「消費統計」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2016年8月4日農林水産省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

製材統計(平成28年6月分)

平成28年7月25日公表製材統計(平成28年6月分)製材用素材の入荷量は、前年同月に比べ2.3%増加  製材品の出荷量は、前年同月に比べ3.7%増加 【調査結果の概要】 1 製材用素材の入荷量は141万4千㎥となり、前年同月に比べ2.3%増加した。   うち国産材は103万3千㎥となり、前年同月に比べ3.1%増加した。 2 製材用素材の在庫量は346万4千㎥となり、前年同月に比べ0.1%増加した。(対前月比 0.8%減少)した。 3 製材品の出荷量は80万4千㎥となり、前年同月に比べ3.7%増加

2015年3月11日経済産業研究所フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

2013年度改訂版「総合エネルギー統計」の開発について

2013年度改訂版「総合エネルギー統計」の開発について概要経済産業省資源エネルギー庁が策定する「総合エネルギー統計」は、現在2005年度に筆者が開発したシステムを用いて算定されており、エネルギー・環境政策の基礎的統計として用いられているが、特に東日本大震災後のエネルギー需給環境の変化を受け部分的な精度低下が顕著化するなど改修が必要な状況となっている。一方、2005年度から開始されたエネルギー消費統計は、第三次産業などのエネルギー消費構造を精緻に把握すべく開始された大規模な一般統計調査であるものの

2014年10月28日総務省★フィードバック数:0社会/政治

実際のデータを使ってポイント解説をしています。

家計収支の動向を的確に把握するために~家計調査の結果を関連統計と比較する際のポイント~

ここから本文です。統計Today No.86家計収支の動向を的確に把握するために 〜家計調査の結果を関連統計と比較する際のポイント〜総務省統計局統計調査部消費統計課調査官 佐藤 朋彦 (共同執筆者)同課審査発表係廣田 恵美概要2014(平成26)年4月に消費税率が引き上げられて以降、消費とそれを支える所得の動きを示す統計が注目されており、特に家計調査の結果が取り上げられることが多い。この家計調査の結果を商業動態統計調査の「小売業販売額」及び毎月勤労統計調査の「現金給与総額」と比較する際には、以下

2014年10月16日電力中央研究所★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

電力需要についてのレポートです。

産業用・業務用電力需要の動向把握 「都道府県別エネルギー消費統計」を用いた予備的考察

産業用・業務用電力需要の動向把握 「都道府県別エネルギー消費統計」を用いた予備的考察 要約 従来使用されてきた「電気事業便覧(電力統計情報)」のデータでは,2000年の電力自由化以降,契約電力が一定規模以上の需要家の電力需要が「特定規模需要」として一括計上されており,それゆえ,産業部門と業務部門の電力需要を分割し,経済分析を行うことが困難となってきた。そこで,本稿では近年新たに整備された「都道府県別エネルギー消費統計」のデータを10地域別に集計し,産業部門と業務部門における電力需要の経済分析を行

2013年6月3日大和総研フィードバック数:0社会/政治

2013年4月消費統計

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 4月消費統計増加基調のなかで一時的に減少 ◆2013年4月の家計調査によると、実質消費支出は前年比+1.5%と4ヶ月連続のプラスとなった。季節調整値で見ると前月比▲4.6%と4ヶ月ぶりの減少、振れの大きい住居や自動車などを除いた実質消費支出(除く住居等)で見ると、同▲2.4%と2ヶ月連続の減少となった。ただし、落ち込みの要因は天候などの一時的なものであるとみられること、新車販売台数は増加が続いているこ

2013年4月29日農林水産省★フィードバック数:0ライフスタイル

漁業の市場データです。

平成24年漁業・養殖業生産統計

海面漁業生産統計調査調査の概要調査の結果第1報(年計結果(統計表一覧)) 平成28年確報(統計表一覧)漁業・養殖業生産統計市町村別データ長期累年 お問い合わせ先大臣官房統計部生産流通消費統計課担当者:漁業生産統計班代表:03-3502-8111(内線3687)ダイヤルイン:03-3502-8094

2012年8月22日総務省★フィードバック数:17大型消費/投資

電子マネーと所有と利用についてのデータです。

電子マネーの利用状況

ここから本文です。平成24年8月20日総務省統計トピックスNo.62電子マネーの利用状況−「家計消費状況調査」の結果から− 家計消費状況調査は、ICT関連の消費や購入頻度が少ない高額商品・サービスなどの消費の実態を安定的に捉えることを目的として、毎月実施しています。今回は、二人以上の世帯における電子マネーの利用状況について、平成23年の結果から取りまとめました。要約電子マネーを持っている世帯員がいる世帯の割合は、電子マネーの調査を開始した平成20年以降、毎年上昇。電子マネーの利用回数が最も多かっ

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
 

お知らせ