調査のチカラ TOP > タグ一覧 > 無期労働契約

「無期労働契約」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

働く女性に聞きました 継続雇用制度や無期転換ルール、利用したい?

サンケイリビング新聞社リビングニュース 2018-03-05働く女性に聞きました 継続雇用制度や無期転換ルール、利用したい? 〜働き方の選択肢が増え、「長く素敵に働く」を模索中〜 【シリーズ調査 働く女性Real�B】リビング新聞グループのシンクタンクである株式会社リビングくらしHOW研究所(所在地: 東京都千代田区、代表取締役社長 和田 直樹 )では、働き方改革によって広がった多様な働き方について、働く女性を対象にアンケート調査を実施。人生100年時代の長期的な働き方、有期労働契約者の無期転

2018年1月25日厚生労働省フィードバック数:0社会/政治

いわゆる『期間従業員』の無期転換に関する調査

平成29年12月27日【照会先】労働基準局労働関係法課課長大隈 俊弥調査官 大塚 弘満(代表電話) 03(5253)1111(内線5370、5536)(直通電話) 03(3502)6734 報道関係者各位「いわゆる『期間従業員』の無期転換に関する調査」の結果を公表します 「いわゆる『期間従業員』の無期転換に関する調査」の結果を取りまとめましたので、お知らせします。労働契約法第条では、同一の使用者との間で締結された有期労働契約が通算5年を超えた場合に、労働者の申込みによって無期労働契約に転

2015年4月24日東京都★フィードバック数:0キャリアとスキル

東京都の調査です。

派遣労働に関する実態調査

「派遣労働に関する実態調査」結果がまとまりました平成27年4月23日産業労働局 東京都では、都内中小企業における非正規雇用をはじめとした労働条件等について継続的に調査を実施しています。このたび、派遣労働の実態、課題等について調査を行い、その結果がまとまりましたのでお知らせします。《調査結果のポイント》現在の仕事を選んだ理由は、「正社員としての適当な仕事がなかったから」と「自分の都合(勤務日・時間等)に合わせて働けるから」がほぼ同じ割合 現在の仕事を選んだ理由は、「正社員としての適当な仕事がなかっ

2014年9月12日ビー・スタイルフィードバック数:0キャリアとスキル

短時間正社員についてアンケート調査

『短時間正社員』で働いてみたい84.7%~ 「働いてみたいと思わない」5.5%、普及には「職場や上司の理解」必要79.5%~調査サマリー1.「短時間正社員という働き方を知らなかった」54.2%。「知ってはいたが詳しくない」40.8%、「詳しく知っていた」5.0%。2.短時間正社員として働いた経験のある人は現在短時間正社員として働いている人も含めて6.5%。3.「短時間正社員で働いてみたいし、実際になれると思う」 45.6%。「実際にはなれないと思う」 39.1%。4.短時間正社員がもっと普及する

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
 

お知らせ