調査のチカラ TOP > タグ一覧 > 消費者態度

「消費者態度」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

2016年12月15日内閣府フィードバック数:0社会/政治

消費動向調査(平成28年11月調査)

調査結果の要点:消費動向調査(平成28年11月調査)消費者態度指数平成28年11月の消費者態度指数(二人以上の世帯、季節調整値)は、10月の42.3から1.4ポイント低下して40.9となり、2か月連続で前月を下回った。消費者態度指数を構成する4項目全てが2か月連続で前月から低下した。消費者態度指数の動きから見た11月の消費者マインドの基調判断は、持ち直しのテンポが緩やかになっている。(下方修正、前月:持ち直しの動きがみられる。)※過去平均(昭和57年6月~平成28年11月)は42.1。物価の見

2014年12月12日三菱総合研究所フィードバック数:0社会/政治

日本:マインド関連指標(2014年11月)

日本:マインド関連指標(2014年11月)景気ウォッチャー調査70MRI Daily Economic PointsDecember 11, 2014評価ポイント(DI)景気ウォッチャー調査 2~3ヶ月先家計動向 企業動向 雇用 現状判断DI6560 5511月の景気の現状判断DI(3ヵ月前からの景気認識の変化)は、41.5と2ヵ月連 続で低下し、12年11月以来の低水準となった。 内訳をみると、家計動向、企業動向、雇用のいずれのDIも悪化した。家計動向 は、小売や住宅関連の悪化が響き▲2.8

PwCのレポートです。

モバイル広告‐消費者は何を求めているのか 各国の比較

モバイル広告‐消費者は何を求めているのか 各国の比較 Consumer Intelligence SeriesPwCのConsumer Intelligence Seriesでは、メディアとテクノロジーの構造が急速に変化する中、消費者の態度と行動について考察します。本レポートでは、「モバイル広告」に関連した消費者の態度と行動について、2013年10月から11月にかけて4カ国(ブラジル、中国、英国、米国)、3,800人を対象に行った調査の主な結果をまとめました。本調査では、以下のような消費者行動に

2013年12月11日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

消費動向調査(2013年11月) ~単月では上昇も基調はやや軟調~

Economic Indicators指標名:消費動向調査(2013年11月)定例経済指標レポート発表日:2013年12月10日(火)第一生命経済研究所 経済調査部 担当 エコノミスト 大塚 崇広 TEL:03-5221-4525~単月では上昇も基調はやや軟調~消費者態度指数 (全国・一般世帯) 暮らし向き前月差 前月差消費者意識指標 収入の増え方前月差雇用環境 34.1 35.5 35.4 35.1 34.8 36.7 46.5 47.0 48.8 49.0 50.2 47.6 47.7 46

2013年11月20日経済産業研究所フィードバック数:0マーケティング

心理指標と消費者マインドはどのように関係しているか?

ノンテクニカルサマリー 心理指標と消費者マインドはどのように関係しているか?このノンテクニカルサマリーは、分析結果を踏まえつつ、政策的含意を中心に大胆に記述したもので、DP・PDPの一部分ではありません。分析内容の詳細はDP・PDP本文をお読みください。また、ここに述べられている見解は執筆者個人の責任で発表するものであり、所属する組織および(独)経済産業研究所としての見解を示すものではありません。 人的資本プログラム (第三期:2011~2015年度)「人的資本という観点から見たメンタルヘルスに

2013年6月25日みずほ総合研究所フィードバック数:3社会/政治

消費の回復は持続するのか~株高依存でなく、所得環境の改善が必要~

みずほインサイト日本経済2013 年 6 月 25 日消費の回復は持続するのか経済調査部エコノミスト株高依存でなく、所得環境の改善が必要03-3591-1294千野珠衣tamai.chino@mizuho-ri.co.jp○ 年明け以降の消費堅調の背景には株高がある。株高が消費を増加させる経路には、①家計の保有資産拡大を通じた経路、②景気回復期待による消費者マインドの改善を通じた経路の2つがある。○ 消費をキャピタルゲインや消費者マインド等で説明する消費関数によると、年明け以降の消費回復について

2013年4月19日第一生命保険フィードバック数:1社会/政治

消費動向調査(2013年3月) ~消費者マインドの改善持続~

Economic Indicators定例経済指標レポート指標名:消費動向調査(2013年3月)発表日:2013年4月17日(水)~消費者マインドの改善持続~第一生命経済研究所 経済調査部担当 エコノミスト 星野 卓也TEL:03-5221-4526消費者態度指数消費者意識指標(全国・一般世帯) 暮らし向き前月差収入の増え方前月差雇用環境前月差耐久消費財の買い時判断前月差前月差2012年1月39.90.740.71.039.50.937.40.442.00.62月39.8▲ 0.140.6▲ 0

2013年3月26日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

株高による消費押し上げ効果を考える ~2割の株価上昇によって、個人消費+0.21%ptの押し上げが見込まれる

Economic Trendsマクロ経済分析レポート株高による消費押し上げ効果を考える発表日:2013年3月22日(金)~2割の株価上昇によって、個人消費+0.21%ptの押し上げが見込まれる~第一生命経済研究所 経済調査部担当 エコノミスト 星野 卓也TEL:03-5221-4526(要旨)○株高を背景に、個人消費を取り巻く環境が好転している。消費者マインドが年初以降改善に転じたほか、高額消費が活況を呈しており、個人消費に明るい兆しが見えてきた。○株価の上昇が個人消費の増加に繋がる過程には、①

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
 

お知らせ