「減少割合」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

不況下の雇用調整についての調査です。

雇用調整の実施と雇用調整助成金の活用に関する調査

雇用調整の実施と雇用調整助成金の活用に関する調査 概要リーマン・ショック以降の不況下において、雇用調整助成金が広範にわたり活用された状況を受けて、その効果はもとより問題点も含めて評価・検証しておくための調査研究を、厚生労働省(担当:職業安定局雇用開発課(現:雇用開発企画課))からの全面的な協力の下に、当機構において実施することとした。この調査シリーズは、その調査研究の一環として実施したアンケート調査結果概要をとりまとめたものである。 今後、厚生労働省から別途提供された分析のために必要な様々な

2013年11月3日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

欧州経済指標コメント:ユーロ圏の銀行貸出調査 ~先行きの融資基準の緩和を予想~

EU Indicators欧州経済指標コメント:ユーロ圏の銀行貸出調査発表日:2013年10月31日(木)~先行きの融資基準の緩和を予想~第一生命経済研究所 経済調査部主席エコノミスト 田中 理03-5221-4527・ 10月のユーロ圏の銀行貸出調査(調査時期は9/25~10/10)では、過去3ヶ月の融資基準を「厳格化」したとの回答割合が「緩和」を上回ったが、ネットで「厳格化」した割合は前回:+6.6→今回:+4.6に縮小(左図)。今後3ヶ月の融資基準は、2009年10月以来で初めて「緩和」の

2013年2月3日日本政策金融公庫フィードバック数:0ビジネス

生活衛生関係営業の景気動向等調査 特別調査結果(雇用動向、事業承継、集客を高めるための各種取り組み)

2 0 1 3 年 1 月日 本 政 策 金 融国 民 生 活 事 業生 活 衛 生 融31公本資日庫部部生活衛生関係営業の景気動向等調査(2012年10~12月期)特別調査結果1 雇用動向2 事業承継3 集客を高めるための各種取り組み 1 雇用動向➢従業者の増減動向は、「増加」3.8%、「変わらない」85.6%、「減少」10.6%となっている。減少の背景は、「従業員の自己都合による退職」(44.3%)、「採算の悪化・利益の減少」(44.0%)の割合が高い。➢従業者の過不足感は

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
 

お知らせ