「災害発生」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

熊本地震における訪日外国人旅行者の避難行動に関する調査

世論調査・市場調査・交通調査をはじめ、あらゆる分野の社会調査を全国規模で対応します。 熊本 このたびの熊本地震により被害に遭われた皆さま、そのご家族、ご関係者の方々に、謹んでお見舞い申し上げます。 被災地の一日も早い復興と、皆さまのご健康を心よりお祈り申し上げます。防災・災害調査結果(訪日外国人調査結果)株式会社サーベイリサーチセンター(本社:東京都荒川区、代表取締役:戸祭浩)は、「熊本地震における訪日外国人旅行者の避難行動に関する調査」を実施しました。2016年4月14日に発生した前震および

2015年8月27日楽天リサーチフィードバック数:0ライフスタイル

住まいと防災に関する調査

『家庭での防災対策、6割以上が「していない」』住まいと防災に関する調査 2015年8月27日楽天リサーチ株式会社(本社:東京都世田谷区、代表取締役社長:森 学、以下「楽天リサーチ」)は、「住まいと防災に関する調査」をインターネットで実施しました。今回の調査は、2015年7月27日(月)から28日(火)の2日間、楽天リサーチに登録しているモニター(約230万人)の中から、全国の20代から60代の男女1,000人を対象に行いました。住まい探しにおいて重視するポイントで、「災害に強い」地盤や住居を選

2011年9月12日Yahoo!フィードバック数:2565マーケティング

東日本大震災で被災地の人は何を検索したのか

記事詳細 1件表示東日本大震災で被災地の人は何を検索したのか 2011年9月12日 11:50こんにちは、Yahoo!検索ランキングのイケミーです。東日本大震災から9月11日で半年が経過しました。被災地において、今、何が必要かという問題は、大規模災害時には必ず起こります。 東日本大震災ではテレビや新聞などでも、何々が足りないといった情報を繰り返し伝えていましたが、膨大に発生した事象により増え続ける情報量のなかで、すべてを伝えることが難しかったことや、また、あまりに多くの出来事などによって災害当初

2011年4月25日アイシェアフィードバック数:8ビジネス

在宅勤務に関する意識調査

在宅勤務できる環境は“必要”―非在宅勤務者の8割 在宅勤務に関する意識調査関東・東北地方では今なお強い余震が続いている。自宅から職場へ通勤する必要がある人は、今後も余震の影響で交通網が乱れ、再び通勤困難となる可能性は少なくない。そのような事態に備え、自宅のパソコンから職場内のシステムへ接続し、メール受信やソフトウエアが使えるようにしたり、ネットを通じた会議を行えるようにしたりするなど、在宅勤務ができる環境を必要としている人はどのくらいいるだろうか?被災地を除くインターネットユーザーに意識調査を実

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
 

お知らせ