「熊本市」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

2016年6月28日総務省フィードバック数:0社会/政治

家計調査2016年4月分結果から見た平成28年熊本地震の影響

ここから本文です。統計Today No.110被災地から届いた「家計簿」〜家計調査2016年4月分結果から見た平成28年熊本地震の影響〜総務省統計局統計調査部 消費統計課調査官 佐藤 朋彦1 はじめに 平成28年(2016年)熊本地震で被災された方々に心からお見舞い申し上げます。また、被災された世帯の皆様の一時も早い復興を心より願っております。被災地でも、家計調査の調査世帯があります。その中には、避難所生活を余儀なくされた世帯や、余震が続いていたこともあって車中泊をされた世帯もあったとの報告を受

2016年4月28日東京商工リサーチフィードバック数:0社会/政治

「平成28年熊本地震」関連調査

公開日付:2016.04.18 4月14日以降の巨大地震は、熊本県内に本社を構えている企業にも大きな影響を及ぼしている。東京商工リサーチでは、熊本県内に本社を構えている企業数や従業員数、業種などを分析した。熊本県内に本社を構える企業数は3万5,173社、従業員数は33万346名(判明分)で、全体の売上高合計は9兆3,662億7,100万円だった。産業別売上高はサービス業他の売上高3兆7,378億9,100万円(構成比39.9%)が最も大きく、次いで製造業の売上高1兆7,893億7,000万円(同

2010年2月16日東京商工リサーチフィードバック数:1ビジネス

「社長が多く住む街」の実態調査

企業情報、信用調査など与信管理をサポートする東京商工リサーチ 「社長が多く住む街」の実態調査 ~社長の100人に1人が「東京都世田谷」に住む~ 社長がもっとも多く住む人気の街は今も昔も「東京都世田谷区」だった。6年前もトップは世田谷区だったが、今回の調査では30~40歳代の若い社長は港区、渋谷区という“文化と流行の先端地”に多く住んでいることもわかった。 各世代で「世田谷区」と「大田区」が多いが、40歳代は「港区」、30歳代は「渋谷区」がトップ10入りし、世代間の居住感が異なってきたようだ。ま

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
 

お知らせ