、持ち直している。そのような中、個人消費は、緩やかな持ち直しの動きがみられる。住宅着工は、消費税率引き上げ前の駆け込みの反動で

2015/2016年度経済見通し(2015年5月)

【プレスリリース】 2015/2016年度経済見通し(2015年5月)~景気は持ち直しが続くも、そのペースは緩やかにとどまる~ 2015年05月22日○20日に公表された2015年1~3月期の実質GDP成長率は、前期比+0.6%(年率換算+2.4%)と2四半期連続でプラスとなった。しかし、このうち、在庫の前期比寄与度が+0.5%と伸び率の大部分を占めており、在庫を除いた最終需要の動きは鈍いままである。景気は昨年夏場をボトムとして持ち直しに転じたものの、その後の勢いは力強さに欠けている。○2014

2015年5月7日日本銀行フィードバック数:0社会/政治

経済・物価情勢の展望(2015年4月、全文)

公表時間5 月 1 日(金)14 時 00 分2015年5月1日日経済・物価情勢の展望(2015年4月)本銀行本 稿 の 内 容 に つ い て 、商 用 目 的 で 転 載 ・ 複 製 を 行 う 場 合( 引 用 は含 ま れ ま せ ん )は 、予 め 日 本 銀 行 政 策 委 員 会 室 ま で ご 相 談 く だ さ い 。引用・転載・複製を行う場合は、出所を明記してください。【基本的見解】1<概要>2017 年度までの日本経済を展望すると、2015 年度から 2016 年度にかけ

2015年5月6日帝国データバンクフィードバック数:0ビジネス

2015年度の業績見通しに関する静岡県内企業の意識調査

2015/4/24特別企画 : 2015年度の業績見通しに関する静岡県内企業の意識調査企業の4社に1社が「増収増益」を見込む〜 アベノミクスへの企業の評価は100点満点中63.9点〜はじめに国内景気は、企業の設備投資意欲の改善で生産関連が堅調に推移しているほか、原油安や円安による外部環境の改善も加わり、消費税率引き上げ後の悪化傾向から脱し、上昇基調の様相をみせている。他方、人手不足による受注機会の喪失は景気拡大を抑制する懸念材料ともなっているなか、地域や業界、規模によって景気動向が業績に与える影

2015年5月1日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

今いちばん気になる統計は?

今、いちばん気になる統計は?2015年1-3月期の経済成長率に注目資料経済成長率と鉱工業生産 2014年10-12月期の経済成長率は、個人消費の持ち直しや輸出の拡大を背景に、消費税率8%への引き上げ後初のプラス成長となった。もちろん個人消費は本格回復からは程遠いものの、2四半期連続でプラスになっている。一方、これまで積み上がった在庫の調整圧力もあり、生産活動の停滞から設備投資は3四半期連続のマイナスとなっており、これが消費税率引き上げ後の景気持ち直しの足を引っ張っている。 ただ、2015年1-3

鉱工業生産15年3月~2四半期連続の増産も在庫調整圧力は残存

鉱工業生産15年3月~2四半期連続の増産も在庫調整圧力は残存 | ニッセイ基礎研究所 鉱工業生産15年3月~2四半期連続の増産も在庫調整圧力は残存 経済研究部 経済調査室長 斎藤 太郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら ・1-3月期の生産は前期比1.7%と増産ペースが加速・在庫調整圧力が残り、生産の回復ペースは緩やかにとどまる経済産業省が4月30日に公表した鉱工業

グラフで見る関西経済(2015年4月)

2015年04月23日【今月の景気判断】関西経済は緩やかに持ち直している。生産は、14年4月の消費税率引き上げ後も大きな反動減もなく、振幅しながらも均してみれば緩やかな増加傾向にある。2月の実質輸出は前月比-12.4%と3ヶ月ぶりに大幅に減少したが、1月の伸びが大きかった反動が影響している。雇用環境をみると、有効求人倍率や就業者数などに持ち直しの動きがみられ、賃金は12月の現金給与総額が10ヶ月連続で前年比増加となり、所定内給与が8ヶ月連続で増加となるなど、持ち直している。そのような中、個人消費

2015年4月13日日本銀行フィードバック数:0社会/政治

地域経済報告(さくらレポート、2015年4月)

日本銀行は、物価の安定と金融システムの安定を目的とする、日本の中央銀行です。 地域経済報告 —さくらレポート— (2015年4月) *本報告は、本日開催の支店長会議に向けて収集された情報をもとに、支店等地域経済担当部署からの報告を集約したものである。2015年4月13日 日本銀行目次I. 地域からみた景気情勢各地の景気情勢を前回(15年1月)と比較すると、6地域(北海道、東北、関東甲信越、中国、四国、九州・沖縄)で、景気の改善度合いに関する判断に変化はないとしているほか、3地域(北陸、東海、近畿

2015年4月7日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0社会/政治

2015・2016年度経済見通し

2015・2016年度経済見通し 基礎研REPORT(冊子版) 2015年4月号 | ニッセイ基礎研究所 2015・2016年度経済見通し基礎研REPORT(冊子版) 2015年4月号 経済研究部 経済調査室長 斎藤 太郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 2014年10-12月期の実質GDPは前期比0.4%(前期比年率1.5%)と3四半期ぶりのプラス成長となった

グラフで見る関西経済(2015年3月)

2015年03月25日【今月の景気判断】関西経済は緩やかに持ち直している。生産は、14年4月の消費税率引き上げ後も大きな反動減もなく、振幅しながらも均してみれば緩やかな増加傾向にある。2月の実質輸出は前月比-12.4%と3ヶ月ぶりに大幅に減少したが、1月の伸びが大きかった反動が影響しており、輸出は振幅しながらも緩やかな増加傾向にあると考えられる。雇用環境をみると、有効求人倍率や就業者数などに持ち直しの動きがみられ、賃金は11月の現金給与総額が9ヶ月連続で前年比増加となり、所定内給与が7ヶ月連続で

家計調査15年2月~個人消費は底這い圏を脱せず

家計調査15年2月~個人消費は底這い圏を脱せず | ニッセイ基礎研究所 家計調査15年2月~個人消費は底這い圏を脱せず 経済研究部 経済調査室長 斎藤 太郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら ・実質消費水準指数は3ヵ月連続で低下・実質所得の改善から15年度入り後には回復へ総務省が3月27日に公表した家計調査によると、15年2月の実質消費支出は前年比▲2.9%となっ

2015年3月22日帝国データバンクフィードバック数:0キャリアとスキル

2015年度の賃金動向に関する道内企業の意識調査

2015/3/162015年度の賃金動向に関する道内企業の意識調査賃金改善を見込む企業は45.2%〜 賃金改善の内容は、ベア36.4%・賞与21.1% 〜はじめに2014年4月の消費税率引き上げ以降、景気が低調に推移するなか、政府は政労使会議等を通じて賃金の引き上げを要請している。そのため、雇用確保とともにベースアップや賞与(一時金)の引き上げなど、賃金改善の動向はアベノミクスの行方を決定づける要素として注目されている。このようななか、帝国データバンクは、2015年度の賃金動向に関する企業の意識

2015年3月20日日本自動車工業会★★★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

市場データです。

2015年度(平成27年度)自動車国内需要見通し (参考:2015暦年自動車国内需要見通し)

I.四輪車1.四輪車総需要の動向2014年度の四輪車総需要は5,275 千台・前年度比92.7 %と見込まれる。内訳は、登録車が3,105 千台・前年度比90.5 %、軽四輪車が2,170 千台・前年度比95.9 %。年度前半の消費税率引き上げに伴い、2013年度の後半に発生した駆け込み需要の反動減により、前年水準を下回った。2015年度については、景気の緩やかな回復が見込まれるものの、軽自動車税増税に伴い2014年度の後半に発生した駆け込み需要の反動減等により、四輪車総需要は4,992 千台・

2015年3月18日EY Japanフィードバック数:0社会/政治

シリーズ:個人消費の論点(1) ~想定以上の消費の減速

シリーズ:個人消費の論点①~想定以上の消費の減速 ※ EY総合研究所は2017年6月30日をもって解散いたしました。 下記の掲載内容は公開時の情報となります。 日本経済の先行きを見通す上で、国内総生産(GDP)の約6割を占める個人消費の動向が重要だ。2014年の消費税率引き上げ後、消費の伸び悩みが経済成長の足を引っ張ってきた。しかし、15年には、その重しが外れて、個人消費の回復に向かう可能性が高い。新年度が始まるのに先立ち、本シリーズでは今後の個人消費を見通す上でのポイントを整理する。 新日本

2015/2016年度経済見通し(2015年3月)

【プレスリリース】 2015/2016年度経済見通し(2015年3月)(2次QE反映後)~景気は持ち直しが続くも、そのペースは緩やかにとどまる~ 2015年03月10日○9日に公表された2014年10~12月期の実質GDP成長率(2次速報)は、前期比+0.4%(年率換算+1.5%)と1次速報の同+0.6%(年率換算+2.2%)から下方修正された。在庫投資の寄与度が+0.2%から-0.2%に大きく下方修正されたことが主因である。設備投資も下方修正され、3四半期連続で前期比マイナスとなった。景気はす

2015年3月1日帝国データバンクフィードバック数:0キャリアとスキル

2015年度の賃金動向に関する九州企業の意識調査

2015/2/232015年度の賃金動向に関する九州企業の意識調査賃金改善を見込む企業は48.9%で過去最高〜 ベアが前年度比6.0ポイント増の38.6% 〜はじめに2014年4月の消費税率引き上げ以降、景気が低調に推移するなか、政府は政労使会議等を通じて賃金の引き上げを要請している。そのため、雇用確保とともにベースアップや賞与(一時金)の引き上げなど、賃金改善の動向はアベノミクスの行方を決定づける要素として注目されている。そこで帝国データバンク福岡支店は、2015年度の賃金動向に関する企業の意

2015年3月1日農林中金総合研究所フィードバック数:0社会/政治

今月の経済・金融情勢2015年02月23日号

2015.2.23今月の経済・金融情勢~わが国をめぐる経済・金融の現状~2015年2月農林中金総合研究所調査第二部http://www.nochuri.co.jp/publication/situation/index.html経 済 ・ 金 融米国情 勢 資 料2 0 1 5 年 2 月•1月27~28日の米連邦公開市場委員会(FOMC)では、政策金利(0~0.25%)の現状維持を決定し、政策の正常化に向けて「忍耐強く」対応するとの姿勢も維持した。なお、「相当な期間維持する」との文言は削除され

2015年3月1日帝国データバンクフィードバック数:0キャリアとスキル

2015年度の賃金動向に関する静岡県内企業の意識調査

2015/2/202015年度の賃金動向に関する静岡県内企業の意識調査賃金改善を見込む企業は50.0%で前年度比増加〜 「ベースアップ」による賃金改善が上昇 〜はじめに2014年4月の消費税率引き上げ以降、景気が低調に推移するなか、政府は政労使会議等を通じて賃金の引き上げを要請している。そのため、雇用確保とともにベースアップや賞与(一時金)の引き上げなど、賃金改善の動向はアベノミクスの行方を決定づける要素として注目されている。このようななか、帝国データバンクは、2015年度の賃金動向に関する企業

グラフで見る関西経済(2015年2月)

2015年02月25日【今月の景気判断】関西経済は緩やかに持ち直している。生産は、4月の消費税率引き上げ後も大きな反動減もなく、振幅しながらも、均してみれば緩やかな増加傾向にある。輸出は増加している。1月の実質輸出は前月比+8.3%と2ヶ月連続で増加し、過去最高の水準となった。雇用環境をみると、失業率、有効求人倍率などに持ち直しの動きがみられ、賃金は現金給与総額が9ヶ月連続で前年比増加となり、所定内給与が7ヶ月連続で増加となるなど、持ち直している。そのような中、個人消費は、駆け込み需要の反動減が

家計調査15年1月~個人消費の持ち直しは依然として緩慢

家計調査15年1月~個人消費の持ち直しは依然として緩慢 | ニッセイ基礎研究所 家計調査15年1月~個人消費の持ち直しは依然として緩慢 経済研究部 経済調査室長 斎藤 太郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら ・実質消費支出は減少幅が拡大・先行きは実質所得の増加が個人消費の回復を後押し総務省が2月27日に公表した家計調査によると、15年1月の実質消費支出は前年比▲5

2015年2月24日電通★★フィードバック数:0マーケティング

2014年分が発表になりました。

2014年 日本の広告費

グローバルネットワーク電通の国内外のネットワークをご紹介します。 ニュース株式会社電通が発信する最新のニュースリリースやトピックスなどをご覧いただけます。 採用情報株式会社電通および電通グループの採用情報のご案内です。 「2014年 日本の広告費」は6兆1,522億円、前年比102.9%2015年2月24日「2014年 日本の広告費」は6兆1,522億円、前年比102.9%株式会社電通(本社:東京都港区、社長:石井 直)は2月24日、わが国の総広告費と、媒体別・業種別広告費を推定し

2015/2016年度経済見通し(2015年2月)

【プレスリリース】 2015/2016年度経済見通し(2015年2月)~景気は持ち直しが続くも、そのペースは緩やかにとどまる~ 2015年02月18日○16日に公表された2014年10~12月期の実質GDP成長率は、前期比+0.6%(年率換算+2.2%)と3四半期ぶりにプラスに転じた。ただし、民需の伸びが小幅にとどまるなど、景気は持ち直しに転じた後も、その勢いは力強さに欠けている。年度末にかけても景気持ち直しが続くと予想されるが、上期の落ち込みが大きいため、2014年度全体の実質GDP成長率は前

2015年2月16日帝国データバンク★フィードバック数:0キャリアとスキル

TDBの調査です。

2015年度の賃金動向に関する企業の意識調査

2015/2/162015年度の賃金動向に関する企業の意識調査賃金改善を見込む企業は48.3%で過去最高 〜 給与・賞与は総額3.2兆円増加すると試算 〜はじめに2014年4月の消費税率引き上げ以降、景気が低調に推移するなか、政府は政労使会議等を通じて賃金の引き上げを要請している。そのため、雇用確保とともにベースアップや賞与(一時金)の引き上げなど、賃金改善の動向はアベノミクスの行方を決定づける要素として注目されている。 このようななか、帝国データバンクは、2015年度の賃金動向に関する企業の意

2015年2月4日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0社会/政治

日銀の追加緩和、消費増税先送りの物価連動国債、BEIへの影響

日銀の追加緩和、消費増税先送りの物価連動国債、BEIへの影響 | ニッセイ基礎研究所 日銀の追加緩和、消費増税先送りの物価連動国債、BEIへの影響 新美 隆宏基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 消費税率引き上げ後の景気後退や原油価格の大幅な下落など、消費者物価を取り巻く環境は変わった。これに対し、日銀は追加の金融緩和を決定し、政府は今年10月に予定していた消費税率

グラフで見る関西経済(2015年1月)

2015年01月22日【今月の景気判断】関西経済は緩やかに持ち直している。生産は、4月の消費税率引き上げ後も大きな反動減もなく、振幅しながらも増加傾向にあるが、11月は大きく減少した。輸出は月次の振幅はあるものの、均して見ると緩やかに持ち直している。雇用環境をみると、失業率、有効求人倍率などは横ばい圏で推移しているが、賃金は現金給与総額が8ヶ月連続で前年比増加となり、所定内給与が小幅ながら6ヶ月連続で増加となるなど、持ち直している。そのような中、個人消費は、駆け込み需要の反動減が一巡し、緩やかな

2015年1月18日帝国データバンクフィードバック数:0ビジネス

消費税増税後の仕入・販売単価に関する東北6県企業の動向調査

2015/1/15消費税増税後の仕入・販売単価に関する東北6県企業の動向調査仕入単価は3.9%上昇、小規模企業ほど収益環境は悪化〜 『小売』は7割近くで経常利益が「減少」 〜はじめに2013年4月に始まった日本銀行による“異次元”の量的・質的金融緩和政策で円安が進み、原材料などの輸入価格が上昇している。また、人手不足による人件費の上昇や2014年4月の消費税率8%への引き上げなど、企業は多くのコストアップ要因に直面している。さらに、消費税率引き上げ後の反動で落ち込んだ消費の回復も遅れており、企業

2015年1月15日日本銀行フィードバック数:0社会/政治

地域経済報告(さくらレポート、2015年1月)

日本銀行は、物価の安定と金融システムの安定を目的とする、日本の中央銀行です。 地域経済報告 —さくらレポート— (2015年1月) *本報告は、本日開催の支店長会議に向けて収集された情報をもとに、支店等地域経済担当部署からの報告を集約したものである。2015年1月15日 日本銀行目次I. 地域からみた景気情勢各地の景気情勢を前回(14年10月)と比較すると、北海道から、公共投資の減少など一部に弱めの動きがみられるとして判断を引き下げる報告があったものの、残り8地域では、景気の改善度合いに関する基

2015年1月9日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0社会/政治

2014~2016年度経済見通し

2014~2016年度経済見通し | ニッセイ基礎研究所 2014~2016年度経済見通し 経済研究部 経済調査室長 斎藤 太郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 安倍政権発足以降、順調な景気回復を続けてきた日本経済は、2014年4月に実施された消費税率引き上げをきっかけとして急速に落ち込んだ。実質GDPは2014年4-6月期の前期比年率▲6.7%に続き7-9月期

2014~2016年度 東海経済見通し

2014年12月25日○東海経済は消費税率引き上げ前の駆け込み需要の反動による落ち込みの後、再び回復に向かおうとしている。景気動向指数の動きをみると年初をピークに下落傾向で推移してきたが、足下で持ち直しの動きがみられる。また、各種経済指標の動きをみると、個人消費や住宅投資は、消費増税の影響もあって、依然低い水準で推移しているが、生産など企業部門の活動には、持ち直しの動きがみられる。設備投資は、全国と比べて強めの動きとなっている。○14年度の東海の実質域内総生産(GRP)は、消費税率引き上げ前の駆

グラフで見る関西経済(2014年12月)

2014年12月26日【今月の景気判断】関西経済は緩やかに持ち直している。生産は、4月の消費税率引き上げ後も高水準で推移してきた後、8月に減少、年初の水準を下回ったが、その後再び増加している。輸出は月次の振幅はあるものの、均して見ると緩やかに持ち直している。雇用環境をみると、失業率、有効求人倍率などは横ばい圏で推移しているが、賃金は現金給与総額が7ヶ月連続で前年比増加となり、所定内給与が小幅ながら5ヶ月連続で増加となるなど、持ち直している。そのような中、個人消費は、駆け込み需要の反動減が一巡した

消費者物価(全国14年11月)~コアCPI上昇率は15年度入り後に0%台前半へ

消費者物価(全国14年11月)~コアCPI上昇率は15年度入り後に0%台前半へ | ニッセイ基礎研究所 消費者物価(全国14年11月)~コアCPI上昇率は15年度入り後に0%台前半へ 経済研究部 経済調査室長 斎藤 太郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら ・コアCPI上昇率(消費税の影響を除く)は2ヵ月連続の1%割れ・コアCPI上昇率は15年度入り後には0%台前半

2014~2016年度 関西経済見通し

【プレスリリース】 2014~2016年度 関西経済見通し~14年度の落ち込みの後、再び緩やかな回復へ~ 2014年12月19日○関西経済は、消費税率引き上げ前の駆け込み需要の反動による落ち込みの後、再び緩やかな回復に向かおうとしている。景気動向指数の動きをみると年初をピークに下落傾向で推移してきたが、足下で持ち直しの動きがみられる。また、各種経済指標の動きをみると、個人消費や住宅投資は、消費増税の影響もあって、依然弱い動きが目立つ状況であるが、輸出や生産など企業部門の活動は、持ち直しの動きが続

2014/2015年度経済見通し(2014年12月)

【プレスリリース】 2014/2015年度経済見通し(2014年12月)(2次QE反映後)~景気は底打ち後、緩やかな回復ペースに転じる~ 2014年12月09日○8日に発表された2014年7~9月期の実質GDP成長率(2次速報)は前期比-0.5%(年率-1.9%)と1次速報の同-0.4%(年率換算-1.6%)から下方修正された。修正幅は小さく、消費税率引き上げ後の落ち込みに歯止めがかからず、7~9月期までは景気は弱含んだ状態にあったとの評価に変更はない。消費税率引き上げ後の反動減の影響が長引いて

2014年12月10日大和総研フィードバック数:0社会/政治

消費税増税等の家計への影響試算(再増税先送り反映版)

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 消費税増税等の家計への影響試算(再増税先送り反映版)2011年から2018年までの家計の実質可処分所得の推移を試算 ◆安倍首相の消費税再増税先送りの発表を受けて、2013年12月に発表した「消費増税等の家計への影響試算」を改訂した。◆消費税率の10%への引き上げ時期が2015年10月から2017年4月に先送りされることで、2016年の家計の実質可処分所得は上方修正されるが、2015年においては大きく変

2014年7~9月期のGDP(2次速報)予測

12月8日公表予定の2014年7~9月期の実質GDP成長率(2次速報値)は、1次速報値から若干上方修正され前期比-0.3%となる見込みである(年率換算値では-1.6%から-1.2%に修正される見込み)。2四半期連続でのマイナス成長の状況に変化はなく、消費税率引き上げ後、景気が弱含んだ状態が続いていたことを確認する結果となろう。需要項目別の内訳をみると、7~9月期の法人企業統計の結果を受けて、設備投資が2次速報値の前期比-0.2%から同+0.6%に上方修正される一方で、公共投資は、9月の建設総合統

グラフで見る関西経済(2014年11月)

2014年11月27日【今月の景気判断】関西経済は持ち直しが一服している。生産は、4月の消費税率引き上げ後も高水準で推移してきた後、8月に減少、年初の水準を下回ったが、9月に再び増加した。輸出は月次の振幅はあるものの、均して見ると緩やかに持ち直している。雇用環境をみると、失業率、有効求人倍率などは横ばい圏で推移しているが、賃金は現金給与総額が6ヶ月連続で前年比増加となり、所定内給与が小幅ながら4ヶ月連続で増加となるなど、持ち直している。そのような中、個人消費は、駆け込み需要の反動減からは回復して

2014年7~9月期GDP(1次速報)の結果

本日公表された2014年7~9月期の実質GDP成長率は、前期比-0.4%(年率換算-1.6%)と2四半期連続でマイナスとなった。消費税率引き上げ後の落ち込みに歯止めがかかっておらず、景気は弱含んだままの状態にある。個人消費は、4~6月期に駆け込み需要の反動減で同-5.0%と大きく落ち込んだ後、7~9月期は同+0.4%と小幅の伸びにとどまった。消費税率引き上げ後の反動減の動きが長引いているほか、実質所得の減少が家計の購買力を落ち込ませ、消費意欲も減退させた可能性が高い。住宅投資も、反動減によって住

2014/2015年度経済見通し(2014年11月)

【プレスリリース】 2014/2015年度経済見通し(2014年11月)~景気は底打ち後も、緩慢な回復ペースにとどまる~ 2014年11月19日○17日に公表された2014年7~9月期の実質GDP成長率は、前期比-0.4%(年率換算-1.6%)と2四半期連続でマイナスとなった。消費税率引き上げ後も落ち込みに歯止めがかかっておらず、景気は弱含んだままの状態にある。消費税率引き上げ後の反動減の影響が長引いているほか、実質所得の減少が家計の購買力を落ち込ませており、個人消費は増加に転じたが伸びは弱い。

解散・総選挙は改革への期待回復の契機となるか

楽しく、楽に読めるマーケットで話題のトピック(不定期) 2014年11月19日解散・総選挙は改革への期待回復の契機となるか 日本のGDPは、消費税率引き上げに伴なう駆け込み需要の反動減などの影響で4-6月期に前期比年率7.3%もの大幅減となったのに続き、7-9月期も17日発表の速報値で1.6%減と、2四半期連続のマイナス成長となりました。このように、経済が成長軌道に戻っていない状況下、来年10月に消費税率再引き上げ(8%→10%)を予定どおり実施すれば、デフレ脱却が遠のくリスクがあるとして、安

2014~2016年度経済見通し(14年11月)

2014~2016年度経済見通し(14年11月) | ニッセイ基礎研究所 2014~2016年度経済見通し(14年11月) 経済研究部 経済調査室長 斎藤 太郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら <実質成長率:2014年度▲0.6%、2015年度1.5%、2016年度1.8%を予想> 2014年7-9月期の実質GDPは前期比年率▲1.6%と2四半期連続のマイナス成

本日の日本株式市場の下落について

楽しく、楽に読めるマーケットで話題のトピック(不定期) 2014年11月17日17日の日本株式市場は、日経平均株価が前日比517円(2.96%)安の16,973円と、大きく下落しました。朝方発表された日本の7~9月期の実質GDPが、プラスの市場予想に反して前期比0.4%減、年率1.6%減となったことから、消費税率引き上げ後の景気回復が鈍いことが嫌気されました。それに加えて、円相場が1米ドル=115円台まで上昇したことも影響しました。今回の実質GDPは、設備投資および個人消費の回復の鈍さが続いてい

けいざい早わかり 2014年度第11号:追加緩和に踏み切った日本銀行の金融政策

Q1.円どうして日本銀行は追加緩和を行ったのですか? Q2.追加緩和により政策運営はどのように変わるのですか? Q3.追加緩和により物価が上昇するのでしょうか? Q4.今後も追加緩和が行われる可能性はありますか? Q5.追加緩和は消費税率引き上げ判断に影響しますか?

2014年11月16日日本銀行フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

九州・沖縄の生産動向~横ばい圏内からの脱却に向けて~

2014 年 11 月 13 日日本銀行福岡支店Bank of Japan Fukuoka Branch金融経済トピックス九州・沖縄の生産動向~ 横ばい圏内からの脱却に向けて ~当資料は当店ホームページに掲載しています<内容に関するお問い合わせ先>http://www3.boj.or.jp/fukuoka/日本銀行福岡支店営業課 Tel:092-725-5513(はじめに)九州・沖縄(以下、当地)の生産の動きをみると、昨年半ばから持ち直しの動きが続いてきたが、本年入り後、概ね横ばい圏内の動きとな

2014年11月2日日本銀行フィードバック数:0社会/政治

経済・物価情勢の展望(2014年10月、全文)

公表時間11 月 1 日(土)14 時 00 分2014年11月1日日経済・物価情勢の展望(2014年10月)本銀行本 稿 の 内 容 に つ い て 、商 用 目 的 で 転 載 ・ 複 製 を 行 う 場 合( 引 用 は含 ま れ ま せ ん )は 、予 め 日 本 銀 行 政 策 委 員 会 室 ま で ご 相 談 く だ さ い 。引用・転載・複製を行う場合は、出所を明記してください。【基本的見解】1<概要>2014 年度から 2016 年度までの日本経済を展望すると、消費税率引き上

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
 

お知らせ