調査のチカラ TOP > タグ一覧 > 温室効果ガス観測

「温室効果ガス観測」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2014年9月15日気象庁★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

世界気象機関の年報です。

世界の二酸化炭素濃度の増加と海洋の酸性化が進行中~WMO温室効果ガス年報第10号の発表~

キーワードを入力し検索ボタンを押下ください。 世界の二酸化炭素濃度の増加と海洋の酸性化が進行中 ~WMO温室効果ガス年報第10号の発表~報道発表日概要WMOの温室効果ガス世界資料センターとして、気象庁が大気中の温室効果ガス観測データについて世界の専門家と協力して解析した結果、 2013年の世界の二酸化炭素濃度(CO2、年平均)と前年からの年増加量は観測史上最も大きかったことが判明しました。 大気CO2増加に伴い、世界の海洋酸性化も進行しています。本文気象庁は、世界気象機関(WMO)の温室効果

2014年3月28日環境省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

「いぶき」(GOSAT)の観測データを用いた全球の月別メタン収支の 推定結果

「いぶき」(GOSAT)の観測データを用いた全球の月別メタン収支の 推定結果について (お知らせ) 温室効果ガス観測技術衛星「いぶき」は、環境省、(独)国立環境研究所(NIES)及び(独)宇宙航空研究開発機構(JAXA)が共同で開発した、世界初かつ唯一の温室効果ガス観測専用の衛星です。二酸化炭素とメタンの濃度を宇宙から観測することを主目的としており、平成21年1月23日の打上げ以降、現在も順調に観測を続けています。今般、メタン濃度の「いぶき」による観測データと、地上観測点における観測データとを用

2013年11月10日気象庁★フィードバック数:0社会/政治

温室効果ガスのデータです。

世界の主要温室効果ガス濃度は過去最高値 ~WMO温室効果ガス年報第9号の発表~

キーワードを入力し検索ボタンを押下ください。 世界の主要温室効果ガス濃度は過去最高値 ~WMO温室効果ガス年報第9号の発表~報道発表日概要気象庁が、WMOの温室効果ガス世界資料センターとして、大気中の温室効果ガス観測データについて世界の専門家と協力して解析した結果、2012年の二酸化炭素、メタンおよび一酸化二窒素の世界平均濃度は過去最高であることが判明しました。本文気象庁は、世界気象機関(WMO)の温室効果ガス世界資料センター(World Data Centre for Greenhouse

2013年5月22日気象庁フィードバック数:24製造業/エレクトロニクス

日本の大気中の二酸化炭素濃度について

キーワードを入力し検索ボタンを押下ください。 日本の大気中の二酸化炭素濃度について報道発表日概要今年4月までに、気象庁の全ての温室効果ガス観測地点で二酸化炭素濃度の月平均値が400ppmvを超えました。本文気象庁は、岩手県大船渡市綾里、東京都小笠原村南鳥島、沖縄県八重山郡与那国島の国内3地点で大気中の二酸化炭素濃度の観測を実施しています。昨年、綾里において二酸化炭素濃度の月平均値が初めて400ppmvを超えました。今年はさらに与那国島で1月に400.7ppmv、南鳥島で4月に400.5ppm

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
 

お知らせ