調査のチカラ TOP > タグ一覧 > 燃料補助金

「燃料補助金」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

インドネシアが政策金利を0.25%ポイント引き下げ

インドネシアが政策金利を0.25%ポイント引き下げ2015年2月18日<インドネシアが予想外の利下げ>インドネシア中央銀行(以下、中銀)は17日(現地、以下同様)の金融政策決定会合で政策金利を0.25%ポイント引き下げ7.50%にすると決めました。市場の大方の予想は据え置きだったため予想外の利下げとなりました。利下げは2012年以来、およそ3年ぶりとなります。<利下げの背景>中銀は昨年11月18日の臨時会合で、政府が前日17日に補助金付き燃料価格の引き上げを実施したことによるインフレ懸念に対応す

2015年2月4日大和総研★フィードバック数:0社会/政治海外

大和総研のレポートです。

ASEAN5ヵ国の経済見通し(2015年2月)

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 ◆インドネシアの実質GDP成長率は3四半期連続で鈍化した。今後は、原油価格の急落がインフレ率の低下や燃料補助金の大幅削減等を通じて経済を底上げすると期待される。特に燃料補助金の削減は財政に余力を生じさせた。実際、今年1月に提出された2015年度の補正予算案では、インフラ整備等への投資を元の予算案から大幅に増額する予定である。しかし、依然として経済の下押し圧力は存在する。輸出に関しては、主要輸出品目であ

2015年1月6日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

中国の外需に光も、内需には依然厳しさ残る(Asia Weekly (12/29~1/2)) ~インドネシアでは燃料補助金削減の影響が顕著に~

中国の外需に光も、内需には依然厳しさ残る(Asia Weekly (12/29~1/2)) ~インドネシアでは燃料補助金削減の影響が顕著に~

2014年12月1日大和総研フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス海外

2ヵ国で実施された燃料補助金削減の意味

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 ◆10月1日、マレーシアの「国内取引・協同組合・消費者省」は、補助金付きのレギュラーガソリンと軽油の価格を1リットル当たり0.2リンギ(約7.0円)ずつ引き上げると発表した。一方で、インドネシアのジョコ・ウィドド大統領も11月17日、補助金付きレギュラーガソリンと軽油の価格を1リットル当たり2,000ルピア(約19.4円)引き上げると発表した。◆両国の政府が燃料補助金を削減した理由は財政負担を軽減する

2014年11月6日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

インドネシア 新政権の閣僚人事は「及第点」 ~燃料補助金削減など構造改革の実現力が問われる~

インドネシア 新政権の閣僚人事は「及第点」 ~燃料補助金削減など構造改革の実現力が問われる~

インドネシア経済についてのレポートです。

インドネシア経済の現状と今後の展望~ ジョコ・ウィドド新大統領のもとで、どう変わるのか? ~

インドネシア経済の現状と今後の展望~ ジョコ・ウィドド新大統領のもとで、どう変わるのか? ~ ○インドネシア経済は、最近10年間、概ね5~6%の成長率を維持しており、他の主要な新興国に比べると際立って安定感がある。○近年の景気堅調の原動力は、個人消費の底堅さである。個人消費拡大の主な牽引役は、オートバイの販売増加であったが、最近はやや足踏み状態となり、代わって、自動車の販売が急激に伸びている。○2000年代以降のインドネシアの投資を盛り上げてきた大きな要因は、コモディティーブームを背景とする外資

2014年7月14日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

新政権誕生によるインドネシア経済への影響

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 新政権誕生によるインドネシア経済への影響短期的にはマイナス、中長期的にはプラスの影響か ◆7月9日、インドネシアで大統領選の投開票が実施された。選挙管理委員会から正式な結果が発表されるのは7月20日以降であるが、各種調査機関による集計を見ると、ジャカルタ特別州知事であるジョコ・ウィドド氏が優勢となっているものが多い。一方、元陸軍戦略予備軍司令官であるプラボウォ・スビアント氏を優勢とする集計結果もある。

2014年3月27日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

インドネシアの燃料補助金の弊害~中長期的な観点から抜本的な制度改革が求められる~

インドネシアの燃料補助金の弊害~中長期的な観点から抜本的な制度改革が求められる~

2014年2月6日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

「石油小国(?)」インドネシア

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 2014年2月6日アジア事業開発グループ シニアコンサルタント 天間 崇文このコラムをお読みくださる読者の中には、「インドネシア」と聞くと石油や天然ガス、天然ゴムなど、各種の天然資源に恵まれた「資源大国」の印象を持つ方も多いのではないだろうか。その見解は全く正しく、インドネシアは上記のような資源を19世紀以来豊富に産出し、産出量で世界上位に並ぶ資源大国である(原油で世界22位[2012年]、天然ガスで

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
 

お知らせ