調査のチカラ TOP > タグ一覧 > 消費者マインド

「消費者マインド」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2015年7月27日ニールセンフィードバック数:0ライフスタイル

2015年第2四半期消費者景況感調査

● 欧州の景況感指数は79ポイントに達し過去5年間で最高● 北米は楽観的とされる101ポイントに留まるも対前四半期比5ポイントの下落● アジア太平洋は107ポイントで他のすべての地域を上回る高水準を堅持ニールセン ニューヨーク 報道発表資料を基に作成:本日発表された消費者景況感および購買意向に関するグローバル調査によると、2015年第2四半期の世界の消費者景況感指数は前四半期からわずかに1ポイント減少し、96ポイントとなりました。ニールセンの消費者景況感指数は、世界の60の国と地域で3万人以上を

2015年6月26日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

増税後の消費停滞要因を探る~見逃せない高所得者層での購買意欲の変化~

みずほインサイト日本経済2015 年 6 月 26 日増税後の消費停滞要因を探る経済調査部エコノミスト見逃せない高所得者層での購買意欲の変化03-3591-1435松浦大将hiromasa.matsuura@mizuho-ri.co.jp○ 2014年度の個人消費は統計を遡ることができる1956年度以降で最大の減少。消費増税に伴う反動減からの持ち直しは緩慢○ 個人消費の停滞には、実質所得の減少に加え、高所得者層を中心とした消費性向の低下も影響。高所得者層では、特に耐久財の購買意欲の悪化が消費性向

2014年9月2日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

タイの中期的見通し楽観できず、「タイ+1」も

リサーチ TODAY2014 年 9 月 2 日タイの中期的見通し楽観できず、「タイ+1」も常務執行役員 チーフエコノミスト 高田 創軍事クーデターにより政治対立が小康化したタイでは、マインド改善や政策運営の正常化などを受けて経済が底打ちしており、2014年後半には、景気のV字回復が見込まれる。しかし、その勢いは持続せず、2015年の景気の実勢は力強さを欠くと展望する。みずほ総合研究所はタイ経済に関するリポートを発表しており1、2016年以降の中期的な見通しについても、輸出や消費の伸び悩みという

2014年7月29日日本銀行フィードバック数:0社会/政治

日本銀行札幌支店 カルチャーナイト2014 消費者マインドD.I.

日本銀行札幌支店 カルチャーナイト2014 消費者マインドD.I.

2013年11月15日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

消費動向調査(2013年10月) ~前月差▲4.2ptと大幅低下~

Economic Indicators定例経済指標レポート指標名:消費動向調査(2013年10月)発表日:2013年11月13日(水)~前月差▲4.2ptと大幅低下~第一生命経済研究所 経済調査部担当 エコノミスト 高橋 大輝TEL:03-5221-4524消費者態度指数消費者意識指標(全国・一般世帯) 暮らし向き前月差2012年7月8月9月10月11月12月2013年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月36.137.337.037.136.837.742.642.343.144.545.

グラフで見る東海経済(2013年10月)

2013年10月24日【今月の景気判断】東海経済は持ち直しが一服している。スマートフォン向けの電子部品・デバイスの生産が増加しているが、主力の自動車の増産が一服している。海外景気の回復を背景に輸出は持ち直しが続くが、設備投資は伸び悩んでいる。個人消費は、消費者マインドが高水準で推移し高額品消費が好調だが、所得環境の改善が緩やかで消費全体では緩やかな持ち直しに止まっている。公共投資は国の発注を中心に増加基調が続いている。今後は、輸出の緩やかな持ち直しが続くとみられる一方で、自動車の生産水準が横ばい

2013年10月23日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

消費の支え手は期待から所得へ ~ここ15年間で最も消費を巡る好条件がそろう~

Economic Trendsマクロ経済分析レポートテーマ:消費の支え手は期待から所得へ発表日:2013年10月22日(火)~ここ15年間で最も消費を巡る好条件がそろう~第一生命経済研究所 経済調査部副主任エコノミスト 鈴木将之(03-5221-4547)○消費主導による景気回復昨年末からの景気回復局面では、近年の日本では珍しく消費が主役となった。実際、民間最終消費支出(季調済・前期比)は 2012 年 Q4 の+0.5%から 2013 年 Q2+0.7%までプラスが 3 四半期つづいている(内

2013年10月17日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

個人消費を動かす消費者マインド アメリカ経済を知る! 第3回

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 個人消費を動かす消費者マインドアメリカ経済を知る! 第3回 2013年10月17日ニューヨークリサーチセンター エコノミスト 笠原 滝平上野 まな美第1回では、個人消費に影響を与える労働市場の状況を捉えるために、雇用統計の見方について説明しました。今回は、個人消費に影響を与えるもう一つの重要な要因として消費者マインドについて見てみます。 この記事を「お気に入りレポート」に登録しておくことができます。

2013年10月15日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

消費動向調査(2013年9月) ~4ヶ月ぶりの上昇、改善幅も大きい~

Economic Indicators定例経済指標レポート指標名:消費動向調査(2013年9月)発表日:2013年10月10日(木)~4ヶ月ぶりの上昇、改善幅も大きい~第一生命経済研究所 経済調査部担当 エコノミスト 高橋 大輝TEL:03-5221-4524消費者態度指数消費者意識指標(全国・一般世帯) 暮らし向き前月差2012年7月8月9月10月11月12月2013年1月2月3月4月5月6月7月8月9月36.137.337.037.136.837.742.642.343.144.545.74

2013年10月8日Ipsosフィードバック数:0マーケティング

Economic Pulse

トップ>先進国は緩やかな回復傾向 新興国は引き続き下降・・・日本は?~ 『Ipsos Economic Pulse』先進国は緩やかな回復傾向 新興国は引き続き下降・・・日本は?~ 『Ipsos Economic Pulse』 2013. 10 No.23イプソスは、オンラインパネルシステムにより日本を含む世界25カ国で毎月実施しているGlobal @dvisor調査を基に、消費者の景況感をレポートする『Economic Pulse』を発表しています。 9月25日に発表された最新の『Econom

グラフで見る東海経済(2013年9月)

2013年09月26日【今月の景気判断】東海経済は持ち直しが一服している。海外景気の回復を背景に輸出は持ち直し傾向が続いているものの、 自動車の増産が一服し、設備投資も非製造業を中心に伸び悩んでいる。個人消費は、高額品の好調が続き、 緩やかに持ち直しているが、賃金の持ち直しは緩やかであり、消費者マインドも低下傾向となっている。公共投 資は国・地方とも発注額が増加しているほか、住宅投資も消費増税前で持ち直し傾向が続いている。 今後は、世界経済の回復とともに輸出の緩やかな持ち直しが続くとみられる一方

2013年9月20日大和総研★フィードバック数:0社会/政治

増税の影響を検討しています。

消費税増税と消費者マインド・物価予想

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 消費税増税と消費者マインド・物価予想過去も駆け込みと反動減の反面、増税前にマインドが低迷し増税後に改善、物価上昇予想にも増税は影響 ◆最近消費者マインドの低下を示す指標が表れているが、1989年の消費税導入時や1997年の税率引上げ時の状況を見ると、消費税導入・税率引上げ前には景気動向とは逆に消費者マインドが悪化した一方、駆け込み需要が発生した。導入・引上げ後は、直後に消費自体は反動減が生じたものの、

2013年9月10日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

消費動向調査(2013年8月) ~3ヶ月連続の低下。消費者マインドの改善に一服感~

消費動向調査(2013年8月) ~3ヶ月連続の低下。消費者マインドの改善に一服感~

2013年7月12日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

消費動向調査(2013年6月) ~前月比低下だが、消費の腰折れを心配する程ではない~

Economic Indicators指標名:消費動向調査(2013年6月)定例経済指標レポート発表日:2013年7月10日(水)第一生命経済研究所 経済調査部 担当 エコノミスト 星野 卓也 TEL:03-5221-4526~前月比低下だが、消費の腰折れを心配する程ではない~消費者態度指数 (全国・一般世帯) 暮らし向き前月差 前月差消費者意識指標 収入の増え方前月差雇用環境 34.1 35.5 35.4 35.1 34.8 36.7 46.5 47.0 48.8 49.0 50.2 47.6

2013年7月5日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

消費の持続性が年後半も続く鍵はなにか?

リサーチ TODAY2013 年 7 月 5 日消費の持続性が年後半も続く鍵はなにか?常務執行役員 チーフエコノミスト 高田 創2013年入り後の個人消費は堅調に推移している1。2013年1~3月期の実質個人消費は、耐久財、半耐久財、非耐久財、サービスの全ての支出が拡大し、前期比+0.9%と増加した。4~6月期も消費の基調は強そうだ。こうした消費堅調の牽引役は次の図表に示されるように、中・高所得者層であった。同様に、消費者の今後半年間の意識(消費マインド)を示す消費者態度指数を年収別に見ると、年

日銀短観(2013年6月調査)予測

2013年06月20日○7月1日に公表される2013年6月調査の日銀短観では、大企業製造業の業況判断DIは前回調査から4ポイント上昇の-4に改善すると予測する。円安の恩恵を受けやすい加工業種で改善幅が大きくなる見込みだ。輸出に持ち直しの動きがみられる中、生産は増加基調が続いている。先行きについても、景気の持ち直しが続く中、マインドの改善は続くだろう。○大企業非製造業の業況判断DIは前回調査から3ポイント上昇の9と、製造業と比べ改善幅はやや小幅にとどまるものの、水準はさらに高まるだろう。先行きも改

マインド先行型の回復とのことです。

アベノミクスで消費はどう変化したか

No.50リサーチ総研金融経済レポート金融経済レポート No.502013/5/23アベノミクスで消費はどう変化したか - すそ野は広がるも「メリハリ色」は一層強まる日本リサーチ総合研究所 主任研究員 藤原 裕之調査研究部 03-5216-7314hiroyuki.fujiwara@research-soken.or.jp個人消費はマインド先行型の回復をみせている。弊所発表の「景気見通し指数」は過去最高値を記録した。株高とア ベノミクスの相乗効果で消費が拡大している。家計金融資産の時価評価の増加

2013年5月1日大和総研フィードバック数:1社会/政治

2013年3月消費統計

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 3月消費統計個人消費の増加は足踏みしたものの、堅調な推移が続く ◆2013年3月の家計調査によると、実質消費支出は前年比+5.2%と3ヶ月連続のプラスとなった。季節調整値で見ると前月比+2.0%と3ヶ月連続の増加、振れの大きい住居や自動車などを除いた実質消費支出(除く住居等)で見ると、同▲0.3%と4ヶ月ぶりの減少となった。供給側の統計である小売販売金額も減少しており、これまで続いてきた個人消費の増加

2013年3月14日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

消費動向調査(2013年2月) ~消費者マインドはさらに改善

消費動向調査(2013年2月) ~消費者マインドはさらに改善

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
 

お知らせ