「消費者」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2017年11月23日大和総研★★フィードバック数:0マーケティング

拡大するネット消費の盲点とは?

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 拡大するネット消費の盲点とは?項目別では食料に期待、ただし共働きでも増えない世帯収入がネック ◆インターネットの普及により、ネットショッピング市場が急速に拡大している。本稿では、ネット消費の成長が期待される分野として、生鮮食品などの食料分野に注目する理由を示す。一方、ネット消費拡大の追い風と考えられている共働き世帯の増加だが、現実には共働き世帯が多い地域ほど、ネット消費の割合が低いという現象が見られる

2017年11月9日OTOGINOフィードバック数:0ライフスタイル

炭酸水のニーズに関する調査を発表 -重視するポイントとして「炭酸の強さ」が上位にあがる-

[] 株式会社OTOGINO(オトギノ:代表取締役社長 鬼武公洋 本社 大分県日田市北友田 2 丁目 2123 番地 1)は、消費者の炭酸水のニーズ高まっていることより、需要動向を把握することを目的に「消費者の炭酸水に関する意識調査」を行いました。調査時期 2017年9月25日~30日調査対象 インターネットパネル 20才以上の男女 全国2407名炭酸水を飲むきっかけとして、1位が「炭酸水が好きだから」、2位が「炭酸水が美容・健康によいと聞いた」です。炭酸水が好きで飲む人だけでなく、炭酸水ダイエ

2017年10月29日アドビ システムズフィードバック数:0大型消費/投資

銀行のサービスに利用者は何を期待するのか?

Blog Post:~銀行選択は金利よりオンラインサービス重視の時代へ~ 最新のAdobe Digital Survey 消費者動向調査「銀行のサービスに利用者は何を期待するのか?」によると、消費者は銀行に対してより良いデジタル顧客体験を求めていることが分かりました。また、デジタル世代が求める銀行像が判明しました。調査結果のハイライト 銀行にとってオンラインサービスの充実は喫緊の課題 銀行を乗り換えた経験者に対して、その理由を聴取した結果、金利と同じくらいオンラインサービスの充実を重要視していま

疑い深い日本人!? 3人に2人は、オンライン上のブランドとの関わりに不信感

疑い深い日本人!? 3人に2人は、オンライン上のブランドとの関わりに不信感 /「Connected Life(コネクテッド・ライフ)2017」最新版レポート公開2017年10月16日 広報室 ブランドに対する信頼度は、先進国と新興国で二分化の傾向~世界のデジタル消費・利用動向調査「Connected Life(コネクテッド・ライフ)2017」最新版~株式会社カンター・ジャパンは、KANTAR TNSが毎年実施している世界56か国、計7万人の消費者を対象に実施したモバイル・タブレットなどのデジタル

PB(プライベートブランド) に関するアンケート

進化し続けるPB “低価格”から“味・品質・価値”重視へ ~「PB(プライベートブランド)に関するアンケート結果報告」~ 節約志向の高まりから、今年に入って相次いだPB値下げのニュース。消費者は今PBをどのようにとらえているのでしょうか? フィールド・クラウドソーシング事業を展開するソフトブレーン・フィールド株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:木名瀬博)は、「レシーポ」()および、株式会社クレディセゾンと共同事業で運営する「レシートで貯める」()の、「購買理由データ」(以下会員)アンケー

2017年10月20日アドビ システムズ★★フィードバック数:0マーケティング

Adobe Digital Insights: コンテンツ消費に変革をもたらしている4つのトレンド

Blog Post:本ブログのポイント大多数の消費者がアプリケーション内ではなくメディア&エンターテインメント業界の企業サイトでメディアコンテンツを消費している全体的に、メディア&エンターテインメント業界の企業サイトへのトラフィックは、タブレットで前年比20%減、デスクトップPCで同14%減将来的には、35歳未満の35%が、今後2年間にニュースコンテンツを視聴するためにソーシャルメディアの使用が増えると思うと回答新しいテクノロジーがもたらしたコンテンツ消費行動における変化を、メディア&エンターテ

ピツニーボウズ、小包の発送に関する調査結果を発表 2014年以降、世界の小包の取扱量が48%増加したことが明らかに

すべてのプレスリリース 2017年10月16日 ピツニーボウズ、小包の発送に関する調査結果を発表2014年以降、世界の小包の取扱量が48%増加したことが明らかに ピツニーボウズ、小包の発送に関する調査結果を発表 2014年以降、世界の小包の取扱量が48%増加したことが明らかに日本は中国、米国に次ぐ世界第3位の市場 2017年10月16日商取引を活性化させる革新的な製品とソリューションを提供するグローバル・テクノロジー・カンパニーのピツニーボウズは、過去2年間で世界の小包の取扱量が48%増

2017年10月17日経済産業省フィードバック数:0社会/政治

消費税の転嫁状況に関するモニタリング調査(8月調査)

消費税の転嫁状況に関するモニタリング調査(8月調査)の調査結果を公表します 経済産業省では、平成26年4月の消費税率引上げを踏まえ、転嫁状況を定期的にモニタリングするため、転嫁状況に関する事業者へのアンケート調査(モニタリング調査)を平成26年4月から実施しています。今般、平成29年「8月調査」の調査結果を取りまとめましたので公表します。調査結果は、「全て転嫁できている」と回答した事業者が、事業者間取引では89.4%、消費者向け取引では78.7%、「全く転嫁できていない」と回答した事業者が、事

2017年9月19日Foods R&D★フィードバック数:0デジタル家電

受賞シンボル・マークは消費者の購買意欲を高める!?  ~購入の決め手と受賞シンボル・マークの影響に関する調査~

受賞シンボル・マークは消費者の購買意欲を高める!? ~購入の...| TOP > プレスリリース一覧 > 受賞シンボル・マークは消費者の購買意欲を高める!?~購入の決め手と受賞シン...受賞シンボル・マークは消費者の購買意欲を高める!?~購入の決め手と受賞シンボル・マークの影響に関する調査~ 株式会社Foods R&D(本社:東京都豊島区、代表取締役:安達 成明)は、食品や飲料の買い物を週1回以上している方を対象に「食品飲料の買い物に関するアンケート」に関する調査を2017年8月30日に実

2017年9月8日日本テトラパックフィードバック数:0マーケティング

テトラパック・インデックス第10号:デジタル社会におけるブランドの成功にはネット世代の消費者『スーパー・リーダー』との交流拡大が重要

​~テトラパック、調査結果『テトラパック・インデックス第10号』を発表~デジタル社会におけるブランドの成功には ネット世代の消費者『スーパー・リーダー』との交流拡大が重要食品の加工処理機器及び紙容器の充填包装システムの世界的なリーディング・カンパニーであるテトラパック・グループ(本社:スイス、社長兼CEO:デニス・ヨンソン、以下テトラパック)は、デジタル社会でブランド成功のカギを握る、影響力のある​ネット世代の消費者『スーパー・リーダー』に関する、最新の調査結果『テトラパック・インデックス第10

2017年8月8日経済産業省フィードバック数:0社会/政治

消費税の転嫁状況に関するモニタリング調査(6月調査)

消費税の転嫁状況に関するモニタリング調査(6月調査)の調査結果を公表します 経済産業省では、平成26年4月の消費税率引上げを踏まえ、転嫁状況を定期的にモニタリングするため、転嫁状況に関する事業者へのアンケート調査(モニタリング調査)を平成26年4月から実施しています。今般、平成29年「6月調査」の調査結果を取りまとめましたので公表します。調査結果は、「全て転嫁できている」と回答した事業者が、事業者間取引では88.9%、消費者向け取引では78.4%、「全く転嫁できていない」と回答した事業者が、事

2017年7月11日経済産業省フィードバック数:0社会/政治

消費税の転嫁状況に関するモニタリング調査(5月調査)

消費税の転嫁状況に関するモニタリング調査(5月調査)の調査結果を公表します 経済産業省では、平成26年4月の消費税率引上げを踏まえ、転嫁状況を定期的にモニタリングするため、転嫁状況に関する事業者へのアンケート調査(モニタリング調査)を平成26年4月から実施しています。今般、平成29年「5月調査」の調査結果を取りまとめましたので公表します。調査結果は、「全て転嫁できている」と回答した事業者が、事業者間取引では88.6%、消費者向け取引では77.7%、「全く転嫁できていない」と回答した事業者が、事

2017年7月9日App Annie★★フィードバック数:0モバイル

消費者のアプリ利用状況 Part2

消費者のアプリ利用状況 Part2

2017年6月9日カンター・ジャパン★フィードバック数:0マーケティング

大手テクノロジーブランドがトップ5を独占。最も価値のある日本ブランドは、トヨタ

大手テクノロジーブランドがトップ5を独占。最も価値のある日本ブランドは、トヨタ。2017年6月8日 広報室 KANTAR JAPANは、世界最大の広告会社WPPの子会社です。WPPグループは、今年で12年目となる2017年の世界のブランド価値ランキング(『BrandZ™ Top 100 Most Valuable Global Brands Ranking (最も価値のあるグローバルブランド トップ100ランキング)』)を発表いたしました。このブランド価値の算出は、カンター・ミルウォード・ブラウ

2017年6月4日GfK★フィードバック数:0マーケティング

GfKグローバル意識調査:「お金vs時間」、「所有vs体験」 - グローバルの消費者は、時間と体験をより重視

GfKグローバル意識調査:「お金vs時間」、「所有vs体験」 - グローバルの消費者は、時間と体験をより重視  GfKは17カ国、22,000名のインターネットユーザーに、「時間」と「お金」、および「所有」と「体験」のどちらを重視しているか調査し、その結果を発表しました。 【概要】・グローバルでは、お金より時間を重視する人は31%、お金を重視する人の3倍超に。・所有することより体験することを重視する人は44%、所有することを重視する人の11倍に。  世界17カ国の22,000名に「お金があ

2017年5月31日GfK★★フィードバック数:0マーケティング

「広告・宣伝が消費者に与える影響」 - デジタルキャンペーンは従来の広告手法と同じくらい重要に

「広告・宣伝が消費者に与える影響」 - デジタルキャンペーンは従来の広告手法と同じくらい重要に 世界の2万人の消費者に広告・宣伝がどのくらい購入の意思決定に影響を与えているか調査しました。購入にあたり、テレビや紙媒体の広告の影響を受けたと回答した人は31%、そして、デジタルメディアの広告に影響を受けたと回答した人も29%に上りました。アーリーアダプターやインフルエンサーと呼ばれる消費者では、既に従来型広告とデジタル広告の影響度は等しいという結果も見られました。 こうした中、広告主が、広告や

2017年5月28日J.D. Powerフィードバック数:0企業情報システム

2017年米国テック・チョイス・スタディ

このサイトはCookieを使用しています。サイトを引き続きご覧になる場合はCookieの使用を許可して下さい。詳しくは“Cookie ポリシー”をご覧下さいX ハンドルからの解放は現実的?―自動運転車のテクノロジーに依然として不安を感じる消費者 その一方で、全年齢層のユーザーが運転アシスト機能を受け入れていることが、J.D. パワーの調査で明らかに J.D. パワー報道用資料:※本報道資料は、日本時間4月19日午前2時30分に米国で発表された資料を翻訳したものです。(日本発

2017年5月5日シャボン玉石けんフィードバック数:0ライフスタイル

無添加の石けん・洗剤に関する意識調査

無添加=安心・安全とは限らない!?無添加商品を購入したいが、...| メディアで多数の記事になった注目のプレスリリース 無添加=安心・安全とは限らない!? 無添加商品を購入したいが、 「無添加」の表示基準を知らない人は7割弱シャボン玉石けん株式会社(福岡県北九州市/代表取締役社長:森田隼人)は、春の新生活が始まり、初めてお店で商品を選ぶことになる人も多いこの時期に合わせ、20代から60代の女性を対象にして「無添加の石けん・洗剤に関する意識調査」を行いました。(WEB調査、調査期間:20

2017年4月20日ニールセン★★フィードバック数:0マーケティング

グローバル・コネクテッドコマース調査

本調査は、進化するデジタル購入経路に影響を与える根本的要因を把握する目的で実施しました。生鮮食料品とその他の消費財のオンライン購入に関連する問題点や障害を考察し、それらの障害の克服を助けるアクティベーション戦略を特定。さらに消費者が現在店舗で利用しているデジタルテクノロジーと将来的に期待できるデジタルテクノロジーについても見解を示しています。また、今後のコネクテッドコマースの発展を促進する、最大の変革をもたらす傾向についても概要を示します。主なファインディングスオンラインとオフラインを行き来する

2017年4月11日アドビ システムズ★★フィードバック数:0マーケティング

Adobe Digital Insights: ブランド企業は、消費者に提供する「体験」を向上させていると考えているが、消費者はそう感じていないことが明らかに

Blog Post:今日のマーケティングは、かつての「数撃てば当たる」方式から大きく進歩したとはいえ、ブランド企業の多くはいまだに有意義な広告体験を消費者に提供できていないようです。 アドビが消費者1,000人とデジタルマーケター300人に対して実施したAdobe Digital Insights(ADI)調査によると、広告の効果に関する認識において、消費者とブランド企業の間には隔たりがあることが明らかになりました。ブランド企業の58%が、消費者に役立つ広告を提供する能力が向上していると考えてい

2017年3月8日Juniper Networks★フィードバック数:0マーケティング

消費者と企業が「デジタルコヒージョン」のメリットを認識していることが明らかに

提案をオンにする自動提案では、入力時に可能な一致が提案されるので検索結果を素早く絞り込むことができます。 近年、デジタル変革やデジタルディスラプションという言葉をよく耳にしますが、その先にある「デジタルコヒージョン」についてはご存知ですか?デジタルコヒージョンとは、予測的かつ自動化されたネットワークベースのメガサービスが、ユーザーの行動パターンに適応する時代を意味しており、より優れた意思決定や豊かな生活を人々や企業にもたらすものです。例えば、デバイスを通してあなたの健康状態に適したカロ

2017年3月1日メンバーズ★フィードバック数:0マーケティング

第1回「エンゲージメント・サーベイ」

ホームメンバーズについてニュースリリース(2017年)消費者の購買志向を調査する第1回「エンゲージメント・サーベイ」実施~Webサイト上で企業のビジョン・価値観や本業による社会的課題への解決姿勢(CSV)を発信することは、消費者の継続利用や他者への推奨意向に繋がることが明らかに~ 消費者の購買志向を調査する第1回「エンゲージメント・サーベイ」実施 ~Webサイト上で企業のビジョン・価値観や本業による社会的課題への解決姿勢(CSV)を発信することは、消費者の継続利用や他者への推奨意向に繋がること

2017年2月28日アクセンチュアフィードバック数:0マーケティング海外

Global Distribution & Marketing Consumer research

Skip to main content Skip to Footerアクセンチュア株式会社2017年2月23日アクセンチュア最新調査――世界の消費者の10人に7人が、銀行・保険サービスや退職後プラン検討時のロボアドバイザー利用に肯定的 ロボアドバイザーの浸透とともに、金融サービス業界には、人的サービスとロボアドバイザーの最適なバランスでの融合が求められるアクセンチュア(NYSE:ACN)の最新調査によると、世界の消費者の10人に7人が、銀行・保険サービスや退職後プランについて決断する際、ロボア

2016年12月28日ニールセン★フィードバック数:0マーケティング

グローバル・プレミアム化調査

プレミアムセグメントは力強い成長を続け、多くの市場でカテゴリ全体の売上を上回る。消費者の購買力と消費が世界中で上昇するとともに、継続的な成長の可能性は高くなっている。消費者の高級志向は高額商品だけに留まることなく、日用品でもプレミアム商品が選ばれている。パーソナルケア、美容、ホームケア、そして各種食品・飲料のカテゴリも、世界中の多くの市場で力強い成長を見せている。プレミアム商品の特徴として最も回答が多かったのは、高品質(54%)と優れた性能(46%)。最も成功しているプレミアム商品は、従来のソリ

2016年12月15日東京企画★フィードバック数:0マーケティング

2016年度「消費者を動かしたCM展開」全74銘柄

CM総合研究所・東京企画はCM好感度をはじめとするオンエアCMのあらゆる情報を提供しております。 2016年度「消費者を動かしたCM展開」全74銘柄2016年度「消費者を動かしたCM展開」は74銘柄に決定CM総合研究所(東京都港区 代表・関根心太郎)は、2015年11月度から2016年10月度までにCMをオンエアした商品・サービス全7470銘柄を対象に、優れたCM展開で業績の向上に貢献した「消費者を動かしたCM展開」74銘柄を発表いたしました。【「消費者を動かしたCM展開 特別賞」はAmazon

2016年12月15日ニールセンフィードバック数:0マーケティング

ニールセン メジャメント・ジャーナル 第2号

グローバルのマーケティングのリーダー的な会社は、ニューロサイエンスを正規の調査手法として既に採用シングルソースデータで広告キャンペーンの売上効果調査をより詳細に計測データ収集の自動化成功率は良好視聴行動分析サービスを提供するニールセン株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長兼COO:宮本淳)は、米国の各種調査・計測における最新状況をまとめた『ニールセン メジャメント・ジャーナル 第2号』を発表しました。最近のデータ収集、転送、蓄積および分析の進歩によって、調査機関はかつてないほど大量のデータを

2016年12月9日マクロミル★フィードバック数:0大型消費/投資

60代・70代のシニア世代1000名に聞いた!『終活』の意識と実態

HoNote(ホノテ)とは、消費者のHonto(本当)やHonne(ホンネ)がわかるNote(ノート)です。 市場調査レポートや、調査ノウハウ、マーケティングに役立つポイントなどを掲載。 これから調査を始めたいと考えている方や、マーケティングリサーチの初心者をはじめ、マーケターや商品開発担当者など、消費者の声や行動をビジネスに役立てる方に向け情報をご紹介しています。運営元 : Macromill ジャスミン冷静沈着をこころがけているはずがいつも何かしら抜けている永遠の28歳。実年齢は… トコナ

2016年11月30日ニールセン★★フィードバック数:0マーケティング

デジタル広告キャンペーン効果向上に貢献するベンチマーク調査

世界最大のリサーチ会社*1ニールセンは、「ニールセン グローバルデジタル広告ベンチマーク調査」の結果を発表しました。*1 ESOMAR Industry Report “Global Market Research 2014”調べ。「ニールセン グローバルデジタル広告ベンチマーク調査」によれば、広告主と広告代理店のメディア計画と購入が習熟するにつれ、デジタル広告キャンペーンが意図した消費者にリーチする割合は、アジア太平洋地域の多くのデモグラフィック属性グループ、特に、需要の多い18~34歳の年齢

2016年11月28日NPD Groupフィードバック数:0エンタテインメント

Japan Sports Tracker 調査レポート 成長するアスレジャー市場を女性が牽引! 消費者購買プロセスにおける最新のインサイトを紹介

Japan Sports Tracker 調査レポート 成長するアスレジャー市場を女性が牽引! 消費者購買プロセスにおける最新のインサイトを紹介国内の市場規模と消費者購買情報が分かるスポーツアパレル・シューズ市場情報サービス『Japan Sports Tracker』を提供するエヌピーディー・ジャパン株式会社(所在地:東京都港区、代表取締役:トーマス・リンチ)が、「アスレジャー」市場の分析を紹介します。スポーツの要素を取り入れながら普段着にもなる「アスレジャー」。アスレジャーとは、アスレチック(

2016年11月14日ニールセン★★フィードバック数:0マーケティング

消費者景況感調査2016年第3四半期の調査

世界最大のリサーチ会社*1ニールセンは「ニールセン 消費者景況感調査2016年第3四半期」の調査結果を発表しました。*1 ESOMAR Industry Report “Global Market Research 2014”調べ。不安定な情勢下で、第3四半期の消費者景況感は、地域によって劇的に異なり、世界経済の多様性が拡大していることを示しています。アジア太平洋地域の消費者景況感は、最低46から最高133まで幅広い範囲に渡り、同様にヨーロッパ(50~107)、南米地域(57~104)、アフリカ

2016年11月9日福徳社★フィードバック数:0ライフスタイル

『商業施設利用実態調査』2016年版

福徳社|チェーン店出店戦略リサーチ&コンサルティング 『商業施設利用実態調査』 2016年版レポートを発売『商業施設利用実態調査』 2016年版レポート、本日発売 ― 開業時に話題になった大型商業施設のを明らかにする消費者行動調査 ―チェーン店出店戦略コンサルティング会社の株式会社福徳社(東京都八王子市、代表取締役 小泉 真理)は、2012年~2015年末に開業した首都圏の新しい大型商業施設の利用実態に関する消費者行動調査結果を分析した『商業施設利用実態調査』2016年版レポートを本日発売いた

2016年11月8日宣伝会議★★フィードバック数:0マーケティング

消費者300人アンケート「テレビCMを打っている会社」への信頼は健在か

消費者300人アンケート「テレビCMを打っている会社」への信頼は健在か テレビCMの出稿有無や多寡は、その企業に対する消費者の信頼に、どの程度関係があるのでしょうか。また、CMをやっていても「信頼するに値しない」という印象を与えてしまう要素とは?全国主要都市に暮らす消費者300人への調査からひもときます。 若年層を中心に「テレビ離れ」が叫ばれる中、テレビCMを出稿していることは、その企業の信頼度を高める上で、どれだけの効果を発揮するのか。また、消費者が企業に対する評価(信頼度・安心感)を定める

2016年10月31日アドビ システムズ★★フィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

Adobe Digital Insights: スマホの利用増加に伴い、電子メールの利用時間が増加

Blog Post:「Adobe Digital Insights(ADI)」の新たな調査によると、消費者のモバイルへの移行により、米国では電子メールの利用が増加していることが明らかになりました。また、電子メールが進化しつつあり、インスタントメッセージや絵文字の利用が進み、スマートフォンで電子メールを利用する人が増えていることから、電子メールはフォーマルな通信手段ではなくなりつつあります。 1,000人以上のホワイトカラーの米国人を対象とした調査「Adobe Email Survey 2016(

エデルマン・ブランド・リレーションシップ・インデックス

エデルマン、マーケティングの新たな効果測定指標を開発ブランド...| メディアで多数の記事になった注目のプレスリリース エデルマン、 マーケティングの新たな効果測定指標を開発 ブランドと消費者との関係性を分析する 「エデルマン・ブランド・リレーションシップ・ インデックス」 ~消費者意識調査「2016 エデルマン・アーンドブランド」 日本の調査結果発表~ 世界のコミュニケーションズ・マーケティングをリードする、エデルマンの日本法人エデルマン・ジャパン株式会社(東京都港区、代表取締役:ロ

2016年10月20日トランスコスモス★★フィードバック数:0マーケティング

消費者と企業のコミュニケーション実態調査2016

スマートフォンやLINEに代表されるメッセージングアプリの普及に伴い、一般に消費者と企業のコミュニケーションのデジタル化や多様化が進んでいくと言われています。一方で、消費者と企業とのコミュニケーションの実態を捉えた実態調査や意識調査の公開データは多くはなく、企業のオムニチャネル化の検討にとって情報が不足している課題がありました。このたびトランスコスモス株式会社とトランスコスモス・アナリティクス株式会社は共同で消費者と企業のオムニチャネルコミュニケーションの実態把握を目的とした「消費者と企業のコミ

2016年10月20日Weber Shandwick★フィードバック数:0マーケティング

マーケターが踏まえておくべき人工知能(AI)時代の到来

【調査結果】マーケターが踏まえておくべき人工知能(AI)時代の到来 ウェーバー・シャンドウィックはKRCリサーチ社と共同で、世界5ヶ国(米国、カナダ、イギリス、中国、ブラジル)における人工知能(AI)に関する意識調査”AI-Ready or Not: Artificial Intelligence Here We Come!”を実施しました。この調査では、5つのグローバル市場の消費者2,100人へのオンライン調査と、グローバル企業でマーケティングやブランディング活動を担うCMO150人への個別

電力・ガス小売市場意識調査2016

PwCコンサルティングでは、全国の一般家庭における消費者を対象に電力・ガス小売市場についての意識調査を行いました。本調査は当社内の専門組織「電力・ガスシステム改革支援室」が実施したものです。電力については小売全面自由化前の2013年から毎年意識調査を実施しており、ガスについては今年1月から加わりました。調査の結果、今回の自由化で電力会社の契約を変更した回答者の過半数が、比較的低額な電力料金使用者であり、料金やポイントなどの割引が乗り換えの主な要因であることがわかりました。電力自由化に際し各社は、

自動運転技術に関する調査

ホーム > ニュースリリース > 2016年度 > CCCマーケティング、CCCカーライフラボ、J.D. パワーが業務提携で合意 消費者の声とビッグデータを融合した新しいマーケティング・ソリューションを提供ニュースリリースCCCマーケティング、CCCカーライフラボ、J.D. パワーが業務提携で合意 消費者の声とビッグデータを融合した新しいマーケティング・ソリューションを提供 株式会社J.D. パワー アジア・パシフィック CCCマーケティング株式会社 株式会社CCCカーライフラボ2016年09月

2016年9月5日ニールセンフィードバック数:0ライフスタイル

グローバル 健康・原材料意識調査

世界の消費者の約3分の2が特定原材料を除去した特別な食事を実践68%が特定原材料を除いた食品に対する出費を増やしてもよいと回答世界中で、特別な食事を選ぶ消費者が増加しています。特別な食事とは、オーガニック、低脂肪、低炭水化物などへの志向や、食品感受性、アレルギーまたは個人的な信念に基づいた特定原材料を避けたい、などの希望に対応した食事です。ニールセンの新しい『グローバル 健康・原材料意識調査』では、回答者の約3分の2(64%)が、少なくとも一部の食品または原材料の摂取を制限もしくは禁止する食事を

2016年8月24日NPD Group★フィードバック数:0エンタテインメント

Japan Sports Tracker 調査レポート ランニング市場動向

Japan Sports Tracker 調査レポート ランニング市場動向ー熱心なランナーが、アスレチックフットウェア市場の約10%の売上に貢献国内の市場規模と消費者購買情報が分かるスポーツアパレル・シューズ市場情報サービス『Japan Sports Tracker』を提供するエヌピーディー・ジャパン株式会社(所在地:東京都港区、代表取締役:トーマス・リンチ)が、スポーツシューズ市場の分析を紹介します。日本の消費者はフィットネス目的でランニングをする傾向にあります。日本の市場において、熱心なラン

2016年8月7日CRITEO★★フィードバック数:0マーケティング

オンライン通販に関する実態調査

[CRITEO株式会社] ,モバイル EC オンラインショッピング 消費者動向 通販 Instagram アプリ Criteo クリテオ ショールーミング

2016年7月5日ニールセンフィードバック数:0ビジネス

グローバル 小売成長戦略調査

消費者は、銀行(42%)、調理済み食品(40%)、薬局(39%)などの店内サービスを利用 価格帯の両端で成長: ディスカウントストア(2.6%)、高級食品小売業(6.8%)が成長中買い物の楽しみのひとつは“狩り”に似たワクワク感 ― 全世界の回答者の59%が、時間をかけてセール品を見つけることを楽しんでいる、と回答しました。これは特に北米(68%)と南米(64%)で高くなっています。消費者はお買い得品のとりこです。バーゲンで買い物をする状況を、小売業者や製造業者が作り出しているからかもしれません

2016年7月2日MasterCardフィードバック数:0マーケティング

2016年5月の消費動向レポート「SpendingPulse」

プレスリリースMasterCard 2016年5月の消費動向レポート「SpendingPulse」を発表 小売販売額は1.5%減少 MasterCard(本社:ニューヨーク州パーチェス、日本地区社長:ナンダン・マー)の事業部門であるMasterCard Advisorsは本日、日本の小売販売額を調査するマクロ経済レポート、SpendingPulse™の5月のレポートを発表しました。日本の小売販売額は前月比で5.3%、また前年同月比では1.5%減少しました。5月の小売販売額の季節調整済前月比は0

2016年6月16日経済産業省フィードバック数:0社会/政治

電子商取引に関する市場調査

電子商取引に関する市場調査の結果を取りまとめました~国内BtoC-EC市場規模は13.8兆円に成長~ 経済産業省は、「平成27年度我が国経済社会の情報化・サービス化に係る基盤整備(電子商取引に関する市場調査)」を実施し、日本の電子商取引市場の実態及び日米中3か国間の越境電子商取引の市場動向について調査しました。今般、その結果を取りまとめましたので、公表します。 1.調査結果概要 (1)国内電子商取引市場規模平成27年の日本国内のBtoC-EC(消費者向け電子商取引)市場規模は、13.8兆円(前

2016年6月15日生命保険協会★フィードバック数:0大型消費/投資

生命保険協会 SR報告書 2016

[ ここから本文です ]『生命保険協会 SR報告書2016』の発行について 生命保険協会(会長:筒井 義信 日本生命保険 社長)では、生命保険業界の社会的責任(Social Responsibility, SR)に関する活動をまとめた「生命保険協会SR報告書2016」を発行しましたのでお知らせいたします。生命保険協会では、生命保険事業の社会的役割と責任を果たし、事業の健全な発展を目指すため、お客さまの視点に立ったさまざまな取組みを行っております。特に、2015年度においては、「これからもずっ

2016年6月11日東京商工リサーチフィードバック数:0社会/政治

「酒小売業の倒産、休廃業・解散」状況

公開日付:2016.06.08 2015年(1-12月)の「酒小売業」の倒産は44件(前年36件)、負債総額は50億2,800万円(同27億7,500万円)で、件数、負債ともに前年を上回った。2015年4月、福井地裁に負債14億7,700万円(保証債務含む)を抱えて破産を申請した三田村酒店(TSR企業コード:014213109、個人企業、福井県)は、関連会社で日本酒製造を手がける寿喜娘酒造(有)(TSR企業コード:600096378、法人番号:6210002012099、福井県)の倒産に連鎖した

電力自由化に伴い、多くの電力会社が新規参入する中、新規へ変更する場合に不安に思うことは何ですか

新電力は大丈夫?アンケートから見えた消費者の誤解! | 電力自由化・新電力くらべる君 新電力は大丈夫?アンケートから見えた消費者の誤解!電力小売りの全面自由化から1ヵ月以上がたちました。スタート前は、各事業者がPR合戦を繰り広げ、激しい競争が予想されましたが、いまのところは落ち着いた状況といえます。というのは、これまでの大手電力会社から切り替えた家庭は1.2%(4月22日現在)のみで、大半の人がまだ“様子見”をしているからです。電力自由化はスタートしたものの、その仕組みやメリット・デメリットな

2016年5月23日J.D. Powerフィードバック数:0大型消費/投資

消費者の関心の高まりが、自動運転車実現への入り口

このサイトはCookieを使用しています。サイトを引き続きご覧になる場合はCookieの使用を許可して下さい。詳しくは“Cookie ポリシー”をご覧下さいX 消費者の関心の高まりが、自動運転車実現への入り口 自動運転車への道を開くのは、自動車のテクノロジーに高い信頼をおく若い消費者 消費者の関心の高まりが、自動運転車実現への入り口自動運転車への道を開くのは、自動車のテクノロジーに高い信頼をおく若い消費者で、自動車の自動運転技術に対する信頼度は年齢によって大きく異なり、若い

2016年5月16日GfKフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

GfK Connected Consumer Index

最も“コネクテッド”化が進む地域は、香港、北米、アラブ首長国連邦 GfKは消費者がどのくらいインターネットを通じて人々やコンテンツと関わっているかを示すGfK Connected Consumer Indexを発表しました。本インデックスでは、11の機器(スマートフォン、タブレット、ノートPC、デスクトップPC、ウェアラブル、スマートTV、TVセットトップボックス、ゲーム機、電子書籍リーダー、コネクテッド・カー、スマートホーム)の使用状況などから、78の地域における消費者の“コネクテッド”度を比

2016年5月10日アクセンチュアフィードバック数:0ビジネス

Digital Disconnect in Customer Engagement

Skip to main content Skip to Footer2016年4月27日アクセンチュア株式会社アクセンチュア最新調査――人間による顧客対応へのニーズが高まる中、米国企業は顧客を失う恐れがあることが判明 デジタルテクノロジーへの適切な投資によって、人間味の無い対応による顧客離れの回避が可能 【ニューヨーク発:2016年3月23日】アクセンチュア(NYSE:ACN)の調査によると、米国の消費者の83%は顧客窓口での対応を受ける際、デジタルではなく人間による人間味のある対応を求めてい

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
 

特集データ

特集INDEXへ

お知らせ