「為替相場」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2017年1月18日東京商工リサーチフィードバック数:0社会/政治

「為替」関連倒産(12月)

公開日付:2017.01.13 2016年12月のドル円相場は、米国大統領選挙でトランプ氏が勝利した以降は、次期政権での財政支出拡大の期待から、16日の東京外国為替市場では一時1ドル=118円台まで円安が進んだ。118円台になったのは2016年2月初旬以来、約10カ月ぶり。さらに、12月に開催された米連邦公開市場委員会(FOMC)で1年ぶりの利上げと2017年の政策金利の引き上げ見通しが3回となったことを受けて、ドル買い・円売りの動きが継続された。こうしたなか、2016年12月の「円安」関連倒産

2016年12月18日東京商工リサーチフィードバック数:0社会/政治

「為替」関連倒産(11月)

公開日付:2016.12.08 11月のドル円相場は、9日に1ドル=101円台で推移したが、米国大統領選挙の結果が判明した以降は、次期政権での財政支出拡大の期待もあって、24日の東京外国為替市場では1ドル=113円台まで急激に円安が進んだ。113円台になったのは、3月29日以来約8カ月ぶり。さらに堅調な経済状況を背景に米国の連邦準備制度理事会が12月にも利上げに踏み切るとの思惑が広がり、金利上昇が見込んだドル買いの動きが進んだ。こうしたなか、2016年11月の「円安」関連倒産は3件(前年同月13

2016年11月8日矢野経済研究所★フィードバック数:0大型消費/投資

FX(外国為替証拠金取引)の動向調査を実施(2016年)

2016年11月01日 FX(外国為替証拠金取引)の動向調査を実施(2016年) ~為替相場変動事象が影響し、預り残高は減少、取引高は大きく増加~ 調査要綱矢野経済研究所では、次の調査要綱にて国内FX(外国為替証拠金取引)市場の調査を実施した。1. 調査期間:2016年7月~9月2. 調査対象:商品先物会社、FX専業会社、証券会社、ネット銀行等3. 調査方法:当社専門研究員による直接面談、ならびに電話・e-mail等によるヒアリングを併用<外国為替証拠金取引(FX: Foreign Exchan

2016年10月18日東京商工リサーチフィードバック数:0社会/政治

「為替」関連倒産(9月)

公開日付:2016.10.11 9月のドル円相場は、概ね1ドル=102円レベルを軸に推移した。米国の早期利上げ観測が後退するなか、9月21日の日銀金融政策決定会合で長短金利操作付きの新型金融緩和の導入で1ドル=102円後半まで動いた。しかし、日銀の政策決定に対する評価が分かれたことや米国の連邦準備制度理事会が利上げを見送ったことで、ドル円相場はその後に100円前半まで円高に振れた。為替相場は今年1月以降、「円高・ドル安」が進んできたが、相場関係者の中では円高要因になっていた日本の貿易黒字拡大に鈍

2016年6月11日東京商工リサーチ★★フィードバック数:0社会/政治

東証1部・2部上場メーカー130社 2017年3月期決算「想定為替レート」調査

東証1部・2部上場メーカー130社 2017年3月期決算「想定為替レート」調査 公開日付:2016.06.08 東証1部、2部上場のメーカー130社の過半数が2017年3月期決算の期初想定為替レートを1ドル=110円に設定したことがわかった。今年2月の日銀によるマイナス金利の導入以降、為替相場は円高への振れが強まりをみせている。これに伴い上場企業の想定為替レートは、1年前より円高に設定するケースが目立つ。想定以上に円高が進めば業績を下押しする懸念が出てきた。本調査は、東京証券取引所1部、2部に上

2015年11月11日東京商工リサーチフィードバック数:0社会/政治

2016年3月期決算「下期想定為替レート」調査

2016年3月期決算「下期想定為替レート」調査 公開日付:2015.11.10 東証1部、2部上場メーカー77社のうち、約4割の企業が対ドルの下期想定レートを1ドル=120円に設定した。外国為替市場では円安基調が続き、輸出企業を中心に好業績をあげる企業が目立つ。ただし、期初時点と変更なしが約半数を占め、中国経済の減速懸念などから今後の経済環境の不安定さを警戒して、想定レートの変更を慎重にしていることをうかがわせた。本調査は、東京証券取引所1部、2部に上場する主な電気機器、自動車関連、機械、精密機

国際マネーフローレポートNo.103

I.今月のトピックス~2014年の海外投資家の対米証券投資II.国際金融市場、国際マネーフローの動向1.主要先進国の金利と為替相場○政策金利○長期金利○金利差と為替相場○実質実効為替相場○株価、実質GDP 成長率、インフレ率2.世界の流動性○世界の外貨準備○世界の通貨当局の米国債・政府機関債投資残高○主要先進国合計のマネーサプライ3.中国とロシアの貿易収支○中国の貿易収支○ロシアの貿易収支4.オフバランス取引での円ポジション○シカゴ通貨先物市場での投機筋による円のネットポジション5.日本をとりま

2015年3月11日総務省フィードバック数:0社会/政治

統計Today No.91 「消費者物価指数(CPI)から見た石油製品及び輸入品の価格動向と原油相場、為替相場との関係について」

ここから本文です。統計Today No.91消費者物価指数(CPI)から見た石油製品及び輸入品の 価格動向と原油相場、為替相場との関係について総務省統計局統計調査部消費統計課物価統計室長 上田 聖(共同執筆者)同室物価指数第二係長 山下 哲一はじめに 2014年の夏以降、円・ドルの為替相場が円安に動く一方、原油相場が大きく値下がりしました(図1)。その結果、消費者物価指数(以下「CPI」という。)石油製品指数の動きは2014年7月の127.4をピークに直近の2015年1月には109.8と、6か月

ベトナム経済の現状と今後の展望~ 高成長よりも不均衡・非効率の解消が必要なベトナム経済 ~

ベトナム経済の現状と今後の展望~ 高成長よりも不均衡・非効率の解消が必要なベトナム経済 ~ ○ベトナム経済は、中国経済と並んで、アジアでも群を抜く高成長と安定性を示してきた。これを可能にした政策面の要因として、外資導入による工業化を軸とした成長路線と、短期資本移動・為替取引の規制によって海外金融市場から国内経済への直接的な影響を遮断したという2点が重要であった。○近年のベトナムの経済成長率は、WTO加盟(2007年)直後のブーム期よりも低下している。これは、ベトナム政府が2010年以降、不動産バ

2年で大幅に拡大した日本の金融資産

I.今月のトピックス~2年で大幅に拡大した日本の金融資産II.国際金融市場、国際マネーフローの動向1.主要先進国の金利と為替相場○政策金利○長期金利○金利差と為替相場○実質実効為替相場○株価、実質GDP 成長率、インフレ率2.世界の流動性○世界の外貨準備○世界の通貨当局の米国債・政府機関債投資残高○主要先進国合計のマネーサプライ3.中国とロシアの貿易収支○中国の貿易収支○ロシアの貿易収支4.オフバランス取引での円ポジション○シカゴ通貨先物市場での投機筋による円のネットポジション5.日本をとりまく

国際マネーフローレポートNo.101

I.今月のトピックス~増加するマネタリーベースと金融市場II.国際金融市場、国際マネーフローの動向1.主要先進国の金利と為替相場○政策金利○長期金利○金利差と為替相場○実質実効為替相場○株価、実質GDP 成長率、インフレ率2.世界の流動性○世界の外貨準備○世界の通貨当局の米国債・政府機関債投資残高○主要先進国合計のマネーサプライ3.中国とロシアの貿易収支○中国の貿易収支○ロシアの貿易収支4.オフバランス取引での円ポジション○シカゴ通貨先物市場での投機筋による円のネットポジション5.日本をとりまく

米国際収支統計からみた対外金融資産投資

I.今月のトピックス~米国際収支統計からみた対外金融資産投資II.国際金融市場、国際マネーフローの動向1.主要先進国の金利と為替相場○政策金利○長期金利○金利差と為替相場○実質実効為替相場○株価、実質GDP 成長率、インフレ率2.世界の流動性○世界の外貨準備○世界の通貨当局の米国債・政府機関債投資残高○主要先進国合計のマネーサプライ3.中国とロシアの貿易収支○中国の貿易収支○ロシアの貿易収支4.オフバランス取引での円ポジション○シカゴ通貨先物市場での投機筋による円のネットポジション5.日本をとり

多様な為替ヘッジの手法~「カバード・コール戦略」を用いた為替ヘッジ

楽しく、楽に読めるマーケットで話題のトピック(不定期) 2014年9月19日多様な為替ヘッジの手法~「カバード・コール戦略」を用いた為替ヘッジ このところ、好調な米国経済や日本の追加金融緩和への期待などを背景に米ドル高(円安)が進んでおり、外貨建て資産への投資においては為替差益が期待できる環境が続いています。ただし、依然として為替変動リスクの回避は大きな課題であることから、同リスクの回避をめざした為替ヘッジが利用されています。為替ヘッジの手法としては、保有している資産の通貨(たとえば米ドル)を

国際マネーフローレポートNo.99

I.今月のトピックス~米テーパリング進行下の新興国金融市場II.国際金融市場、国際マネーフローの動向1.主要先進国の金利と為替相場○政策金利○長期金利○金利差と為替相場○実質実効為替相場○株価、実質GDP 成長率、インフレ率2.世界の流動性○世界の外貨準備○世界の通貨当局の米国債・政府機関債投資残高○主要先進国合計のマネーサプライ3.中国とロシアの貿易収支○中国の貿易収支○ロシアの貿易収支4.オフバランス取引での円ポジション○シカゴ通貨先物市場での投機筋による円のネットポジション5.日本をとりま

テーパリング進行下で米国債を買い増す海外投資家

I.今月のトピックス~テーパリング進行下で米国債を買い増す海外投資家II.国際金融市場、国際マネーフローの動向1.主要先進国の金利と為替相場○政策金利○長期金利○金利差と為替相場○実質実効為替相場○株価、実質GDP 成長率、インフレ率2.世界の流動性○世界の外貨準備○世界の通貨当局の米国債・政府機関債投資残高○主要先進国合計のマネーサプライ3.中国とロシアの貿易収支○中国の貿易収支○ロシアの貿易収支4.オフバランス取引での円ポジション○シカゴ通貨先物市場での投機筋による円のネットポジション5.日

チリ経済の現状と今後の展望~ 南米らしくない健全性・安定性を示すチリ経済 ~

○南米のブラジルやアルゼンチンで経済の先行きに懸念が浮上する中、「南米らしくない」健全性と安定性を示すチリ経済が注目されている。チリのソブリン格付けは、中南米地域で最高ランクとなっており、オランダなどの欧米先進国とほぼ同等である。○チリ経済は、中長期的に安定した成長を続けており、また、ブラジル・アルゼンチンで発生したような通貨危機やハイパーインフレーションを経験したこともない。最近の景気は、個人消費主導で安定的に推移しており、それを支えているのは、雇用所得環境の良好さとペソの為替相場の高止まりで

海外投資家による最近の本邦株式投資動向

I.今月のトピックス~海外投資家による最近の本邦株式投資動向II.国際金融市場、国際マネーフローの動向1.主要先進国の金利と為替相場○政策金利○長期金利○金利差と為替相場○実質実効為替相場○株価、実質GDP 成長率、インフレ率2.世界の流動性○世界の外貨準備○世界の通貨当局の米国債・政府機関債投資残高○主要先進国合計のマネーサプライ3.中国とロシアの貿易収支○中国の貿易収支○ロシアの貿易収支4.オフバランス取引での円ポジション○シカゴ通貨先物市場での投機筋による円のネットポジション5.日本をとり

増加幅が拡大する本邦海外直接投資

I.今月のトピックス~増加幅が拡大する本邦海外直接投資II.国際金融市場、国際マネーフローの動向1.主要先進国の金利と為替相場○政策金利○長期金利○金利差と為替相場○実質実効為替相場○株価、実質GDP 成長率、インフレ率2.世界の流動性○世界の外貨準備○世界の通貨当局の米国債・政府機関債投資残高○主要先進国合計のマネーサプライ3.中国とロシアの貿易収支○中国の貿易収支○ロシアの貿易収支4.オフバランス取引での円ポジション○シカゴ通貨先物市場での投機筋による円のネットポジション5.日本をとりまく資

資金循環統計でみる金融資産の状況

I.今月のトピックス~資金循環統計でみる金融資産の状況II.国際金融市場、国際マネーフローの動向1.主要先進国の金利と為替相場○政策金利○長期金利○金利差と為替相場○実質実効為替相場○株価、実質GDP 成長率、インフレ率2.世界の流動性○世界の外貨準備○世界の通貨当局の米国債・政府機関債投資残高○主要先進国合計のマネーサプライ3.中国とロシアの貿易収支○中国の貿易収支○ロシアの貿易収支4.オフバランス取引での円ポジション○シカゴ通貨先物市場での投機筋による円のネットポジション5.日本をとりまく資

資金流入となった2013年の日本の金融収支

I.今月のトピックス~資金流入となった2013年の日本の金融収支II.国際金融市場、国際マネーフローの動向1.主要先進国の金利と為替相場○政策金利○長期金利○金利差と為替相場○実質実効為替相場○株価、実質GDP 成長率、インフレ率2.世界の流動性○世界の外貨準備○世界の通貨当局の米国債・政府機関債投資残高○主要先進国合計のマネーサプライ3.中国とロシアの貿易収支○中国の貿易収支○ロシアの貿易収支4.オフバランス取引での円ポジション○シカゴ通貨先物市場での投機筋による円のネットポジション5.日本を

2014年3月16日関西生産性本部フィードバック数:0社会/政治

第26回KPC定期調査(調査トピックス: アベノミクスに対する評価と期待)

2014.1第26回KPC定期調査~・調査対象:調 査 結 果~労使学の運営幹部276名(正副会長、評議員会正副議長、委員、当本部に関係する学識経験者)・調査方法:上記対象者あて調査票郵送・調査時期:2013年11月中旬から約1ヶ月・回答状況:分類経営幹部労働組合幹部学識経験者合 計回 答 数105 名45 名56 名206 名回答率:74.6%公益財団法人 関西生産性本部景気・経済(問 1~4 参照)【景気】「改善する」が第 1 位今後1年の日本の景気については、全体で62%が「改善する」と回

新興国の金融マーケット動向

I.今月のトピックス~新興国の金融マーケット動向II.国際金融市場、国際マネーフローの動向1.主要先進国の金利と為替相場○政策金利○長期金利○金利差と為替相場○実質実効為替相場○株価、実質GDP 成長率、インフレ率2.世界の流動性○世界の外貨準備○世界の通貨当局の米国債・政府機関債投資残高○主要先進国合計のマネーサプライ3.中国とロシアの貿易収支○中国の貿易収支○ロシアの貿易収支4.オフバランス取引での円ポジション○シカゴ通貨先物市場での投機筋による円のネットポジション5.日本をとりまく資本移動

東京市場での投資部門別株式売買状況

I.今月のトピックス~東京市場での投資部門別株式売買状況II.国際金融市場、国際マネーフローの動向1.主要先進国の金利と為替相場○政策金利○長期金利○金利差と為替相場○実質実効為替相場○株価、実質GDP 成長率、インフレ率2.世界の流動性○世界の外貨準備○世界の通貨当局の米国債・政府機関債投資残高○主要先進国合計のマネーサプライ3.中国とロシアの貿易収支○中国の貿易収支○ロシアの貿易収支4.オフバランス取引での円ポジション○シカゴ通貨先物市場での投機筋による円のネットポジション5.日本をとりまく

金融市場の動き(1月号)~ドル円相場を改めて整理

金融市場の動き(1月号)~ドル円相場を改めて整理 | ニッセイ基礎研究所 金融市場の動き(1月号)~ドル円相場を改めて整理 経済研究部 シニアエコノミスト 上野 剛志基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら (為替) 最近の為替相場は日米金利差だけで為替を理解・説明することが難しくなっている。昨年のドル円レートを被説明変数とし、長期金利差を説明変数とする単回帰分析を行う

米国QE終了後の金融マーケット

I.今月のトピックス~米国QE終了後の金融マーケットII.国際金融市場、国際マネーフローの動向1.主要先進国の金利と為替相場○政策金利○長期金利○金利差と為替相場○実質実効為替相場○株価、実質GDP 成長率、インフレ率2.世界の流動性○世界の外貨準備○世界の通貨当局の米国債・政府機関債投資残高○主要先進国合計のマネーサプライ3.中国とロシアの貿易収支○中国の貿易収支○ロシアの貿易収支4.オフバランス取引での円ポジション○シカゴ通貨先物市場での投機筋による円のネットポジション5.日本をとりまく資本

米国の対外証券保有状況

I.今月のトピックス~米国の対外証券保有状況II.国際金融市場、国際マネーフローの動向1.主要先進国の金利と為替相場○政策金利○長期金利○金利差と為替相場○実質実効為替相場○株価、実質GDP 成長率、インフレ率2.世界の流動性○世界の外貨準備○世界の通貨当局の米国債・政府機関債投資残高○主要先進国合計のマネーサプライ3.中国とロシアの貿易収支○中国の貿易収支○ロシアの貿易収支4.オフバランス取引での円ポジション○シカゴ通貨先物市場での投機筋による円のネットポジション5.日本をとりまく資本移動○対

国際マネーフローレポートNo.89

I.今月のトピックス~日本の資金循環統計から見たマネーフローII.国際金融市場、国際マネーフローの動向1.主要先進国の金利と為替相場○政策金利○長期金利○金利差と為替相場○実質実効為替相場○株価、実質GDP 成長率、インフレ率2.世界の流動性○世界の外貨準備○世界の通貨当局の米国債・政府機関債投資残高○主要先進国合計のマネーサプライ3.中国とロシアの貿易収支○中国の貿易収支○ロシアの貿易収支4.オフバランス取引での円ポジション○シカゴ通貨先物市場での投機筋による円のネットポジション5.日本をとり

国際マネーフローレポートNo.88

I.今月のトピックス~米国際収支統計からみるマネーの動きII.国際金融市場、国際マネーフローの動向1.主要先進国の金利と為替相場○政策金利○長期金利○金利差と為替相場○実質実効為替相場○株価、実質GDP 成長率、インフレ率2.世界の流動性○世界の外貨準備○世界の通貨当局の米国債・政府機関債投資残高○主要先進国合計のマネーサプライ3.中国とロシアの貿易収支○中国の貿易収支○ロシアの貿易収支4.オフバランス取引での円ポジション○シカゴ通貨先物市場での投機筋による円のネットポジション5.日本をとりまく

過去最大の売り越しとなった海外資本の米国債投資

I.今月のトピックス~過去最大の売り越しとなった海外資本の米国債投資II.国際金融市場、国際マネーフローの動向1.主要先進国の金利と為替相場○政策金利○長期金利○金利差と為替相場○実質実効為替相場○株価、実質GDP 成長率、インフレ率2.世界の流動性○世界の外貨準備○世界の通貨当局の米国債・政府機関債投資残高○主要先進国合計のマネーサプライ3.中国とロシアの貿易収支○中国の貿易収支○ロシアの貿易収支4.オフバランス取引での円ポジション○シカゴ通貨先物市場での投機筋による円のネットポジション5.日

2013年7月30日経済産業研究所フィードバック数:8製造業/エレクトロニクス

日本の自動車輸出価格への為替相場のパススルーとマーケットパワー

ノンテクニカルサマリー 日本の自動車輸出価格への為替相場のパススルーとマーケットパワーこのノンテクニカルサマリーは、分析結果を踏まえつつ、政策的含意を中心に大胆に記述したもので、DP・PDPの一部分ではありません。分析内容の詳細はDP・PDP本文をお読みください。また、ここに述べられている見解は執筆者個人の責任で発表するものであり、所属する組織および(独)経済産業研究所としての見解を示すものではありません。 国際マクロプログラム (第三期:2011~2015年度)「為替レートのパススルーに関する

国際マネーフローレポートNo.86

I.今月のトピックスフローでは減少した家計の株式資産II.国際金融市場、国際マネーフローの動向1.主要先進国の金利と為替相場○政策金利○長期金利○金利差と為替相場○実質実効為替相場○株価、実質GDP 成長率、インフレ率2.世界の流動性○世界の外貨準備○世界の通貨当局の米国債・政府機関債投資残高○主要先進国合計のマネーサプライ3.中国とロシアの貿易収支○中国の貿易収支○ロシアの貿易収支4.オフバランス取引での円ポジション○シカゴ通貨先物市場での投機筋による円のネットポジション5.日本をとりまく資本

国際マネーフローレポートNo.85

I.今月のトピックス米国の対外証券投資の行き先II.国際金融市場、国際マネーフローの動向1.主要先進国の金利と為替相場○政策金利○長期金利○金利差と為替相場○実質実効為替相場○株価、実質GDP 成長率、インフレ率2.世界の流動性○世界の外貨準備○世界の通貨当局の米国債・政府機関債投資残高○主要先進国合計のマネーサプライ3.中国とロシアの貿易収支○中国の貿易収支○ロシアの貿易収支4.オフバランス取引での円ポジション○シカゴ通貨先物市場での投機筋による円のネットポジション5.日本をとりまく資本移動○

2013年5月29日財務省フィードバック数:20社会/政治

平成24年末本邦対外資産負債残高の概要

報道発表平成25年5月28日財務省平成24年末本邦対外資産負債残高の概要財務省は、本日、平成24年末現在の対外の貸借に関する報告書(本邦対外資産負債残高)を取りまとめましたので、公表いたします。 本邦対外資産負債残高の概要は以下のとおりです。 1.対外資産残高:661兆9,020億円(対前年末比+80兆3,930億円、+13.8%)居住者が保有する対外資産の評価替え等による減少 (▲0.9兆円) があったものの、外貨建て資産の為替相場変動に伴う円評価額の増加(+49.9兆円)や居住者による対外資

日本の海外直接投資の地域別動向

I.今月のトピックス~日本の海外直接投資の地域別動向II.国際金融市場、国際マネーフローの動向1.主要先進国の金利と為替相場○政策金利○長期金利○金利差と為替相場○実質実効為替相場○株価、実質GDP 成長率、インフレ率2.世界の流動性○世界の外貨準備○世界の通貨当局の米国債・政府機関債投資残高○主要先進国合計のマネーサプライ3.中国とロシアの貿易収支○中国の貿易収支○ロシアの貿易収支4.オフバランス取引での円ポジション○シカゴ通貨先物市場での投機筋による円のネットポジション5.日本をとりまく資本

2013年5月15日日本総研フィードバック数:1社会/政治

為替相場が日韓の輸出競争力に及ぼす影響-輸出企業の投入構造からのアプローチ

為替相場が日韓の輸出競争力に及ぼす影響-輸出企業の投入構造からのアプローチ

2013年5月1日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

中国景気は「足踏み」の様相を強める(Asia Weekly (4/22~4/26)) ~豪州とNZの金融政策の動向は為替相場の方向感に影響~

中国景気は「足踏み」の様相を強める(Asia Weekly (4/22~4/26)) ~豪州とNZの金融政策の動向は為替相場の方向感に影響~

国際マネーフローレポートNo.83

I.今月のトピックス~海外からの資金流入が拡大する国内株式市場II.国際金融市場、国際マネーフローの動向1.主要先進国の金利と為替相場○政策金利○長期金利○金利差と為替相場○実質実効為替相場○株価、実質GDP 成長率、インフレ率2.世界の流動性○世界の外貨準備○世界の通貨当局の米国債・政府機関債投資残高○主要先進国合計のマネーサプライ3.中国とロシアの貿易収支○中国の貿易収支○ロシアの貿易収支4.オフバランス取引での円ポジション○シカゴ通貨先物市場での投機筋による円のネットポジション5.日本をと

ユーロ高の実相

ユーロ高の実相 経済研究部 主席研究員 伊藤 さゆり基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 外国為替市場では、12年7月を底とするユーロ安の修正局面が続いており、特に対円でのユーロ高には日銀の追加金融緩和期待も手伝って弾みがついている。ユーロの名目実効為替相場の増価率は、制度・政策的にユーロに対する変動幅が抑えられている欧州通貨の比重が高いため、対円の増価率に比べて遥か

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
 

新着データ

新着データINDEXへ

お知らせ