調査のチカラ TOP > タグ一覧 > 消費者物価上昇

「消費者物価上昇」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2015年4月20日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

欧州経済見通し 消費が牽引する景気回復

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 欧州経済見通し 消費が牽引する景気回復順調なスタートを切ったECBの国債買取プログラム ◆ECBが3月9日に開始したPSPP(国債等公的部門の債券買取を通じた量的緩和策)は順調なスタートを切り、ABSなど民間部門の債券買取と合わせて月額600億ユーロの資産買取が進行中である。PSPPを含む過去1年余りのECBの追加金融緩和措置により、ユーロ圏各国で国債利回り低下や銀行の貸出金利低下が進んでいるが、20

中国人民銀行が利下げを実施

<全人代前に利下げ>中国人民銀行(中央銀行)は2月28日夜に利下げを発表し、翌3月1日に実施しました。前回の利下げは2014年11月に行われており、2015年内に追加利下げを見込む向きはありましたが、全人代(全国人民代表大会、国会に相当)の開催を3月5日に控えての利下げはタイミングとして意外感がありました。<景気下支えを狙う>中国の1〜2月の経済指標は春節休暇の影響で歪みが生じやすく、一部の指標は1〜2月分がまとめて3月に発表されます。このため、2月28日時点では景気動向の詳細な分析は難しかった

2015・2016年度経済見通し(15年2月)

2015・2016年度経済見通し(15年2月) | ニッセイ基礎研究所 2015・2016年度経済見通し(15年2月) 経済研究部 経済調査室長 斎藤 太郎<実質成長率:2014年度▲0.9%、2015年度1.8%、2016年度1.9%を予想> 2014年10-12月期の実質GDPは前期比年率2.2%と3四半期ぶりのプラス成長となったが、民間消費(前期比0.3%)、設備投資(前期比0.1%)は低い伸びにとどまった。消費増税後の落ち込みからの回復は力強さに欠けるものとなっている。2015年に入る

2014年12月19日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

2015年の欧州経済見通し

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 2015年の欧州経済見通し追加緩和に踏み込むECB、利上げ開始時期を探るBOE ◆2015年のユーロ圏経済は低空飛行を続け、GDP成長率は2014年の+0.8%(推定値)とほぼ同水準の+0.9%程度にとどまると予想する。原油価格下落とユーロ安が追い風となって、個人消費と輸出の緩やかな回復が続くと予想するが、投資の持ち直しは限定的となろう。2014年年央の景気停滞の主因だったドイツ、フランス、イタリアの

ESPフォーキャスト2014年11月調査「実質成長率は年度、四半期とも下方修正―アベノミクス景気Ⅱの始まりか」

ESPフォーキャスト調査16年度成長率、0.4ポイント上昇 −トランプ効果より新GDPで−■2016年12月調査を公表しました(2016年12月19日)16年度の実質成長率見通しが前月調査に比べて0.4ポイント上昇した。トランプ米次期大統領の積極財政や足元で進む円安を織り込み、楽観予想が広がったとの連想も働くが、上方修正の主因は新基準に切り替わったGDP(国内総生産)統計だ。10〜12月期以降の見通しは、前月からほとんど変わっていない。トランプ政策の効果を尋ねた質問では、3〜4年後には米国の成長

中期経済見通し(2014~2024年度)-需要不足と供給力低下に直面する世界経済

中期経済見通し(2014~2024年度)-需要不足と供給力低下に直面する世界経済 | ニッセイ基礎研究所 シンクタンクならニッセイ基礎研究所 > 中期経済見通し(2014~2024年度)-需要不足と供給力低下に直面する世界経済中期経済見通し(2014~2024年度)-需要不足と供給力低下に直面する世界経済 経済研究部 経済調査室長 斎藤 太郎世界経済は国・地域のばらつきを伴いながら緩やかな回復を続けているが、そのペースは依然として緩慢なものにとどまっている。主要先進国のGDPギャップはリーマン

ESPフォーキャスト2014年10月調査

ESPフォーキャスト調査16年度成長率、0.4ポイント上昇 −トランプ効果より新GDPで−■2016年12月調査を公表しました(2016年12月19日)16年度の実質成長率見通しが前月調査に比べて0.4ポイント上昇した。トランプ米次期大統領の積極財政や足元で進む円安を織り込み、楽観予想が広がったとの連想も働くが、上方修正の主因は新基準に切り替わったGDP(国内総生産)統計だ。10〜12月期以降の見通しは、前月からほとんど変わっていない。トランプ政策の効果を尋ねた質問では、3〜4年後には米国の成長

2014年8月26日内閣府フィードバック数:0社会/政治

月例経済報告(平成26年8月)

           (平成26年8月)    −景気は、緩やかな回復基調が続いており、消費税率引上げ に伴う駆け込み需要の反動も和らぎつつある。−       先行きについては、当面、消費税率引上げに伴う駆け込み需要の反動により一 部に弱さが残るものの、次第にその影響が薄れ、各種政策の効果が発現するなか で、緩やかに回復していくことが期待される。ただし、駆け込み需要の反動の長 期化や海外景気の下振れなど、我が国の景気を下押しするリスクに留意する必要 がある。          平成26年8月2

ESPフォーキャスト2014年6月調査「設備投資・輸出で今年度実質0.85%成長に―デフレ脱却描く2025年度予測」

ESPフォーキャスト調査16年度成長率、0.4ポイント上昇 −トランプ効果より新GDPで−■2016年12月調査を公表しました(2016年12月19日)16年度の実質成長率見通しが前月調査に比べて0.4ポイント上昇した。トランプ米次期大統領の積極財政や足元で進む円安を織り込み、楽観予想が広がったとの連想も働くが、上方修正の主因は新基準に切り替わったGDP(国内総生産)統計だ。10〜12月期以降の見通しは、前月からほとんど変わっていない。トランプ政策の効果を尋ねた質問では、3〜4年後には米国の成長

2014年4月21日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

欧州経済見通し リスクは過度な通貨高

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 欧州経済見通し リスクは過度な通貨高ユーロ圏、英国ともエネルギー価格下落が物価を押し下げ ◆ユーロ圏の3月の消費者物価上昇率は前年比+0.5%に低下し、ECB(欧州中央銀行)が目指す「前年比+2.0%をやや下回るインフレ率」からさらに乖離してしまった。ただし、イースターが昨年は3月、今年は4月とずれたことが物価下押しに作用したと考えられ、また4月のエネルギー価格は3月ほどには下落しないと見込まれるため

2013~2015年度経済見通し-2013年度中は高成長も、消費増税後に試練

2013~2015年度経済見通し-2013年度中は高成長も、消費増税後に試練 | ニッセイ基礎研究所 シンクタンクならニッセイ基礎研究所 > 2013~2015年度経済見通し-2013年度中は高成長も、消費増税後に試練2013~2015年度経済見通し-2013年度中は高成長も、消費増税後に試練 経済研究部 経済調査室長 斎藤 太郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら

2013~2015年度経済見通し~2013年度中は高成長も、消費増税後に試練

経済・金融、保険・年金・社会保障、資産運用、不動産、経営・ビジネス、暮らし、高齢社会についてのシンクタンク | ニッセイ基礎研究所 2013〜2015年度経済見通し〜2013年度中は高成長も、消費増税後に試練2013/11/15<実質成長率:2013年度2.6%、2014年度0.2%、2015年度0.9%を予想> 2013年7-9月期の実質GDPは前期比年率1.9%と4四半期連続のプラス成長となったが、輸出が減少に転じたことを主因として4-6月期の同3.8%からは大きく減速した。2013

2013~2015年度経済見通し-高成長持続後に正念場を迎える日本経済

2013~2015年度経済見通し-高成長持続後に正念場を迎える日本経済 | ニッセイ基礎研究所 シンクタンクならニッセイ基礎研究所 > 2013~2015年度経済見通し-高成長持続後に正念場を迎える日本経済2013~2015年度経済見通し-高成長持続後に正念場を迎える日本経済 経済研究部 経済調査室長 斎藤 太郎2013年4-6月期の実質GDPは前期比年率3.8%と3四半期連続のプラス成長となり、1-3月期に続き内外需揃った高成長となった。円安、緊急経済対策の効果、消費税率引き上げ前の駆け込み

良い物価上昇と悪い物価上昇

良い物価上昇と悪い物価上昇 | ニッセイ基礎研究所 良い物価上昇と悪い物価上昇 経済研究部 経済調査室長 斎藤 太郎消費者物価(生鮮食品を除く総合)は2013年6月に1年2ヵ月ぶりに前年同月比でプラスに転じた後、上昇ペースが徐々に高まっていくことが予想されるが、ここにきて悪い物価上昇への懸念が高まっている。悪い物価上昇が望ましくないことは言うまでもないが、これまで「良い物価上昇」、「悪い物価上昇」はどのくらいの確率で出現してきたのだろうか。消費者物価上昇率が加速した局面において、需給バランスの

2013年7月17日内閣府フィードバック数:2社会/政治

家計の所得と物価の動向

今週の指標 No.1073 家計の所得と物価の動向ポイント2013年7月17日 このところの輸入物価の上昇により、一部の品目で値上げが実施されている。そこで、2012年12月から2013年5月までの物価と所得の動きを確認し、実質可処分所得の動向を見てみよう。 家計が実際に消費や貯蓄にまわすことのできる名目可処分所得は、賃金に社会保障給付等を加え、税、社会保障負担等の非消費支出を除いて求めることができる。家計調査を用いて、2012年12月を100とした名目可処分所得を見ると、2012年12月から2

2013年7月5日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0社会/政治

2013~2015年度経済見通し-2%の物価目標達成の可能性を探る

2013~2015年度経済見通し-2%の物価目標達成の可能性を探る | ニッセイ基礎研究所 シンクタンクならニッセイ基礎研究所 > 2013~2015年度経済見通し-2%の物価目標達成の可能性を探る2013~2015年度経済見通し-2%の物価目標達成の可能性を探る 経済研究部 経済調査室長 斎藤 太郎2013年1-3月期の実質GDPは前期比年率4.1%の高成長となり、景気が底入れから明確な回復軌道に乗りつつあることを示すものとなった。円安、緊急経済対策の効果、消費税率引き上げ前の駆け込み需要な

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
 

お知らせ