「消費行動」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2013年2月28日共立総合研究所★フィードバック数:1マーケティング

主婦と家計についての調査です。

第15回『主婦の消費行動に関するアンケート』

第15回『主婦の消費行動に関するアンケート』

2012年10月16日電通★フィードバック数:22マーケティング

「世帯年収800万~1500万円」を対象とした調査です。

“アッパーミドルクラス”を対象に「消費行動・生活意識実態調査」

“アッパーミドルクラス”を対象に「消費行動・生活意識実態調査」

非常に珍しいテーマの調査です。

元ヤン・元ギャル男女の「メディア・生活実態調査」

元ヤン・元ギャル男女の「メディア・生活実態調査」を実施 ~「リアル・シンプル・リーズナブル」なライフスタイル~ 博報堂DYメディアパートナーズ2012年8月28日 株式会社博報堂DYメディアパートナーズメディア環境研究所(本社:東京都港区、所長:吉田弘、以下メディア環境研究所)は、自称元ヤン・元ギャルを対象に、消費行動・メディア行動の実態を把握する「元ヤン・元ギャル男女メディア・生活実態調査」を実施しました。この調査は、メディア環境研究所では数値としてあまり捕捉されていなかった、「元ヤン・元ギャ

2012年7月12日博報堂★フィードバック数:6エンタテインメント

エンタメ系コンテンツの利用についての調査です。

コンテンツファン消費行動調査

NEWSHOMENEWSニュースリリース博報堂と博報堂DYメディアパートナーズ、共同で、コンテンツを起点とした広告・ビジネス設計の支援チーム「コンテンツビジネスラボ」を発足博報堂と博報堂DYメディアパートナーズ、共同で、コンテンツを起点とした広告・ビジネス設計の支援チーム「コンテンツビジネスラボ」を発足 2012年07月12日・独自実施の全国調査『コンテンツファン消費行動調査』の知見を活用 ・リアルイベントやソーシャルメディアを核とした『コンテンツファン発火モデル』でビジネス支援2012年7月1

70代にフォーカスした調査です。

70代のメディア接触と消費行動に関する調査報告

株式会社博報堂DYメディアパートナーズ2012年6月5日 博報堂DYメディアパートナーズ(本社:東京都港区社長:大森壽郎以下博報堂DYメディアパートナーズ)は、昨年度に引き続き、首都圏に住む70代のメディア接触と消費行動に関する調査を行い、70代は現役世代と比べて自由な時間とお金を持ち、質にこだわり楽しみながら買い物をすることがわかりました。ラジオ、テレビなどの登場と共に人生を送ってきたと言っても過言ではない彼らはマスメディアによく接触し、消費行動にも強い影響を受けている様子が伺えます。また、マ

シニア女性のメディア利用についての調査結果です。

60代女性のメディア行動に関する調査

株式会社博報堂DYメディアパートナーズ2011年11月29日 株式会社博報堂DYメディアパートナーズ メディア環境研究所(東京都港区、所長:吉田弘、以下メディア環境研究所)は、社会の高齢化を踏まえ、夫の定年や子育てからの解放など、人生の新しいステージを迎える60歳代女性の生活者に注目し、メディア接触や生活意識、消費行動に関する調査を行いました。今回の調査で、60歳代女性にとって、メディアは「学びたい欲」を満たしてくれるものであることが分かりました。テレビでは知的欲求を満たす番組を視聴し、人生相談

2011年10月12日マイボイスコムフィードバック数:1マーケティング

消費意識(第2回)お金をかけたいが我慢しているもの、トップは「旅行、レジャー」

インターネット調査・ネットリサーチなら、マイボイスコムへ1年前と比べ生活全体の支出額は、増えた人と減った人がそれぞれ2〜3割。2009年調査時よりも「変わらない」が増え、支出額が減った人が減少。収入額は、減った人が3割強で増えた人より多い。 1年前と比べ購買意欲が低い人は3割強で、高い人より多い。2009年調査時より「変わらない」が増え、購買意欲が低い人が減少。今後1年間の購買意欲が低くなると思う人は2割で、高くなると思う人より多い 1年前よりお金をかけていることがある人は7割弱。今年お金をかけ

2010年2月23日アサヒ飲料フィードバック数:0マーケティング

イマドキ男子・かつての男子消費行動調査

イマドキ男子・かつての男子消費行動調査

2009年8月24日朝日大学フィードバック数:0マーケティング

2009.04 新聞の折込チラシのと消費行動

2009.04 新聞の折込チラシのと消費行動

ネットの普及で衝動買いは少なくなるそうです。私はそうは思いませんが。

消費行動に関する調査--ネットの普及で衝動買いはなくなるか

消費行動に関する調査--ネットの普及で衝動買いはなくなるか  Webマーケティングガイドでは、インターネット調査会社のメディアインタラクティブと共同調査のもと、消費行動に関する調査を実施した。 今回の調査対象者は16歳〜59歳までの男女500人。性年代別で50人ずつの均等割付けを行った。≪調査結果サマリー≫ユーザーの消費パターン、【価格派】が20%、【こだわり派】は17%、残りの60%は【使い分ける派】女性は男性に比べ、商品によって消費パターンを使い分ける傾向が強い消費者が重視するのは、1位:

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
 

お知らせ