調査のチカラ TOP > タグ一覧 > 温室効果ガス

「温室効果ガス」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2015年6月25日トレンダーズフィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

「日本における気候変動や地球温暖化対策への意識」に関するレポート

トレンド総研のプレスリリース/広報・PR情報温暖化対策のターニングポイントになる、2015年12月COP21に向けて…G7サミットの認知・関心とは?ポイントとなる“ベストミックス”について、調査を実施温暖化対策のターニングポイントになる、2015年12月COP21に向けて…G7サミットの認知・関心とは?ポイントとなる“ベストミックス”について、調査を実施生活者の意識・実態に関する調査を行うトレンド総研では、先日開催された主要7カ国首脳会議(G7サミット)の首脳宣言の内容を受けて、日本における気候

2015年6月14日JX日鉱日石リサーチフィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

日本の温室効果ガス削減目標の課題と意義

日本の温室効果ガス削減目標の課題と意義

2015年5月28日埼玉県フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

2013年度の県内の温室効果ガス排出量(需要側)

ここから本文です。2013年度の県内の温室効果ガス排出量(需要側)は、3,912万トン ~基準年度より8.9%削減~ 部局名:環境部課所名:温暖化対策課担当名:埼玉ナビゲーション担当担当者名:鈴木、加藤  埼玉県では、2014年度に「ストップ温暖化・埼玉ナビゲーション2050(埼玉県地球温暖化対策実行計画)」の中間見直しを行い、計画を改訂しました。 改訂した計画により、2020年における埼玉県の温室効果ガス排出量(需要側)※を2005年比21%削減することを目標として、温室効果ガス排出量削減に

2015年4月8日高知県フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

高知県内における温室効果ガスの排出状況について

高知県内における温室効果ガスの排出状況について 温室効果ガス排出状況の概要 基準年※から2013(平成25)年度にかけての本県の温室効果ガス総排出量の算定結果は、 県内の2013(平成25)年度の温室効果ガスの総排出量(暫定値)は、9,373千t-CO2と、基準年の8,667千t-CO2と比較すると8.1%しています。 9,373千t-CO2に森林吸収(温室効果ガス総排出量9,373千t-CO2−森林吸収量1,188千t-CO2)、8,185千t-CO2となり、基準年比で5.6%減少しています

2015年3月17日トレンダーズ★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

意識調査です。

「電力・エネルギー問題」に関するレポート

トレンド総研のプレスリリース/広報・PR情報~「今、岐路に立つ、日本のエネルギー計画」・第2弾~ 震災から4年、「電力・エネルギー問題」の実態を探る 求められる“S+3E”とは!? 研究者・秋元氏が解説~「今、岐路に立つ、日本のエネルギー計画」・第2弾~ 震災から4年、「電力・エネルギー問題」の実態を探る 求められる“S+3E”とは!? 研究者・秋元氏が解説生活者の意識・実態に関する調査を行うトレンド総研(東京都渋谷区)では、先日3月3日(火)に「“エネルギー自給率”と“エネルギーセキュリティ”

2014年12月23日福島県フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

福島県における2012年度(平成24年度)の温室効果ガス排出量

福島県における2012年度(平成24年度)の温室効果ガス排出量について本県における2012年度(平成24年度)の温室効果ガス排出量を各種統計資料に基づき算定しましたので、その結果をお知らせします。1 温室効果ガス排出量について(1) 温室効果ガス総排出量について ア 2012年度の温室効果ガス総排出量(各温室効果ガスの排出量に地球温暖化係数※1を乗じ、それらを合算したもの)は、1,758万トン(二酸化炭素換算)となりました。 イ 基準年度である1990年度(平成2年度)と比較すると、15.5%上

都市におけるエネルギー需要・供給者間の連携と温室効果ガス排出量取引に関する研究

都市におけるエネルギー需要・供給者間の連携と温室効果ガス排出量取引に関する研究  平成20年3月に改定された「京都議定書目標達成計画」では,「エネルギーの需要・供給に関連するそれぞれの主体は自らの役割を適切に認識し,自らが直接管理する範囲にとどまらず,他のエネルギー需要・供給者と連携してエネルギー効率の更なる向上を目指す」とされており,率先した取組が求められる地方公共団体の公共・公益事業を中心として,エネルギー需要・供給者間の垣根を越えた取組みが必要とされている.都市の段階的な機能更新等の機会

2014年4月1日国土交通省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

運輸分野におけるCO2排出量削減施策とその総合的評価手法に関する調査研究

運輸分野におけるCO2排出量削減施策とその総合的評価手法に関する調査研究◆要旨 地球温暖化対策は人類の生存基盤に関わる最重要課題の一つであり、気候変動枠組条約における「気候系に対し危険が人為的干渉を及ぼさない水準で温室効果ガス濃度を安定させる」という究極的な目的の達成を目指して取り組む必要がある。我が国の運輸分野について見ると、2011年度の日本のCO2排出量のうち運輸分野からの排出量は約20%を占め、そのうち自動車全体では運輸分野の87.8%(日本全体の16.3%)、貨物自動車に限ると運輸分野

2013年12月28日環境省★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

国家レベルの報告書です。

「気候変動に関する国際連合枠組条約」に基づく 第1回隔年報告書及び第6回国別報告書

「気候変動に関する国際連合枠組条約」に基づく 第1回隔年報告書及び第6回国別報告書の提出について(お知らせ) 我が国を含む先進国は、「気候変動に関する国際連合枠組条約」の下でのカンクン合意及びダーバン決定に基づき、2014(平成26)年1月1日までに、自国の温暖化対策・施策等をとりまとめた第1回隔年報告書(BR1)を条約事務局に提出する必要があります。また、同条約に基づき、第6回国別報告書(NC6)も同時に提出することになります。このたび、本年11月に条約事務局に登録した2020年度の温室効果ガ

2013年6月19日大和総研フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

排出量取引マーケットレポート2013.6.14

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 排出量取引マーケットレポート2013.6.142012年にEU ETSの対象施設から排出された温室効果ガスは前年比2%減 ◆マーケットサマリー(2013/5/17~2013/6/13)“改正排出枠の後積み案”の可決期待から2か月ぶりの高値を記録◆関連トピック■2012年にEU ETSの対象施設から排出された温室効果ガスは前年比2%減欧州委員会は、2012年にEU ETSの対象施設(EUに加盟している2

2013年1月23日東京都フィードバック数:26製造業/エレクトロニクス

東京都 大規模事業所 温室効果ガス排出量 23年度削減実績速報

総量削減義務と排出量取引制度 制度開始2年目(平成23年度)で温室効果ガスを23%削減(速報値)平成25年1月21日環境局 平成22年度から、環境確保条例に基づき、大規模事業所に対する温室効果ガス排出総量削減義務と排出量取引制度を開始しました。本制度では、対象事業所は前年度の温室効果ガス排出量実績や総量削減義務達成のための削減計画を記載した計画書を毎年度提出・公表することになっています。このたび、平成24年度に提出された計画書(平成23年度実績)を集計し、削減実績の速報値※1をまとめました。集計

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
 

お知らせ