調査のチカラ TOP > タグ一覧 > 無作為抽出

「無作為抽出」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2017年3月7日彦根市フィードバック数:0社会/政治

国道8号彦根から東近江の道路計画に関するアンケート調査

国道8号彦根から東近江の道路計画に関するアンケート調査[2017年3月13日] 国道8号彦根から東近江の道路計画に関するアンケート調査 国道8号彦根から東近江の道路計画の検討を進めるうえで、周辺地域の道路を利用される皆さまのご意見を広くお聴きし、より良い計画にしていくためのアンケートです。実施期間 平成29年3月1日(水)から3月15日(木)アンケート内容日頃感じている国道8号彦根から東近江周辺地域の課題や道路整備の必要性などについてアンケート方法無作為抽出(市民、事業所)、道路利用者※無作為

2017年2月15日茅ヶ崎市フィードバック数:0社会/政治

市民参加条例の検証に関する市民アンケート

市民参加条例の検証に関する市民アンケート 平成26年4月1日に施行した条例の施行状況等の検証の資料とすることを目的として、アンケートを実施し、790人から回答を得ました。アンケートの概要回答者の属性について条例の認知度と市民参加の経験について無作為抽出による市民参加手法について市の進めていることに対する満足度や、意見の取扱いについて市民参加を進めていくために行うことについて 対象 市内にお住まいの18歳以上の男女3,000人を住民基本台帳より無作為抽出期間 平成28年4月4日(月曜日)から4月3

2017年初詣・初詣・年末年始人口推移

NEWS 2017.01.30 人流分析レポートを公開:2017年初詣・初詣・年末年始人口推移 位置情報データから2017年の年末年始期間の人流分析を実施しました。 2017年初詣の来訪者状況と、年末年始の東京23区人口推移結果をレポートします。 —-レポート内容を一部抜粋してご紹介します—-今年の初詣はどこが盛り上がった!?✔︎ 東京の明治神宮が1位という結果、10位を100%とすると146%の人流があった。『2017年 全国主要神社・仏閣 初詣ピークタイム分析』✔︎ 元旦の

2016年9月16日名古屋市役所フィードバック数:0社会/政治

平成28年度「天白区区民アンケート」

天白区役所 〒468-8510 名古屋市天白区島田二丁目201 電話番号:052-803-1111(代表) 平成28年度「天白区区民アンケート」について 平成28年度「天白区区民アンケート」の実施結果を公表します。 平成28年度「天白区区民アンケート」について 区民の皆様のお考えやご意見を区政に反映させるため、「天白区区民アンケート」を実施しました。いただいたご意見を、今後の区政運営の参考としていきたいと考えております。アンケート調査へのご協力ありがとうございました。調査の概要調査対象1,0

2016年8月5日滋賀県フィードバック数:0社会/政治

第49回滋賀県政世論調査   単純集計結果<速報>

ここから本文です。第49回滋賀県政世論調査 単純集計結果<速報>について注:今回の数値は「速報値」であり、後日報告書により公表するものが確定値となります。 四捨五入の関係上各選択肢の百分率(%)の合計が100.0%にならない場合があります。 このたびは、滋賀県政世論調査にご協力いただきありがとうございました。滋賀県政世論調査の単純集計結果<速報>がまとまりましたので、ご報告いたします。1.調査の目的県政全体に関する満足度と県政の当面する課題等をテーマに選び、県民の意識・意向を調査し、今後の県政を

2016年4月18日柏市フィードバック数:0社会/政治

平成26年度男女共同参画に関する市民意識調査

平成26年度男女共同参画に関する市民意識調査平成26年度男女共同参画に関する市民意識調査平成26年度 柏市の男女共同参画に関するアンケート調査報告書調査地域:柏市全域調査対象:柏市在住の20歳代の男女4,000人(無作為抽出)実施方法:郵送により調査票・返信用封筒を配布し、郵送により回収調査期間:平成26年9月17日~10月10日回収結果:1,317(回収率32.9パーセント)各章ごとにダウンロードPDFファイルを閲覧していただくにはAdobe Readerが必要です。Adobe Readerを

平成21年度男女共同参画に関する市民意識調査

平成21年度男女共同参画に関する市民意識調査平成21年度男女共同参画に関する市民意識調査平成21年度 柏市の男女共同参画に関するアンケート調査報告書調査地域:柏市全域調査対象:柏市在住の20歳以上の男女、4,000 人(無作為抽出)実施方法:郵送による調査期間:平成21年9月15日~30日回収結果:1,475(36.9パーセント、うち女性862、男性590、性別不明23)各章ごとにダウンロードPDFファイルを閲覧していただくにはAdobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ち

2015年12月15日北海道フィードバック数:0社会/政治

平成27年度 道民意識調査

最終更新日:2016年11月10日(木) 道民のみなさまの意向を道政に反映させるため、道政上の重要な課題や主要施策について世論調査を実施しました。〈調査の方法等〉○ 調査地域: 北海道全域○ 調査対象: 道内に居住する満20歳以上の個人○ 標本数: 1,500サンプル○ 地点数: 150地点○ 抽出方法: 層化二段無作為抽出法○ 調査方法: 郵送配付・郵送回収○ 調査期間: 平成27年8月○ 有効回収数(率): 753 (50.2%) 〒060-8588 札幌市中央区北3条西6丁目 電話番号 0

2015年10月7日滋賀県フィードバック数:0社会/政治

第48回滋賀県政世論調査

ここから本文です。「第48回滋賀県政世論調査」の結果がまとまりました このたびは、滋賀県政世論調査にご協力いただきありがとうございました。滋賀県政世論調査の調査結果がまとまりましたので、ご報告いたします。1.調査の目的 県政全体に関する満足度と県政の当面する主要課題等をテーマに選び、県民の意識・意向を調査し、今後の県政を進めるうえでの基礎資料とする。2.調査の概要 (1) 調査地域 県内全域(全市町から対象者抽出) (2) 調査対象 県内在住の20歳以上の男女 3,000人(県内在住外国人を含む

2015年6月1日栃木県★フィードバック数:0社会/政治

外国人住民や国際化についての調査です。

平成26年度地域国際化実態調査

ここから本文です。「平成26年度地域国際化実態調査」の結果について目的県内に居住する外国人及び日本人を対象に、県で行っている各種施策や国際化に関する意識を調査し、行政ニーズの把握と外国人と日本人が共生できる多文化共生社会のための環境づくりの推進や、今年度策定する次期国際化推進プランの基礎資料とすることを目的に実施した。概要(1)調査対象 [外国人住民調査]平成26年7月1日現在、栃木県内の住民基本台帳に記載のある満20歳以上の外国人住民1,200人層化(市町別)無作為抽出法[日本人住民調査]平成

2015年4月30日高知県★フィードバック数:0キャリアとスキル

高知県の調査です。

平成26年度男女共同参画社会に関する県民意識調査

平成26年度男女共同参画社会に関する県民意識調査の結果について  県では、男女共同参画を推進していくうえでの基礎資料を得ることを目的に、5年ごとに「男女共同参画社会に関する県民意識調査」を実施しています。(前回は平成21年度に実施。) 平成26年度調査結果を以下のとおり取りまとめましたので、お知らせします。 今回は、平成26年度より新たにスタートした「女性の活躍の場の拡大」の取組の成果と課題を踏まえ、女性が働きやすい環境づくりに関する新たな項目も追加しています。 今後は、この調査の結果を、本年

2015年4月16日横浜市フィードバック数:0社会/政治

平成26年度 栄区民アンケート

栄区では、平成26年11月21日から12月26日にかけて、地域の生活環境や自然環境、福祉・保健といった身近なことについて意見をうかがうため「平成26年度 栄区民アンケート」を実施しました。このアンケートは、5年に一度実施している「栄区民意識調査」で得られた区民の皆様の意識の変化を継続して把握するために行ったもので、集計結果は今後の区政を進める基礎資料とします。 調査概要 ■対 象 者:住民基本台帳から無作為抽出した栄区在住の20歳以上の方1,500人■実施期間:平成26年11月21日〜平成26年

2015年2月12日広島県★フィードバック数:0社会/政治

広島県の調査です。

県政世論調査結果(平成26年度)

【調査の方法】1 調査対象県内在住の満20歳以上の県民2 標本数2,000人を無作為抽出3 調査方法郵送法(調査票を郵送)4 調査時期平成26年10月31日~12月8日5 有効回収数(率)1,200(60.0%)【調査項目】1 暮らし全般 2 人権に関する意識 3 男女共同参画 4 ドメスティック・バイオレンス(DV) 5 高齢者の社会参画 6 NPO・ボランティア活動 7 県民の国際化意識 8 がん対策に関する意識 9 環境への関心 10 生物多様性に関する理解度 11 防災 12 食品の安全

2014年11月6日北海道★フィードバック数:0社会/政治

北海道の意識調査です。

平成26年度 道民意識調査

最終更新日:2015年12月10日(木)平成26年度 道民意識調査 道民のみなさまの意向を道政に反映させるため、道政上の重要な課題や主要施策について世論調査を 実施しました。〈調査の方法等〉○ 調査地域: 北海道全域○ 調査対象: 道内に居住する満20歳以上の個人○ 標本数: 1,900サンプル○ 地点数: 190地点○ 抽出方法: 層化二段無作為抽出法○ 調査方法: 郵送配付・郵送回収○ 調査期間: 平成26年7月○ 有効回収数(率): 871 (45.8%) 〒060-8588 札幌市中央区

2014年8月31日中央調査社フィードバック数:0社会/政治

原発の安全性・脱原発・再稼働に対する世論の動向

トップページ > 中央調査報 > 原発の安全性・脱原発・再稼働に対する世論の動向 ―「原子力発電に関する意識調査」2011年5月調査から2014年5月調査―■「中央調査報(No.682)」より原発の安全性・脱原発・再稼働に対する世論の動向―「原子力発電に関する意識調査」2011年5月調査から2014年5月調査― 中央調査社は、2011年3月の東日本大震災・東電福島第一原発事故後、原子力発電に対する世論の動向を探るため、同年5月より、原発の安全性への評価、脱原発の賛否、原発の再稼働の賛否等について

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
 

お知らせ