調査のチカラ TOP > タグ一覧 > 潜在成長率

「潜在成長率」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2015年6月7日経済産業研究所★フィードバック数:0社会/政治

セミナー資料です。

世界経済と金融市場:今後の見通しと政策課題

BBL議事録 (2015年5月21日) 世界経済と金融市場:今後の見通しと政策課題 木下 祐子 (RIETIコンサルティングフェロー/国際通貨基金(IMF)アジア太平洋地域事務所(OAP)次長) 井上 誠一郎 (RIETIコンサルティングフェロー/経済産業省経済産業政策局調査課長) ※講師のご意向により、掲載されている内容の引用・転載を禁じます 世界経済見通し―短期的・長期的要因2015年4月に発表されたIMF「世界経済見通し(WEO)」において、新興国・途上国の実質GDP成長率が先進国よりも

2015年6月4日内閣府フィードバック数:0社会/政治

2015年1-3月期GDP1次速報後のGDPギャップは前期から縮小

今週の指標 No.1121 2015年1-3月期GDP1次速報後のGDPギャップは前期から縮小 ポイント2015年6月4日2015年1-3月期のGDP1次速報を反映したGDPギャップ(注)は▲1.9%となり、2014年10-12月期(▲2.3%)からマイナス幅が縮小した(図)。これは、実質GDP成長率が前期比年率+2.4%となり、潜在成長率(0.6%)を上回ったためである。一方、2014年度のGDPギャップは▲2.1%となり、2013年度(▲0.6%)からマイナス幅が拡大した。これは、2014

2015年3月25日内閣府フィードバック数:0社会/政治

2014年10-12月期GDP2次速報後のGDPギャップの推計結果について(今週の指標No.1116のアップデート)

今週の指標 No.1118 2014年10-12月期GDP2次速報後のGDPギャップの推計結果について(今週の指標No.1116のアップデート) ポイント2015年3月25日2014年10-12月期のGDP2次速報を反映したGDPギャップ(注)は▲2.3%となり、2014年7-9月期(▲2.6%)からマイナス幅が縮小した(図)。これは、実質GDP成長率が前期比年率+1.5%となり、潜在成長率(0.6%)を上回ったためである。今回試算値(▲2.3%)は1次速報に基づく試算値(▲2.2%)から下方

2015年3月25日日本銀行フィードバック数:0社会/政治

九州・沖縄における潜在成長率の試算~2040年度までの中長期シミュレーション~

九州・沖縄における潜在成長率の試算~2040年度までの中長期シミュレーション~

2015年3月1日アジア太平洋研究所フィードバック数:0社会/政治海外

米国経済(週次)予測(2015年2月20日)<経済成長率による潜在成長率の考え方を間違っている連銀>

米国経済(週次)予測(2015年2月20日)<経済成長率による潜在成長率の考え方を間違っている連銀>2015-02-23 〒530-0011 大阪市北区大深町3番1号 グランフロント大阪 ナレッジキャピタル タワーC 7階

2015年2月25日内閣府フィードバック数:0社会/政治

2014年10-12月期GDP1次速報後のGDPギャップは前期から縮小

今週の指標 No.1116 2014年10-12月期GDP1次速報後のGDPギャップは前期から縮小 ポイント2015年2月25日2014年10-12月期のGDP1次速報を反映したGDPギャップ(注)は▲2.2%となり、2014年7-9月期(▲2.6%)からマイナス幅が縮小した(図)。これは、実質GDP成長率が前期比年率+2.2%となり、潜在成長率(0.6%)を上回ったためである。一方、2014年のGDPギャップは▲1.6%となり、2013年(▲1.1%)からマイナス幅が拡大した。これは、201

2015年2月18日経済産業研究所フィードバック数:0社会/政治

経済成長政策の定量的効果について:既存研究に基づく概観

ノンテクニカルサマリー 経済成長政策の定量的効果について:既存研究に基づく概観このノンテクニカルサマリーは、分析結果を踏まえつつ、政策的含意を中心に大胆に記述したもので、DP・PDPの一部分ではありません。分析内容の詳細はDP・PDP本文をお読みください。また、ここに述べられている見解は執筆者個人の責任で発表するものであり、所属する組織および(独)経済産業研究所としての見解を示すものではありません。 その他特別な研究成果(所属プロジェクトなし)1.問題の所在1990年代初めのバブル崩壊以降、有効

日本経済の中期見通し(2014~2025年度)

【プレスリリース】 日本経済の中期見通し(2014~2025年度)~東京オリンピック後に景気低迷のリスクが高まる~ 2015年02月03日○日本経済は2014年4月の消費税率引き上げ後を受けて弱含んだものの、すでに持ち直しに転じている。雇用需給のタイト化と賃金上昇、原油価格下落と物価上昇率の低位安定といった好材料もあり、2015~2016年度は緩やかな回復軌道をたどると予想される。○2010年代後半(2016~2020年度)は、2017年4月に消費税率が10%に引き上げられることで一時的に景気が

2015年2月6日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0社会/政治海外

アジア新興国・地域の潜在成長率-持続的な高成長は可能か

アジア新興国・地域の潜在成長率-持続的な高成長は可能か | ニッセイ基礎研究所 シンクタンクならニッセイ基礎研究所 > アジア新興国・地域の潜在成長率-持続的な高成長は可能かアジア新興国・地域の潜在成長率-持続的な高成長は可能か 経済研究部 研究員 斉藤 誠アジア新興国・地域は、先進国を上回る成長率の高さに注目が集まるが、中国・インド・ASEAN主要4カ国(マレーシア・タイ・インドネシア・フィリピン)・韓国・台湾など国・地域によって成長速度は異なる。本稿では、上記8カ国・地域について1980年

米国経済(月次)予測(2014年12月)<米国の潜在成長率は連銀が考えているよりかなり高い>

米国経済(月次)予測(2014年12月)<米国の潜在成長率は連銀が考えているよりかなり高い>2015-01-05 〒530-0011 大阪市北区大深町3番1号 グランフロント大阪 ナレッジキャピタル タワーC 7階

2015年1月8日EY Japanフィードバック数:0社会/政治

2015年の世界と日本の経済展望-政策次第では均衡が取れた成長加速が可能

新日本有限責任監査法人 情報センサー2015年新年号掲載2015年の世界と日本の経済展望 -政策次第では均衡が取れた成長加速が可能2015年の世界経済は、多くの地政学リスクにさらされ、極めて不透明感が強い状況が続くものの、各国・地域の政策運営が適切に行われる限り、国・地域間の均衡が取れた形で、成長率の加速を実現することが十分可能だと思われます。日本も、名目賃金の着実な上昇が続けば、潜在成長率を上回る成長率を達成できるでしょう。 お問い合わせEY総合研究所へのお問い合わせは、「お問い合わせフォー

2014年12月28日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

資源安で「正念場」を迎えるインドネシア ~景気維持と将来的な潜在成長率向上のなかで板ばさみ~

資源安で「正念場」を迎えるインドネシア ~景気維持と将来的な潜在成長率向上のなかで板ばさみ~

アジア新興国・地域の潜在成長率~持続的な高成長は可能か

アジア新興国・地域の潜在成長率~持続的な高成長は可能か | ニッセイ基礎研究所 アジア新興国・地域の潜在成長率~持続的な高成長は可能か 経済研究部 研究員 斉藤 誠基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 世界経済のグローバル化が進む中、アジア新興国・地域の成長率は先進国を上回るパフォーマンスが続いている。しかし、一口にアジア新興国・地域といっても、1980年から平均約

2014年12月4日内閣府フィードバック数:0社会/政治

2014年7-9月期GDP1次速報後のGDPギャップは前期から拡大

今週の指標 No.1109 2014年7-9月期GDP1次速報後のGDPギャップは前期から拡大 ポイント2014年12月4日2014年7-9月期のGDP1次速報を反映したGDPギャップ(注)は▲2.7%となり、2014年4-6月期(▲2.2%)からマイナス幅が拡大した(図)。これは、実質GDP成長率が前期比年率▲1.6%となり、潜在成長率(0.6%)を下回ったためである。なお、消費税率引上げ前後の影響をならすため2014年1-9月平均のGDPギャップをみると、▲1.7%となっており、2013年以

米国経済(週次)予測(2014年11月21日)<FOMC(10/28-29)ミーティング議事録にみる連銀エコノミストの誤った潜在成長率の捉え方>

米国経済(週次)予測(2014年11月21日)<FOMC(10/28-29)ミーティング議事録にみる連銀エコノミストの誤った潜在成長率の捉え方>2014-11-25 〒530-0011 大阪市北区大深町3番1号 グランフロント大阪 ナレッジキャピタル タワーC 7階

中期経済見通し(2014~2024年度)-需要不足と供給力低下に直面する世界経済

中期経済見通し(2014~2024年度)-需要不足と供給力低下に直面する世界経済 | ニッセイ基礎研究所 シンクタンクならニッセイ基礎研究所 > 中期経済見通し(2014~2024年度)-需要不足と供給力低下に直面する世界経済中期経済見通し(2014~2024年度)-需要不足と供給力低下に直面する世界経済 経済研究部 経済調査室長 斎藤 太郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録は

2014年10月9日国際通貨基金★フィードバック数:0社会/政治

IMFの経済見通しです。

世界経済見通し: 期待に届かない世界経済成長、ばらつき国ごとに異なる回復ペース

IMF サーベイ世界経済見通し期待に届かない世界経済成長、ばらつき国ごとに異なる回復ペース2014 年 10 月 7 日インドの電力部門のような断固たる構造改革が、信認強化と今日の実質成長率、明日の潜在成長率の押し上げに不可欠(写真: AMITDAVE/Reuters/Corbis)世界経済成長率、2014 年は 3.3%にとどまる見通し。2015 年は 3.8%まで上昇危機の遺産と低い潜在成長率が回復の重石に金融・地政学的リスクなど、増大する世界成長の下振れリスク国際通貨基金(IMF)は

2014年8月22日内閣府フィードバック数:0社会/政治

2014年4-6月期GDP1次速報後のGDPギャップは前期から拡大

今週の指標 No.1102 2014年4-6月期GDP1次速報後のGDPギャップは前期から拡大 ポイント2014年8月22日2014年4-6月期のGDP1次速報を反映したGDPギャップ(注)は▲2.2%となり、2014年1-3月期(▲0.3%)からマイナス幅が拡大した(図)。これは、消費税率引上げに伴う駆け込み需要の反動により、実質GDP成長率が前期比年率▲6.8%となり、潜在成長率(0.6%)を大幅に下回ったためである。なお、14年1-3月期のGDPギャップ(▲0.3%)は、同期の実質GDPが

2014年7月7日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0社会/政治

2014~2016年度経済見通し

2014~2016年度経済見通し | ニッセイ基礎研究所 2014~2016年度経済見通し 経済研究部 経済調査室長 斎藤 太郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 1―駆け込み需要は前回の増税前に匹敵する大きさに2014年1-3月期の実質GDPは前期比1.6%(年率6.7%)の高成長となった。外需は引き続き成長率を押し下げたが、消費税率引き上げ前の駆け込み需要を主

2014年5月27日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

潜在成長率と日本銀行 ~今までの金融政策と今からの金融政策の違い~

潜在成長率と日本銀行 ~今までの金融政策と今からの金融政策の違い~

2014年5月8日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

低下するベトナムの成長力

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 2014年5月8日アジア事業開発グループ シニアコンサルタント 服部 亮三先日発表された中国の2014年1~3月期の実質GDP成長率は、前年同期比7.4%の低い伸びにとどまった。もっとも低い伸びといっても、日本の成長率に比べればはるかに高い。一国の景況を見る場合、何をもって好不況を議論すべきであろうか。こういう場合、潜在GDPが基準となる。潜在GDP(potential output)とは中期的に持続

2014年2月25日内閣府フィードバック数:0社会/政治

2013年10-12月期GDP一次速報後のGDPギャップは前期から縮小

今週の指標 No.1090 2013年10-12月期GDP1次速報後のGDPギャップは前期から縮小 ポイント2014年2月24日2013年10-12月期のGDP1次速報値から試算したGDPギャップ(注)は▲1.5%となり、2013年7-9月期(▲1.6%)からマイナス幅が縮小した(図1、表1)。これは、実質GDP成長率が前期比年率1.0%となり、潜在成長率(0.7%)を上回ったためである。2013年のGDPギャップは▲1.9%となり、2012年(▲2.7%)からマイナス幅が縮小した(図2、表2)

中国経済は良いのか悪いのか?

中国経済は良いのか悪いのか? | ニッセイ基礎研究所 中国経済は良いのか悪いのか? 経済研究部 上席研究員 三尾 幸吉郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 中国では、経済成長率の鈍化や金融市場の混乱で株価が低迷しているにもかかわらず、国際資金は中国へ流入して人民元は最高値圏にあり、中国経済は良いのか悪いのか判断が難しいところにある。国際的に見ると、中国の経済規模は

2013年12月27日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

台湾中銀、先行きの不透明感を警戒(Asia Weekly (12/23~12/27)) ~来年も経済成長率は潜在成長率を下回るとの見方を示す~

台湾中銀、先行きの不透明感を警戒(Asia Weekly (12/23~12/27)) ~来年も経済成長率は潜在成長率を下回るとの見方を示す~

2013年12月27日三菱東京UFJ銀行フィードバック数:0社会/政治海外

2013年12月(オーストラリア)

平成 25 年(2013 年)12 月 27 日景気減速を背景に、政府は財政赤字の拡大を容認豪州経済は潜在成長率を下回る成長が続いている。第 3 四半期の実質 GDP 成長率は前年比+2.3%と、前期(同+2.4%)から減速した(第 1 図)。需要項目別にみると、輸出は堅調を維持した一方で、個人消費は弱い雇用を背景に伸び悩んだ。また、民間投資は、豪州準備銀行(RBA)による一連の利下げもあって住宅投資は好調であるが、鉱業部門を中心とする設備投資がマイナスに転じ、全体の成長を押し下げた。今後も豪州

2013年12月11日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

中央経済工作会議開幕、中国が目指す成長の方向は ~目先の成長重視か、中長期的な潜在成長率向上かの分かれ道~

中央経済工作会議開幕、中国が目指す成長の方向は ~目先の成長重視か、中長期的な潜在成長率向上かの分かれ道~

2013年11月27日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

堅調な景気の背後で悩めるシンガポール ~外国人労働者への規制強化の動きは潜在成長率の低下を招く可能性も~

堅調な景気の背後で悩めるシンガポール ~外国人労働者への規制強化の動きは潜在成長率の低下を招く可能性も~

2013年10月2日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

豪州、政権交代や中国の底入れ期待も、景気の急回復は難しい ~資源依存からの脱却は一朝一夕に進まず、当面は潜在成長率並みの拡大に~

1/3Asia Trendsマクロ経済分析レポート豪州、政権交代や中国の底入れ期待も、景気の急回復は難しい~資源依存からの脱却は一朝一夕に進まず、当面は潜在成長率並みの拡大に~発表日:2013年10月1日(火)第一生命経済研究所 経済調査部担当 主任エコノミスト 西濵徹(03-5221-4522)(要旨) 中国景気の底入れを窺わせる経済指標が出ているが、経済成長の原動力が外需と投資に留まるなど、その持続力には不透明感が残る。中国を最大の輸出相手とする豪州では、景気の緩やかな拡大は続いているが、

2013年8月26日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

日本は持続成長に、ただし「年単位」で時間はかかる

リサーチ TODAY2013 年 8 月 26 日日本は持続成長に、ただし「年単位」で時間はかかる常務執行役員 チーフエコノミスト 高田 創みずほ総合研究所は7月26日に、『緊急リポート』として「アベノミクスで何が変わったのか」と題したリポートを発表した。下記の図表はそのリポートで示したアベノミクス(経済政策)でデフレ脱却に向けたプロセスである。ここでは、「三本の矢」とされる対策のなかで、まず金融政策を中心とした対応が、円安・株高を通じて個人消費の拡大や企業収益の改善を生じさせたプロセスが示され

2013年8月23日内閣府フィードバック数:0社会/政治

2013年4-6月期GDP1次速報後のGDPギャップは前期から縮小

今週の指標 No.1077 2013年4-6月期GDP1次速報後のGDPギャップは前期から縮小ポイント2013年8月22日2013年4-6月期のGDP1次速報値から試算したGDPギャップ(注)は▲1.9%となり、13年1-3月期(▲2.3%)からマイナス幅が縮小した(図)。これは、実質GDP成長率が前期比年率2.6%と、潜在成長率(0.7%)を上回る伸びとなったためである。なお、13年1-3月期のGDPギャップ(▲2.3%)は、同期の実質GDPが下方改定されたため、改定前の試算値(▲2.2%)よ

2013年8月13日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

中国、一時的に減速懸念後退も潜在成長率並みの拡大に留まる ~今年通年の経済成長率見通しを7.4%に下方修正~

中国、一時的に減速懸念後退も潜在成長率並みの拡大に留まる ~今年通年の経済成長率見通しを7.4%に下方修正~

2013年7月31日日本総研フィードバック数:0キャリアとスキル海外

雇用環境の悪化がユーロ圏景気回復の足かせに-スペインの雇用環境からみた潜在成長率の低下リスク

雇用環境の悪化がユーロ圏景気回復の足かせに-スペインの雇用環境からみた潜在成長率の低下リスク

2013年7月17日第一生命保険フィードバック数:1社会/政治海外

中国、政府の成長率目標は一段と厳しい状況に ~構造改革と潜在成長率低下が重なるなか、現政権は課題克服に動けるか~

中国、政府の成長率目標は一段と厳しい状況に ~構造改革と潜在成長率低下が重なるなか、現政権は課題克服に動けるか~

2013年7月7日アジア太平洋研究所フィードバック数:0社会/政治海外

米国経済(月次)予測(2013年6月)

米国経済(月次)予測(2013年6月)<金融政策と成長戦略に不可欠な潜在成長率の実証分析>2013-07-01 〒530-0011 大阪市北区大深町3番1号 グランフロント大阪 ナレッジキャピタル タワーC 7階

タイ経済の現状と今後の展望

○タイ経済は、リーマンショック(2008年)と大洪水(2011年)という二度のショックを乗り越え、その堅調ぶりが注目されている。大洪水直後に大幅に落ち込んだ輸出と投資はV字型回復を遂げており、個人消費も拡大傾向が続いている。○タイでは、物価が安定し、失業率も低い。インフレ率と失業率がトレードオフの関係にあるとする経済学の議論から見れば、低インフレと低失業率が同時に成立しているタイの例はレア・ケースであると言える。タイの失業率の低さは、農業部門が、工業部門やサービス部門からの離職者の雇用の受け皿と

2013年5月8日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:2社会/政治海外

中国経済:潜在成長率の低下と今後の経済運営

中国経済:潜在成長率の低下と今後の経済運営 | ニッセイ基礎研究所 中国経済:潜在成長率の低下と今後の経済運営 経済研究部 上席研究員 三尾 幸吉郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 中国経済は成長率が4四半期連続の8%割れとなるなど景気に先行き懸念があるにも拘らず、中国政府は冷静で、8%割れを懸念する声はあまり聞かれない。中国政府が冷静な背景には、「健全な発展」

2013年3月11日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

ブラジル中銀は早くも「出口」を意識し始める ~構造問題が足かせとなり、景気は依然として力強さを欠く~

1/3World Trendsマクロ経済分析レポートブラジル中銀は早くも「出口」を意識し始める~構造問題が足かせとなり、景気は依然として力強さを欠く~発表日:2013年3月7日(木)第一生命経済研究所 経済調査部担当 主任エコノミスト 西濵徹(03-5221-4522)(要旨) 世界金融危機後は中国経済の回復を追い風に高成長を達成し、注目を集めたブラジル経済だが、その後は減速基調が続いている。足下では世界経済の底入れなどが景気の追い風になると期待されたが、度重なる政策変更の影響で投資家の信認は

2013年3月8日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

豪ドル相場は上値を追いにくい展開が予想される ~景気は依然底這いの中、追加利下げの可能性は燻る

1/3Asia Trendsマクロ経済分析レポート豪ドル相場は上値を追いにくい展開が予想される~景気は依然底這いの中、追加利下げの可能性は燻る~発表日:2013年3月6日(水)第一生命経済研究所 経済調査部担当 主任エコノミスト 西濵徹(03-5221-4522)(要旨) 5日、豪準備銀は金融政策委員会において政策金利を2回連続で3.00%に据え置いた。世界経済が改善しつつある中、同国の景気は潜在成長率をやや下回る伸びに留まるものの、現時点では過去に実施した利下げの景気に対する効果を見定める姿

2013年2月26日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

米金利の本格上昇は年後半 ~財政の崖クリア後はスティープ化進展

Market Watchingテーマ:米金利の本格上昇は年後半 ~財政の崖クリア後はスティープ化進展~担当 一枚岩にはなれないFRB市場レポート発表日:2013年2月22日(金)第一生命経済研究所 経済調査部 嶌峰 義清 (03-5221-4521)市場では、FRBによるQE3からの出口戦略に関心が集まりつつある。先日発表されたFOMC議事録 (1月FOMC分)を、市場が注目したのはその証左だ。しかし、内容を見るとQE3の打ち切り、ないしは 縮小時期について、一部は「雇用市場が大幅に改善されたと

2013年2月21日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

デフレ脱却は金融緩和だけでは困難

リサーチ TODAY2013 年 2 月 21 日デフレ脱却は金融緩和だけでは困難常務執行役員 チーフエコノミスト 高田 創「金融緩和でデフレ脱却はできるか」、本論は改めてこの問いに対して答えるものである1。下記の図表は、日本と米国の実体経済における需給状態と物価上昇率の動きをみたものである。ここで実体経済の需給状況を示す指標には、日米で多少異なるものが用いられるが、考え方の基本は同じである。図表を振り返っても、実体経済の需給状況と物価上昇率の間に極めて深い関係があることが示される。たとえば、日

米国の潜在成長力とシェール革命

米国の潜在成長力とシェール革命~金融危機の克服と「逆オイル・ショック」への期待~ 2013年02月14日○ 金融危機をきっかけに米国の潜在成長率の低下が懸念されるようになった。しかし、潜在成長率を決定する労働供給、資本投入、生産性の動向をみると、2000 年代前半から潜在成長率がすでに低下しており、低成長期に移行していたことが分かる。低成長下での金融面の不均衡の蓄積がバブルとその崩壊を招いたといえる。一方、金融危機の前後で、労働供給、資本投入、生産性の動きは大きく変化しておらず、潜在成長率のトレ

2012年8月23日内閣府フィードバック数:7社会/政治

2012年4-6月期GDP1次速報後のGDPギャップは前期から縮小

今週の指標 No.1040 2012年4-6月期GDP1次速報後のGDPギャップは前期から縮小ポイント2012年8月22日 2012年4-6月期GDP1次速報値から試算したGDPギャップは、▲1.8%程度の需要不足となったが、前期(▲2.0%)から縮小した(図1)(注)。2012年4-6月期のGDPデフレーターは、前年同期比▲1.1%と11四半期連続のマイナスとなったが、前期(▲1.3%)から下落幅が縮小した。この背景としてGDPギャップの縮小があるとみられる。 次に、GDPギャップの変動を実際

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
 

お知らせ