調査のチカラ TOP > タグ一覧 > 為替レート

「為替レート」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2016年6月11日東京商工リサーチ★★フィードバック数:0社会/政治

東証1部・2部上場メーカー130社 2017年3月期決算「想定為替レート」調査

東証1部・2部上場メーカー130社 2017年3月期決算「想定為替レート」調査 公開日付:2016.06.08 東証1部、2部上場のメーカー130社の過半数が2017年3月期決算の期初想定為替レートを1ドル=110円に設定したことがわかった。今年2月の日銀によるマイナス金利の導入以降、為替相場は円高への振れが強まりをみせている。これに伴い上場企業の想定為替レートは、1年前より円高に設定するケースが目立つ。想定以上に円高が進めば業績を下押しする懸念が出てきた。本調査は、東京証券取引所1部、2部に上

2015年11月30日地球の歩き方T&Eフィードバック数:0大型消費/投資

この冬はココに行く!(国内)/2016年はココに行きたい!(国内)

アンケート >この冬はココに行く!!海外旅行人気ランキング この冬はココに行く!!海外旅行人気ランキング地球の歩き方で開催したキャンペーン(2015年10月15日~10月29日)では、この冬の旅行先をアンケートで回答いただきました。その総数3,463件の応募回答をランキングで発表します!('15/11/16公開) エンタメも強い台湾が年間通して首位! まだら模様の景況感そのもので、どっと海外に繰り出すという気持ちには程遠く、しかし旅行の質は落とせない...。今冬のボーナスの使いみちは、「確実に

2015年11月11日東京商工リサーチフィードバック数:0社会/政治

2016年3月期決算「下期想定為替レート」調査

2016年3月期決算「下期想定為替レート」調査 公開日付:2015.11.10 東証1部、2部上場メーカー77社のうち、約4割の企業が対ドルの下期想定レートを1ドル=120円に設定した。外国為替市場では円安基調が続き、輸出企業を中心に好業績をあげる企業が目立つ。ただし、期初時点と変更なしが約半数を占め、中国経済の減速懸念などから今後の経済環境の不安定さを警戒して、想定レートの変更を慎重にしていることをうかがわせた。本調査は、東京証券取引所1部、2部に上場する主な電気機器、自動車関連、機械、精密機

2015年6月19日マークラインズ★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

自動車分野のランキングです。

2014年度サプライヤー売上高ランキング

各 位2015年6月19日2014年度サプライヤー売上高ランキングを発表マークラインズ株式会社(証券コード3901 東証JASDAQ)マークラインズ(本社:東京都港区、代表取締役社長:酒井 誠、 )は、2014年度サプライヤー売上高ランキング(各社の自動車事業売上高を米ドル換算で比較、一部推定値を含む)をとりまとめました。上位5社は、ボッシュ、デンソー、マグナ、コンチネンタル、現代モービスで、前年度と同じ順位となりました。北米、欧州、アジア市場で堅調に推移、各社とも売上高は前年度比で概ね5%以上

日韓比較(1):大卒初任給―韓国の大卒初任給は本当に日本より高いのか?―

日韓比較(1):大卒初任給―韓国の大卒初任給は本当に日本より高いのか?― | ニッセイ基礎研究所 日韓比較(1):大卒初任給―韓国の大卒初任給は本当に日本より高いのか?― 生活研究部 准主任研究員 金 明中韓国経営者総協会が2014年11月に発表した「2014年賃金調整実態調査結果」によると、2014年における大卒初任給は、278.4万ウォン(30.6万円1)で、2013年の265.9万ウォン(29.2万円)に比べて4.7%も増加していることが明らかになった。これは、同時期における日本の大卒初

2015年6月11日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

黒田総裁は円安の是正に動いたのか? ~国会における為替レートへの言及の意図~

黒田総裁は円安の是正に動いたのか? ~国会における為替レートへの言及の意図~

2015年6月8日東京商工リサーチフィードバック数:0ビジネス

2016年3月期決算「想定為替レート」調査

公開日付:2015.06.08 東証1部、2部上場のメーカー143社の約6割が2016年3月期決算の期初想定為替レートを1ドル=115円に設定したことがわかった。6月2日の東京外国為替市場の円相場は、2002年12月以来12年半ぶりに一時、1ドル=125円台をつけるなど、実勢レートが想定為替レートよりも円安水準で推移し、輸出企業を中心に業績の上振れが期待される。本調査は、東京証券取引所1部、2部に上場する主な電気機器、自動車関連、機械、精密機器メーカー(3月本決算企業)のうち、2016年3月期決

2015年5月11日大和総研フィードバック数:0社会/政治

為替市場における「購買力平価」の磁力はなぜ減衰しているのか

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 為替市場における「購買力平価」の磁力はなぜ減衰しているのか 2015年5月11日エコノミック・インテリジェンス・チーム エコノミスト 小林 俊介為替レートの見通しを立てる際に参照される一つの指標として、「購買力平価」が挙げられる。購買力平価説とは、各国通貨の購買力が同一となるよう物価と為替レートが並行して変化するという考え方であり、為替レートの長期的な収斂水準を考える上で多くの金融市場関係者に利用され

注目の3月FOMCを受けた為替レートの行方~マーケット・カルテ4月号

注目の3月FOMCを受けた為替レートの行方~マーケット・カルテ4月号 | ニッセイ基礎研究所 注目の3月FOMCを受けた為替レートの行方~マーケット・カルテ4月号 経済研究部 シニアエコノミスト 上野 剛志ドル円レートは今月上旬に上昇し、以降121円台をキープしてきたが、18日のFOMCを受けてドルが下落、足元は120円台半ばにある。今回のFOMCでは、景気認識と成長率見通し、政策金利見通しの下方修正に加え、議長会見でもハト派的な発言が多く、想像していた以上にFRBが慎重に利上げを進める姿勢が

2015年3月9日東京商工リサーチフィードバック数:0ビジネス

2015年3月期決算「第4四半期 想定為替レート」調査

2015年3月期決算「第4四半期 想定為替レート」調査 公開日付:2015.03.09 東証1部、2部上場メーカー73社のうち、半数の企業が2015年1月以降の第4四半期の想定為替レートを1ドル=115円に設定した。外国為替市場の対ドル相場での円安基調の追い風を受けて、輸出企業は軒並み好業績をあげている。本調査は、東京証券取引所1部、2部に上場する主な電気機器、自動車関連、機械、精密機器メーカー(3月本決算企業)のうち、2015年3月期決算の業績見通しで第4四半期(2015年1月以降)の想定為替

2015年2月12日大和総研フィードバック数:0社会/政治

金融政策の中期見通しと為替レートの考察(日本経済中期予測2015-2024年度より抜粋)

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 金融政策の中期見通しと為替レートの考察(日本経済中期予測2015-2024年度より抜粋)2018年が重要なターニングポイントに ◆2015年2月3日、大和総研では「日本経済中期予測(2015年2月)―デフレ脱却と財政再建、時間との戦い―」を発表した。本稿では、同予測における金融政策および為替レートの見通しについて、メインシナリオを解説しつつリスクシナリオを整理する。◆物価上昇率は総じて緩やかに加速する

2015年1月5日大和総研フィードバック数:0社会/政治

足踏みする消費者物価と追加緩和の意味

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 足踏みする消費者物価と追加緩和の意味市場の反応からは「為替レート」を通じた経路が重要 2015年1月5日エコノミック・インテリジェンス・チーム エコノミスト 長内 智◆本稿では、以下の3つの論点について検討する。第一に、第2次安倍政権が発足した2012年末頃からの消費者物価の推移について、政策イベントを踏まえながら概観する。第二、物価関数を推計することによって、消費者物価の上昇が2014年夏頃から足踏

2014年11月11日東京商工リサーチフィードバック数:0ビジネス

2015年3月期「下期想定為替レート」調査 1ドル=105円が約4割

現在、メンテナンス中の為、サービスを停止しております。 お客さまにはご不便、ご迷惑をおかけいたしますが、何卒よろしくお願いいたします。 ●停止期間(予定)2014年11月22日(土)0:00~11月24日(月・祝)13:00※停止期間は、作業進捗により前後する場合がございますのでご了承ください。●停止対象サービス株式会社東京商工リサーチ ホームページ()tsr-van2(https://vandbwww.van2.tsr-net.co.jp/omega/login)

2014年11月11日経済産業研究所フィードバック数:0社会/政治

為替レートが日本の輸出に与える影響の数量的評価:構造VARによる検証

為替レートが日本の輸出に与える影響の数量的評価:構造VARによる検証 祝迫 得夫(ファカルティフェロー)中田 勇人(明星大学)概要日本のマクロ政策論議では、為替レートの変動が輸出ならびに国内の景気に与える影響に大きな関心が寄せられてきた。しかしリーマン・ショック後の2008 年末から2009 年にかけての局面では、円高の急速な進行という「価格ショック」と同時に、世界的な景気の減速に伴う総需要の急激な落ち込みという「数量ショック」が発生しており、円高による輸出減少という伝播経路に景気後退のすべて

2014年8月7日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

為替の膠着状態はいつまで続くか ~米中間選挙と消費税判断まで~

Financial Trends為替の膠着状態はいつまで続くか~米中間選挙と消費税判断まで~経済関連レポート 発表日:2014年8月6日(水) 第一生命経済研究所 経済調査部 担当 熊野英生(℡:03-5221-5223)ドル円レートは、2014 年 1 月下旬からほとんど横ばいで推移している。なぜ、為替が膠着状態なの かと言えば、①米長期金利が横ばいであること、②消費税要因、③日銀の金融政策、という3つが挙げ られる。この構図は、米国のインフレ懸念や中間選挙、日本では消費税の影響が経済指標で一

2014年6月10日東京商工リサーチフィードバック数:0ビジネス

2015年3月期初の「想定為替レート」1ドル=100円が7割

2015年3月期初の「想定為替レート」1ドル=100円が7割 公開日付:2014.06.09 東証1部、2部上場のメーカー142社の7割が2015年3月期決算の期初想定為替レートを1ドル=100円に設定したことがわかった。対ユーロは、1ユーロ=135円が約半数を占めた。外国為替市場は2012年秋以降、歴史的な円高が修正されて円安に転じ、輸出産業では好決算が続出している。本調査は、東京証券取引所1部、2部に上場する主な電気機器、自動車関連、機械、精密機器メーカー(3月本決算企業)のうち、2015年

2014年6月8日EY Japan★フィードバック数:0社会/政治

EYのレポートです。

円安の日本経済への影響

円安の日本経済への影響2012年末から為替レートが円安に転じたことで、いずれ輸出が増えて、貿易収支が改善に向かうと期待されてきた。しかし、その期待に反して輸出は伸び悩み、貿易赤字が続いている。こうした現状を踏まえて、円安になっても輸出が伸びず、日本経済は成長しにくくなったという見方が増えてきた。本当に、円安になっても輸出は伸びないのだろうか。また、そうであるのならば、何が変わったのだろうか。こうした問題意識から本稿では、2012年以降を中心に輸出の動きを確認した。次に、その背景を整理した上で、為

2014年4月24日大和総研フィードバック数:0社会/政治

為替レートと輸出価格についての教科書的記述は現実に当てはまるか

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 為替レートと輸出価格についての教科書的記述は現実に当てはまるか 為替変動と輸出の関係については、教科書などには「円安になれば輸出価格は低下し競争力が増すので輸出が増える」などの記述が見られる。しかし、実際はどうだろうか。日本では輸出も外貨建てが支配的である。下図の輸出価格を見ると、実際の海外での競争で問題となる契約通貨ベース(赤線)では、円安でも円高でも、中長期的にもそれほど変化は見られない。為替レー

2014年2月6日大和総研★フィードバック数:0社会/政治

今後10年間の予測です。

今後10年間の為替レートの見通し

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 今後10年間の為替レートの見通し5年程度の円安期間を経て再び円高へ。3つの円高リスクに注意。 ◆2014年2月5日、大和総研では「日本経済中期予測(2014年2月)―牽引役不在の世界経済で試される日本の改革への本気度」を発表した。本稿では、同予測における為替レートの見通しについて、要因分解を用いながら整理しつつ、代替的なリスクシナリオについても考察し、リスクシミュレーションを行った。◆日米のインフレ格

2013年12月9日東京商工リサーチフィードバック数:0ビジネス

「想定為替レート」調査 1ドル=95円 1ユーロ=125円が最多

「下期想定為替レート」調査 1ドル=95円 1ユーロ=125円が最多 公開日付:2013.12.09 東証1部、2部に上場するメーカー99社では、対ドルの下期想定レートを1ドル=95円に設定する企業が過半数を占めた。また対ユーロでは、期初より円安の1ユーロ=125円の想定する企業が最も多く、円安の進行が輸出企業の収益を押し上げている。本調査は、東京証券取引所1部、2部に上場する主な電気機器、自動車関連、機械、精密機械メーカー(3月本決算企業)のうち、2014年3月期決算の業績見通しで第3四半期以

2013年11月15日京都銀行フィードバック数:0社会/政治

為替レートの変動要因とその影響

為替レートの変動要因とその影響

2013年9月9日東京商工リサーチフィードバック数:0ビジネス

「想定為替レート」調査 1ドル=95円 1ユーロ=125円が最多

「想定為替レート」調査 1ドル=95円 1ユーロ=125円が最多 公開日付:2013.09.09外国為替市場の円相場は、日銀の異次元の金融緩和を受けて4月以降は円安が急速に進行した。その後、円相場は乱高下を繰り返しており、上場メーカーの2013年7月以降の想定為替レートは様子見機運を反映して期初レベルに据え置く企業が多かった。本調査は、東京証券取引所1部、2部に上場する主な電気機器、自動車関連、機械、精密機械メーカー(3月本決算企業)のうち、2014年3月期決算の業績見通しで2013年7月以降の

2013年9月9日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

1ドル100円回帰後の為替レート ~QE3縮小を巡る混乱は続く~

1ドル100円回帰後の為替レート ~QE3縮小を巡る混乱は続く~

2013年8月16日大和総研フィードバック数:0社会/政治

量的緩和・円安でデフレから脱却できるのか?

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 量的緩和・円安でデフレから脱却できるのか?拡張ドーンブッシュモデルに基づいた構造VAR分析 ◆安倍政権の誕生した2012年末から追加的量的金融緩和が発表された2013年4月を通じて円ドルレートは大きく減価したが、その後5月に直近の最安値を記録して以来方向感を失っている。本稿ではまず、量的緩和政策がもたらしたこの一時的かつ急激な減価のメカニズムを理論と実証の両面から検証する。検証に当たっては短期・長期の

2013年6月11日東京商工リサーチフィードバック数:11ビジネス

「想定為替レート」調査 1ドル=90円 1ユーロ=120円が最多

「想定為替レート」調査 1ドル=90円 1ユーロ=120円が最多 公開日付:2013.06.10東証1部、2部に上場するメーカー143社のうち、全体の4分の1にあたる37社で期初の想定為替レートを1ドル=80円から90円に設定した。また、ユーロも1ユーロ=120円とする企業が最多を占めた。外国為替市場は、昨秋以降、歴史的な円高が修正されて円安傾向に転じ、輸出産業では業績が息を吹き返したところが多い。本調査は、東京証券取引所1部、2部に上場する主な電気機器、自動車関連、機械、精密機械メーカー(3月

2013年6月6日経済産業省フィードバック数:1社会/政治

為替レートと輸出金額・輸出価格の関係について

為替レートと輸出金額・輸出価格の関係について

2013年5月22日経済産業省フィードバック数:0社会/政治

2005年日米国際産業連関表

国際産業連関表2005年日米国際産業連関表 (平成25年5月20日公表)経済産業省調査統計G はじめに 経済産業省(調査統計グループ)では、日本と米国の経済の相互依存関係を把握するために両国の産業連関表を共通分類で連結した「日米国際産業連関表」を1985年以来、日本の産業連関表(10府省庁共同作業)の公表にあわせて5年ごとに作成・公表してきた。この度、米国の基本表である2002年米国表を2005年米国表に加工し、2005年の日本の産業連関表と連結した「2005年日米国際産業連関表」を作成したので

2013年3月11日東京商工リサーチフィードバック数:8ビジネス

主な東証1部、2部上場メーカー66社 「第4四半期 想定為替レート」調査(2013年3月期決算) ~ 1ドル=85円 1ユーロ=115円が最多 ~

主な東証1部、2部上場メーカー66社 「第4四半期 想定為替レート」調査(2013年3月期決算) ~ 1ドル=85円 1ユーロ=115円が最多 ~ 公開日付:2013.03.08外国為替市場の円相場は、昨年11月から円安に振れている。これを反映して東証1部、2部に上場するメーカーでは、2013年1月以降の想定為替レートを1ドル=85円に変更する企業が多く、円高修正が相次いでいる。また、期初時点では欧州債務危機の先行きが懸念されたユーロも、2013年1月以降の想定為替レートを1ユーロ=115円とす

2013年1月8日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:1社会/政治

金融市場の動き(1月号)~未知の領域に入った為替レート

金融市場の動き(1月号)~未知の領域に入った為替レート | ニッセイ基礎研究所 金融市場の動き(1月号)~未知の領域に入った為替レート 経済研究部 シニアエコノミスト 上野 剛志(為替) 11月半ば以降、内外金利差と為替との関係性が完全に崩れている。日米金利差から推計される理論上のドル円レートは直近で79.5円と、実勢と大きく乖離しており、乖離幅は近年経験したことのないレベルになっている。ここには複数の円安要因発生、なかでも自民党政権による金融緩和強化観測の高まりが影響しており、現在の状況が正

2012年12月11日東京商工リサーチフィードバック数:11ビジネス

東証1部・2部上場メーカー94社「下期想定為替レート」調査(2013年3月期決算) ~1ドル=78円と80円 1ユーロ=100円の想定が最多~

企業情報、信用調査など与信管理をサポートする東京商工リサーチ 東証1部・2部上場メーカー94社「下期想定為替レート」調査(2013年3月期決算) ~1ドル=78円と80円 1ユーロ=100円の想定が最多~ 東証1部、2部に上場するメーカー94社のうち、対ドルの下期想定レートでは、1ドル=75円から79円とする企業が7割を占めた。また対ユーロでは、欧州債務危機を反映して1ユーロ=100円と期初より円高に想定する企業が目立った。※本調査は、東京証券取引所1部、2部に上場する主な電気機器、自動車関連

2012年9月11日東京商工リサーチフィードバック数:8ビジネス

東証1部・2部上場メーカー419社 2012年4-6月期「為替差損」調査 ~ 為替差損総額1,645億円 前年同期の約2.4倍 ~

企業情報、信用調査など与信管理をサポートする東京商工リサーチ 東証1部・2部上場メーカー419社 2012年4-6月期「為替差損」調査 ~ 為替差損総額1,645億円 前年同期の約2.4倍 ~ 東証1部、2部に上場する主なメーカー419社のうち、2012年4-6月期に為替差損を計上したのは266社(構成比63.4%)で、前年同期(252社)より14社増加した。為替差損の総額は1,645億8,400万円で、前年同期(687億4,900万円)の約2.4倍に膨れ上がった。 2012年2月14日に日本

2012年8月28日総務省★フィードバック数:28セキュリティ/ネットワーク

ブロードバンドや電話サービスの価格についての国際比較です。

電気通信サービスに係る内外価格差調査

報道資料電気通信サービスに係る内外価格差調査 総務省は、電気通信サービスの料金に関する状況を適切に把握する目的で、毎年度、電気通信サービスに係る内外価格差について調査を行っています。この度、平成23年度の調査結果を取りまとめましたので、公表します。 1 調査対象東京、ニューヨーク、ロンドン、パリ、デュッセルドルフ、ストックホルム、ソウルの7都市における、ブロードバンド、固定電話、携帯電話等の各サービスについて調査を行いました(平成23年12月末時点の為替レート及び購買力平価により比較)。 2 

2012年6月7日ダイヤモンド社フィードバック数:27ビジネス

上場企業292社の想定為替レート全公開!

上場企業292社の想定為替レート全公開!

2012年5月30日東京商工リサーチフィードバック数:15ビジネス

東証1部・2部上場メーカー145社想定為替レート」調査(2013年3月期決算 業績見通し) ~ 1ドル=80円 1ユーロ=105円の想定が最多 ~

企業情報、信用調査など与信管理をサポートする東京商工リサーチ 東証1部・2部上場メーカー145社想定為替レート」調査(2013年3月期決算 業績見通し) ~ 1ドル=80円 1ユーロ=105円の想定が最多 ~ 東証1部、2部に上場するメーカー145社のうち、全体の3割にあたる45社(構成比31.0%)で期初の想定為替レートを1ドル=75円から79円とした。また、欧州債務危機を反映したユーロ高から1ユーロ=105円とする企業が最多を占めた。外国為替市場では、歴史的な円高水準が続き、輸出産業では業

2012年5月29日東京商工リサーチ★フィードバック数:9ビジネス

決算での為替差損の計上についての統計です。

東証1部・2部上場メーカー422社 2012年3月期「為替差損」調査~為替差損額1,224億円 前年同期より約6割減~

企業情報、信用調査など与信管理をサポートする東京商工リサーチ 東証1部・2部上場メーカー422社 2012年3月期「為替差損」調査~為替差損額1,224億円 前年同期より約6割減~ 2012年3月期上場企業の決算が出揃った。ここ数年、高水準の円高が業績に影響を与えたが、上場各社は想定為替レートの見直しなどで、2012年3月期決算は円高の影響は限定的となった。 東証1部、2部に上場する主なメーカー422社のうち、2012年3月期の営業外費用で為替差損を計上した企業は、246社(構成比58.2%)

2011年11月10日東京商工リサーチフィードバック数:4社会/政治

東証1部・2部上場メーカー90社「下期想定為替レート」調査(2012年3月期決算) ~下期想定レートの9割が1ドル=70円台~

企業情報、信用調査など与信管理をサポートする東京商工リサーチ 東証1部・2部上場メーカー90社「下期想定為替レート」調査(2012年3月期決算) ~下期想定レートの9割が1ドル=70円台~ 歴史的な円高水準が続いている。10月31日、オセアニア外為市場で円相場が1ドル=75円32銭へ急騰し、史上最高値を更新した。円高が想定以上に進んだことで、東証1部、2部に上場するメーカー90社のうち、約9割の80社(構成比88.8%)が今年10月以降の下期想定為替レートを1ドル=70円台に変更した。※本調査

2011年7月28日東京商工リサーチフィードバック数:5社会/政治

東証1部・2部上場メーカー121社「想定為替レート」調査

企業情報、信用調査など与信管理をサポートする東京商工リサーチ 東証1部・2部上場メーカー121社「想定為替レート」調査(2012年3月期決算) “半数が1ドル=80円 想定レートを上回る円高水準” 円高が止まらない。7月26日の東京外国為替市場は、一時1ドル=77円80銭台まで急伸し、震災直後の3月17日に記録した1ドル=76円25銭の史上最高値の水準に迫った。その後も円高は高止まり基調をみせているが、東証1部、2部に上場するメーカー121社のうち、約半数の60社(構成比49.5%)が想定為

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2016年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
 

お知らせ