調査のチカラ TOP > タグ一覧 > 消費者物価上昇

「消費者物価上昇」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2015年6月11日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

黒田総裁は円安の是正に動いたのか? ~国会における為替レートへの言及の意図~

BOJ Watching黒田総裁は円安の是正に動いたのか?~国会における為替レートへの言及の意図~日本銀行分析レポート 発表日:2015年6月10日(水)第一生命経済研究所 経済調査部 担当 熊野英生(℡:03-5221-5223) 6 月 10 日のドル円レートは、黒田総裁の発言に敏感に反応して、1 ドル 124 円台半ばから 122 円台に大きく振れ た。国会での発言をよくみると、円安そのものに否定的なことを言っている訳ではない。黒田発言の真意を考える と、むしろ速いペースで進むドル円レート

2015年4月20日内閣府フィードバック数:0社会/政治

2015年4月月例経済報告

           (平成27年4月)    −景気は、企業部門に改善がみられるなど、緩やかな回復基 調が続いている。−         先行きについては、雇用・所得環境の改善傾向が続くなかで、原油価格下落の 影響や各種政策の効果もあって、緩やかに回復していくことが期待される。ただ し、海外景気の下振れなど、我が国の景気を下押しするリスクに留意する必要が ある。        平成27年4月20日  内    閣    府  [参 考 ]先  月 か ら の 主 要 変 更 点   3月月例 

2015年4月20日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

欧州経済見通し 消費が牽引する景気回復

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 欧州経済見通し 消費が牽引する景気回復順調なスタートを切ったECBの国債買取プログラム ◆ECBが3月9日に開始したPSPP(国債等公的部門の債券買取を通じた量的緩和策)は順調なスタートを切り、ABSなど民間部門の債券買取と合わせて月額600億ユーロの資産買取が進行中である。PSPPを含む過去1年余りのECBの追加金融緩和措置により、ユーロ圏各国で国債利回り低下や銀行の貸出金利低下が進んでいるが、20

2015年3月23日内閣府フィードバック数:0社会/政治

2015年3月月例経済報告

(平成27年3月)−景気は、企業部門に改善がみられるなど、緩やかな回復基調が続いている。−先行きについては、雇用・所得環境の改善傾向が続くなかで、原油価格下落の影響や各種政策の効果もあって、緩やかに回復していくことが期待される。ただし、海外景気の下振れなど、我が国の景気を下押しするリスクに留意する必要がある。平成27年3月23日内閣府[参 考 ]先 月 か ら の 主 要 変 更 点2月月例基調判断政策態度3月月例景 気 は 、個 人 消 費 な ど に 弱 さ が み ら れ る が 、景気は

中国人民銀行が利下げを実施

<全人代前に利下げ>中国人民銀行(中央銀行)は2月28日夜に利下げを発表し、翌3月1日に実施しました。前回の利下げは2014年11月に行われており、2015年内に追加利下げを見込む向きはありましたが、全人代(全国人民代表大会、国会に相当)の開催を3月5日に控えての利下げはタイミングとして意外感がありました。<景気下支えを狙う>中国の1〜2月の経済指標は春節休暇の影響で歪みが生じやすく、一部の指標は1〜2月分がまとめて3月に発表されます。このため、2月28日時点では景気動向の詳細な分析は難しかった

2015年2月19日内閣府フィードバック数:0社会/政治

2015年2月月例経済報告

           (平成27年2月)    −景気は、個人消費などに弱さがみられるが、緩やかな回復 基調が続いている。−         先行きについては、雇用・所得環境の改善傾向が続くなかで、原油価格下落の 影響や各種政策の効果もあって、緩やかに回復していくことが期待される。ただ し、消費者マインドの弱さや海外景気の下振れなど、我が国の景気を下押しする リスクに留意する必要がある。        平成27年2月19日  内    閣    府  [参 考 ]先  月 か ら の 主 要 変

2015・2016年度経済見通し(15年2月)

2015・2016年度経済見通し(15年2月) | ニッセイ基礎研究所 2015・2016年度経済見通し(15年2月) 経済研究部 経済調査室長 斎藤 太郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら <実質成長率:2014年度▲0.9%、2015年度1.8%、2016年度1.9%を予想> 2014年10-12月期の実質GDPは前期比年率2.2%と3四半期ぶりのプラス成長と

2015年1月30日三菱東京UFJ銀行フィードバック数:0社会/政治

経済マンスリー:2015年1月(全体版)

平成 27 年(2015 年)1 月 29 日【経済概況】Ⅰ.日 本~春闘での高めの賃上げ実現は、企業の成長期待の改善度合いが左右~Ⅱ.米 国~家計消費は底堅さを示すも、油価下落の賃金等への波及には注視が必要~Ⅲ.西 欧~デフレリスクが一段と高まるなか、ECB は国債購入含む追加緩和策を発表~Ⅳ.ア ジ ア~資源価格の下落は景気を下支え、一部財政面からの下押しには留意~Ⅴ.中 国~緩やかな減速傾向が続くなか、金融政策は選択的な対応を継続~Ⅵ.オーストラリア~資源価格の下落を受け輸出の減速が続く~

2015年1月26日内閣府フィードバック数:0社会/政治

月例経済報告(平成27年1月)

           (平成27年1月)    −景気は、個人消費などに弱さがみられるが、緩やかな回復 基調が続いている。−         先行きについては、当面、弱さが残るものの、雇用・所得環境の改善傾向が続 くなかで、原油価格下落の影響や各種政策の効果もあって、緩やかに回復してい くことが期待される。ただし、消費者マインドの弱さや海外景気の下振れなど、 我が国の景気を下押しするリスクに留意する必要がある。        平成27年1月23日  内    閣    府  [参 考 ]先  月

2014年12月19日内閣府フィードバック数:0社会/政治

月例経済報告(平成26年12月)

(平成26年12月)−景気は、個人消費などに弱さがみられるが、緩やかな回復基調が続いている。−先行きについては、当面、弱さが残るものの、雇用・所得環境の改善傾向が続くなかで、各種政策の効果もあって、緩やかに回復していくことが期待される。ただし、消費者マインドの低下や海外景気の下振れなど、我が国の景気を下押しするリスクに留意する必要がある。平成26年12月19日内閣府[参 考 ]先 月 か ら の 主 要 変 更 点11月 月 例基調判断政策態度12月 月 例景気は、個人消費などに弱さがみられるが

2014年11月25日内閣府フィードバック数:0社会/政治

月例経済報告(平成26年11月)

(平成26年11月)−景気は、個人消費などに弱さがみられるが、緩やかな回復基調が続いている。−先行きについては、当面、弱さが残るものの、雇用・所得環境の改善傾向が続くなかで、各種政策の効果もあって、緩やかに回復していくことが期待される。ただし、消費者マインドの低下や海外景気の下振れなど、我が国の景気を下押しするリスクに留意する必要がある。平成26年11月25日内閣府[参 考 ]先 月 か ら の 主 要 変 更 点基調判断政策態度10月 月 例景気は、このところ弱さがみられるが、緩やかな回復基調

中期経済見通し(2014~2024年度)-需要不足と供給力低下に直面する世界経済

中期経済見通し(2014~2024年度)-需要不足と供給力低下に直面する世界経済 | ニッセイ基礎研究所 シンクタンクならニッセイ基礎研究所 > 中期経済見通し(2014~2024年度)-需要不足と供給力低下に直面する世界経済中期経済見通し(2014~2024年度)-需要不足と供給力低下に直面する世界経済 経済研究部 経済調査室長 斎藤 太郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録は

2014年9月16日三菱東京UFJ銀行フィードバック数:0社会/政治

経済見通し:2014年9月(全体版)

平成 26 年(2014 年)9 月 11 日見通しの概要~世界経済は、先進国を中心に、緩やかな回復基調を維持する見通し~日本~好循環の回転加速で消費増税を乗り切り、景気は回復基調を持続~米国~企業から家計への波及改善を支えに、成長率は緩やかながらも高まる展開に~西欧~ユーロ圏は 1%弱の低成長が続く、英国は消費主導の堅調な回復が持続~ア ジ ア~中国経済の減速は何とか緩やかなペースに止まり、アジア経済全体は底堅さを維持~オーストラリア~景気は回復傾向が続くも、設備投資の低調などを背景に成長ペー

2014年8月26日内閣府フィードバック数:0社会/政治

月例経済報告(平成26年8月)

           (平成26年8月)    −景気は、緩やかな回復基調が続いており、消費税率引上げ に伴う駆け込み需要の反動も和らぎつつある。−       先行きについては、当面、消費税率引上げに伴う駆け込み需要の反動により一 部に弱さが残るものの、次第にその影響が薄れ、各種政策の効果が発現するなか で、緩やかに回復していくことが期待される。ただし、駆け込み需要の反動の長 期化や海外景気の下振れなど、我が国の景気を下押しするリスクに留意する必要 がある。          平成26年8月2

2014年7月18日内閣府フィードバック数:0社会/政治

月例経済報告(平成26年7月)

(平成26年7月)−景気は、緩やかな回復基調が続いており、消費税率引上げに伴う駆け込み需要の反動も和らぎつつある。−先行きについては、当面、消費税率引上げに伴う駆け込み需要の反動により一部に弱さが残るものの、次第にその影響が薄れ、各種政策の効果が発現するなかで、緩やかに回復していくことが期待される。ただし、海外景気の下振れが、引き続き我が国の景気を下押しするリスクとなっている。平成26年7月17日内閣府[参 考 ]先 月 か ら の 主 要 変 更 点基調判断政策態度6月月例7月月例景気は、緩や

2014年6月20日内閣府フィードバック数:0社会/政治

月例経済報告(平成26年6月)

           (平成26年6月)    −景気は、緩やかな回復基調が続いているが、消費税率引上 げに伴う駆け込み需要の反動により、このところ弱い動き もみられる。−     先行きについては、当面、消費税率引上げに伴う駆け込み需要の反動により弱 さが残るものの、次第にその影響が薄れ、各種政策の効果が発現するなかで、緩 やかに回復していくことが期待される。ただし、海外景気の下振れが、引き続き 我が国の景気を下押しするリスクとなっている。          平成26年6月20日  内   

ESPフォーキャスト2014年6月調査「設備投資・輸出で今年度実質0.85%成長に―デフレ脱却描く2025年度予測」

ESPフォーキャスト調査17年度 実質1.26%成長に高まる−設備・輸出さらに上振れー■2017年3月調査を公表しました(2017年3月17日)民間エコノミストが見込む2017年度の実質成長率は平均で1.26%となった。昨年11月から5カ月連続で上方修正となった。特に、民間設備投資や輸出、生産の予測が月を追うごとに強気になっており、企業部門に明るさが増している。17年の春季労使交渉で自動車や電機大手のベースアップ回答は前年を下回ったが、フォーキャスターは17年度の所定内給与の伸びを微増とみている

2014年4月21日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

欧州経済見通し リスクは過度な通貨高

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 欧州経済見通し リスクは過度な通貨高ユーロ圏、英国ともエネルギー価格下落が物価を押し下げ ◆ユーロ圏の3月の消費者物価上昇率は前年比+0.5%に低下し、ECB(欧州中央銀行)が目指す「前年比+2.0%をやや下回るインフレ率」からさらに乖離してしまった。ただし、イースターが昨年は3月、今年は4月とずれたことが物価下押しに作用したと考えられ、また4月のエネルギー価格は3月ほどには下落しないと見込まれるため

2014年4月18日内閣府フィードバック数:0社会/政治

月例経済報告(平成26年4月)

(平成26年4月)−景気は、緩やかな回復基調が続いているが、消費税率引上げに伴う駆け込み需要の反動により、このところ弱い動きもみられる。−先行きについては、当面、消費税率引上げに伴う駆け込み需要の反動により弱さが残るものの、次第にその影響が薄れ、各種政策の効果が発現するなかで、緩やかに回復していくことが期待される。ただし、海外景気の下振れが、引き続き我が国の景気を下押しするリスクとなっている。平成26年4月17日内閣府[参 考 ]先 月 か ら の 主 要 変 更 点基調判断政策態度3月月例景

2014年1月31日三菱東京UFJ銀行フィードバック数:0社会/政治海外

経済マンスリー 2014年1月(オーストラリア)

平成 26 年(2014 年)1 月 30 日雇用は軟調が続くも、インフレ圧力の高まりが追加利下げのハードルに豪州では雇用の軟調を背景に、消費が伸び悩んでいる。昨年 12 月の失業率は 5.8%と高水準が続き(第 1 図)、雇用者数はフルタイムの落ち込みを主因に、前年比+0.5%と、2011 年末以来の低い伸びとなった。労働時間も減少しており、雇用が改善する兆しは乏しい。また、11 月の小売売上も前月比+0.7%の増加にとどまった。昨年 9 月の政権交代直後には、新政権に対する期待から消費者信頼

2014年1月10日三菱東京UFJ銀行フィードバック数:0社会/政治海外

ASEAN・インド月報(2014年1月)

2014 年 1 月 10 日ASEAN・インド月報(2014 年 1 月)【目次】■インドネシア1.マクロ経済動向・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・12.政治・経済・産業トピック・・・・・・・・・・・23.市場動向(為替・金利)・・・・・・・・・・・・・3■タイ1.マクロ経済動向・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・132.政治・経済・産業トピック・・・・・・・・・・・143.市場動向(為替・金利)・・・・・・・・・・・・・15■マレーシア1.マクロ経済動向・・・・・・・・・・・・

2013~2015年度経済見通し-2013年度中は高成長も、消費増税後に試練

2013~2015年度経済見通し-2013年度中は高成長も、消費増税後に試練 | ニッセイ基礎研究所 シンクタンクならニッセイ基礎研究所 > 2013~2015年度経済見通し-2013年度中は高成長も、消費増税後に試練2013~2015年度経済見通し-2013年度中は高成長も、消費増税後に試練 経済研究部 経済調査室長 斎藤 太郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら

2013年12月11日三菱東京UFJ銀行フィードバック数:0社会/政治海外

ASEAN・インド月報(2013年12月)

2013 年 12 月 10 日ASEAN・インド月報(2013 年 12 月)【目次】■インドネシア1.マクロ経済動向・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・12.政治・経済・産業トピック・・・・・・・・・・・23.市場動向(為替・金利)・・・・・・・・・・・・・3■タイ1.マクロ経済動向・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・132.政治・経済・産業トピック・・・・・・・・・・・143.市場動向(為替・金利)・・・・・・・・・・・・・15■マレーシア1.マクロ経済動向・・・・・・・・・・

2013年12月4日日本政策投資銀行フィードバック数:0社会/政治

DBJ Monthly Overview12月号

DBJ Monthly Overview2013/12産業調査部DBJ Monthly Overview経済・産業動向今月のトピックス□バリューチェーンコア企業のサポートによる産業競争力強化 事例編(1)  ∼経営トップインタビューをふまえて∼日本政策投資銀行 産業調査部201312DBJ Monthly Overview                   December 2013Contents今月のトピックスバリューチェーンコア企業のサポートによる産業競争力強化 事例編(1)~経営トップ

2013年11月25日内閣府フィードバック数:0社会/政治

月例経済報告(平成25年11月)

(平成25年11月)−景気は、緩やかに回復しつつある。−先行きについては、輸出が持ち直しに向かい、各種政策の効果が発現するなかで、家計所得や投資の増加傾向が続き、景気回復の動きが確かなものとなることが期待される。また、消費税率引上げに伴う駆け込み需要も見込まれる。ただし、海外景気の下振れが、引き続き我が国の景気を下押しするリスクとなっている。平成25年11月22日内閣府[参考] 先月からの主要変更点10月月例景気は、緩やかに回復しつつある。・輸出は、おおむね横ばいとなっている。生産は、緩やかに増

2013~2015年度経済見通し~2013年度中は高成長も、消費増税後に試練

経済・金融、保険・年金・社会保障、資産運用、不動産、経営・ビジネス、暮らし、高齢社会についてのシンクタンク | ニッセイ基礎研究所 2013〜2015年度経済見通し〜2013年度中は高成長も、消費増税後に試練2013/11/15<実質成長率:2013年度2.6%、2014年度0.2%、2015年度0.9%を予想> 2013年7-9月期の実質GDPは前期比年率1.9%と4四半期連続のプラス成長となったが、輸出が減少に転じたことを主因として4-6月期の同3.8%からは大きく減速した。2013

2013年11月13日三菱東京UFJ銀行フィードバック数:0社会/政治海外

ASEAN・インド月報(2013年11月)

2013 年 11 月 8 日ASEAN・インド月報(2013 年 11 月)【目次】■インドネシア1.マクロ経済動向・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・12.政治・経済・産業トピック・・・・・・・・・・・23.市場動向(為替・金利)・・・・・・・・・・・・・3■タイ1.マクロ経済動向・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・132.政治・経済・産業トピック・・・・・・・・・・・143.市場動向(為替・金利)・・・・・・・・・・・・・15■マレーシア1.マクロ経済動向・・・・・・・・・・・

2013~2015年度経済見通し-高成長持続後に正念場を迎える日本経済

2013~2015年度経済見通し-高成長持続後に正念場を迎える日本経済 | ニッセイ基礎研究所 シンクタンクならニッセイ基礎研究所 > 2013~2015年度経済見通し-高成長持続後に正念場を迎える日本経済2013~2015年度経済見通し-高成長持続後に正念場を迎える日本経済 経済研究部 経済調査室長 斎藤 太郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 2013年4-6

2013年9月13日内閣府フィードバック数:0社会/政治

月例経済報告(平成25年9月)

(平成25年9月)−景気は、緩やかに回復しつつある。−先行きについては、輸出が持ち直し、各種政策の効果が発現するなかで、家計所得や投資の増加傾向が続き、景気回復の動きが確かなものとなることが期待される。ただし、海外景気の下振れが、引き続き我が国の景気を下押しするリスクとなっている。平成25年9月13日内閣府[参考] 先月からの主要変更点基調判断政策態度8月月例景気は、着実に持ち直しており、自律的回復に向けた動きもみられる。・輸出は、持ち直しの動きがみられる。生産は、緩やかに増加している。・企業収

2013年8月15日内閣府フィードバック数:0社会/政治

月例経済報告(平成25年8月)

(平成25年8月)−景気は、着実に持ち直しており、自律的回復に向けた動きもみられる。−先行きについては、輸出が持ち直し、各種政策の効果が発現するなかで、企業収益の改善が家計所得や投資の増加につながり、景気回復へ向かうことが期待される。ただし、海外景気の下振れが、引き続き我が国の景気を下押しするリスクとなっている。平成25年8月15日内閣府[参考] 先月からの主要変更点基調判断政策態度7月月例8月月例景気は、着実に持ち直しており、自律的回景気は、着実に持ち直しており、自律的回復に向けた動きもみられ

良い物価上昇と悪い物価上昇

良い物価上昇と悪い物価上昇 | ニッセイ基礎研究所 良い物価上昇と悪い物価上昇 経済研究部 経済調査室長 斎藤 太郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 消費者物価(生鮮食品を除く総合)は2013年6月に1年2ヵ月ぶりに前年同月比でプラスに転じた後、上昇ペースが徐々に高まっていくことが予想されるが、ここにきて悪い物価上昇への懸念が高まっている。悪い物価上昇が望ましく

2013年7月23日内閣府フィードバック数:2社会/政治

月例経済報告(平成25年7月)

(平成25年7月)−景気は、着実に持ち直しており、自律的回復に向けた動きもみられる。−先行きについては、輸出が持ち直し、各種政策の効果が発現するなかで、企業収益の改善が家計所得や投資の増加につながり、景気回復へ向かうことが期待される。ただし、海外景気の下振れが、引き続き我が国の景気を下押しするリスクとなっている。平成25年7月23日内閣府[参考] 先月からの主要変更点6月月例景気は、着実に持ち直している。・輸出は、持ち直しの動きがみられる。生産は、持ち直している。・企業収益は、製造業を中心に改善

2013年7月17日内閣府フィードバック数:2社会/政治

家計の所得と物価の動向

今週の指標 No.1073 家計の所得と物価の動向ポイント2013年7月17日 このところの輸入物価の上昇により、一部の品目で値上げが実施されている。そこで、2012年12月から2013年5月までの物価と所得の動きを確認し、実質可処分所得の動向を見てみよう。 家計が実際に消費や貯蓄にまわすことのできる名目可処分所得は、賃金に社会保障給付等を加え、税、社会保障負担等の非消費支出を除いて求めることができる。家計調査を用いて、2012年12月を100とした名目可処分所得を見ると、2012年12月から2

2013年7月5日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0社会/政治

2013~2015年度経済見通し-2%の物価目標達成の可能性を探る

2013~2015年度経済見通し-2%の物価目標達成の可能性を探る | ニッセイ基礎研究所 シンクタンクならニッセイ基礎研究所 > 2013~2015年度経済見通し-2%の物価目標達成の可能性を探る2013~2015年度経済見通し-2%の物価目標達成の可能性を探る 経済研究部 経済調査室長 斎藤 太郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 2013年1-3月期の実質G

2013~2015年度経済見通し~13年1-3月期GDP2次速報後改定

2013~2015年度経済見通し~13年1-3月期GDP2次速報後改定 | ニッセイ基礎研究所 2013~2015年度経済見通し~13年1-3月期GDP2次速報後改定 経済研究部 経済調査室長 斎藤 太郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら <実質成長率:2013年度2.6%、2014年度0.0%、2015年度0.8%を予想> 2013年1-3月期の実質GDP(2次

2013年5月14日三菱東京UFJ銀行フィードバック数:0社会/政治海外

ASEAN・インド月報(2013年5月)

2013 年 5 月 10 日ASEAN・インド月報(2013 年 5 月)【目次】■インドネシア1.マクロ経済動向・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・12.政治・経済・産業トピック・・・・・・・・・・・23.市場動向(為替・金利)・・・・・・・・・・・・・3■タイ1.マクロ経済動向・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・132.政治・経済・産業トピック・・・・・・・・・・・143.市場動向(為替・金利)・・・・・・・・・・・・・15■マレーシア1.マクロ経済動向・・・・・・・・・・・・

2013年4月14日三菱東京UFJ銀行フィードバック数:1社会/政治海外

経済情報:ブラジルの金融政策とレアル相場をどうみるか

平成 25 年(2013 年)4 月 12 日ブラジルの金融政策とレアル相場をどうみるか【要旨】— ブラジルの消費者物価上昇率は上昇傾向にあり、3 月は前年比+6.59%と政府のインフレ・ターゲットの上限(+6.5%)を上回った。このため、利上げ観測が高まっているが、景気の回復ペースは鈍く、早急な利上げは景気の腰折れにつながるおそれがある。4 月 16-17 日の金融政策委員会では金利据え置きが予想される。— 今後の利上げ観測を背景に、レアル相場は強含みで推移するとみられるが、レアル高が進んだ場

2013年3月23日三菱東京UFJ銀行フィードバック数:0社会/政治海外

ウクライナ経済・金融概況(2013年3月)

平成 25 年 3 月 15 日(March 15, 2013)ウクライナ経済・金融概況Main Economic & Financial Indicators (Ukraine)経済調査室Economic Research Office(照会先:ダーベル暁子akiko.darvell@uk.mufg.jp)概況物価ウクライナ経済は先行き不透明感が増している。第 4 四半期の実質 GDP 成長率は前年比▲2.5%と、第 3 四半期の同▲1.3%からマイナス幅が拡大した。個人消費は前年比+6.9%

2013年2月24日三菱東京UFJ銀行フィードバック数:1社会/政治海外

中南米経済の見通し(2013年2月)

平成 25 年(2013 年)2 月 22 日~緩やかな回復に向かうブラジル、アルゼンチン。好調続くメキシコ~1.ブラジル(1)景気の現状7-9 月期の実質成長率は前年比 0.9%となり、1-9 月期累計の成長率も同1%程度の成長に留0.7%に留まった。消費(個人、政府)は GDP を 2.4%ポイント押し上げまった 2012 年たが、固定投資や在庫投資がマイナス寄与、純輸出はゼロであった(第 1図)。まだ 10-12 月期を残すが、2012 年のブラジル景気は高い最低賃金の伸び(14.5%)と

2013年1月20日三菱東京UFJ銀行フィードバック数:1社会/政治

海外経済フラッシュ:中国:2012年第4四半期GDPは7.9%へ加速、通年では7.8%へ減速

海外経済フラッシュNo.2013-12013 年 1 月 18 日中国:2012 年第 4 四半期 GDP は 7.9%へ加速、通年では 7.8%へ減速経済調査室<ポイント>— 2012 年第 4 四半期の実質 GDP 成長率は前年比 7.9%と 2 年振りの加速に転じた。ただし、2012 年通年では 7.8%と 13 年振りに 8%割れし、高成長時代の終焉を内外に印象付けた。— 今後、中長期的な安定成長を確保するだけでも、一段の経済改革が不可欠とみられている。習近平・新政権の政策と執行能力が中

2012年3月22日内閣府フィードバック数:0社会/政治

月例経済報告(平成24年3月)

(平成24年3月)-景気は、東日本大震災の影響により依然として厳しい状況 にあるなかで、緩やかに持ち直している。-先行きについては、各種の政策効果などを背景に、景気の持ち直し傾向 が確かなものとなることが期待される。ただし、欧州政府債務危機の影響 や原油価格の上昇、これらを背景とした海外景気の下振れ等によって、我 が国の景気が下押しされるリスクが存在する。また、電力供給の制約や原 子力災害の影響、さらには、デフレの影響、雇用情勢の悪化懸念が依然残 っていることにも注意が必要である。平成24年3月

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
 

お知らせ