「消費行動」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2017年6月28日ビデオリサーチフィードバック数:0ライフスタイル

F2ライフは“モヤモヤフルネス”

F2(35~49歳)の女性は9割近くが“モヤモヤフルネス”!?ストレス解消の鍵は日常生活の中にあった! 株式会社ビデオリサーチ(本社:東京都千代田区 代表取締役社長:加藤讓)は、6月8日(木)ひと研究所セミナー2017「F2ライフは“モヤモヤフルネス”」を開催致しました。本セミナーでは、F2をターゲットとしたビデオリサーチ内の研究プロジェクトである「f2ラボ」リーダー・村田玲子が、F2層が置かれている現状と、ストレス対処のキーワードとなる“コーピング価値”について発表しました。※F2:35~4

2016年11月22日JTB★フィードバック数:0モバイル

スマートフォンの利用と旅行消費に関する調査(2016)

2016年11月10日更新スマートフォンの利用と旅行消費に関する調査(2016) 結果概要 SNSの利用が調査開始以来、初めて減少(2015年44.8%⇒2016年37.9%) Instagramは増加、Facebook、Twitterは減少 SNSは“交流ツール”から“情報ツール”へと変化の兆し? 「昔の知り合いとつながり再び交流するようになった(20.2%⇒15.2%)」が減少し「SNSで知った情報でいいと思ったものを購入した(11.6%⇒14.0%)」は増加 映像技術が進化すると、人は

2016年10月6日ジャストシステムフィードバック数:0社会/政治

20代の消費行動調査

20代シングル男性の6割超が、「将来、家を持ちたい」 若者の“物欲レス”は本当か!? 『20代の消費行動調査』20代シングル男性の6割超が、「将来、家を持ちたい」20代の4人に1人は、「家電や家具がまだ使える状態でも、新たに購入」調査結果サマリー実家や賃貸物件などに住む20代男性の6割超が、「将来は、家を持ちたい」20代男性で、家族や親族名義の家に同居している人や賃貸物件などに住んでいる人に、持ち家意欲について聞いたところ、将来は「自身名義で、家を持ちたい」人は53.2%、「自身と配偶者の共同名

2016年9月7日ネオマーケティング★フィードバック数:0ライフスタイル

女性の消費行動・ライフスタイル意識調査

女性の消費行動・ライフスタイル意識調査全国の20代~60代の女性1700人に聞いた「女性の消費行動・ライフスタイル意識調査」約7割がご褒美消費、4人に1人がスキルアップのために自己投資をしている結果に。 とくに働く「独身女性」と「子離れ女性」は自分自身を育てる“育自”に向かう!?。アクティブに趣味や欲求を追い求め、自分磨きや自己投資に励む女性。“育自ウーマン”が顕在化しているのではと牛窪恵氏が分析 総合マーケティング支援を行なう株式会社ネオマーケティング(所在地:東京都渋谷区)では、世の中の動向

2016年8月17日ザ・ゴールフィードバック数:0マーケティング

RICH-COMPASS

電通グループのファッション業界専門広告会社 ㈱ザ・ゴールが、独自に実施した世帯年収2000万円以上かつ金融資産5,000万円以上の富裕層調査「RICH-COMPASS」をもとに、クライアントの課題解決を支援するサービスを開始します。リッチ層の実 態とは?その調査からのファインディングスの一部をご紹介します。リッチ層の意識・行動を4つの指標で分析!FashionLifestyleMoneyShoppingライフスタイル・資産運用・ファッション・消費意識の視点からリッチ層の実態を明らかにした。1.

2016年7月15日Fablicフィードバック数:0ライフスタイル

「不要となるコスメについて」アンケート調査

[] <調査方法:インターネット調査 期間:6月24日~6月28日 サンプル数:2,020>■購入したコスメの3分1は不用品「フリル」ユーザー2,020名を対象に年間で購入または贈り物としていただいたコスメの数を質問したところ、1人あたり年間の平均取得数は13.5個となりました。また、13.5個のうち使わずに不要品となってしまう数は4.5個で、購入したコスメの3分の1以上が不用品となっていることがわかりました。 ■ 不要となる原因は「想定したものと違う」また、「不要品になることはない」回答した方

2016年5月30日博報堂★フィードバック数:0社会/政治

[来月の消費予報・2016年6月](消費意欲指数)

NEWS博報堂生活総研[来月の消費予報・6月](消費意欲指数) 2016年05月26日ボーナスを期待する声が前年よりやや多く、金銭的不安は緩和。しかし、節約意識も根強く、消費行動につながるかは不透明株式会社博報堂(本社・東京)のシンクタンク博報堂生活総合研究所は、20~69歳の男女1,500名を対象に「来月の消費意欲」を点数化してもらうなど、消費の先行きに関する調査を毎月実施。その結果を「来月の消費予報」として発表しています。6月の消費意欲指数は47.5点で、前月比は+1.8ポイント。ボーナスに

2016年5月12日トレンダーズ★フィードバック数:0マーケティング

女性のSNS利用と消費行動に関する調査

女性のSNS利用と消費行動に関する調査

2016年5月4日共立総合研究所フィードバック数:0社会/政治

第18回「主婦の消費行動に関するアンケート」

第18回「主婦の消費行動に関するアンケート」

2016年4月30日マイボイスコムフィードバック数:0ライフスタイル

マイボイスコム 消費スタイル(3)

インターネット調査・ネットリサーチなら、マイボイスコムへ収入や資産にあった範囲で堅実な生活がしたいという人が全体の9割弱。「話題になっている商品でも、自分の趣味にあわなければ買わない」「買い物をすることは楽しい」は各5割、「お金が貯まっていくことに幸せを感じる」「外でお金をかけて遊ぶよりも、家でくつろぐほうが好き」「お金は使うものだ」が各30%台 自分にとって手に入れる価値があると思うものは、提示した選択肢の中では「持ち家」「車」が上位2位。なくてもかまわないと思うものの上位は「高級ブランドの服

2016年4月1日朝日大学フィードバック数:0マーケティング

2016.03 メディア接触行動と生活意識・消費行動~2016基本データ編~

メディア接触行動と生活意識・消費行動に関するマーケティングデータ~基礎データ編 2016年3月~朝日大学マーケティング研究所調査概要■調査方法Webアンケート■調査期間2016年2月18日(木)~2月26日(金)■調査対象東京を中心とする半径70km圏に在住の10歳~69歳男女■抽出条件平成22年度国勢調査に基づき、性年代別に割付■有効回答1,108名属性男性女性10代62名60名20代88名80名30代113名111名40代104名98名50代93名93名60代98名108名計558名550名

2016年3月17日日本経済社フィードバック数:0キャリアとスキル

資産3,000万超「アッパー・ビジネスパーソン」調査

ビジネスパーソン基礎調査資産形成意欲と消費意欲旺盛な「アクティブ・アッパー」の実態とは? 保有金融資産が3,000万~5,000万円のビジネスパーソンを対象に、デプスインタビューと定量調査を実施。見えてきたのは、身の回りの情報を駆使し、情報におぼれない賢い消費と投資の行動。 その中で投資と消費に最も積極的な「アクティブ・アッパー」を発見! 人物像の一部をご紹介します。 投資意欲と消費意欲でタイプ分けこの調査結果から、消費・生活の意識行動パターンなどに基づいて6つのクラスターに分類し、その中から資

2016年3月16日KARTEフィードバック数:0マーケティング

インフォグラフィック「数字で振り返るKARTEの1年」

インフォグラフィック「数字で振り返るKARTEの1年」株式会社プレイドが提供するウェブ接客プラットフォーム「KARTE(カルテ)」は、2016年3月12日に1周年を迎えました。それを記念して、インフォグラフィック「数字で振り返るKARTEの1年」を本日公開いたしました。インフォグラフィックでは、サービスを開始した2015年3月12日から「KARTE」がこの1年でどれだけ成長したのかを表わす数字や、1年間に蓄積された解析データから見える消費行動の傾向を紹介するほか、「KARTE」を提供するプレイド

コンテンツビジネスラボ「リーチ力・支出喚起力ランキング」~「コンテンツファン消費行動調査 2015」より~

コンテンツビジネスラボ「リーチ力・支出喚起力ランキング」〜「コンテンツファン消費行動調査 2015」より〜 株式会社博報堂DYメディアパートナーズ株式会社博報堂2015年11月27日 リーチ力では、リバイバル系コンテンツが新たにランクイン、支出喚起力では、ライブ体験型消費の作品・アーティストが躍進株式会社博報堂DYメディアパートナーズ(本社:東京都港区、社長:大森壽郎)と株式会社博報堂(本社:東京都港区、社長:戸田裕一)との共同研究プロジェクト「コンテンツビジネスラボ」(※1)は、毎年実施してい

2015年7月29日トレンダーズフィードバック数:0ライフスタイル

「女性の消費行動とライフスタイル」に関する調査

女性の消費行動とライフスタイルに関する調査 2015年7月29日 女性の消費行動とライフスタイルに関する調査 2015/7/29womedia Labo*細分化が進む女性の消費行動 世代別×12タイプに女性像をカテゴライズ ゆとり・さとり、はざま、就職氷河期、バブル…世代間の違いとは女性ならではの視点で、女性のための様々な情報を発信するwomedia Labo*(ウーメディア ラボ、運営:トレンダーズ株式会社)は、このたび、「細分化する女性たちの消費行動」をテーマにしたレポートを発表いたしま

2015年6月7日朝日大学★★フィードバック数:0マーケティング

メディア接触についてのまとまった調査です。

2015.03 メディア接触行動と背活意識・消費行動~2015基本データ編~

2015.03 メディア接触行動と背活意識・消費行動~2015基本データ編~

2015年6月1日GMOインターネット★フィードバック数:0大型消費/投資

訪日中国人の消費です。

訪日中国人の消費行動調査

~嗜好品、ぜいたく品などのショッピングに高い期待~ GMOインターネットグループでインターネットリサーチ事業を展開するGMOリサーチ株式会社(代表取締役社長 細川 慎一 以下、GMOリサーチ)は、GMOリサーチが保有する中国の提携モニターを対象に「訪日中国人の消費行動調査」を実施いたしました。過去3年以内に訪日旅行経験のある男女 552名過去に訪日経験はないものの、 今後3年以内に訪日旅行予定のある男女 540名  近年、アジアにおける中間所得者層の増加や円安といった背景を受け、訪日外国人旅行者

2015年4月7日JC総研★フィードバック数:0ライフスタイル

JC総研の調査です。

畜産物等の消費行動に関する調査結果-2014年調査-

畜産物等の消費行動に関する調査結果-2014年調査-

2015年4月3日共立総合研究所★フィードバック数:0ライフスタイル

主婦の消費です。

第17回「主婦の消費行動に関するアンケート」

第17回「主婦の消費行動に関するアンケート」

2014年12月4日JC総研★フィードバック数:0ライフスタイル

屋際についての調査です。

野菜・果物の消費行動に関する調査結果-2014年調査-

野菜・果物の消費行動に関する調査結果-2014年調査-

2014年11月19日アテニアフィードバック数:0ライフスタイル

“美のもたらす経済効果“に関する調査

女性には美しく、幸福に生きる権利がある。女性達を“美”の力で幸福にするために、至福の美にまつわる様々な調査・コラムをニュースで発信します。 “美”によって生じる経済効果はなんと推計4.6兆円!!約8割の女性が美しさを手に入れることで積極性が上がると回答 “美しさ” の満足度により、世帯年収が約128万円の差があった! 2014.11.19 アテニアが展開する「Bliss Beauty Labo(ブリス ビューティー ラボ)」による調査レポート、第二弾をお届けします。第一弾である「美と幸福」に関

2014年10月13日扶桑社フィードバック数:0ライフスタイル

低所得者の消費行動を調査 その共通点とは?

トップ > 低所得者の消費行動を調査 その共通点とは?低所得者の消費行動を調査 その共通点とは? 低所得者には彼ら特有のダメに陥るマインドがあるのか? 実際に低所得者(年収300万円台以下)のサラリーマン200人に話を聞き、彼らに共通するダメ習慣とは何か探ってみた。◆消費行動編庶民の消費感覚が肌に染みついており、“新作”や“流行”というキーワードにはすこぶる弱い。企業にしてみれば顧客ターゲットにしやすい層で、「はやりモノは片っ端から手をつけるタチです。例えば、自慢するためだけに中華まんの初音ミク

70代調査です。

70代 メディア・コンテンツ接触状況と暮らしの調査

株式会社博報堂DYメディアパートナーズ2014年9月12日 株式会社博報堂DYメディアパートナーズ メディア環境研究所(本社:東京都港区、所長:三神正樹)は、東京・大阪在住の70代男女227名を対象にした、「70代 メディア・コンテンツ接触状況と暮らしの調査」を実施いたしました。第4弾となる今回は、東阪在住の70代の姿を明らかにするために、初めて大阪地区においても調査を実施いたしました。 また、好きなタレント* ・アスリートやコンテンツの接触状況を把握するために、 「メディア接触」「消費意識と行

2014年7月3日JC総研★フィードバック数:0ライフスタイル

米の消費、食用についての調査です。

米の消費行動に関する調査結果-2014年調査-

平成26年報道各6月26日位一般社団法人JC総研「米」が主食の食数はやや減少、購入先として「ネット、通販等」が増加(米の消費行動に関する調査結果-2014 年調査-)当研究所では、2008年1月より、農畜産物の消費行動をテーマに全国の消費者を対象とした Web 調査を実施しています。調査の21回目として「米の消費行動に関する調査」を2014年3月に実施しました。このたび、調査結果の概要がまとまりましたので、ご報告します。解禁日時:2014年6月26日(木)13時10分《添付資料》米の消費行動に関

2014年6月10日ゆこゆこ★フィードバック数:0ライフスタイル

シニアの消費です。

シニアの増税後の消費行動に関する調査

シニアの増税後の消費行動に関する調査

2014年6月4日日本銀行フィードバック数:0大型消費/投資

ゴールデンウィーク期間中の新潟県内観光動向からみる消費行動の特徴点

ゴールデンウィーク期間中の新潟県内観光動向からみる消費行動の特徴点

2014年4月10日共立総合研究所★フィードバック数:0ライフスタイル

主婦の消費についての調査です。

主婦の消費行動に関するアンケート-『食の安全・安心』についてのアンケート

主婦の消費行動に関するアンケート-『食の安全・安心』についてのアンケート

2014年3月20日共立総合研究所フィードバック数:0ライフスタイル

第16回『主婦の消費行動に関するアンケート(定例調査)』

第16回『主婦の消費行動に関するアンケート(定例調査)』

2014年3月13日大日本印刷フィードバック数:0マーケティング

消費増税に伴うポイント付与による購買行動の変化

エムズコミュニケイト 消費増税に伴うポイント付与による購買行動の変化を調査2割以上の生活者が税込み金額にポイントを付与する店舗に購入先を変更する可能性あり大日本印刷株式会社(DNP)の子会社で、企業と顧客とのコミュニケーションに関するコンサルティング事業を手がける株式会社エムズコミュニケイト(以下:エムズ)は、消費増税時における企業のポイントサービスの付与方法の違いが、生活者の購買行動に与える影響について、独自調査を行いました。その結果、税抜き金額にポイントを付与する店舗から、税込み金額にポイン

2014年3月9日朝日大学★★フィードバック数:0マーケティング

メディア接触についてのまとまったデータです。

2014.02 メディア接触行動と生活意識・消費行動~2014基本データ編~

メディア接触行動と生活意識・消費行動に関するマーケティングデータ~基礎データ編 2014年2月~朝日大学マーケティング研究所調査概要■調査方法Webアンケート■調査期間2014年2月7日(金)~2月17日(月)■調査対象東京を中心とする半径70km圏に在住の10歳~69歳男女■抽出条件平成22年度国勢調査に基づき、性年代別に割付■有効回答1,010名属性男性女性10代45名44名20代70名67名30代103名107名40代109名94名50代89名82名60代93名107名計509名501名1

2014年1月19日朝日大学フィードバック数:0ビジネス

2014.01 「朝活」の実態と消費行動~「朝活」の実践内容編~

2014.01 「朝活」の実態と消費行動~「朝活」の実践内容編~

2013年12月24日朝日大学★フィードバック数:0キャリアとスキル

朝活の調査です。

2013.12 「朝活」の実態と消費行動~「朝活」の実践状況編~

「朝活」の実態と消費行動に関するマーケティングデータ~「朝活」の実践状況 編~朝日大学マーケティング研究所調査概要P.1■調査手法:WEBリサーチ■調査期間:2013年12月3日(火)~12月12日(木)■調査対象:・首都圏在住の20歳~59歳の男女・仕事のある日の朝、9時前までに起き、かつ、10時までに家を出る層■有効回答:432名【内訳】男性合計20代50名30代20代54名56名30代60名40代54名40代54名50代51名40代53名211名女性合計221名■「朝活」とは・・・仕事のあ

家計調査からみた福島市の世帯における消費行動

家計調査からみた福島市の世帯における消費行動

2013年7月11日JC総研★フィードバック数:1ライフスタイル

お米の消費についての調査です。

米の消費行動に関する調査結果-2013年調査-

平成25年報道各7月 3日位一般社団法人JC総研「米」が主食の食数は減少、食事を食べなかった人が増加(米の消費行動に関する調査結果-2013 年調査-)当研究所では、2008年1月より、農畜産物の消費行動をテーマに全国の消費者を対象とした Web 調査を実施しています。調査の18回目として「米の消費行動に関する調査」を2013年3月に実施しました。このたび、調査結果の概要がまとまりましたので、ご報告します。解禁日時:2013年7月3日(水)14時《添付資料》米の消費行動に関する調査結果の概要(プ

2013年5月16日朝日大学フィードバック数:0マーケティング

2013.03 メディア接触行動と生活意識・消費行動~2013基本データ編~

2013.03 メディア接触行動と生活意識・消費行動~2013基本データ編~

2013年5月16日朝日大学フィードバック数:0大型消費/投資

2012.06 電子マネー~消費行動への影響編~

2012.06 電子マネー~消費行動への影響編~

2013年5月16日朝日大学フィードバック数:0ライフスタイル

2009.05 主婦のレトルト・冷凍食品等の利用と消費行動

2009.05 主婦のレトルト・冷凍食品等の利用と消費行動

2013年5月16日朝日大学フィードバック数:0ライフスタイル

2010.11 未婚女性のおしゃれ消費と意識~消費行動編~

2010.11 未婚女性のおしゃれ消費と意識~消費行動編~

2013年5月16日朝日大学フィードバック数:1モバイル

2013.03 スマートフォンの利用と消費行動の変化~利用実態編~

2013.03 スマートフォンの利用と消費行動の変化~利用実態編~

2013年5月16日朝日大学フィードバック数:0ライフスタイル

2007.12 ペットに対する意識と消費行動

2007.12 ペットに対する意識と消費行動

2013年5月16日朝日大学フィードバック数:0マーケティング

2006.03 母と娘の消費行動(2)

2006.03 母と娘の消費行動(2)

2013年5月16日朝日大学フィードバック数:0マーケティング

2012.02 メディア接触行動と生活意識・消費行動~2012基本データ編~

メディア接触行動と生活意識・消費行動に関するマーケティングデータ~基礎データ編 2012年2月~朝日大学マーケティング研究所調査概要■調査方法Webアンケート■調査期間2012年2月2日(木)~2月15日(水)■調査対象東京を中心とする半径70km圏に在住の10歳~69歳男女■抽出条件平成22年度国勢調査に基づき、性年代別に割付■有効回答2,191名属性男性女性10代119名112名20代167名141名30代236名210名40代227名208名50代179名179名60代199名214名1,

2013年5月16日朝日大学フィードバック数:2マーケティング

2011.03 メディア接触行動と生活意識・消費行動~2011基本データ編~

2011.03 メディア接触行動と生活意識・消費行動~2011基本データ編~

2013年5月16日朝日大学フィードバック数:0マーケティング

2006.02 母と娘の消費行動(1)

2006.02 母と娘の消費行動(1)

2013年4月9日第一生命保険フィードバック数:2マーケティング

20~59歳の女性800名に聞いた『消費行動に関する調査』~ライフデザイン白書2011「消費」との比較データ~

20~59歳の女性800名に聞いた『消費行動に関する調査』~ライフデザイン白書2011「消費」との比較データ~

2013年4月1日第一生命保険★フィードバック数:1社会/政治

首都圏の女性にフォーカスしています。

東日本大震災後の女性の消費行動

東日本大震災後の女性の消費行動

2013年4月1日マイボイスコムフィードバック数:3マーケティング

マイボイスコム 消費スタイル(2)

インターネット調査・ネットリサーチなら、マイボイスコムへ高級・質の高いものに囲まれた生活よりも、収入や資産にあった範囲で堅実な生活がしたいという人が全体の9割弱。「話題になっている商品でも、自分の趣味にあわなければ買わない」は半数強、「買い物をすることは楽しい」は半数弱、「お金が貯まっていくことに幸せを感じる」は4割強 自分にとって手に入れる価値があると思うものは選択肢の中では「持ち家」「車」が上位2位。なくてもかまわないと思うものの上位は「高級ブランドの服・バッグ」「宝飾品」「コレクターズアイ

2013年3月30日JC総研★フィードバック数:2ライフスタイル

国産のお肉についての意識調査です。

畜産物等の消費行動に関する調査結果-2012年調査-

VOL.42をアップしました。巻頭論説は当総研西井賢悟研究員による「JA自己改革の王道は『組織力』の再構築」です。夏号の特集は「協同組合における職員の地位と役割」「無形文化遺産に登録された「協同組合の思想と実践」」です。ご一読願います。 「米の消費行動に関する調査結果-2017年調査-」をアップしました。

2012年10月16日電通★フィードバック数:22マーケティング

「世帯年収800万~1500万円」を対象とした調査です。

“アッパーミドルクラス”を対象に「消費行動・生活意識実態調査」

“アッパーミドルクラス”を対象に「消費行動・生活意識実態調査」

非常に珍しいテーマの調査です。

元ヤン・元ギャル男女の「メディア・生活実態調査」

元ヤン・元ギャル男女の「メディア・生活実態調査」を実施 ~「リアル・シンプル・リーズナブル」なライフスタイル~ 博報堂DYメディアパートナーズ2012年8月28日 株式会社博報堂DYメディアパートナーズメディア環境研究所(本社:東京都港区、所長:吉田弘、以下メディア環境研究所)は、自称元ヤン・元ギャルを対象に、消費行動・メディア行動の実態を把握する「元ヤン・元ギャル男女メディア・生活実態調査」を実施しました。この調査は、メディア環境研究所では数値としてあまり捕捉されていなかった、「元ヤン・元ギャ

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
 

お知らせ