調査のチカラ TOP > タグ一覧 > 消費者教育

「消費者教育」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

2017年2月1日静岡県フィードバック数:0大型消費/投資

若者のお金の使い道、目に見えるか否かで男女に違い?

若者のお金の使い道、目に見えるか否かで男女に違い? 商品選択...| メディアで多数の記事になった注目のプレスリリース 若者のお金の使い道、目に見えるか否かで男女に違い?商品選択ポイント、年齢が高くなると“質”重視にお金の流れが見えない社会貢献商品は逆に不信感も~静岡県 消費者教育推進事業(若者)調査~ 静岡県では、消費者市民社会の実現に向け、社会的価値行動ができる消費者の育成に取り組んでいます。このたび消費者教育推進事業の一環として、県内在住の若者(18~39歳)を対象にアンケート及

消費者政策に関する消費者意識調査

一般社団法人消費者のみらいを考える会は、①自立した消費者になるために何が必要か、②消費者が商品・サービスを選択するときに重要視することについてアンケートを実施しました。 調査結果概要ならびに結果詳細データについては下記からダウンロードできます。 また、結果概要について下記にも記載しておりますので、あわせてご確認ください。 今回の調査では、一般的な消費者が、より良い生活環境を確立していくためには、法規制の強化という手法ではなく、消費者自身が情報収集力や判断力を向上させることが最も重要であると

2015年4月8日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成26年度商取引適正化・製品安全に係る事業(製品安全に係る消費者教育推進事業)報告書

平成26年度商取引適正化・製品安全に係る事業(製品安全に係る消費者教育推進事業)報告書

2013年8月29日大和総研フィードバック数:0社会/政治

消費者教育におけるネットリテラシー

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 消費者教育におけるネットリテラシー―消費者市民社会の形成に求められるもの― ◆消費者市民社会とは、消費生活が経済社会に大きな影響を与えることを消費者が自覚して、公正かつ持続可能な社会の形成に積極的に参画する社会である。◆高度情報化の進展でネットを利用した取引が大きく増加しており、以前にも増してネットリテラシー・ネットモラルの向上が求められている。◆マルチステークホルダーで構成される消費者教育推進会議に

2013年6月4日信金中央金庫フィードバック数:0社会/政治

信金中金月報 2013年6月号

ISSN1346-9479第 12巻 第 6 号( 通 巻 4 8 6 号 )株式市場の機能の再生−英国の考え方メインストリートの金融 ⑨― The Future of Community Banking ―「金融教育に関するアンケート」調査からみた日本と台湾における消費者教育の実態とその課題中小企業経営におけるエネルギーマネジメントの視点― 求められるエネルギー利用環境変化への対応 ―統計「信金中金月報掲載論文」募集のお知らせ○対象分野は、当研究所の研究分野でもある「地域」「中小企業」「協同組

2013年5月15日経済産業省フィードバック数:2ビジネス

平成24年度商取引適正化・製品安全に係る事業(クレジット産業の健全な発展及び安全利用等に向けた調査研究)報告書

平成 24 年度商取引適正化・製品安全に係る事業(クレジット産業の健全な発展及び安全利用等に向けた調査研究)《報告書》平成 25 年 3 月目次はじめに ..................................................................................................................................... 1第1章12クレジットカード利用機会の拡大 .................

2013年2月14日消費者庁フィードバック数:1社会/政治

平成24年度 地方消費者行政の現況調査(第2次)

テーマから探す消費者の方被害にあったら被害にあわないために生命・身体の安全を確保する悪質商法などから身を守るために食品の安全や表示について知る子ども・高齢者の事故・被害を防ぐ表示に疑問を持ったら契約のルールや被害回復の制度を知る消費者教育について知る物価の動向をチェックする行政・消費生活相談員の方消費者庁の取組について知りたい消費者庁の会議について知りたい地方消費者行政の支援について知りたい消費者被害防止の取組について知りたい行政処分の状況について知りたい消費者教育について知りたい(啓発資料がみ

2012年11月13日消費者庁★フィードバック数:24マーケティング

消費者のトラブルや被害についての意識調査です。

消費生活に関する意識調査

消費生活に関する意識調査結果報告書平成 24 年 11 月消費者庁11.調査目的本調査は、日常の消費生活における重視点、消費者行政に対する評価、消費者被害に関する意識等について調査を行い、消費者問題の現状や求められる政策ニーズを把握し、消費者行政の企画及び立案の参考とするものである。2.調査対象全国18歳以上の男女 2,000 人※年齢・性別・地域が日本の人口構成と同等になるよう、調査会社の保有モニターから抽出3.調査期間2012年3月14日~3月21日4.調査実施機関株式会社 スパイア5.調査

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
 

お知らせ