調査のチカラ TOP > タグ一覧 > 消費者意識調査

「消費者意識調査」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2017年9月22日エデルマン★フィードバック数:0マーケティング

消費者意識調査「2017 エデルマン・アーンドブランド」日本の調査結果

Press ReleasesHome » 企業情報 » ニュース » 消費者意識調査「2017 エデルマン・アーンドブランド」日本の調査結果発表(2017/9/5)消費者意識調査「2017 エデルマン・アーンドブランド」日本の調査結果発表(2017/9/5)プレスリリース2017年9月5日エデルマン・ジャパン株式会社「ビリーフ・ドリブン」な購買が、時代の新たなスタンダードに ~日本の消費者の43%がブランドの社会的・政治的問題に対するスタンスによって購買行動を決定している~世界のコミュニケーショ

実店舗およびオンラインショッピングに対する意識調査

消費者は店舗スタッフからの有益な情報提供を望み、オンラインショッピングでは無料配送を期待している マンハッタン・アソシエイツがショッピングにおける消費者意識調査を実施 マンハッタン・アソシエイツ株式会社(東京都港区、本社: 米国ジョージア州アトランタ、NASDAQ: MANH)は、国内の2,000人を超える一般消費者を対象に、実店舗およびオンラインショッピングに対する意識調査を実施しました。その結果、多くの消費者が、店舗スタッフからの「商品に関するアドバイス」や「商品のお得な情報」の提供を求めて

2016年6月23日電通★フィードバック数:0ライフスタイル

機能性表示食品に関する消費者意識調査2016

グローバルネットワーク電通の国内外のネットワークをご紹介します。 ニュース株式会社電通が発信する最新のニュースリリースやトピックスなどをご覧いただけます。 採用情報株式会社電通および電通グループの採用情報のご案内です。 「機能性表示食品に関する消費者意識調査2016」を実施2016年6月20日電通、「機能性表示食品に関する消費者意識調査2016」を実施 ― 男女で異なる「健康的な食」へのアプローチ ―●制度の認知は約8割。2割は実際に購入経験あり ●4人に1人がベジタブルファースト

2015年12月17日オープンテーブルフィードバック数:0大型消費/投資

レストランでのサプライズ演出に関する消費者意識調査

[オープンテーブル株式会社] ,レストラン クリスマス IT 年末年始 演出 外食 アプリ サプライズ OpenTable オープンテーブル

2015 エデルマン・アーンドブランド

日本の消費者はイノベーションがもたらす副次的な結果を懸念 消...| メディアで多数の記事になった注目のプレスリリース 日本の消費者はイノベーションがもたらす副次的な結果を懸念消費者はブランドに「感動」よりも「確信」を求めている~ エデルマン、イノベーションとブランドに関する消費者意識調査 「2015 エデルマン・アーンドブランド」の調査結果発表 ~ ・日本の消費者の81%は、イノベーションによって副次的にもたらされるプライバシーやセキュリティ、環境への影響に対する懸念により、商品を購

2015年10月27日電通★★フィードバック数:0ライフスタイル

機能性表示食品に関する消費者意識調査2015

グローバルネットワーク電通の国内外のネットワークをご紹介します。 ニュース株式会社電通が発信する最新のニュースリリースやトピックスなどをご覧いただけます。 採用情報株式会社電通および電通グループの採用情報のご案内です。 「機能性表示食品に関する消費者意識調査2015」を実施2015年10月27日電通、「機能性表示食品に関する消費者意識調査2015」を実施広告露出開始から3カ月で、機能性表示制度の認知は8割に迫る勢い ●女性では「疲労回復」「免疫」など、食品への新たなニーズも ●健康

2015年『電気自動車(EV)など次世代車に関する消費者意識調査』

2015年『電気自動車(EV)など次世代車に関する消費者意識調査』燃料電池車(FCV)の認知が大幅上昇。すべての次世代車に対する購入意向が高まる デロイト トーマツ コンサルティング合同会社は、日本の消費者における「電気自動車(EV)を含む次世代車に関する意識調査」を実施、動向を分析したものを発表する。なお、本調査は2010年以降、毎年継続して実施している。 2015年6月29日デロイト トーマツ コンサルティング合同会社(本社:東京都千代田区 代表執行役社長:近藤 聡 以下:DTC)は日

電力についての意識調査です。

これからの電力のあり方についての消費者意識調査

ページ内を移動するためのリンクです日本生活協同組合連合会オフィシャルサイト2015年05月08日「これからの電力のあり方についての消費者意識調査」 日本生協連が、2015年4月24日~29日に実施した「これからの電力のあり方についての消費者意識調査」の集計結果がまとまりましたので、ご紹介します。■調査結果のトピックス○「2030年の電源構成はどうあるべきか」・原子力発電の比率は、「0%」と「5%程度」合計が約5割、「25%以上」は約1割・再生可能エネルギーの比率は、「30%以上」が3割半、「

トーマツの調査です。

電気自動車(EV)など次世代車に関する消費者意識調査

電気自動車(EV)など次世代車に関する消費者意識調査 デロイト トーマツ コンサルティング株式会社(本社:東京都千代田区 代表取締役社長:近藤 聡)は日本の消費者における電気自動車(EV)を含む次世代車に関する意識調査を実施、その動向を分析した。 2014年11月25日EVに対する認知度・購入意向は、いずれも2年連続で伸びず・ EV認知度:2年連続で伸びず(2012年87.2%⇒2013年85.0%⇒2014年82.6%)・ EV購入意向:認知度に連動、伸びず(2012年17.9%⇒201

節電についての調査です。

節電と再生可能エネルギーに関する消費者意識調査

ページ内を移動するためのリンクです日本生活協同組合連合会オフィシャルサイト日本生協連からのお知らせ・ニュースリリース過半数が「電気料金が値上がりするとしても、再生可能エネルギーを利用したい」「再生可能エネルギーの利用を促進している企業や組織は応援したい」は約9割 2014年07月02日過半数が「電気料金が値上がりするとしても、再生可能エネルギーを利用したい」 「再生可能エネルギーの利用を促進している企業や組織は応援したい」は約9割 ~節電と再生可能エネルギーに関する消費者意識調査~ 日本生

2013年9月17日Ipsosフィードバック数:0マーケティング海外

アジアパシフィック6か国「顧客サービスに関する消費者意識調査」

イプソスは、生活者、マーケット、ブランド、社会に旺盛な好奇心を持っています。変化する世界をシンプルに素早くナビゲートし、クライアントの皆様のより賢明なビジネスディシジョンをサポートします。

クレジットカードの業界団体からICに関する意識調査のデータが発表になりました。

ICクレジットカードに関する消費者意識調査

ICクレジットカードに関する消費者意識調査−暗証番号入力によるICクレジットカード利用の浸透− 銀行系クレジットカード会社で組織されている日本クレジットカード協会(略称JCCA、会長 井上 誠一郎 ユーシーカード株式会社代表取締役社長)は、平成17年度より継続してクレジットカードの安全性やICカードに関する消費者の志向・意識を探るため、インターネットによる調査を行っています。平成20年度の結果、ICクレジットカードの認知状況は「内容まで知っている」人と「聞いたことがある」人を合わせた割合が9割

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
 

新着データ

新着データINDEXへ

お知らせ