調査のチカラ TOP > タグ一覧 > 溶存酸素量

「溶存酸素量」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

2015年3月20日環境省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

東京湾環境一斉調査

東京湾環境一斉調査について~調査結果報告書を公開しました~(お知らせ) 平成26年度の東京湾環境一斉調査は、平成26年9月3日(水)を基準日として実施され、多くの機関に参加いただきました。このたび、調査結果をとりまとめた報告書を東京湾再生推進会議ホームページ上に公開いたしましたので、お知らせします。 今年度の環境調査は、天候不良に伴い8月から9月へ延期となったものの、ほぼ平年並みの141機関の皆様にご参加いただき、溶存酸素量(DO)等の調査を行いました。調査結果の概要は資料1のとおりでした。また

2014年12月28日環境省★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

環境省のまとめです。

日本の汽水湖~汽水湖の水環境の現状と保全~

「日本の汽水湖~汽水湖の水環境の現状と保全~」の公表について(お知らせ)環境省では、淡水と海水が混合する水域であり、固有の特性を持つ汽水湖について「日本の汽水湖~汽水湖の水環境の現状と保全~」をとりまとめました。本資料は、汽水湖水環境に関わる方々が、汽水湖水環境の保全や対策などの取組を行うときの参考となるよう、日本の汽水湖に関する現状と課題及び水環境保全に向けての考え方をとりまとめたものです。 1. 資料の目的 淡水と海水が混合する水域である汽水湖は、他の湖沼と同様の課題が見られるものの、汽水湖

2014年10月24日環境省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

東京湾環境一斉調査

東京湾環境一斉調査 結果概要について(お知らせ) 平成26年度の東京湾環境一斉調査の調査結果概要を取りまとめましたのでお知らせします。  本調査は、多様な主体が協働しモニタリングを実施することにより、国民・流域住民の東京湾再生への関心の醸成を図るほか、東京湾とその関係する河川等の水質環境の把握及び汚濁メカニズムの解明等を目的としています。平成20年度から赤潮、青潮及び貧酸素水塊が発生する夏季に、国・自治体・研究機関など多様な主体が協働して、一斉に東京湾及び流域の河川等において水質調査等を実施して

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
 

お知らせ