「消費財」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

2017年7月27日ニールセン★★フィードバック数:0マーケティング

消費者のオンラインショッピングの利用動向レポート

ニールセン 消費者のオンラインショッピングの利用動向レポートを発売耐久財は実店舗よりオンラインで購入する頻度が高い人が多い消費財も耐久財も、オンラインで定期的に購入する人は「安く購入できる」ことにメリットを感じているオンラインショッピングの配送では、“速さ”よりも”無料”であることが重視される視聴行動分析サービスを提供するニールセン デジタル株式会社(東京都港区、代表取締役社長 宮本淳)は、PC版インターネット視聴率情報Nielsen NetView(ニールセン ネットビュー)が持つオンライン視

2017年4月20日ニールセン★★フィードバック数:0マーケティング

グローバル・コネクテッドコマース調査

本調査は、進化するデジタル購入経路に影響を与える根本的要因を把握する目的で実施しました。生鮮食料品とその他の消費財のオンライン購入に関連する問題点や障害を考察し、それらの障害の克服を助けるアクティベーション戦略を特定。さらに消費者が現在店舗で利用しているデジタルテクノロジーと将来的に期待できるデジタルテクノロジーについても見解を示しています。また、今後のコネクテッドコマースの発展を促進する、最大の変革をもたらす傾向についても概要を示します。主なファインディングスオンラインとオフラインを行き来する

清涼飲料商品における交通広告の効果に関する調査

清涼飲料商品における交通広告の効果に関する調査2017年02月17日(金)Vol.12 東京メトロを利用するビジネスパーソンにおける交通広告は、商品を知ったり思いだすきっかけの情報としてネット広告以上に効果的。新商品のアテンション獲得や興味喚起の高さはTVCMと同レベルであり、清涼飲料商品の低頻度購入者でも、交通広告を見た後の飲用意向率や購入経験率は高く、飲料広告における東京メトロメディアのリーセンシー効果の高さが確認された。株式会社メトロアドエージェンシー(本社:東京都港区、代表取締役社長:肥

2015年4月30日A.T. カーニー★フィードバック数:0マーケティング

EC市場です。

2015グローバルインターネット小売市場指数

航空&防衛 自動車 化学 通信、メディア&テクノロジー 消費財&小売 金融機関 ヘルスケア インダストリアル・グッズ&サービス 金属&鉱業 石油&ガス プライベートエクイティ 公共部門 輸送、旅行&インフラストラクチャ 電気・ガス・水道

2015年2月20日プラネット★フィードバック数:0ライフスタイル

リップクリームについての調査です。

リップクリームに関する意識調査

From プラネット Vol.6⼥性の 5 割以上は、⼈前で塗るのは NG!リップクリームの常識?⾮常識?〜リップを塗るあなたの姿に引いているかも!?〜株式会社プラネット(所在地:東京都港区、代表取締役社長:田上正勝)が、消費財にまつわるトピックスをお届けする「Fromプラネット」の第6号では、リップクリームに関する意識調査の結果をご紹介します。■⽀持が⾼い、PB(プライベートブランド)商品!用まだまだ乾燥が気になる季節が続きます。そこで、唇の乾燥対策に欠かせないリップクリームの売れ筋商品を調べ

2014年11月24日プラネットフィードバック数:0ライフスタイル

入浴剤は炭酸ガス&アロマのW 効果が新常識

From プラネット Vol.3今、バスタイムはこう使う!⼊浴剤は炭酸ガス&アロマの W 効果が新常識〜 ⼊浴頻度が⾼いのは”いい湯だな“世代!?〜株式会社プラネット(本社:東京都港区、代表取締役社長:田上正勝)は、消費財にまつわるトピックスをお届けする「Fromプラネット」の第三弾として、入浴と入浴剤に関する意識調査の結果をご紹介します。■40代以上は、“⼊浴中は湯船につかる“が⽇常的寒さが本格化するこれからの季節、お風呂に入る時は湯船につかって体の芯から温まりたいものです。そこで、入浴につい

2014年9月19日JETROフィードバック数:0ライフスタイル

【世界】中間所得層に人気の消費財は?

ジェトロの海外ネットワークを通じて収集した最近のビジネスニュースや政治・経済の概況、貿易・投資実務に役立つ制度・手続き情報や各種統計、調査レポートなどをお届けしています。 各国・地域別にご覧になりたい場合は「国・地域別情報」をご覧ください。 各種サービスメニューを取り揃えて日本企業の皆様の海外ビジネス展開を支援します。 海外ビジネスの目的にあわせてご利用いただける、ジェトロのビジネス情報とサービスをご案内します。 【世界】中間所得層

2014年4月29日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成22年度経済連携促進のための産業高度化促進事業(東アジアにおける広域連携促進のための、東アジアの消費財・サービス産業動向及び企業活動調査)調査報告書(最終)

平成22年度経済連携促進のための産業高度化促進事業(東アジアにおける広域連携促進のための、東アジアの消費財・サービス産業動向及び企業活動調査)調査報告書(最終)

アジア新興国市場で利益を創出する

EY Japan、「アジア新興国市場で利益を創出する」と題する調査報告書を公表~日本の消費財・流通企業がアジア新興国市場で成功を収めるための6つの提言~新日本有限責任監査法人などの法人から構成されるEY Japanは、このたび、日本の消費財・流通企業がアジア新興国市場で直面している課題と成功要因について取りまとめた、「EY Japan、「アジア新興国市場で利益を創出する―日本企業への6提言―」と題する調査報告書を公表しました。この調査報告書は、2013年春、EYが、アジアに展開する消費財・流通業

2013年9月5日三菱東京UFJ銀行フィードバック数:0社会/政治海外

BTMU Focus USA Diary:財・サービス貿易収支(7月)

Economic ResearchUra Satoko 浦 賢子BTMU FOCUS USA Diarysura@us.mufg.jp三菱東京UFJ銀行 経済調査室ニューヨーク駐在情報September 4, 2013【米国経済指標】財・サービス貿易収支(7 月):赤字額 391.5 億ドル、前月比+13.3%、輸出同▲0.6%、輸入同+1.6%7 月の財・サービス貿易収支赤字(国際収支米国貿易収支の推移ベース)は前月比+13.3%の 391.5 億ドルと、6(億ドル)800月の同▲21.0%、

2013年8月7日三菱東京UFJ銀行フィードバック数:0社会/政治海外

BTMU Focus USA Diary:財・サービス貿易収支(6月)

Economic ResearchUra Satoko 浦 賢子BTMU FOCUS USA Diarysura@us.mufg.jp三菱東京UFJ銀行 経済調査室ニューヨーク駐在情報August 6, 2013【米国経済指標】財・サービス貿易収支(6 月):赤字額 342.2 億ドル、前月比▲22.4%、輸出同+2.2%、輸入同▲2.5%6 月の財・サービス貿易収支赤字(国際収支米国貿易収支の推移ベース)は前月比▲22.4%の 342.2 億ドルと、(億ドル)800事前の市場予想(Bloomb

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
 

お知らせ