調査のチカラ TOP > タグ一覧 > 温室効果ガス排出

「温室効果ガス排出」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2015年5月22日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成26年度グリーン貢献量認証制度等基盤整備事業(自主行動計画、国内クレジット制度等の形成に係る調査事業)報告書

経済産業省 御中平成26年度グリーン貢献量認証制度等基盤整備事業(自主行動計画、国内クレジット制度等の形成に係る調査事業)報告書2015 年 3 月 24 日環境・エネルギー研究本部はじめに我が国は、京都議定書採択以前の 1990 年より、地球温暖化防止行動計画に基づく各種の地球温暖化対策を推進し、1997 年の議定書採択後は、第一約束期間(2008~2012 年度)における削減目標の達成に向けた対策に取り組んだ。2013 年度以降も、環境先進国として世界をリードすべく、一層の取組を行っている。

2015年5月1日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成26年度環境問題対策調査等委託費(温室効果ガス排出量算定・報告・公表制度事業)調査報告書

平成26年度環境問題対策調査等委託費(温室効果ガス排出量算定・報告・公表制度事業)調査報告書

2015年4月14日環境省★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

環境省のまとめです。

2013年度(平成25年度)の温室効果ガス排出量(確報値)

2013年度(平成25年度)の温室効果ガス排出量(確報値)について(お知らせ) 環境省と国立環境研究所は、今般、2013年度の我が国の温室効果ガス排出量(確報値(注1))をとりまとめました。2013年度の温室効果ガスの総排出量(注2)は14億800万トン(二酸化炭素(CO2)換算)で、前年度比1.2%増(2005年度比0.8%増、1990年度比10.8%増)でした。  気候変動に関する国際連合枠組条約(以下「条約」という。)第4条及び第12条並びに関連する締約国会議の決定に基づき、我が国を含む附

電力についてのレポートです。

エネルギーミックスの分析と温室効果ガス排出見通し

エネルギーミックスの分析と温室効果ガス排出見通し

2015年3月31日大和総研フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス海外

EUの気候変動対策

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 EUの気候変動対策COP21に向け、提出された約束草案と日本への示唆 ◆本年末のCOP21に向けて、各国は2020年以降の気候変動対策案(約束草案)の提出が求められている。EUは3月6日に約束草案を提出し、米国や中国も早期に提出するとしている。日本でも早期提出に向けての議論が進められている。◆約束草案の提出で先行したEUでは、温室効果ガス排出量が2012年に1990年比▲19%となり、2020年目標(

2014年12月4日環境省★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

昨年分の速報です。

2013年度(平成25年度)の温室効果ガス排出量(速報値)

2013年度(平成25年度)の温室効果ガス排出量(速報値)について環境省と国立環境研究所は、今般、2013年度の我が国の温室効果ガス排出量(速報値)をとりまとめました。2013年度の温室効果ガスの総排出量は13億9,500万トン(二酸化炭素(CO2)換算)で、前年度比1.6%増(2005年度比1.3%増、1990年度比10.6%増)でした。なお、今回の算定から、新たに三ふっ化窒素(NF3)を温室効果ガスとして追加しました。  2013年度の我が国の温室効果ガスの総排出量は、13億9,500万トン

温室効果ガスについてのレポートです。

カーボン・バジェット・アプローチに基づく日本の中長期的な温室効果ガス排出経路

気候変動とエネルギーIGESワーキングペーパーカーボン・バジェット・アプローチの下での日本の中長期GHG排出経路2014年9月25日明日香 壽川 (東北大学)倉持 壮(地球環境戦略研究機関 (IGES))Hanna Fekete (Ecofys Germany)田村 堅太郎 (地球環境戦略研究機関(IGES))Niklas Höhne (Ecofys Germany)気候変動に関する政府間パネル(IPCC)第5次評価報告における重要なメッセージの一つは、地球温暖化を一定のレベルに抑制する場合に許

2014年6月18日愛媛県フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

温室効果ガス排出状況

ここから本文です。更新日:2017年8月10日温室効果ガス排出状況県内の温室効果ガスの排出状況について2014(平成26)年度に愛媛県内で排出された温室効果ガスの量は、2,399万7千トン(二酸化炭素換算)でした。 更新日:2017年8月1日 平成28年度の県自らの事務及び事業に伴う温室効果ガスの排出状況は、57,960t-CO2。基準年(平成25年度)と比べて1.7%減少しました。 愛媛県地球温暖化防止実行計画(平成29年6月改定)では、平成30年度までに基準年と比べて5%以上削減を目標にし

2014年5月6日日本産業機械工業会フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

欧州のCCSの状況について(その1)

調 査 報 告ウィーン欧州の CCS の状況について(その1)2 月 18 日、19 日にベルギーの Brussels で開催された、EUROPEAN CARBONCAPTURE AND STORAGE(欧州の二酸化炭素回収・貯留技術)に関する会議が開催され、政策、各国の状況などが紹介された。主催は PLATTA 社(イギリス)である。今回は、欧州議会 Chris Davies 議員、欧州委員会 気候行動総局 Humberto Delgado Rosa委員の講演を報告する。1.二酸化炭素回収・貯

2014年4月15日環境省★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

温室効果ガス排出量です。

2012年度(平成24年度)の温室効果ガス排出量(確定値)

2012年度(平成24年度)の温室効果ガス排出量(確定値)について(お知らせ) 今般、地球温暖化対策の推進に関する法律等に基づき、2012年度(平成24年度)の温室効果ガス排出量(確定値(注1))をとりまとめました。2012年度の我が国の総排出量(確定値)は、13億4,300万トンで、これは京都議定書の規定による基準年比6.5%増(注2)、前年度比2.8%増となっています。また、京都議定書第一約束期間(2008〜2012年度)の総排出量は5カ年平均で12億7,800万トン(基準年比1.4%増)、

2014年4月4日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成24年度「地球温暖化問題対策調査(非エネルギー起源温室効果ガス関連地球温暖化対策普及等推進事業」インドネシアにおける大規模泥炭火災対策導入を通じた温室効果ガス排出削減事業実施可能性調査

平成24年度「地球温暖化問題対策調査(非エネルギー起源温室効果ガス関連地球温暖化対策普及等推進事業」インドネシアにおける大規模泥炭火災対策導入を通じた温室効果ガス排出削減事業実施可能性調査

2014年4月4日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成24年度環境問題対策調査等委託費(温室効果ガス排出量算定・報告・公表制度事業)調査報告書

平成24年度環境問題対策調査等委託費(温室効果ガス排出量算定・報告・公表制度事業)調査報告書

2014年3月10日東京都フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

中小規模事業所の温室効果ガス排出量集計結果(速報値)

中小規模事業所の温室効果ガス排出量の集計結果(速報値※1)平成26年3月6日環境局 都は、平成22年4月から中小規模事業所を対象に、前年度のCO2排出状況等を報告いただく「地球温暖化対策報告書制度」を実施しています。この度、平成25年度に提出された報告書(平成24年度実績)の提出状況の集計(速報値)がまとまりましたのでお知らせします。平成25年度は、震災後の省エネが定着し、報告書の提出が義務付けられている事業者の排出量の削減が進んだため、義務提出者数※2は減少していますが、任意提出者数は着実に増

カーボン・ディスクロージャー・プロジェクトのレポートです。

CDP ジャパン 500 気候変動レポート 2013

国際NPOのCDP、あらた監査法人と共同分析・執筆した調査報告書「CDP ジャパン 500 気候変動レポート 2013」を発表‐中長期的な事業戦略と一貫した気候変動対応に課題‐2013年11月06日CDPあらた監査法人CDP(本部:英国ロンドン、CEO:ポール・シンプソン、旧称:カーボン・ディスクロージャー・プロジェクト)は11月6日、日本の大手企業500社を対象に実施した気候変動への取り組みに関する調査報告書「CDP ジャパン 500 気候変動レポート 2013」を発表しました(回答企業数:2

2013年9月4日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成24年度地球温暖化問題等対策調査(温室効果ガス排出量算定・報告・公表制度の電子化に係る制度面での課題の整理及び類似制度等との連携の可能性調査)報告書

経済産業省 御中平成24年度地球温暖化問題等対策調査(温室効果ガス排出量算定・報告・公表制度の電子化に係る制度面での課題の整理及び類似制度等との連携の可能性調査)報告書2013 年 3 月 29 日環境・エネルギー研究本部公共ソリューション本部目次1.調査概要 ................................................................................................... 1-11.1調査目的.........

2013年7月20日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成23年度カーボンフットプリント制度構築等事業(温室効果ガス排出量の算定・報告等に関する国際的動向への対応)報告書

Acrobat X または Adobe Reader X 以降でこの PDFポートフォリオを開いてこれまでにない便利さを体験してください。Adobe Reader を今すぐダウンロード!

2013年7月10日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

オバマ政権の気候変動対策

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 オバマ政権の気候変動対策国内政策を固めて、外交に踏み出す オバマ大統領は2013年6月、気候変動対策について演説を行い、政権二期目(2013年~2016年)の政策方針「大統領気候行動計画(The President’s Climate Action Plan)」を公表した。国内政策はこれまでと大きく変わらず、天然ガス等の利用拡大を柱に温室効果ガスの排出削減に取り組む方針だ。一方、外交は中国やインドとの

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
 

お知らせ