調査のチカラ TOP > タグ一覧 > 消費者調査

「消費者調査」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2018年6月28日GfKフィードバック数:0ライフスタイル

「乗用車用サンシェードに関する消費者調査」

「乗用車用サンシェードに関する消費者調査」  GfK ジャパン(東京:中野区)は、全国のドライバー約13,000名に対し、乗用車用サンシェードなどの日よけ用品に関するインターネット調査※を実施し、その結果を発表した。 【概要】・ドライバーのフロントガラス用サンシェード保有率は51%・フロントガラス用サンシェードに次いで保有率が高い乗用車用日よけ用品は「運転用サングラス」で49%・女性はフロント用サンシェード購入に際し、機能面やデザインを重視する傾向にある 【フロントガラス用サンシェード保有

2018年6月14日ニールセンフィードバック数:0マーケティング

ニールセン:2018年ショッパー意識調査

ニールセン:2018年ショッパー意識調査「日常の買物であっても、何か新しさが欲しい」40%のショッパーは生鮮食品でいつもと違うものを求めている5人のうち2人の消費者は半年のうちに日常の生鮮食品の買物でも新しいお店で買い物をしている40%のショッパーは過去6か月のうちに新しい店舗で買物をしている22%のショッパーは昨年よりも多くのPB製品を購入している世界最大級のマーケティング調査&データ分析会社 ニールセン(日本法人:ニールセン カンパニー合同会社。以下、ニールセン ジャパン)は、競争環境の大き

2018年5月26日ベリタス★フィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

データプライバシーに関する消費者調査

製品 ソリューションソリューションベリタスのソリューションが追及するのは情報です。インフラではありません。マルチクラウドデータ管理に対する包括的な 360 度アプローチによって、情報がどこに移動しようとあらゆる場所で保護、可用性、洞察を提供します。 マルチクラウドベリタスのマルチクラウドデータ管理は、クラウドへの移行だけでなく、クラウドから、そしてクラウド間の移動も支援できます。データ管理に関するベリタスの包括的なアプローチは、マルチクラウドに対応できるように作成されており、デジタルビジネス

映画興行市場に関する調査結果

[映画興行市場に関する調査結果] 目立つODS市場の成長、2018年~2022年の映画興行市場は約2,200億円の規模を維持する見込み2018/02/212009年から2017年までの消費者の映画鑑賞における調査データと映画興行市場の実績データに基づき、 2018~2022年の5年間の映画市場のマクロトレンドについて予測した「映画興行市場5年間予測(2018-2022年)レポート」から、注目の調査結果をご報告します。【1】映画興行市場の市場規模推計2022年までの今後5年間の興行収入(映画鑑賞参

2018年1月24日エルテックスフィードバック数:0ライフスタイル

第10回通信販売調査レポート「通信販売に関する【消費者調査】2017」Part1

ECサイト構築、通販システム構築なら エルテックスのEC/通販統合パッケージ「eltexDC」 第10回通信販売調査レポート Part1「通信販売に関する【消費者調査】2017」Part1についてEC/通販利用経験者が将来的に保有したいIT関連機器では、1位はタブレット、AIスピーカーが2位。タブレットは20代男性(29.3%)、AIスピーカーは50代男性(25.0%)の保有意向が高い結果に。ECサイト構築/通販システム構築・支援を主要事業として手掛けている株式会社エルテックス(本社:神奈川

2017年12月26日ニールセン★★フィードバック数:0ライフスタイル

グローバル・ブランド原産国調査

関連資料: 『GLOBAL BRANDS ARE WINNING THE BATTLE FOR CONSUMERS' HEARTS AND MINDS』【英語版】はこちら本プレスリリースは2017年11月21日にニールセンの米国本社から配信された英語版の抄訳です。世界最大のマーケティング調査会社※ニールセン(日本法人:ニールセン カンパニー合同会社、本社:東京都港区、社長:福徳 俊弘)の最新の『グローバル・ブランド原産国調査』によると、世界的に消費者がローカル・ブランド製品よりもグローバル・ブラ

動画配信(VOD)市場に関する調査

[動画配信(VOD)市場に関する調査結果] 2016年の市場規模は前年の16.0%増定額制動画配信市場では上位3社が48.3%のシェアを占める2017/02/082016年の動画配信(VOD)市場について、3つのシナリオで2021年までの動画配信の市場規模を予測した「動画配信(VOD)市場5年間予測(2017-2021年)レポート」から、注目の調査結果をご報告します。【図】定額制動画配信における市場規模の推計シェア 【1】2016年の動画配信市場の市場規模推計弊社が行った消費者調査の結果を

2016年12月19日アクセンチュア★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

エネルギー分野での新たな価値創造は、ミレニアル世代が推進役となる一方、要求の高い消費者であることが判明

Skip to main content Skip to Footerアクセンチュア最新調査――エネルギー分野での新たな価値創造は、ミレニアル世代が推進役となる一方、要求の高い消費者であることが判明日々の生活に密着したネットを介したソリューション、太陽光発電、およびデジタル関連サービスが最大の関心事項アクセンチュア(NYSE:ACN)の最新調査によると、エネルギー関連の新しい商品やサービスに対する消費者の関心は特にミレニアル世代(18〜34歳)を中心として高く、エネルギー事業者にとっての将来的な

コンシューマー・インサイト 2016 ミャンマー消費者調査

コンシューマー・インサイト 2016 ミャンマー希望に満ちた国で絶好のチャンス Deloitte Consulting Southeast Asia (DC SEA)は消費者調査レポート「デロイト コンシューマー インサイト」を発表しています。4回目となる本レポートでは、「希望に満ちた国で絶好のチャンス」と題し、ミャンマーを取り上げます。多くの消費財メーカーや小売企業の注目と期待を集める同国における、消費者の購買行動やブランド選好について、調査結果をご紹介します。 ミャンマー消費者調査D

2016年7月31日Asia Plus★フィードバック数:0マーケティング

ベトナムEC市場に関する消費者調査

ベトナムEC市場に関する消費者調査〜都市部の67%がEC利用経験あり、一方でキャンセル経験率も3割ベトナムの消費者リサーチサービス「Q&Me」を運営する株式会社Asia Plus(本社:世田谷区玉川、代表取締役:黒川賢吾)は、18から39歳のホーチミン・ハノイ在住のベトナム人を対象に「ベトナムのEC市場に関する消費者調査」を実施しました。インターネット、スマートフォンの普及が著しく伸びるベトナムにて、オンラインショッピング市場の実態について調査したものです。ベトナムの消費者リサーチサービス「Q&

2016年6月8日矢野経済研究所★フィードバック数:0ライフスタイル

自然派・オーガニック化粧品市場に関する調査(2016年)

自然派・オーガニック化粧品市場に関する調査を実施(2016年) 調査要綱 矢野経済研究所では、次の調査要綱にて国内の自然派・オーガニック化粧品市場の調査を実施した。1.調査期間:2016年3月~5月2.調査対象:自然派・オーガニック化粧品メーカー、小売店、関連団体等3.調査方法:当社専門研究員による直接面談、電話およびe メールによるヒアリング、消費者調査併用<自然派化粧品とは>本調査における自然派化粧品とは、①天然植物原料を主成分としている、②化学合成成分の配合を抑制している、の2つともあ

2016年5月10日ニールセンフィードバック数:0社会/政治

グローバル・ブランド原産国調査

消費者の約75%が、製品の原産国は最も重要な購入動機のひとつと回答 国のイメージは消費者の購入意思に影響をおよぼす要因のひとつニールセンが発表した『グローバル・ブランド原産国調査』によると、世界の回答者の平均約75%が、ブランドの原産国は、その他の9つの購入動機と同等、またはそれ以上に重要だと答えました。その9つの購入動機には、選択・選別、価格、機能と品質が含まれます。今回の調査は、61ヵ国30,000人以上のオンライン回答者からの40カテゴリーにわたる回答をもとに、グローバル・多国籍ブランド(

2016年5月4日アクセンチュアフィードバック数:0大型消費/投資

消費財メーカーがアジア市場における3,400億ドルの成長機会を捉えるには、デジタル能力強化が不可欠

Skip to main content Skip to Footer2016年4月21日アクセンチュア株式会社アクセンチュア最新調査――消費財メーカーがアジア市場における3,400億ドルの成長機会を捉えるには、デジタル能力強化が不可欠 消費財メーカーがどのように成長機会を捉え、消費者との関係を維持すればよいかが明らかに【シンガポール発:2016年2月25日】アクセンチュア(NYSE:ACN)の調査によると、消費財メーカーはデジタル・コマースを全面的に活用しなければ、アジア・パシフィック地域にお

2016年2月23日GfKフィードバック数:0社会/政治

スマートホームテクノロジーに関する調査-日本・中国・韓国の結果

「スマートホームテクノロジーに関する調査-日本・中国・韓国の結果」 スマートホーム、アジアでアピール:中国では韓国や日本を上回る高い関心 GfKは7カ国で実施したスマートホームテクノロジーに関する消費者調査から、中国、日本、韓国の動向について発表しました。 【概要】 世界7カ国で、スマートホーム、3Dプリント、仮想現実など11の最新テクノロジーについて近い将来、生活に変化をもたらすかを尋ねました。その結果、中国では大多数が、スマートホームテクノロジーが近い将来、生活に変化をもたらすと考えて

2016年1月20日アクセンチュア★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

エネルギー消費者調査

Skip to main content Skip to Footerアクセンチュアの最新エネルギー消費者調査――エネルギー事業者によるデジタル活用がこれからの競争力の源泉に【2016年1月18日】アクセンチュア(NYSE: ACN)が実施した最新のエネルギー消費者調査によると、デジタル時代におけるグローバルの消費者はデジタル関連のサービスの「個人情報保護」をエネルギー事業者の評価指標として非常に重視していることが分かりました。一方、日本の消費者においては、エネルギー事業者が提供するデジタル関連

2016年1月12日エルテックスフィードバック数:0マーケティング

「通信販売に関する【消費者調査】2015」Part2

ECサイト構築、通販システム構築なら エルテックスのEC/通販統合パッケージ「eltexDC」 第6回通信販売調査レポート Part2「通信販売に関する【消費者調査】2015」Part2についてECや通販で「化粧品」「健康食品」を知った後にとった行動では、パソコンで検索し「商品が紹介されているサイトを見た」「商品の価格を比較した」「商品のクチコミを見た」がトップ3ボックス。男性30代では3人に1人の33.3%が実際の店舗に行くと回答しました。ECサイト構築/通販システム構築・支援を主要事業と

2015年12月15日GfKフィードバック数:0大型消費/投資

2015年乗用車タイヤの販売動向

冬タイヤの伸長により、10月の販売本数は前月の1.5倍に ジーエフケー ・ライフスタイルトラッキング・ジャパン株式会社(東京:中野区)は、乗用車タイヤの販売トラッキング調査を開始した。調査結果より、カー用品量販店、ガソリンスタンド、インターネットにおける2015年の乗用車タイヤの販売動向※1を発表した。 【概要】・冬タイヤの販売増により10月のタイヤ販売本数は、夏タイヤの販売がピークの4月を上回る。・10月のタイヤ販売における冬タイヤの割合は本数ベースで45%、金額ベースでは51%と過半へ。 【

2015年2月5日MM総研フィードバック数:0モバイル

日米におけるウェアラブル端末の市場展望

日米におけるウェアラブル端末の市場展望――日米消費者調査の結果から 2015年02月05日■ 日本の市場規模は2015年度134万台、2020年度に573万台に拡大すると予想 ■ ウェアラブル端末の知名度は日本48.9%、米国94.2% ■ 期待する企業は日米ともにグーグル、アップル。日本ではソニーも上位に ■ 日米ともに情報漏えい・プライバシー侵害が課題に  MM総研(東京都港区、所長・中島 洋)は2月5日、身に着けるコンピュータ「ウェアラブル端末」について、消費者調査や企業へのインタビュー

2015年1月21日GfKフィードバック数:0エンタテインメント

ゴルフウェア購入に関する消費者調査

Cookieの使用について: 本ウェブサイトでは、アクセスした方がどのようにサイトを利用しているのかを把握するためCookieを使用しています。 これはサイトの品質向上を目的としています。当社ウェブサイトを閲覧することにより、当社のCookie利用に同意するものとします 詳細

2014年12月24日GfK★フィードバック数:0エンタテインメント

クリスマスの調査です。

2014年おもちゃ売れ筋商品に対する消費者調査

Cookieの使用について: 本ウェブサイトでは、アクセスした方がどのようにサイトを利用しているのかを把握するためCookieを使用しています。 これはサイトの品質向上を目的としています。当社ウェブサイトを閲覧することにより、当社のCookie利用に同意するものとします 詳細

2014年10月16日日本NCR★フィードバック数:0ライフスタイル

セルフレジについての調査です。

セルフレジ利用に関する世界の消費者調査

プレスリリース日本NCR、セルフレジ利用に関する世界の消費者調査を発表 回答者の90%がセルフレジを利用 ~消費者はセルフレジを採用する店舗のサービスに好印象を持っている~2014年10月16日日本NCR株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長兼CEO:諸星俊男、以下日本NCR)は本日、世界9カ国の消費者に対して行ったセルフレジの使い勝手、利用シーン、好み、改善要望などに関するアンケートの結果を公表しました。このアンケートでは、回答者の90%がセルフレジを利用したことがあると回答しています。

2014年8月4日矢野経済研究所フィードバック数:0ライフスタイル

自然派・オーガニック化粧品市場に関する調査結果 2014

自然派・オーガニック化粧品市場に関する調査結果 2014 調査要綱矢野経済研究所では、次の調査要綱にて国内の自然派・オーガニック化粧品市場の調査を実施した。1.調査期間:2014年5月~6月2.調査対象:自然派・オーガニック化粧品メーカー、小売店、関連団体等3.調査方法:当社専門研究員による直接面談、電話およびeメールによるヒアリング、消費者調査併用<自然派化粧品とは>本調査における自然派化粧品とは、①天然植物原料を主成分としている、②化学合成成分の配合を抑制している、の2つともあてはまる化

2014年8月1日中央調査社★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

エシカル消費についての調査です。

日本における倫理的消費の現状 -日本消費者調査の結果から-

■「中央調査報(No.681)」より ■ 日本における倫理的消費の現状 -日本消費者調査の結果から-フローリアン・コールバッハ(ドイツ日本研究所 経営・経済領域リーダー)1.倫理的消費とは世界中の経済社会にとって、社会的責任と環境への責任という問題の意義が高まっている。経済倫理分野のこれまでの研究はその多くが売る側ないし企業側に注目し、多くの場合、消費者は受け身の存在であるとして、ほとんど取り上げてこなかったが、近年、消費者の倫理的行動に関する研究が急増している。日本の消費者の倫理的行動について

2014年3月16日消費者庁★フィードバック数:0社会/政治

3回目の調査です。

風評被害に関する消費者調査の結果等について(第3回)

風評被害に関する消費者調査の結果等について(第3回)

2013年12月25日MM総研★フィードバック数:0デジタル家電

日米の対比になっています。

日米におけるウェアラブル端末の市場展望

日米におけるウェアラブル端末の市場展望――日米消費者調査の結果から 2013年12月25日■ ウェアラブル端末の知名度は日本27.9%、米国83.4% ■ 期待する企業は日米ともにグーグル、アップル。日本ではソニーも上位に ■ 重視するデザインは日本では周囲に溶け込むもの、米国は個性的なもの ■ 日本の市場規模は2014 年度111 万台、2020 年度に604 万台に拡大すると予想  MM総研(東京都港区 代表取締役所長:中島洋)は12 月25 日、身に着けるコンピュータ「ウェアラブル端末」

消費者調査にみる医療保険に関する誤情報 ~医療保険に関するクイズ正答率の分析

消費者調査にみる医療保険に関する誤情報 ~医療保険に関するクイズ正答率の分析 | ニッセイ基礎研究所 消費者調査にみる医療保険に関する誤情報 ~医療保険に関するクイズ正答率の分析 保険研究部 准主任研究員・ヘルスケアリサーチセンター兼任 村松 容子基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 医療保険は消費者からの関心が高く、初めて加入する生命保険商品が医療保険である人も少

2013年夏の旅行計画と旅先でのトラブルに関する消費者調査

[レキットベンキーザー・ジャパン株式会社] ,海外旅行 調査 夏 トラベル 国内旅行 フットケア ドクター・ショール 旅行 ドクターショール 靴擦れ

2013年5月16日朝日大学フィードバック数:0ライフスタイル

2013.03 地元個人商店における購買行動に関する消費者調査~スーパー、コンビニエンスストアとの比較から~

2013.03 地元個人商店における購買行動に関する消費者調査~スーパー、コンビニエンスストアとの比較から~

2013年5月16日朝日大学フィードバック数:0ライフスタイル

2007.06 地元個人商店における購買行動に関する消費者調査~スーパー、コンビニエンスストアとの比較から~

2007.06 地元個人商店における購買行動に関する消費者調査~スーパー、コンビニエンスストアとの比較から~

買う・食べる側の立場の調査です。

植物工場製野菜に関する消費者調査

2013年02月12日●工場製野菜に関する認知度は55.1%と過半の消費者が認知しており、うち購入経験のある消費者は、17.8%であった。前回(2009年)調査に比較して、認知度、購入経験ともに高くなっている。認知拡大の主な要因としては、ここ数年で工場製野菜が報道・広告で多く採り上げられたことや、スーパーでの陳列が増えたことなどが考えられる。●野菜購入の重視点は『価格』が80.1%と最も多く、次いで『鮮度』が60.8%であった。前回調査(『鮮度』86.5%、『価格』75.3%)と比較すると、価格

モバイル広告に対する消費者の態度

WHAT'S NEW- 15ヵ国のスマートフォン・タブレットユーザー調査から -スマートフォンでソーシャルネットワーキングサービスの一つであるフェイスブックを利用していると、投稿を一覧で見ることができるニュースフィード上に製品・サービスの広告がよく表示されるようになった印象があります。モバイル、特にスマートフォンが普及するにつれて、製品・サービスを扱う企業にとって、モバイル上での広告展開は、今やマーケティングの優先事項の一つになってきているのではないでしょうか?一方、消費者が必ずしもこの動向に好

2012年12月3日鎌倉新書フィードバック数:0社会/政治

葬儀に関する消費者調査

[] 2010年12月~2012年11月までの2年間、「いい葬儀サポートデスク」を利用して葬儀を施行した方の平均施行単価は約91万円、また葬儀式を行わない直葬比率は、“いい葬儀サポートデスク”利用者全体の約30%でした。1.~葬儀の平均施行単価~ 年間の葬儀施行単価の平均は90万8,128円・調査期間(2年間)の“いい葬儀サポートデスク”利用者の葬儀施行単価の平均(飲食・宗教者への謝礼は含まない)は90万8,128円。 ・間近の1年間である2011年12月~2012年11月の葬儀施行単価の平均は

2012年10月9日日経BPフィードバック数:66マーケティング海外

中国12都市・消費者調査

尖閣デモ、絶望の中で見えた光中国12都市・消費者調査※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となりますclose 尖閣諸島を巡る反日デモは、日本企業に“絶望的”な被害をもたらした。だが、中国は一様ではない。都市や年齢層が異なれば反日意識も大きく変わる。本誌が中国12都市で消費者調査を実施、その結果から中国事業再建のヒントが見えた。 周囲はまだ焦げ臭い。 建物の窓ガラスはほぼすべて割られている。壁も剥がされ、屋根や柱などの構造体まで破壊されているように見える箇所もある。工場を囲う背の高い植栽

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
 

お知らせ