「消費者」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2017年5月5日シャボン玉石けんフィードバック数:0ライフスタイル

無添加の石けん・洗剤に関する意識調査

無添加=安心・安全とは限らない!?無添加商品を購入したいが、...| メディアで多数の記事になった注目のプレスリリース 無添加=安心・安全とは限らない!? 無添加商品を購入したいが、 「無添加」の表示基準を知らない人は7割弱シャボン玉石けん株式会社(福岡県北九州市/代表取締役社長:森田隼人)は、春の新生活が始まり、初めてお店で商品を選ぶことになる人も多いこの時期に合わせ、20代から60代の女性を対象にして「無添加の石けん・洗剤に関する意識調査」を行いました。(WEB調査、調査期間:20

2017年4月20日ニールセン★★フィードバック数:0マーケティング

グローバル・コネクテッドコマース調査

本調査は、進化するデジタル購入経路に影響を与える根本的要因を把握する目的で実施しました。生鮮食料品とその他の消費財のオンライン購入に関連する問題点や障害を考察し、それらの障害の克服を助けるアクティベーション戦略を特定。さらに消費者が現在店舗で利用しているデジタルテクノロジーと将来的に期待できるデジタルテクノロジーについても見解を示しています。また、今後のコネクテッドコマースの発展を促進する、最大の変革をもたらす傾向についても概要を示します。主なファインディングスオンラインとオフラインを行き来する

2017年4月11日アドビ システムズ★★フィードバック数:0マーケティング

Adobe Digital Insights: ブランド企業は、消費者に提供する「体験」を向上させていると考えているが、消費者はそう感じていないことが明らかに

Blog Post:今日のマーケティングは、かつての「数撃てば当たる」方式から大きく進歩したとはいえ、ブランド企業の多くはいまだに有意義な広告体験を消費者に提供できていないようです。 アドビが消費者1,000人とデジタルマーケター300人に対して実施したAdobe Digital Insights(ADI)調査によると、広告の効果に関する認識において、消費者とブランド企業の間には隔たりがあることが明らかになりました。ブランド企業の58%が、消費者に役立つ広告を提供する能力が向上していると考えてい

2017年4月9日NPD Groupフィードバック数:0エンタテインメント

スポーツアパレル・シューズ市場 調査レポート

<スポーツアパレル・シューズ市場 調査レポート>女性のスポーツ頻度が増加 女性のスポーツアパレル消費行動に変化国内の市場規模と消費者購買情報が分かるスポーツアパレル・シューズ市場情報サービス『Japan Sports Tracker』を提供するエヌピーディー・ジャパン株式会社(所在地:東京都港区、代表取締役:トーマス・リンチ)が、「女性のスポーツ動向」に関する市場分析を紹介します。スポーツの頻度“週3回以上”は3ポイント増2020年東京オリンピックを控え、スポーツに対する人々の意識も高まっている

2017年3月8日Juniper Networks★フィードバック数:0マーケティング

消費者と企業が「デジタルコヒージョン」のメリットを認識していることが明らかに

「デジタルコヒージョン」への備えはできていますか? 近年、デジタル変革やデジタルディスラプションという言葉をよく耳にしますが、その先にある「デジタルコヒージョン」についてはご存知ですか?デジタルコヒージョンとは、予測的かつ自動化されたネットワークベースのメガサービスが、ユーザーの行動パターンに適応する時代を意味しており、より優れた意思決定や豊かな生活を人々や企業にもたらすものです。例えば、デバイスを通してあなたの健康状態に適したカロリー量と栄養素を考慮した、パーソナライズされた献立メニ

2017年3月1日メンバーズ★フィードバック数:0マーケティング

第1回「エンゲージメント・サーベイ」

ホームメンバーズについてニュースリリース(2017年)消費者の購買志向を調査する第1回「エンゲージメント・サーベイ」実施~Webサイト上で企業のビジョン・価値観や本業による社会的課題への解決姿勢(CSV)を発信することは、消費者の継続利用や他者への推奨意向に繋がることが明らかに~ 消費者の購買志向を調査する第1回「エンゲージメント・サーベイ」実施 ~Webサイト上で企業のビジョン・価値観や本業による社会的課題への解決姿勢(CSV)を発信することは、消費者の継続利用や他者への推奨意向に繋がること

2017年2月28日アクセンチュアフィードバック数:0マーケティング海外

Global Distribution & Marketing Consumer research

Skip to main content Skip to Footerアクセンチュア株式会社2017年2月23日アクセンチュア最新調査――世界の消費者の10人に7人が、銀行・保険サービスや退職後プラン検討時のロボアドバイザー利用に肯定的 ロボアドバイザーの浸透とともに、金融サービス業界には、人的サービスとロボアドバイザーの最適なバランスでの融合が求められるアクセンチュア(NYSE:ACN)の最新調査によると、世界の消費者の10人に7人が、銀行・保険サービスや退職後プランについて決断する際、ロボア

2016年12月28日ニールセン★フィードバック数:0マーケティング

グローバル・プレミアム化調査

プレミアムセグメントは力強い成長を続け、多くの市場でカテゴリ全体の売上を上回る。消費者の購買力と消費が世界中で上昇するとともに、継続的な成長の可能性は高くなっている。消費者の高級志向は高額商品だけに留まることなく、日用品でもプレミアム商品が選ばれている。パーソナルケア、美容、ホームケア、そして各種食品・飲料のカテゴリも、世界中の多くの市場で力強い成長を見せている。プレミアム商品の特徴として最も回答が多かったのは、高品質(54%)と優れた性能(46%)。最も成功しているプレミアム商品は、従来のソリ

2016年12月15日ニールセンフィードバック数:0マーケティング

ニールセン メジャメント・ジャーナル 第2号

グローバルのマーケティングのリーダー的な会社は、ニューロサイエンスを正規の調査手法として既に採用シングルソースデータで広告キャンペーンの売上効果調査をより詳細に計測データ収集の自動化成功率は良好視聴行動分析サービスを提供するニールセン株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長兼COO:宮本淳)は、米国の各種調査・計測における最新状況をまとめた『ニールセン メジャメント・ジャーナル 第2号』を発表しました。最近のデータ収集、転送、蓄積および分析の進歩によって、調査機関はかつてないほど大量のデータを

2016年12月15日東京企画★フィードバック数:0マーケティング

2016年度「消費者を動かしたCM展開」全74銘柄

CM総合研究所・東京企画はCM好感度をはじめとするオンエアCMのあらゆる情報を提供しております。 2016年度「消費者を動かしたCM展開」全74銘柄2016年度「消費者を動かしたCM展開」は74銘柄に決定CM総合研究所(東京都港区 代表・関根心太郎)は、2015年11月度から2016年10月度までにCMをオンエアした商品・サービス全7470銘柄を対象に、優れたCM展開で業績の向上に貢献した「消費者を動かしたCM展開」74銘柄を発表いたしました。【「消費者を動かしたCM展開 特別賞」はAmazon

2016年11月30日ニールセン★★フィードバック数:0マーケティング

デジタル広告キャンペーン効果向上に貢献するベンチマーク調査

世界最大のリサーチ会社*1ニールセンは、「ニールセン グローバルデジタル広告ベンチマーク調査」の結果を発表しました。*1 ESOMAR Industry Report “Global Market Research 2014”調べ。「ニールセン グローバルデジタル広告ベンチマーク調査」によれば、広告主と広告代理店のメディア計画と購入が習熟するにつれ、デジタル広告キャンペーンが意図した消費者にリーチする割合は、アジア太平洋地域の多くのデモグラフィック属性グループ、特に、需要の多い18~34歳の年齢

2016年11月28日NPD Groupフィードバック数:0エンタテインメント

Japan Sports Tracker 調査レポート 成長するアスレジャー市場を女性が牽引! 消費者購買プロセスにおける最新のインサイトを紹介

Japan Sports Tracker 調査レポート 成長するアスレジャー市場を女性が牽引! 消費者購買プロセスにおける最新のインサイトを紹介国内の市場規模と消費者購買情報が分かるスポーツアパレル・シューズ市場情報サービス『Japan Sports Tracker』を提供するエヌピーディー・ジャパン株式会社(所在地:東京都港区、代表取締役:トーマス・リンチ)が、「アスレジャー」市場の分析を紹介します。スポーツの要素を取り入れながら普段着にもなる「アスレジャー」。アスレジャーとは、アスレチック(

2016年11月14日ニールセン★★フィードバック数:0マーケティング

消費者景況感調査2016年第3四半期の調査

世界最大のリサーチ会社*1ニールセンは「ニールセン 消費者景況感調査2016年第3四半期」の調査結果を発表しました。*1 ESOMAR Industry Report “Global Market Research 2014”調べ。不安定な情勢下で、第3四半期の消費者景況感は、地域によって劇的に異なり、世界経済の多様性が拡大していることを示しています。アジア太平洋地域の消費者景況感は、最低46から最高133まで幅広い範囲に渡り、同様にヨーロッパ(50~107)、南米地域(57~104)、アフリカ

2016年11月9日福徳社★フィードバック数:0ライフスタイル

『商業施設利用実態調査』2016年版

福徳社|チェーン店出店戦略リサーチ&コンサルティング 『商業施設利用実態調査』 2016年版レポートを発売『商業施設利用実態調査』 2016年版レポート、本日発売 ― 開業時に話題になった大型商業施設のを明らかにする消費者行動調査 ―チェーン店出店戦略コンサルティング会社の株式会社福徳社(東京都八王子市、代表取締役 小泉 真理)は、2012年~2015年末に開業した首都圏の新しい大型商業施設の利用実態に関する消費者行動調査結果を分析した『商業施設利用実態調査』2016年版レポートを本日発売いた

2016年10月31日アドビ システムズ★★フィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

Adobe Digital Insights: スマホの利用増加に伴い、電子メールの利用時間が増加

Blog Post:※本ブログは、2016年9月26日に米国で公開されたCMO.com記事の抄訳版です。 【2016年10月21日】 「Adobe Digital Insights(ADI)」の新たな調査によると、消費者のモバイルへの移行により、米国では電子メールの利用が増加していることが明らかになりました。また、電子メールが進化しつつあり、インスタントメッセージや絵文字の利用が進み、スマートフォンで電子メールを利用する人が増えていることから、電子メールはフォーマルな通信手段ではなくなりつつあ

エデルマン・ブランド・リレーションシップ・インデックス

エデルマン、マーケティングの新たな効果測定指標を開発ブランド...| メディアで多数の記事になった注目のプレスリリース エデルマン、 マーケティングの新たな効果測定指標を開発 ブランドと消費者との関係性を分析する 「エデルマン・ブランド・リレーションシップ・ インデックス」 ~消費者意識調査「2016 エデルマン・アーンドブランド」 日本の調査結果発表~ 世界のコミュニケーションズ・マーケティングをリードする、エデルマンの日本法人エデルマン・ジャパン株式会社(東京都港区、代表取締役:ロ

2016年10月20日Weber Shandwick★フィードバック数:0マーケティング

マーケターが踏まえておくべき人工知能(AI)時代の到来

【調査結果】マーケターが踏まえておくべき人工知能(AI)時代の到来 ウェーバー・シャンドウィックはKRCリサーチ社と共同で、世界5ヶ国(米国、カナダ、イギリス、中国、ブラジル)における人工知能(AI)に関する意識調査”AI-Ready or Not: Artificial Intelligence Here We Come!”を実施しました。この調査では、5つのグローバル市場の消費者2,100人へのオンライン調査と、グローバル企業でマーケティングやブランディング活動を担うCMO150人への個別

2016年10月20日トランスコスモス★★フィードバック数:0マーケティング

消費者と企業のコミュニケーション実態調査2016

スマートフォンやLINEに代表されるメッセージングアプリの普及に伴い、一般に消費者と企業のコミュニケーションのデジタル化や多様化が進んでいくと言われています。一方で、消費者と企業とのコミュニケーションの実態を捉えた実態調査や意識調査の公開データは多くはなく、企業のオムニチャネル化の検討にとって情報が不足している課題がありました。このたびトランスコスモス株式会社とトランスコスモス・アナリティクス株式会社は共同で消費者と企業のオムニチャネルコミュニケーションの実態把握を目的とした「消費者と企業のコミ

電力・ガス小売市場意識調査2016

※資料ダウンロードフォームからのダウンロードをお願いします。 PwCコンサルティングでは、全国の一般家庭における消費者を対象に電力・ガス小売市場についての意識調査を行いました。本調査は当社内の専門組織「電力・ガスシステム改革支援室」が実施したものです。電力については小売全面自由化前の2013年から毎年意識調査を実施しており、ガスについては今年1月から加わりました。調査の結果、今回の自由化で電力会社の契約を変更した回答者の過半数が、比較的低額な電力料金使用者であり、料金やポイントなどの割引が乗り

自動運転技術に関する調査

ホーム > ニュースリリース > 2016年度 > CCCマーケティング、CCCカーライフラボ、J.D. パワーが業務提携で合意 消費者の声とビッグデータを融合した新しいマーケティング・ソリューションを提供ニュースリリースCCCマーケティング、CCCカーライフラボ、J.D. パワーが業務提携で合意 消費者の声とビッグデータを融合した新しいマーケティング・ソリューションを提供 株式会社J.D. パワー アジア・パシフィック CCCマーケティング株式会社 株式会社CCCカーライフラボ2016年09月

2016年9月5日ニールセンフィードバック数:0ライフスタイル

グローバル 健康・原材料意識調査

世界の消費者の約3分の2が特定原材料を除去した特別な食事を実践68%が特定原材料を除いた食品に対する出費を増やしてもよいと回答世界中で、特別な食事を選ぶ消費者が増加しています。特別な食事とは、オーガニック、低脂肪、低炭水化物などへの志向や、食品感受性、アレルギーまたは個人的な信念に基づいた特定原材料を避けたい、などの希望に対応した食事です。ニールセンの新しい『グローバル 健康・原材料意識調査』では、回答者の約3分の2(64%)が、少なくとも一部の食品または原材料の摂取を制限もしくは禁止する食事を

2016年8月24日NPD Group★フィードバック数:0エンタテインメント

Japan Sports Tracker 調査レポート ランニング市場動向

Japan Sports Tracker 調査レポート ランニング市場動向ー熱心なランナーが、アスレチックフットウェア市場の約10%の売上に貢献国内の市場規模と消費者購買情報が分かるスポーツアパレル・シューズ市場情報サービス『Japan Sports Tracker』を提供するエヌピーディー・ジャパン株式会社(所在地:東京都港区、代表取締役:トーマス・リンチ)が、スポーツシューズ市場の分析を紹介します。日本の消費者はフィットネス目的でランニングをする傾向にあります。日本の市場において、熱心なラン

2016年8月7日CRITEO★★フィードバック数:0マーケティング

オンライン通販に関する実態調査

[CRITEO株式会社] ,モバイル EC オンラインショッピング 消費者動向 通販 Instagram アプリ Criteo クリテオ ショールーミング

2016年7月31日NPD Groupフィードバック数:0ライフスタイル

US朝食マーケット拡大、 朝食機会は2~3年で5%伸長の見込み

US朝食マーケット拡大、 朝食機会は2~3年で5%伸長の見込み外食・中食市場情報サービス『CREST®』を提供するエヌピーディー・ジャパン株式会社(所在地:東京都港区、代表取締役:トーマス・リンチ)は、この度、NPDグループによるUSの外食・中食市場のトレンドについての調査・分析を紹介します。■アメリカ人は朝食が一日で最も大事な食事だと知っている食機会数は増加の一途情報調査サービスの世界的なリーディング・カンパニーであるNPDグループによると、外食・中食・内食でとる朝食や午前の間食の消費量は、今

2016年7月5日ニールセンフィードバック数:0ビジネス

グローバル 小売成長戦略調査

消費者は、銀行(42%)、調理済み食品(40%)、薬局(39%)などの店内サービスを利用 価格帯の両端で成長: ディスカウントストア(2.6%)、高級食品小売業(6.8%)が成長中買い物の楽しみのひとつは“狩り”に似たワクワク感 ― 全世界の回答者の59%が、時間をかけてセール品を見つけることを楽しんでいる、と回答しました。これは特に北米(68%)と南米(64%)で高くなっています。消費者はお買い得品のとりこです。バーゲンで買い物をする状況を、小売業者や製造業者が作り出しているからかもしれません

2016年7月2日MasterCardフィードバック数:0マーケティング

2016年5月の消費動向レポート「SpendingPulse」

プレスリリースMasterCard 2016年5月の消費動向レポート「SpendingPulse」を発表 小売販売額は1.5%減少 MasterCard(本社:ニューヨーク州パーチェス、日本地区社長:ナンダン・マー)の事業部門であるMasterCard Advisorsは本日、日本の小売販売額を調査するマクロ経済レポート、SpendingPulse™の5月のレポートを発表しました。日本の小売販売額は前月比で5.3%、また前年同月比では1.5%減少しました。5月の小売販売額の季節調整済前月比は0

2016年6月16日経済産業省フィードバック数:0社会/政治

電子商取引に関する市場調査

電子商取引に関する市場調査の結果を取りまとめました~国内BtoC-EC市場規模は13.8兆円に成長~ 経済産業省は、「平成27年度我が国経済社会の情報化・サービス化に係る基盤整備(電子商取引に関する市場調査)」を実施し、日本の電子商取引市場の実態及び日米中3か国間の越境電子商取引の市場動向について調査しました。今般、その結果を取りまとめましたので、公表します。 1.調査結果概要 (1)国内電子商取引市場規模平成27年の日本国内のBtoC-EC(消費者向け電子商取引)市場規模は、13.8兆円(前

2016年6月15日生命保険協会★フィードバック数:0大型消費/投資

生命保険協会 SR報告書 2016

[ ここから本文です ]『生命保険協会 SR報告書2016』の発行について 生命保険協会(会長:筒井 義信 日本生命保険 社長)では、生命保険業界の社会的責任(Social Responsibility, SR)に関する活動をまとめた「生命保険協会SR報告書2016」を発行しましたのでお知らせいたします。生命保険協会では、生命保険事業の社会的役割と責任を果たし、事業の健全な発展を目指すため、お客さまの視点に立ったさまざまな取組みを行っております。特に、2015年度においては、「これからもずっ

2016年6月11日東京商工リサーチフィードバック数:0社会/政治

「酒小売業の倒産、休廃業・解散」状況

公開日付:2016.06.08 2015年(1-12月)の「酒小売業」の倒産は44件(前年36件)、負債総額は50億2,800万円(同27億7,500万円)で、件数、負債ともに前年を上回った。2015年4月、福井地裁に負債14億7,700万円(保証債務含む)を抱えて破産を申請した三田村酒店(TSR企業コード:014213109、個人企業、福井県)は、関連会社で日本酒製造を手がける寿喜娘酒造(有)(TSR企業コード:600096378、法人番号:6210002012099、福井県)の倒産に連鎖した

電力自由化に伴い、多くの電力会社が新規参入する中、新規へ変更する場合に不安に思うことは何ですか

新電力は大丈夫?アンケートから見えた消費者の誤解! | 電力自由化・新電力くらべる君 新電力は大丈夫?アンケートから見えた消費者の誤解!電力小売りの全面自由化から1ヵ月以上がたちました。スタート前は、各事業者がPR合戦を繰り広げ、激しい競争が予想されましたが、いまのところは落ち着いた状況といえます。というのは、これまでの大手電力会社から切り替えた家庭は1.2%(4月22日現在)のみで、大半の人がまだ“様子見”をしているからです。電力自由化はスタートしたものの、その仕組みやメリット・デメリットな

2016年5月23日J.D. Powerフィードバック数:0大型消費/投資

消費者の関心の高まりが、自動運転車実現への入り口

このサイトはCookieを使用しています。サイトを引き続きご覧になる場合はCookieの使用を許可して下さい。詳しくは“Cookie ポリシー”をご覧下さいX 消費者の関心の高まりが、自動運転車実現への入り口 自動運転車への道を開くのは、自動車のテクノロジーに高い信頼をおく若い消費者 消費者の関心の高まりが、自動運転車実現への入り口自動運転車への道を開くのは、自動車のテクノロジーに高い信頼をおく若い消費者で、自動車の自動運転技術に対する信頼度は年齢によって大きく異なり、若い

2016年5月16日GfKフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

GfK Connected Consumer Index

本ウェブサイトのすべての機能を使用するためには、ブラウザーのJavaScriptを有効にする必要があります最も“コネクテッド”化が進む地域は、香港、北米、アラブ首長国連邦 GfKは消費者がどのくらいインターネットを通じて人々やコンテンツと関わっているかを示すGfK Connected Consumer Indexを発表しました。本インデックスでは、11の機器(スマートフォン、タブレット、ノートPC、デスクトップPC、ウェアラブル、スマートTV、TVセットトップボックス、ゲーム機、電子書籍リーダー

2016年5月10日アクセンチュアフィードバック数:0ビジネス

Digital Disconnect in Customer Engagement

Skip to main content Skip to Footer2016年4月27日アクセンチュア株式会社アクセンチュア最新調査――人間による顧客対応へのニーズが高まる中、米国企業は顧客を失う恐れがあることが判明 デジタルテクノロジーへの適切な投資によって、人間味の無い対応による顧客離れの回避が可能 【ニューヨーク発:2016年3月23日】アクセンチュア(NYSE:ACN)の調査によると、米国の消費者の83%は顧客窓口での対応を受ける際、デジタルではなく人間による人間味のある対応を求めてい

2016年4月7日NPD Group★フィードバック数:0ライフスタイル

外食・中食市場全体の売上は微減。昼食伸長も間食縮小

外食・中食市場全体の売上は微減。昼食伸長も間食縮小。【東京、2016年3月29日】2015年第4四半期のGDPは年率換算で1.1%減となり、暖冬による個人消費の落ち込みも影響して2四半期ぶりにマイナス成長でした。消費者物価指数は引き続き高い状態にもかかわらず、消費者態度指数は横ばいで、依然として消費者にとっては節約を余儀なくされる状況です。このような経済環境の中、外食・中食市場はどのように動いたのか、エヌピーディー・ジャパン(株)が提供する外食・中食市場情報サービス『CREST®』から探っていき

2016年4月4日日経BP★フィードバック数:0マーケティング

ブランド・ジャパン2016

HOME>最新情報>ニュースリリース>2016>消費者が最も支持したのはアマゾン。国内ブランドではキユーピーが最上位。有職者の評価では、5年連続首位のトヨタ自動車にパナソニックが続く。大幅に評価を落とした東芝には、今後への期待が集まる。消費者が最も支持したのはアマゾン。国内ブランドではキユーピーが最上位。有職者の評価では、5年連続首位のトヨタ自動車にパナソニックが続く。大幅に評価を落とした東芝には、今後への期待が集まる。 日経BPコンサルティング調べ「ブランド・ジャパン2016」2016年03月

2016年3月23日GfKフィードバック数:0ビジネス

企業責任に対する消費者のグローバル意識調査

本ウェブサイトのすべての機能を使用するためには、ブラウザーのJavaScriptを有効にする必要があります「企業責任に対する消費者のグローバル意識調査」  GfKは22の国と地域の27,000人に企業が負うべき責任に対する意識調査を実施し、その結果を発表しました。 【概要】・消費者が考える最も重要な企業の責任は「優良な雇用機会の提供」。ただし、スウェーデン、中国では「従業員の健康・安全」がトップになり労働環境への関心の高さがうかがえる結果に。  企業が負うべき最も重要な責任は何か。雇用機会

2016年3月22日ニールセン★★フィードバック数:0マーケティング

テレビとストリーミングに関するグローバル調査

~ 世界的な視聴傾向はコードカッティングから補完視聴に ~メディアを取り巻く状況が急速に変化し、消費者が動画エンターテイメントを楽しむ方法にはかつてないほど多くの選択肢があるにもかかわらず、従来型のテレビは依然、世界中で好まれるプラットフォームとして支配的な地位を占め続けています。ニールセンの調査によれば、グローバル・オンライン調査の回答者の4分の1強(26%)が、Hulu、Netflix、またはAmazonといったオンラインサービス・プロバイダーとの契約を通じて放送やオンデマンド配信を有料で視

2016年2月24日経済産業省フィードバック数:0社会/政治

消費税の転嫁状況に関する月次モニタリング調査(1月調査)

消費税の転嫁状況に関する月次モニタリング調査(1月調査)の調査結果を公表します 経済産業省では、平成26年4月の消費税率引上げを踏まえ、転嫁状況を定期的にモニタリングするため、転嫁状況に関する事業者へのアンケート調査(月次モニタリング調査)を平成26年4月から実施しております。今般、平成28年「1月調査」の調査結果を取りまとめましたので公表します。調査結果は、「全て転嫁できている」と回答した事業者が、事業者間取引では85.8%、 消費者向け取引では71.8%、「全く転嫁できていない」と回答した

2016年2月7日スタイルアクトフィードバック数:0大型消費/投資

第32回 マンション購入に対する意識調査

第32回マンション購入に対する意識調査の公表について【要旨】 ■不動産価格上昇の停滞を感じ、「1年後価格が上がる」が5割に減少 ■買い時感は-28.4ptと大きく下がり、売り時と強く感じる割合が1割上昇不動産ビッグデータでビジネス展開するスタイルアクト株式会社(東京都中央区・代表取締役:沖有人)は、マンション購入検討者の定例意識調査を実施いたしましたので公表します。本調査は、自社インターネットサイト「住まいサーフィン」の登録会員のうち、直近3か月間に新築マンションの販売センターに行った経験がある

2016年2月5日ニールセンフィードバック数:0社会/政治

消費者景況感調査2015年第4四半期

日本を含むアジア太平洋地域の景況感指数は横ばい北米とヨーロッパではテロへの恐怖と移民に関する不安が増大2015年の世界の消費者景況感は、第3四半期比で2ポイント低下して年初の数値と同じ97となり、下降気味で1年を終えました。2015年の第1四半期と比べ、第4四半期の消費者景況感は、アジア太平洋では107と横ばい状態だったいっぽう、ヨーロッパでは4ポイント上昇して81となりました。他の地域はすべて年初より低くなっており、北米と中東/アフリカ地域は6ポイント低下してそれぞれ100と90で終えています

2016年:16のトレンド予測

「2016年年:16のトのトレンド予測」のトレンド予測」Predicting the Top 16 Ideas andInnovations that will ShapeOur World in the Coming Year© Frost & Sullivan. All rights reserved. This document contains confidentialinformation and is the sole property of Frost & Sullivan.201

2016年1月20日経済産業省★★フィードバック数:0社会/政治

消費税の転嫁状況に関する月次モニタリング調査(2015年12月調査)

消費税の転嫁状況に関する月次モニタリング調査(12 月調査)の調査結果を公表します 経済産業省では、平成26 年4 月の消費税率引上げを踏まえ、転嫁状況を定期的にモニタリングするため、転嫁状況に関する事業者へのアンケート調査(月次モニタリング調査)を平成26 年4 月から実施しております。今般、平成27 年「12 月調査」の調査結果を取りまとめましたので公表します。調査結果は、「全て転嫁できている」と回答した事業者が、事業者間取引では84.7%、消費者向け取引では70.2%、「全く転嫁できてい

2015年12月24日アドビ システムズ★★フィードバック数:0マーケティング

消費者のコンテンツに関する意識調査「The State of Content : Rules of Engagement」

体験をフルに実現するために、ブラウザーで JavaScript を有効にしてください。アドビは世界を変えるデジタルエクスペリエンスを提供しています。アドビのクリエイティブ、マーケティング、ドキュメントソリューションは、新進アーティストからグローバルブランドまでのあらゆるデジタルコンテンツを適切なタイミングで適切な人に提供することで最高の結果の実現を支援します。 アドビ、消費者のコンテンツに関する意識調査の結果を発表 日本のミレニアル世代はオンラインコンテンツの信ぴょう性を疑わ

2015年12月14日東京企画フィードバック数:0マーケティング

消費者を動かしたCM展開 特別賞

CM総合研究所・東京企画はCM好感度をはじめとするオンエアCMのあらゆる情報を提供しております。 「消費者を動かしたCM展開 特別賞」「消費者を動かしたCM展開 特別賞」『ライザップ』など、今年を象徴する8銘柄が受賞CM総合研究所(東京都港区 代表・関根心太郎)は、2015年度にCMをオンエアした商品・サービス全7591銘柄を対象に、優れたCM展開で業績の向上に貢献した「消費者を動かしたCM展開」65銘柄を発表いたしました。そのうち、「今年らしさ」や「影響力」が顕著であった8銘柄が「消費者を動か

住宅地盤に関する意識調査

ハイアス・アンド・カンパニーがお届けする、住宅・土木・不動産業界の経営革新情報サイト 住宅地盤に関する意識調査 (ページ:1/1)「土地購入の前に地盤の強さを知りたい93%」~消費者の住宅地盤への意識の高まりと住宅会社への要望が明らかに~調査概要1) 実施期間 :2015年10月24日~11月4日2) 調査方法 :ハイアス運営サイトでアンケートにて選択式で回答を得た3) 調査対象 :20歳以上のマイホーム建築前後、および建築中のインターネットユーザー4) 有効回答数 :1059(男性:712、

2015年度プレゼントキャンペーンに関する調査

2015年度プレゼントキャンペーンに関する調査全国の20歳~59歳のキャンペーンに応募したことがある男女400人と販促・ノベルティ担当者、またはキャンペーン活動に関与することのある男女400人に聞いた2015年度「プレゼントキャンペーンに関する調査」第1位「JCBギフトカード」 第2位「Amazonギフト券」「Amazonギフト券」をキャンペーンで利用できることを知らない!「少額でも当選確率が高い」「即時当選」がキーワード総合マーケティング支援を行なう株式会社ネオマーケティング(所在地:東京都渋

アジア3市場で聞く、顧客サービスについての意識調査

~アジア3市場で聞く、顧客サービスについての意識調査~ 2015年11月24日 ~アジア3市場で聞く、顧客サービスについての意識調査~ 2015年11月24日アメリカン・エキスプレス・インターナショナル, Inc.~アジア3市場で聞く、顧客サービスについての意識調査~ 多様な顧客接点を求める日本の消費者の傾向が顕著に SNSでの評判が商品・サービスの購入先決定を左右するアメリカン・エキスプレス・インターナショナル, Inc.(東京都杉並区/日本社長:清原 正治)は、アジアにおいて日本を含む3

2015年11月26日Asia Plusフィードバック数:0エンタテインメント

ベトナム人20代若者生活調査

Q&Meはベトナムマーケットを正しく理解する為のマーケットリサーチサービスです。多種多様な新興国ベトナムでは、ベトナム消費者を広く、深く理解することが必要です。Q&Meではベトナム市場のトレンドとインサイトに関わる市場調査を提供し御社のベトナム進出をサポートします。Q&Meは定量調査・定性調査の両方をオンラインで提供する事でベトナム消費者に関する高品質な情報を提供します。定量調査でベトナム人の傾向や考えを知り、定量調査でターゲットとなるベトナム消費者の声にしっかり耳を傾ける。自社でパネリストを管

電力小売市場意識調査2015

プライスウォーターハウスクーパース、「電力小売市場意識調査2015」の結果を発表消費者の約95%が、電力小売自由化後に「電力会社変更の可能性がある」と回答。電気料金以外の要素も電力会社変更の際の決め手に2015年10月20日プライスウォーターハウスクーパース株式会社プライスウォーターハウスクーパース株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役:鹿島 章、鈴木 保晴)は、10月20日、日本全国の一般家庭における消費者を対象に実施した「電力小売市場意識調査2015」の結果を発表しました(調査期間: 20

2015年9月28日ニールセン★★フィードバック数:0マーケティング

消費者が最も信頼する“広告”は、友人からの推薦、次いで企業サイト ~ 従来型広告もいまだ有効

ニールセン ニューヨーク報道発表資料を基に作成:最も信頼できる広告は、自分が知っていて、信頼している人から直接受け取るものです。本日発表されたニールセンの広告信頼度グローバル調査によると、調査対象となった60の国と地域におけるオンライン回答者の83パーセントは、友人や家族からの推薦を信頼していると答えています。前回2013年の同調査(対象58ヵ国、84%)と比べると、わずかに1ポイントの減少です。また、企業やブランドが「所有」するオンラインメディアも、最も信頼される広告形態のひとつです。ブランド

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
 

お知らせ